らくごえいがのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > らくごえいが
 > (レビュー・クチコミ)

らくごえいが

[ラクゴエイガ]
2013年【日】 上映時間:110分
平均点:3.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-04-06)
コメディオムニバス
新規登録(2013-11-18)【飛鳥】さん
タイトル情報更新(2018-09-18)【くるきまき】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト山田孝之(男優)
加藤貴子(女優)
田島ゆみか(女優)
安田顕(男優)
戸次重幸(男優)
音尾琢真(男優)
本田翼(女優)
斉木しげる(男優)
田中要次(男優)
近藤春菜(女優)
箕輪はるか(女優)
笑福亭鶴光(男優)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 作ったのは東京芸術大学大学院映像研究科の学生。
古典落語の『ねずみ』『死神』『猿後家』を原作として、『ビフォーアフター』『ライフ・レート』『猿後家はつらいよ』の三編からなるオムニバス。
冒頭とラストには落語家へのインタビューがある。

『ビフォーアフター』は盛り上がりもなく特に印象に残らない。
『ライフ・レート』は世にも奇妙な物語風の作品。
『猿後家はつらいよ』は『ラヂオの時間』のように作者の意図から離れて作品がどんどんダメになっていくストーリー。
三編の中ではこの3話目が一番よかったかも。
原作の落語にとらわれずに大胆に構成し直していて、原案の『猿後家』は劇中劇で使われている。
ただ、『猿後家』である必要性がほとんど感じられないので、落語ファンには肩すかしだろう。

落語が原作にはなっているが、映画はそれとは完全に別物。
落語家のインタビューからは映画よりも落語に対する自負が強く感じられる。
この映画が成功か失敗かは、映画と落語を両方見てどちらが面白いか比べてみると答えが出るのでは?――立川志らくの言葉からも映画より落語のほうが優れているとの本音が滲み出ている。
個人的な感想をいえば、落語家の本心と同じで断然落語のほうに軍配を上げる。
それでも、否定的な感想も含めてインタビューを変に都合よく編集しなかった潔さは好感が持てる。
ただ、インタビュー部分はDVDの特典でよかったような…。

映画公開から半年以上経っても本サイトでは登録さえもなく、これが初レビューになるほどひっそりしていて、ほとんど知られていないようなマイナー作品としてはそれがまたごく自然に思われる。
ところが、某大手レビューサイトでは既に数十ものレビューが投稿されており、極端な賛否が激しく対立してレビュー批判のバトルのようになっているのが明らかに異様な感じ。
それを見ると、本サイトはまだずっと健全なようだ。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 3点(2014-04-18 00:48:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 3.00点
000.00%
100.00%
200.00%
31100.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS