Menu
 >
 >
 > 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇

2013年【日】 上映時間:91分
平均点: / 10(Review 21人) (点数分布表示)
サスペンスSFコメディシリーズものミステリー刑事ものTVの映画化
[ゲキジョウバンスペッククローズコウノヘン]
新規登録(2013-09-04)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2016-06-11)【イニシャルK】さん
公開開始日(2013-11-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督堤幸彦
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト戸田恵梨香(女優)当麻紗綾
加瀬亮(男優)瀬文焚流
竜雷太(男優)野々村光太郎
北村一輝(男優)吉川州
栗山千明(女優)青池里子
香椎由宇(女優)城旭斎浄海
遠藤憲一(男優)秀樹.T
浅野ゆう子(女優)マダム陽&陰
神木隆之介(男優)一十一
福田沙紀(女優)志村美鈴
城田優(男優)地居聖
田中哲司(男優)冷泉俊明
安田顕(男優)海野亮太
真野恵里菜(女優)サトリ
向井理(男優)セカイ
大島優子(女優)白い女
松澤一之(男優)鹿浜歩
渡辺いっけい(男優)バナナ医者
三浦貴大(男優)宮野珠紀
イ・ナヨン(女優)韓国語を話す要人女性(友情出演)
有村架純(女優)正汽雅
岡田浩暉(男優)馬場香
載寧龍二(男優)猪俣宗次
佐野元春(男優)当麻天
石田えり(女優)当麻流夏
宅間孝行(男優)神戸明(八咫烏)(友情出演)
堀北真希(女優)アレッサンドロ・カロリナ・マドカと思しき女性(特別出演)
北大路欣也(男優)卑弥呼(特別出演)
ダンディ坂野(男優)ゲッツの人
田島令子
井上真樹夫
出演伊藤淳史(回想)
奥貫薫(回想)
上川隆也(回想)
椎名桔平(回想)
谷村美月(回想)
でんでん(回想)
徳井優(回想)
戸田恵子(回想)
平田広明(回想)
麿赤兒(回想)
村杉蝉之介(回想)
山寺宏一(回想)
利重剛(回想)
脚本西荻弓絵
音楽渋谷慶一郎
ガブリエル・ロベルト
主題歌THE RiCECOOKERS「audioletter」
挿入曲佐野元春「彼女」
製作TBS(「劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇」・「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」製作委員会)
東宝(「劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇」・「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」製作委員会)
KADOKAWA(「劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇」・「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」製作委員会)
キングレコード(「劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇」・「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」製作委員会)
毎日放送(「劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇」・「劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇」製作委員会)
市川南〔製作〕(共同製作)
プロデューサー植田博樹
今井夏木
濱名一哉(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮野崎宏二(VFXスーパーバイザー)
編集伊藤伸行
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.この映画シリーズは凄い。
何が凄いって、観客が誰ひとりとして望まないであろう展開結末を描いたこと。
丹精込めて創ったドラマ作品を自ら映画シリーズで少しづつ壊していき、最後に粉々にしてしまった。
内容はスケールがどんな映画よりもでかいのに、それが日本のビルの狭い屋上で長々と展開されるシュールさ。
こんなもの失敗が約束されてるのに良く作ろうとして企画が通ったな。
製作者はヤケクソ状態だったのだろうか?
TBSは何でも良いから完結させろという感じだったのか?
観る者最後に感じるのは怒りか落胆か脱力か?
自分はなんとも言えない余韻が残った。
海外ドラマのロストファイナルシーズン最終回を観た後のようなあの感じ。
何年にも渡り見続けてつまらないながらも終わってしまった寂しさなのだろうか?
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 3点(2017-08-23 00:24:07)
20.《ネタバレ》 いや、ほんとに意味不明という言葉に尽きます。ドラマ版できれいに終わらせておいていただければ思い出はきれいなままにって感じになったのではないでしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-07-08 05:40:12)
19.もう何が何だかわかりません。ここまでのシリーズ全て観ていたので流れで観ましたが、何でもありで無茶苦茶です。全然面白くないです。
ぽじっこさん [地上波(邦画)] 3点(2015-10-20 18:54:52)(良:1票)
18.テレビドラマ版からのSPECファンですが、段々と何でもありのストーリーに少し飽きがきてしまい、冷めた目で鑑賞しました。大島優子の吃逆と向井理の涼しげな表情が浮きまくり、違和感が強烈でした。小ネタも少なかったようです。でもファンなので5点献上。
クロさん [地上波(邦画)] 5点(2015-10-08 07:29:43)
17.ドラマの最初だけ観てご無沙汰だったが、何とも凄い世界だったんだ、と。
映画として評価はし難い。コメディ調は多少面白いけど。
simpleさん [地上波(邦画)] 2点(2015-09-23 23:22:31)
16.《ネタバレ》 ケイゾクのように、男女のコンビが奇妙な事件を解決する警察ものと見せかけて、
実はスペックホルダーと呼ばれる超能力者の犯罪者と対決するトンデモSFドラマだったとゆう衝撃の第一話を見てから
ハマってしまい、以後ずっと見ています。

キャリーバックを引いて常に手に包帯を巻き、気だるそうでヘラヘラして実はかなり知能が高い女性、当麻紗綾と
常に紙袋を持って、どんな事態でも、気力と根性でのりきる無骨な男、瀬文焚流を筆頭に
変人なキャラが次から次へと登場し、
ギャグやコミカルな要素と、衝撃的で残酷なシーンが交互に展開するとゆう魅力がこのドラマにあります。

で、映画のほうですが、こりゃ、はっきり言って一般的に評価は低いと思います。

整合性がとれてなかったり、マドマギやエヴァなどのありきたりのセカイ系
最終対決シーンのちょっとダラダラした所など、色々ダメな所もあると思います。

でも、僕は結構楽しめました。

映画化が決まった段階で、セカイ系の話になるとある程度はわかっていました。
テレビドラマ部分には最初からその雰囲気があったので。
それ承知で見たから、その部分は納得です。

整合性がなかったり、最後がすっきりじゃなく、推理してよねって所も
セカイ系にはありがちで、許容範囲です。

おもしろかったのは、無敵の最終ボスであるセカイに餃子ロボで対抗するシーンです。
あそこで、セカイが倒されてもよかったかなー

ちなみに、スペシャルドラマ「スペック零」で、ケイゾクからの野々村光太郎の引継ぎと
当麻紗綾と一十一との最初の事件と
瀬文と志村の事件の謎が描かれ、これでだいたい全ての不明な部分が回収されたことになります。
それを見た後には、また第一話から、見てみたくなりました。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-04-23 17:59:59)
15.《ネタバレ》 「SPEC」シリーズ完結編となる二部作の後編。前編があまりにもアレな作品だったため、どうなることかと思っていたが、やっぱりなという感じは否めないものの、一応はちゃんと完結編として機能していたように思うし、広げた風呂敷はたためているのではと思う。でも2本に分けるよりも1本のほうがスマートになってよかったのではという感想は前編から変わらずだし、当麻(戸田恵梨香)のいないパラレルワールドのシーンで流れる音楽が当麻の父役として出演している佐野元春の楽曲というのはなんか違う気がした。中盤からの最終決戦のシーンも少し冗長に感じる。死んでしまった過去のSPECホルダーたちの再登場シーンはずっと見てるからかちょっと懐かしい感じ。しかし、連続ドラマをオンタイムで見たのは5年ほど前だが、それを今完結作となる本作を見ても「終わってしまった。」という感慨よりも「やっと終わった。」という安堵感のほうが強いのは、最初から最後まで「ケイゾク」の続編という体裁であったというだけで惰性で見ていたからかもと考えてしまう。でも、なんだかんだいいながらシリーズ最後まで見れたのは良かった。最後の最後、田島令子のセリフで「朝倉」と出てきたのは思わず「おおー」と思えた。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 4点(2015-03-12 18:52:18)
14.《ネタバレ》 超能力が絡んだ事件を取り扱う部署の刑事二人が
喧嘩しながら協力しあい超能力軍団や謎の機関、更にその裏側に迫る話。
まさに中二病設定のオンパレードw設定は好きだがドラマ要素が弱い。
SASUKEさん [映画館(邦画)] 4点(2015-02-13 02:11:26)
13.SPECファン大感謝祭じゃ~!という最終回(敢えてこう言う)でした。前作『斬ノ篇』はシリアス過ぎて過去のフィルムも過多で、間延びしてた上にむかつくくらいの展開で、小ネタ探すくらいしか楽しめなかったので、『爻の篇』を観るのも躊躇したのですが、最後の最後?の今作では過去SPECホルダー達やお約束事も有り、ドラマからのファンをワクワクさせてくれたのと、吉川さんに免じて、甘点にしました!ストーリー展開はメッチャクチャなままでしたが、これでスッキリ出来ました。ありがとうございました!お疲れ様でした!
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-11-16 01:24:10)
12.出来はともかく、とりあえず広げた風呂敷はたたむ事が出来たみたいなので、良しとしましょう。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2014-10-23 02:41:09)
11.《ネタバレ》 ドラマ編が終了したあと、アナザストーリーとして翔天漸と3作もふってきただけあってようやく回収できた感じ。やっと理解が追いついた。ちょっと大風呂敷ひきすぎたね。でもファンにとっては嬉しい内容だった。過去のスペックホルダーも見れて。見続けたファンとしてちょっと涙の場面もあった。当麻のいないパラレルワールドの場面はせつなかった。少しギャグにふりすぎると批判はしたいけど、ファンなんで満足。演出としては、佐野元春のいきなりの歌は残念。テーマソングの方がコアなファンは感動できただろうになあ。違和感のある歌を放り込むって昭和のかおり。この作品で、加瀬戸田には本当に感心した。加瀬のファンになった。惚れてしまった。瀬文当麻は彼らの代表作と言ってよいと思う。ありがとう。
タッチッチさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-10-11 13:48:34)(良:2票)
10.昨年秋にこれを見て以来「SPEC」とは疎遠になっていたが、今回たまたま家でひとりゆっくり見る機会を得、「TV版は神、映画版はぐだぐだ」という事を改めて再認識した。が、それと同時に要は「割り切り」ではないか、とも思った。古い例で申し訳ないがうる星の「ビューティフル・ドリーマー」よろしく、これも「SPECワールド」を使ったアナザー・ストーリー、番外編と捕らえれば、エヴァやジョジョを名前位しか知らない身にとってこれはこれで楽しめるのでは?と。制作者側はハナッから見てる方にこの世界や理論を全理解する事なんて求めていない。という事はこちらもなんか難しい事言っててわからんけどそのシーン、画、流れ、セリフ、雰囲気はなんかカッコいいなあ、とか、後半もセカイやカラスが何者でなんで当麻と闘っているのかとかにこだわらず、漠然と「あー、凄いなあ。当麻がんばれよー」と理屈抜きで雰囲気だけ感じて味わえばいいのかなあと。実際、そう思いながら見ると特に後半部分は初見の時よりかなり引き込まれて見入ってしまった。ラストに「波の行く先」というセリフがありながらその直後にお馴染みのあの曲を使わなかった事や、わざわざとても「SPEC」に合うとは思えない佐野元の曲を持ってきたりするあたり、どう考えてもTVシリーズとは切り離そうという意図があったとしか思えない。もっとも、そう考えると一番気の毒だったのは主演2人。このシリーズの最大の核でありファンが求めているのは当麻と瀬文というキャラである、という事を最も理解してるからこそ制作者側がわざとその部分をほとんど見せないようにしてるこの台本読んだ時の落胆ぶりは想像するに余りあるし、この2人こそが「仕事」として最も「割り切ら」なければならなかったろう。そして、ただの一ファンである私。これを見終わって思った事。「もう1回TVシリーズ、見たくなったなあ」。これをこそが制作者側の最大の意図であったのかもしれないww
チョッパーさん [映画館(邦画)] 7点(2014-09-24 15:29:35)(良:1票)
9.《ネタバレ》 そうか、ハウルはスペックホルダーだったのね。

「ぶっきるゆー!」には 思わず笑ってしまったので+1です。
爆裂ダンゴ虫さん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-02 06:45:50)
8.《ネタバレ》 今まで全部観てきたけど話が進むたびに?が増えていく。今回のラストも?だった。とりあえず前編・後編に分けてまでやるようなことじゃない気がする。ただ吉川さんのキャラだけはいいスパイスになってました。
ぷるとっぷさん [ブルーレイ(邦画)] 4点(2014-08-26 02:19:44)
7.前編よりはCGもふんだんに使われ当麻のお習字の時間もあり楽しめた。しかしながら、ラストがダラダラと長すぎてうんざりする。もっとすっきり終わらせてくれよ。 CG使いすぎたため前・後編にわけて資金回収しようとしたんでしょうかね。明らかに最後時間余り過ぎて無理やり回想入れてる感じがw
映画大好きっ子さん [DVD(邦画)] 4点(2014-08-16 14:45:03)
6.延々とお説教をされる映画でした。(´ω`)
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 2点(2014-08-10 12:28:02)
5.《ネタバレ》 やはりこういうオチかと思わせた一作 漸ノ篇を見た後にこの話を違和感無く終わらせるのは難しいと思っていたがやはり神オチか 先人類と呼ばれる神じみた霊体とスペックホルダー達の対決という此処に至ってようやく予想通りの展開だ VFXはなかなか凄いがほとんどがビルのてっぺんなので画面が単調で飽きる 全編が終末世界での出来事なのでやはり予想通りエヴァンゲリオン的なイメージだった やはり風呂敷を広げすぎたのだろう 事前に「トリック ラストステージ」を見たが同じ様な遊びが色々入っていた いままでの主要キャストが登場してヒロインのイメージカットで最後を飾ろうとするのも同じ この辺はちょっとあざとい スペックホルダー自体が科学的な合理性を徐々に欠いていったのでさらに霊体とか神とかガイアとか、存在するだけですべての道理を蹴飛ばす奴らが集合するのははっきりいってルール違反だ エンディングも瀬文が可哀想すぎる 作り手が御都合主義を重ねに重ねた結果なのでもっとどうにでもなっただろうに、せめてハッピーエンドに出来なかったものか
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-07-29 00:21:23)(良:1票)
4.《ネタバレ》 さて、『天』『漸』と散々酷評してきた私ですが、不覚にも感動・・・いや、号泣してしまったのである。嘘です、ちょっとだけホロリときました。最後なので点数も甘めです。

たしかに、今作にも粗はある。スケールが大きくなりすぎてやたら台詞が説明的だったり、舞台もほとんど屋上だけで繰り広げられるので変化に乏しかったり、ラスボスがアレすぎたりetc

でも、エンドクレジットに『special thanks specファンの皆様(はあと)』とあるように、ちゃんとファンサービスも忘れていない点は素晴らしい。
これまでの主要specホルダー勢揃いに加え一発屋だったナンシーやゲッツまで出てくるし、餃子ロボが大活躍するし、果ては『TRICK』のパロディや『ケイゾク』との繋がりまで出てきてもはや何でもあり。そんなはちゃめちゃさを楽しむ作品です。あと、きっぺいが出てればな~

悲しすぎるけど希望に満ち溢れた奇跡とも言えるラストシーンは必見。
ああ、瀬文のspec能力ってこれだったのか。
私の妄想かもしれませんが、きっと2人は別の平行世界でまた楽しくやってるでしょう。

最後まで頑張った当麻と瀬文に一言。「お疲れやま!」



ヴレアさん [DVD(邦画)] 8点(2014-07-17 20:32:02)(良:1票)
3.映像とかについては邦画としてかなり頑張った方だろうと言う感想で、特にケチを付けようとは思わない。問題はストーリーだ。ドラゴンボールみたいにパワーのインフレと、世界観を広げ過ぎた結果と言う内容(DBは結果あれで良かった)。そして、エヴァみたいにいろいろ理屈をつけて一見面白そうにしていた。そういう点も面白い&興味深いと思う部分もあったので、これが一概に良くなかったとは言い切れない。が、しかし、見ていて、「俺はSPECを見に来たのであってエヴァを見に来たのではない!」と頭の中で思ってしまった。終盤までの展開を良しとしても、そこからの展開と結末がなんだか納得いかない。あーそうしちゃったのって感じなのだ。これでSPECが完結、作品の個別な良し悪しは度返しで、ここまで続けてくれたスタッフ&出演者には一スペックファンとして拍手を送りたい。
スワローマンさん [映画館(邦画)] 4点(2013-12-06 17:12:56)(良:1票)
2.「起」で面白い! 「翔」でまあまあ 「天」で微妙~ 「結(前編)」でガッカリ・・・という流れでテンポよく熱は冷めてしまいましたが、ようやく完結まで来ました。CGなどは邦画の中ではすごく頑張ってるほうで見応えありました。合成のクオリティは低かったですが・・・。ただ、内容的にはあとかたづけ感が凄い完結編でした。見てる方もあとかたづけのつもりで見てますけどね。これでよく他の特撮作品を茶化せたものだと思います。もともとあった「SPEC」の面白さ、一体どこに行ってしまったのでせう。この完結編とは違った可能性を求めずにはおれません。残念!
ゆうろうさん [映画館(邦画)] 3点(2013-12-02 10:26:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 4.48点
000.00%
100.00%
229.52%
3523.81%
4628.57%
5314.29%
600.00%
7419.05%
814.76%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 2.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review4人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 1.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS