プレーンズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プレーンズ
 > (レビュー・クチコミ)

プレーンズ

[プレーンズ]
Planes
2013年【米】 上映時間:92分
平均点:5.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-12-21)
コメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものファミリーロードムービーCGアニメ3D映画
新規登録(2013-12-22)【ゆうろう】さん
タイトル情報更新(2020-03-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
デイン・クックダスティ・クロップホッパー
ステイシー・キーチスキッパー・レイリー
ブラッド・ギャレットチャグ
テリー・ハッチャードティ
ヴァル・キルマーブラボー
ダニー・マンスパーキー
プリヤンカー・チョープライシャーニ
セドリック・ジ・エンターテイナーレッドボトム
ジョン・クリーズブルドッグ
アンソニー・エドワーズエコー
ジョン・ラッツェンバーガーハーランド
瑛太ダスティ・クロップホッパー(日本語吹き替え版)
仲里依紗サクラ(日本語吹き替え版)
山口智充ブラボー(日本語吹き替え版)
石田太郎スキッパー(日本語吹き替え版)
天田益男チャグ(日本語吹き替え版)
甲斐田裕子ドッティ(日本語吹き替え版)
森田順平リップスリンガー(日本語吹き替え版)
小林沙苗イシャーニ(日本語吹き替え版)
大川透ローパー(日本語吹き替え版)
中村秀利ブレント・マスタングバーガー(日本語吹き替え版)
花輪英司コリン・カウリング(日本語吹き替え版)
立木文彦ハーランド(日本語吹き替え版)
林勇フランツ(日本語吹き替え版)
根本泰彦JFK管制塔1(日本語吹き替え版)
金光宣明審判(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣ブルドッグ(日本語吹き替え版)
原作ジョン・ラセター(原案)
音楽マーク・マンシーナ
製作総指揮ジョン・ラセター
制作東北新社(日本語版制作)
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.農薬散布機対競技用マシン⇔豆腐配達車対R32
ディズニー、ピクサー⇔日本のアニメ
ざっくりこんな感じなのかな。
日本人で良かった。
マー君さん [DVD(吹替)] 5点(2016-04-03 11:16:52)
10.《ネタバレ》 あまり縁の無い題材だったのもあり見る予定も無かったのですが他の作品と一緒に大き目のぬいぐるみが100円で投げ売りされていて買ってしまったので一回は見ようと思って見ました。作りは荒かったもののなかなか気持ちの良い作品でした。字幕ではカナダ機で吹き替えで日本機になっていたのが理解出来ず検索したところ国によって違うとのことでやっぱり理解しきれない作品だと思いました。
spputnさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-10-14 01:36:55)
9.主人公が高所恐怖症の飛行機、という思いつきの一発ネタだけで、ほとんど物語を膨らませられなかった印象。主人公のダスティは農薬散布のセスナ機、と言っても他の連中にあれこれバカにされるほどには見劣りする外見でもないし、実力は最初から結構ありそうだし、とりあえず「いいヒト」だし。高所恐怖症という唯一の「逆セールスポイント」も物語にさほど生かせているようにも思えず、結局のところ、転機らしい転機も描けていない、平板なオハナシになっちゃってます(そんなダスティがあっけらかんと活躍するのは、正直、あまり愉快でもない)。世界一周レースということで、とりあぜず世界の様々な光景が登場するという楽しさ、それはひとつの魅力ではありますが。
鱗歌さん [ブルーレイ(吹替)] 5点(2015-09-27 10:20:04)
8.かなり完成度の高い駄作。
ある意味ではCGアニメの到達点なのかも知れない。
映像的な演出も音楽も擬人化されたキャラや世界観など、過去の名作の良いところを融合させたような作品に仕上がっていて、粗が無い。
でも、何故だか面白くない。
初見のはずなのに見たことあるような気がしてくる。
ラストがどうなるのかも想像が付く。
意外性の全くない作品でした。
もとやさん [DVD(吹替)] 5点(2015-02-16 14:05:15)
7.《ネタバレ》 「カーズ」の飛行機版。人間はまったく出てこず、すべての乗り物が擬人化されたアニメ。田舎の農薬散布機ダスティがプロペラ機の世界一周レースに挑戦するというストーリーは完全に予定調和的で、結果は見る前から明らか。したがってハラハラドキドキは全く感じなかったが、それよりも本作は縦横無尽に飛び回るキャラクター(飛行機)たちの爽快な動きを劇場の大画面で観る方がより楽しめたと思う。近年のディズニーアニメらしく、飛行機の挙動やメカニズムをよく研究して作られている点では単なる子供だましのアニメとは一線を画す作品。ところどころ差し込まれるジョークはきっともっと面白いのだろうが、字幕や吹き替えではそれが伝わらずちょっと残念だった。
田吾作さん [DVD(吹替)] 5点(2014-12-07 14:56:46)
6.普通のディズニー映画というかんじ。つまらないわけではないし、ものすごい面白いわけではない。名前が難しいから、子供はちょっと分かりずらいかもしれないが、内容は、単純明快な、起承転結なストレートな話。
シネマファン55号さん [DVD(吹替)] 5点(2014-09-10 11:45:38)
5.《ネタバレ》 あのピクサーがこんな大コケ映画を!?と思ったら、実はピクサーではないのですね。
国別対抗戦で結局拮抗するのはアメリカ同士でって、あまりの子供だましにびっくりしました。お前は自分の本来の姿を愛していないのか?
「子供向け」と「子供だまし」は違うわよ。
denny-joさん [映画館(吹替)] 4点(2014-03-04 14:16:56)
4.《ネタバレ》  お話し的にはダイジェスト過ぎるというか、エピソードが断片化されちゃってて、世界を横断する大レースが随分と短距離だな!って感じでしたが、『カーズ』よりもキャラクターに愛着が抱けて。

 で、その理由を考えてみました。

 『カーズ』のキャラはメインがトップから転落したレースカーの主人公と高価なポルシェ911カレラなヒロインですよ。もうお高いキャラなの。
 一方こちらは全部レシプロ機。ジェットは艦隊の搭載機くらいで、主人公は農薬散布用のセスナ、偉そうなヤツまで含めてレシプロ機。そうお高くないです。
 キャラの地位をあまり高めに置いてないところに好感が抱けるわけです。

 それから『カーズ』はクルマのウィンドウ&フロントグリル、つまり前面全部が顔。なのでバランス的にボディほぼ頭。一頭身ですよ。一頭身キャラがドラマ演じちゃう違和感。
 一方こちらはやっぱりフロントが顔になっていますが、飛行機なので胴体があって主翼と尾翼が手足のように見えます。セスナで3頭身から小型旅客機で6頭身くらい。ドラマを演じてもさほど難なく受け入れられる頭身です。

 とまあこじつけてみたりもしましたが、なんだろ、実際デザイン的には『プレーンズ』の方がいい感じがしました。
 サクラなんてカラーリングも含めてステキなんですが(初の飛行機萌えキャラ)、あれは日本限定デザインで公開国によって国籍とデザインと名前が変わるという凝った事をしていて、ワールドワイドではないのがちょっと残念。

 あと『カーズ2』はレースシーンに3Dを活かせておりませんでしたが、こちらは飛行シーンで抜群の効果を見せておりました。3Dでの公開が極端に少なかったのがこれまた残念。

 力の弱い者が上を目指して勝利するシンプルなお話、作品のクオリティは『カーズ』に及んでいませんが、個人的な好みとしてはこちらに軍配を上げます。
あにやん‍🌈さん [映画館(吹替)] 7点(2014-02-26 21:56:31)(良:1票)
3.《ネタバレ》 高所恐怖症の農薬散布機ダスティが競争機として世界一周レースに参戦、ディズニーアニメ。世界中を舞台に、個性的な飛行機たちと助け合いながら繰り広げるプレーンチェイス。観賞者も彼らと一緒に世界を転戦しているような感覚に。アメリカンドリームを追う、愛と勇気と友情のスポコン・サクセスストーリー。整備士としてチャーミングなしゃべる、我らがフォークリフトも出演。
獅子-平常心さん [映画館(吹替)] 6点(2014-01-08 19:09:27)
2.無駄なセリフが多く、ストーリーらしいストーリーもない。それなのにうちの4歳になったばかりの娘は、話がわからなかったそうな。今年一番の期待外れ映画。残念でした。
よしふみさん [映画館(吹替)] 5点(2013-12-23 14:22:54)
1.「カーズ」の飛行機版姉妹編。ピクサーは王道でありながら変化球も出すのが得意なスタジオだと思いますが、本作は製作体制が変わりディズニートゥーン・スタジオズになりました。そのためか、王道ド直球の子供向け作品になっています。CGの作り込みも「カーズ」ほどではありません。だからと言って悪いとは思わないんですけどね。今までのピクサー作品の完成度を期待して大人が見ると物足りないかもしれません。元はビデオ限定作品だったようだし。映画を見る前は「また落ちこぼれが主人公かよ。落ちこぼれなら客が感情移入すると思ってんのかね。なめられたものよ!」と斜に構えていました。いやー大人げなかったですね(汗)。個人的には、カーズの世界とのクロスオーバーがもっとあれば良かったのになあ、と思います。この世界での飛行機と車の立ち居位置の違いが描けていたらなあ、と。そうするとまた話が複雑になっちゃいますかね。
ゆうろうさん [映画館(吹替)] 6点(2013-12-22 22:55:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.45点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5654.55%
6218.18%
7218.18%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS