ゴースト・エージェント/R.I.P.D.のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 コ行
 > ゴースト・エージェント/R.I.P.D.の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ゴースト・エージェント/R.I.P.D.

[ゴーストエージェントアールアイピーディー]
R.I.P.D
2013年上映時間:96分
平均点:5.44 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-10-18)
アクションSFコメディファンタジーシリーズもの犯罪もの刑事もの漫画の映画化
新規登録(2013-11-05)【ないとれいん】さん
タイトル情報更新(2024-01-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロベルト・シュヴェンケ
キャストライアン・レイノルズ(男優)ニック・ウォーカー
ジェフ・ブリッジス(男優)ロイ・パルシファー
ケヴィン・ベーコン(男優)ボビー・ヘイズ
メアリー=ルイーズ・パーカー(女優)プロクター
ロバート・ネッパー(男優)
デヴィン・ラトレイ(男優)
壤晴彦(日本語吹き替え版)
松本保典(日本語吹き替え版)
安原義人(日本語吹き替え版)
高島雅羅(日本語吹き替え版)
間宮康弘(日本語吹き替え版)
原作デヴィッド・ドブキン(原案)
音楽クリストフ・ベック
製作ニール・H・モリッツ
マイク・リチャードソン
マイケル・フォトレル
製作総指揮ライアン・レイノルズ
デヴィッド・ドブキン
配給東宝東和
衣装スーザン・ライアル
編集マーク・ヘルフリッチ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.CGはやはり役10年前だから荒いところが見えてしまうが、あちらの世界、が少々面白い描写でしたので楽しめました。
HRM36さん [インターネット(字幕)] 4点(2022-04-09 11:45:04)
15.《ネタバレ》 MIBの幽霊版みたいな内容。
コンビのキャラクターはこっちの方が好きだが、MIBがあらゆるトラブル(お産等)を解決するのに対してこちらは悪党専門なためバラエティさに欠けている。
悪霊も見た目はともかく、攻撃にド派手な超能力を使うわけでもなく、敵味方共通のピストルを使うだけなので全体的に地味。
更にこの銃に使用されている弾が現実のものには影響をあたえないらしく、壁をえぐったり車を爆発させたり等銃撃戦でのお約束のド派手な演出が無く地味。
中盤の追いかけっここそ、そこそこ演出が頑張っていたが、ここで力尽きたのか、最終決戦はとにかく地味~な銃撃戦。
話や設定の壮大さに対して画的な演出が地味過ぎて非常にアンバランス。
上述したようにコンビの性格や生きてる人間には違う見た目に見える等光る部分こそあっただけに、もう少しお金掛けて派手な戦闘シーンにしてくれれば文句なしなのが非常に残念。
ムランさん [インターネット(吹替)] 5点(2021-12-20 04:23:01)
14.《ネタバレ》 アメコミが原作だろうか。
よくまあこんなそっくりに作ったもんだと逆に感心するくらい、例の宇宙人シリーズに似ている。
そして悪霊が弱い。
さらに一体一体の魅力が弱い。
もう少し個性的な悪霊が出てると面白くなりそうなんだけど、悪霊顔のケビン・ベーコンに頼りすぎ感が否めない。
意外に傷つきやすいジェフ・ブリッジスと、ライアン・レイノルズの妻役の女優さんのキュートさに加点。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-09-07 01:04:15)
13.なんとも暇潰しにはぴったりな映画だった。確かにメンインブラックを彷彿な作品でしたが、私はジェフブリッジスが大好きなのでこっちを推します。一般人に見えてるセクシーブロンドちゃんもかっこいいし。でもいろんな荒さでこの点。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2015-11-24 01:47:46)
12.《ネタバレ》 MIBとゴーストバスターズにはなりきれなかったけど、まずまず面白いじゃん(^O^)/

死んだ警察官があの世で悪霊を捕まえる機関にスカウトされる。相棒は西部のガンマン^ ^

ハチャメチャまではいかないコメディ。でも出てる役者さんがいいので結構観れます!

個人的にはメアリー=ルイーズ・パーカーが最高(≧∇≦)REDのときと変わらない、可愛さ満点の女優さんですね!

たまにはこんな映画も癒される(^O^)/
JFさん [DVD(字幕)] 5点(2015-08-28 22:12:35)
11.《ネタバレ》 メン・イン・ブラックそのまんま。冒頭の戦闘シーンのCGはすごかった。なのに面白くない。これはトミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスがすごいのか、それとも主人公の二人が下手なのか?せっかくのセクシーねーちゃんも全然活躍してないし。笑える部分が少なすぎ。ケビンベーコン、最近また売れてきたけど、悪役多すぎ。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-04-04 22:39:38)
10.《ネタバレ》 CSで映画観てるときの夫婦の会話。「この人ケビンベーコンに似てるね」「あ、私もそう思ってた」…「やっぱこのケビンベーコンっぽい人がラスボスなんだろうね」「だと思うよ」…「あー似非ケビンベーコン、最後あっさりだなぁ」。そして迎えたエンドクレジット「ケビンベーコンじゃん!!」

そりゃそれだけ似てればそうですよね…

映画自体は、それぞれのキャラ設定に微妙に魅力がない上、ゴチャゴチャしていてまとまりがないストーリー展開。
ラストバトルでお約束のように「相棒」と呼びかけても全然説得力ないし。

んーちょっと面白そうだっただけに残念な映画でした。
一番よかったのは冒頭部の嫁の尻でしょうか。日本でも普通に見かけるいかにも普通の下着って感じが実によかったです。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-10-23 23:00:47)
9.街で時々、美人とサエない男のカップル、ってのを見かけます。アレ不思議だったんですけど、そういうことだったんですね。正体はジェフ・ブリッジスかも知れないってことなんですね。さて、オバケ警官のオバケ退治、という作品なのですけれども。ナンセンスな設定を連発して、そりゃまあデタラメでバカバカしい方が確かに楽しいんですけれども、そういうのも「頃合い」ってものがあって、本作のナンセンスはいささか過剰。やや作為的なものを感じさせ、要するに「考え過ぎ」ってヤツですね。で、アホな設定をブチまけ、映画を散らかしてそのまま終わっちゃう感じですが、一応、その散らかり具合に釣り合うだけのハチャメチャなスペクタクルをクライマックスに持ってきているので、とりあえずよくわからん妙な満足感はあります。ただ、登場するオバケにあまり魅力がなくって(ただのデブだったりするし)、その点はゴーストバスターズの楽しさに遠く及ばないですね。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2014-09-21 08:11:49)
8.《ネタバレ》 相棒の汚い裏切りにより無残にも殺されてしまった刑事が、なんだかんだあって復活し、悪霊を専門とする〝ゴーストエージェント〟になったのだった!彼とコンビを組むことになるベテランエージェントとの世界を救う大活躍をコミカルに描いた、ぶっちゃけ、まあそれだけっちゃあそれだけの映画でしたね。でも、こういう風呂上りにビールと枝豆片手に肩肘張らずに観るのに最適な薄味エンタメ映画も、たまに観る分にはけっこう好きなんですよ、僕(毎回そればっかだと、さすがにIQが下がっちゃうんで10本に1本くらいの割合がちょうど良い感じですね)。それに、そんな映画の中にたまに「え、これは意外にけっこう好きかも…」という掘り出し物が混ざっていたりもするんで、なかなか侮れないのだけど、今作は見事なまでに「まあまあこれくらいじゃろうな~」と僕が事前に予想した通りの出来でありました。てか、これって「メン・イン・ブラック」の宇宙人から幽霊へと設定を変えただけで中身はほとんど一緒ですやん(笑)。さすがにもうちょっとオリジナリティといった物が欲しかったですね。でも、このけっこうお金かけたであろう派手なアクションシーンだとか、主人公コンビが人間にはゴージャスセクシー美女&冴えない中国人オヤジに見えるというアホらしい設定とかは、ぼちぼち楽しめたかな~。まあ、3日も経てば完全に記憶から消え去るだろうけど、「ヒマ潰しに観る分にはぼちぼち楽しめる」この作品、うん、6点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-25 21:12:26)
7.《ネタバレ》 幽霊であるはずの登場人物達が、現世では別の姿でありながら生きてる人たちからも見えるという設定がなんだか新しい。そしてゴースト達は、ゴーストというよりもいわばモンスターみたいなのばかり。なんだろう、メンインブラックとゴーストバスターズを足したみたいな感覚?内容はスカスカなので、そのモンスターたちの暴れっぷりと小道具の見た目の面白さ、そしてジェフ・ブリッジスの持ち味を楽しむのみ。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-05-27 23:46:35)
6.《ネタバレ》 作風は予想通りだったものの、1時間半の中に欲張って詰め込み過ぎてしまい中途半端な印象しか残りませんでした。
展開が早すぎて、せっかく用意した2人が個性有り気にもかかわらず、その個性をほとんど表現できていなかったように思います。
"ゴースト"の風味も加えてきましたが、これまた展開が早すぎて中途半端。
駆け込みで作ったようなラストの超展開?では、ケビン・ベーコンを使う必要があるのかと思えるような陳腐なファンタジーが入ってきてガッカリさせられました。
ベタな面白さが期待できる要素がたくさんあっただけに、何か非常に勿体ないことをしている作品だと思います。
午の若丸さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2014-05-18 00:28:50)
5.《ネタバレ》 オープニングとラストのスタッフロールはめちゃポップで凄くイイ エンディングの主人公が女の子になるオチも楽しい VFXもなかなか良く出来てる でもそれだけ 「メン・イン・ブラック」の焼き直しにしか見えなかった なによりもシンプルなストーリーなのに脚本がくどい ギャグのつもりなのかもしれないがセリフが長くてすべる ロイとニックのコンビがせっかく爺ちゃんとセクシー姉ちゃんの違和感バリバリコンビな設定なのに、だからこそ可笑しいというシーンがほとんど無い ここはかなり不満だ キーアイテムのゲートが金(ゴールドです)で出来ていて、ゴースト達がそれを集める設定だが、あまりにも扱いがぞんざいで金である意味が無い 少なくても現世では高価で貴重というシーンは必要だ なので金がただの石ころのように見えた 集めたり奪われたりする過程が完全に成り行きで緊迫感が皆無 ガジェットも銃のみで「メン・イン・ブラック」に比べても今ひとつだ ニックの奥さんがストーリーの中でまったくの付け足しでしか無い 映画の最初と最後、後はCGシーンのみが見所か
にょろぞうさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-05-04 20:10:01)
4.《ネタバレ》 自分なりに納得がいかない設定がいくつかあった。悪霊側からエージェントの姿が仮の姿に見えること。モンスター化した悪霊を一般人にも見えること。その上で、あれだけ派手に暴れまわっても(おそらく過去にも何度かあっただろう)な~んにも変わらぬ日常。おかしいだろ!B級映画としてバカバカしく軽いノリで楽しみたくても、大作気取ってるから肩透かしもいいところ。中国じいさんやブロンド美人に見える。というせっかくのアイデアもただそれだけで、それを上手に利用出来ずじまい。キャラの肉付けもモンスター造形(特に親玉ののケビンベーコン)も全くもってペラッペラ!唯一ヒロインが好みのタイプで、パンツ姿に萌えました。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 3点(2014-04-26 09:24:25)
3.《ネタバレ》 90分台で何とかおさめたかったのか、やたら急ぎ足。もっと、ディテールに拘りを見せてくれればいいのに、この映画内ルール説明もほとんどないので、入り込みにくい。とことんバカバカしくすればいいんだけど、作り自体は割とマジメ。割とCGは派手で、安っぽい訳でもない。ストーリーは、ありがち。テンポが良いのは良いんだけど、なんだか全体的に薄味。
ベーコン兄貴すら薄味なんて!!
もっともっと憎たらしい悪役にしてくれればいいのに。シリーズものにしてキャラや世界に奥行きが出てくると面白くなるパターンかもしれない。
化物の造形や動きは良かったと思う。
すべからさん [映画館(字幕)] 6点(2014-03-22 18:33:45)
2.《ネタバレ》  「その2つの作品が混じったような映画」という前イメージから期待する(あるいはあまり期待しない)作品、そのままなので、納得して劇場を後にするという。

 物語的にも登場人物の魅力も、予告編から予想される以上のモノはあまり見せてもらえない感じです。
 っていうかライアン・レイノルズはパッとしないかな。もう少しハジケちゃってていいと思うのですが、ジェフ・ブリッジスとケヴィン・ベーコンの前では霞んでも仕方ないってところですかねぇ。
 そのベテランとてジェフはまだコメディ演技を見せていて面白いのですが(帽子や女性の足首、そしてコヨーテに対するこだわりっぷりが笑わせてくれます)、ケヴィンは最近のお馴染み悪役ケヴィンまんまですし。
 キャラ的に面白かったのは有無を言わさぬ姿勢でこの映画の最上位に君臨する上司役メアリー=ルイーズ・パーカーですか。あらゆる点でそこそこなこの映画の中にあってビジュアルといい演技といい、その個性が際立っておりました。

 それから映画自体はコメディなのですが、愛妻を残して逝ってしまったというところが物語の重さを生む原因になっていて、それが最終的に完全に救済されるところまでいっていないのがちょっとひっかかりました。

 ゴーストはモトは人間なのでそーんなにバリエーションがあるわけではなく、敵役としては今一つ魅力に欠けました。バトルシーンそのものは面白いのですが。

 良かったのはクライマックスのVFXですね。襲い掛かる渦巻、どんどんと崩れてゆくビル群、その間を縫って爆走する車。結構ハデなスペクタクル映像。

 何か物足らない、もう少し色々と見せて欲しいところでサックリ終わるファーストフードみたいな映画、多くを望まず、ただその時間だけそこそこ楽しめればそれでいい、心にそんな余裕がある人向けっていう映画でした。3D料金まで含めてフルプライス2000円以上を払うだけの価値があるか?っていうと、それはさすがに・・・なのですが。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 6点(2013-11-05 22:27:42)(良:1票)
1.《ネタバレ》 前情報無しのまま観てきました、MIB+ゴーストバスターズと言うキャッチコピーにパチもの臭さを感じましたけど、意外にも面白かった、個人的にはこの二作よりもこちらの方が好きかもしれない、大物ぽい雰囲気で出てくるジェフが、世を忍ぶ仮の姿は金髪美人で、結構しょーもない性格のおっさんってのも良いですね。あ、でもしばらくしたら忘れてそうです。
ないとれいんさん [映画館(字幕)] 7点(2013-11-05 10:08:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.44点
000.00%
100.00%
200.00%
316.25%
4212.50%
5425.00%
6743.75%
7212.50%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS