映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~
 > (レビュー・クチコミ)

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~

[エイガドラエモンシンノビタノダイマキョウペコトゴニンノタンケンタイ]
2014年【日】 上映時間:109分
平均点:6.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-03-08)
SFコメディアドベンチャーファンタジーアニメシリーズもの動物ものリメイクTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2014-01-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-06-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督八鍬新之介
水田わさびドラえもん
大原めぐみのび太
かかずゆみしずか
木村昴ジャイアン
関智一スネ夫
小林ゆうペコ
小栗旬サーベル
三石琴乃ママ
松本保典パパ
坂本千夏チッポ
広瀬正志ブルスス
宮澤正コス
飯塚昭三ダブランダー
宝亀克寿神成
柳沢栄治シバ
菅原淳一シュナウザー
大原さやかコリーヌ
原作藤子・F・不二雄
脚本清水東
音楽沢田完
作詞黒須克彦「夢をかなえてドラえもん」/「夢をかなえてドラえもん 合唱バージョン」
作曲黒須克彦「夢をかなえてドラえもん」/「夢をかなえてドラえもん 合唱バージョン」
編曲鈴木雅之(歌手)「光のシグナル」
沢田完「夢をかなえてドラえもん 合唱バージョン」
大久保薫(音楽)「夢をかなえてドラえもん」
主題歌Kis-My-Ft2「光のシグナル」
mao「夢をかなえてドラえもん」
挿入曲木村昴「友達」
撮影東京アニメーションフィルム
プロデューサー川北桃子(チーフプロデューサー)
増子相二郎(チーフプロデューサー)
制作小学館
テレビ朝日
シンエイ動画
小学館集英社プロダクション
アサツー ディ・ケイ
藤子プロ
配給東宝
作画西村貴世(作画監督)
末吉裕一郎(原画)
八鍬新之介(絵コンテ)
高倉佳彦(原画)
大塚正実(原画)
林静香(オープニング原画)
美術松谷早苗(色彩設計)
編集小島俊彦
録音田中章喜(録音監督)
その他大杉宜弘(おまけ映像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ジャイアンかっこいいね! ってかドラえもんの道具にみな頼りっきりじゃねーか(苦笑)まぁそれ言っちゃうとお話しが成立しませんが。犬の時のペコはかわいいですね、犬を飼いたくなりました(笑
Kaname🌟さん [インターネット(邦画)] 5点(2018-08-26 13:05:39)★《新規》★
5.《ネタバレ》 これまでのリメイク作品は、改変の内容が議論の的であった。リアルタイムでオリジナルを見ている人(私を含む)からすると、おおむね批判的な意見が多かったように思う。
それならばということなのか、今回はほぼ原作通り、ストーリーは勿論、細かいギャグや台詞回しに至るまで、むしろオリジナル以上に原作漫画になぞった形で作られていた。「ペコとその父親がボンクラだったので内乱に至ったのではないか」という原作への指摘をフォローするためか、一応ペコの苦悩と成長が描かれたり、ジャイアンが見せ場でペコを殴るのが追加事項か。ただそれなら、サベールは絶対にペコが倒すべきだったし、「十人の外国人」に関しては新解釈がされるのではないかとひそかに注目していたがその辺はそのままだった。そのためか、十分に面白いながらも、少々物足りないところが残った。改変すれば文句を言い、改変しなくとも文句を言う。これは私の卑しさではなく、ドラえもん映画に対する偏愛と感謝と期待と…要するに思い入れがスパイラルして着地点を見失っているということで許していただきたい。
もともと好きな作品なのでしっかり堪能はしている。ジャイアン=映画だとカッコいい、を決定づけた名作だ。当然のことながら王国はきっちり描かれているし、巨神像のスムーズな動きには驚かされた。他に、直立すると妙に手足が長く、そこまでの可愛さが吹き飛ぶペコや、なんでこんな色と声にしたんだと思ってしまうスピアナ姫など、細かいこと言い出したらキリがない。それもこれも思い入れのスパイラルによるものだ。
再来年はいよいよ「海底鬼岩城」のリメイクかな? バギーが別キャラクターに変換されるかが注目だ。どっちに転んでも文句言いそうだ。
カツルギさん [DVD(邦画)] 7点(2014-09-13 21:18:22)
4.《ネタバレ》 子供と鑑賞。やっぱり映画館だと音楽も画面も迫力がまるで違うし、子供的には大満足だったんじゃないでしょうか。大人の私としては、もうひとつふたつ食い足りない気がしましたが、そこまでドラえもん映画に求めるのも酷すぎるし。

野暮を承知で言わせてもらえば、1)強力な道具を全部置いて行って「どう乗り切るか」という話だったのに、結局使うのって……、2)なぜ出来杉君おいてっちゃうの?(原作がそうだから?)、3)ジャイアンがペコをぶんなぐるところはもっと盛り上げてもいいはずなのに音声なしであっさり流しちゃうの? せめて殴ってからにしては……、4)刀の電池切れちゃったのになぜ勝つんだよ……、5)のび太が眼鏡をとった顔が美男すぎます…… 6)出来杉君の本棚に並んでる本が凄すぎる(笑)
空耳さん [映画館(邦画)] 5点(2014-03-19 19:20:19)
3.ドラえもん映画を映画館で見るという行為は幾つかある行事のうちの1つみたいなものになりつつあって、例えるなら寅さんや釣りバカシリーズを映画館で見ていたのと何となく似ている。当然、当たりもあれば外れもある。そういう意味じゃ寅さんと似ている。そんなドラえもん映画、二年ぶりのリメイク作品は果たして?最初は何か嫌な予感しかしなかったのにやはり見てしまう。ジャイアンの正義感溢れる姿が今作でもよく描かれていて、ジャイアンはやっぱり単なるガキ大将じゃないのが分かる。自分のせいで招いたピンチを男らしく一人でも立ち向かう姿にジャイアンて格好良いなあ!てなるのだ。リーダー的立場なジャイアンがいるからこそ他の仲間だって、あれだけボロクソ言いながらもジャイアンを見捨てたりしない。そこがドラえもんというアニメ(漫画)の良い所です。今でも相変わらず声が嫌だ。前のが良かったなんて言う人(大半は大人達)の意見なんか無視して、これからも沢山の子供達もドラえもんファンの大人同様、映画館で笑い、時には感動して泣ける作品を沢山見たいし、ドラえもんはいつの時代も子供達の味方であって欲しいと思います。ドラえもんを見て育つ子供達がいずれ大きくなり、大人になった時にドラえもんの話で盛り上がる。また現在大人である人達もドラえもんで盛り上がる。そんな世の中がいつまでも続いて欲しい。だから私はドラえもん映画をこれからも映画館で見ようと思う。

青観さん [映画館(邦画)] 7点(2014-03-17 21:45:15)(良:1票)
2.《ネタバレ》 個人的に今回のドラ映画は安牌を切ってきたなという印象です。ファンも多いリメイク元の『のび太の大魔境』から殆どディテールを含め変更しないという徹底的な作り。「じゃあ今リメイクする意味ないだろ」と言うと、そう言う訳でもなく、ハッキリとオリジナル超えをしている点もあったと思います。
一つは美術について。この映画はジャングルやサバンナ、渓谷が舞台となるのですが、その背景が本当に綺麗です。そりゃジブリの『もののけ姫』とまではいかないものの、そんじゃそこらの劇場版アニメとは思えないレベルだと思います。特に終盤、火に包まれたジャングルは影の揺らぎも含めて凝っていたなぁと。これは絶対にオリジナルを超えている部分。勿論、それだけ時代が進んだってこともありますが。
もう一つは省略の演出が見事でした。物語の終盤、ジャングルが火に囲まれ一行が絶体絶命のピンチに陥り、ペコが敵にひとりで立ち向かおうとしますが、そこにジャイアンが居てもたってもいられなくなり助勢する。のび太、しずかちゃん、ドラえもんもそれに加わる。このシーンをキャラクターの声を抜きで動きだけで表現する。ベラベラ喋ってしまうより、遥かに映画的な場面でした。正直こういう演出を旧ドラの監督が出来るかというと私は出来ないんじゃないのかなと想像します。
反対に残念だったのは、予言が実現し未来からやってきた5人が戦いに加わるシーンで、とってもお気楽なテレビ主題歌を流しちゃうこと。ここはもっとテンションがアガるBGMを使って欲しかったなぁ。それから結構恰好いい敵役として登場したサベール(敵の近衛隊長)の相手が、剣の腕に覚えのあるペロではなくのび太になってしまうのもなんだかなー。ペロは正直この映画で決定的な活躍を見せてないんですよね、サベールを倒したのはのび太だし、敵の軍勢をやっつけたのはブルススと未来から来た5人と巨人像なんだもの。敢えて言えば雑魚っぽい二人組をやっつけた位でしょうか。そこはペロにも活躍の場をあげてやってもいいんじゃないの?折角、お忍びで剣の稽古までしてたのに格好つかないよ。
民朗さん [映画館(邦画)] 7点(2014-03-10 21:32:28)
1.一部の場面が無かったり台詞が違ったりしますが、原作付きアニメ化作品の見本ともいえるぐらいの作品で10点満点をあげても良いくらいの出来でした。ただし其れは1982年版の作品が無かった場合の話です。2007年版の新魔界大冒険の様に矛盾点の補足があるわけでもなく、宇宙戦艦ヤマト2199の様な新解釈があるわけでもありません。ただ今の技術と声優さんを使って再映画化したというだけの作品と感じます。このエピソードを知らない方に1982年版と2014年版のどちらを観るべきかと問われれば間違いなくこう 答えるでしょう「声優さんで決めたら?」ってね。
ままごとさん [映画館(邦画)] 7点(2014-03-10 17:53:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5233.33%
600.00%
7466.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS