ローン・サバイバーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ローン・サバイバー
 > (レビュー・クチコミ)

ローン・サバイバー

[ローンサバイバー]
Lone Survivor
2013年【米】 上映時間:121分
平均点:7.09 / 10(Review 46人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-03-21)
アクション戦争もの実話もの
新規登録(2014-02-04)【8bit】さん
タイトル情報更新(2014-12-21)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・バーグ
キャストマーク・ウォールバーグ(男優)マーカス・ラトレル二等兵曹
テイラー・キッチュ(男優)マイケル・マーフィ大尉
エミール・ハーシュ(男優)ダニー・ディーツ二等兵曹
ベン・フォスター[男優](男優)マシュー・アクセルソン二等兵曹
エリック・バナ(男優)エリック・クリステンセン少佐
アリ・スリマン(男優)グーラーブ
アレクサンダー・ルドウィグ(男優)シェーン・パットン二等兵曹
ジェリー・フェレーラ(男優)ハスラート海兵隊軍曹
咲野俊介マーカス・ラトレル二等兵曹(日本語吹替版)
置鮎龍太郎マイケル・マーフィ大尉(日本語吹替版)
加瀬康之マシュー・アクセルソン二等兵曹(日本語吹替版)
山野井仁エリック・クリステンセン少佐(日本語吹替版)
脚本ピーター・バーグ
音楽スティーヴ・ジャブロンスキー
撮影トビアス・A・シュリッスラー
製作ランドール・エメット
マーク・ウォールバーグ
バリー・スパイキングス
アキヴァ・ゴールズマン
製作総指揮ピーター・バーグ
マーク・ダモン
グラント・クレイマー
ルイス・G・フリードマン
ジョージ・ファーラ
スティーヴン・サックストン
配給ポニーキャニオン
東宝東和
ヘアメイクハワード・バーガー(メイクアップ部門 主任)
編集コルビー・パーカー・Jr
録音ワイリー・ステイトマン(音響編集スーパーバイザー)
あらすじ
2005年6月。タリバン指導者の暗殺を目的とした「レッド・ウィング作戦」遂行のため、アフガニスタンの山岳地帯で偵察をしていたマーカス・ラトレル(マーク・ウォールバーグ)ら4人のネイビー・シールズは、判断ミスにより、200人以上のタリバン兵から攻撃されるという絶望的な状況に陥る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
46.ブラックホークダウンの系譜につらなる実話系戦争映画。いや戦闘映画か。
とにかく映画からの圧が強すぎて呼吸困難になりそう。
比較的最近の事件で関係者はほぼ存命、主人公である当人の手記を元にしてるだけに、内容的にはちょっと大げさなだけのドキュメンタリー映画。
映画的な細かいツッコミとかはもう野暮でしょう。

中盤以降終始圧倒されるシーンが続くだけの圧の強い映画です。

このあと、同じ監督、同じ主演でパトリオットデイ、バーニングオーシャンと実話系映画が作られていくわけですが、出来でいえばローンサバイバーには及んでないのは(事件の規模からして)しょうがないのかもしれません。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-05-12 17:13:26)★《新規》★
45.《ネタバレ》 序盤こそ戦地モノにありがちな、人物紹介と隊の雰囲気描写で大して期待させない入り口なのですが。これが作戦が始まるととたんに引き締まります。予定にない判断を迫られ、無線は通じず任務遂行どころか撤収半ばで命を落とすかも、の地獄絵図。
このカメラワーク、カット割り、肉体の痛みを伝える臨場感といった技は数多の戦争映画と比べてもトップレベル。「痛たたた」と何度顔をしかめたことか。
絶命する米兵のスロー描写はいかにも英雄扱いですし、タリバンと敵対して身を挺して助けてくれる地元の村人ら、一から十まで米軍寄りの描き方ではあります。事実を盛りに盛って娯楽作品に堕としたとの指摘もあるみたいですけど、それもきっと正しいのでしょうけど、少なくとも私は戦争の酷いこと、無意味なことは充分感じました。「こんなこともうやめようよ」と何度も思ったよ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-10 23:30:14)《新規》
44.《ネタバレ》 序盤はだらだらして退屈に感じたが最後まで観ると見応えがあった良作。冒頭にキャンプで登場人物の生前を描くのはお決まりのやり方だが正直要らない
作戦中に人物像を織り交ぜてくれれば時間の短縮にもなり、登場人物の紹介などそれで十分である。プレデターを見習ってくれ
三人のヤギ使いを殺すか否かで葛藤していたが、こっちは四人いるのになぜ連行しないのかには言及がなかった
作戦失敗で帰投するなら連行して良くないか?そんな罪にはならないだろう
戦闘シーンは迫力があり、崖を落ちるシーンは今まで観たことないほどだった。ただし、長すぎる。もうちょっと簡潔にできなかっただろうか
部隊が玉砕する話はこれまで何度も作品化されていて、基本的には新しいことを描くのが難しい。
最後のアラブの協力者にお礼を言う場面は、てらいのないシーンだが心が温かくなった。
最終的にはガンシップなど米軍無双でバカ映画っぽいという批判もあるようだが、プライベート・ライアンと同じですかな
うまシネマさん [インターネット(吹替)] 5点(2020-01-04 15:34:55)
43.タリバンの恐怖を実話に基づいて映画化されている様ですが、米軍も殺人を厭わない。結局は何も悪くない人も殺されてしまう。こうなるとどっちもどっちですね。。いかに人を傷付けずに解決していくことが重要かを改めて学べる作品。迫力ある作品ではあるが、ノンフィクションなのなら後味は悪いです。
SUPISUTAさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2019-08-15 17:58:25)
42.こういう史実モノは、実際にあった話でやる以上、どうしても話の筋としては面白みに欠ける。フィクションのように自由にいくらでも好きに話を作れるわけではないから当然である。
そのかわり、「実際にあった」というだけで、面白さは何割増しになるものではある。だが、例えそうであっても、もう少し脚色で話を盛り上げないとダメだろう。
例えば、現代アメリカの戦争ものの「ブラックホーク・ダウン」。あっちも大した筋書きはないのだが、仲間を思う気持ちとか、家族への愛情と言ったもので話を盛り上げている。
そういうのが不足していて話が淡白になってるのだ。
まあ、ブラックホークダウンは映画用にかなり登場人物をいじったりと、「史実」から逸脱しているが、この映画は最後に作中の一人ひとりの、本人の写真が出るあたりからも分かるように、相当に「史実」通りにやってるからなのだろう。さすがにそこまで忠実に再現しなくてもいいのに。
いいところもある。敵に追いかけられ逃げ惑うシーンは壮絶の一言。
崖から転げ落ちるシーンは圧巻で、あれを演じてるスタントマンの身を案じてしまうレベル。
さっきも書いたがエンドロールで、登場人物の一人ひとりの、本人写真が出るのだが、それが、あまりに軍称賛、アメリカ万歳が過ぎる感じで、最後に興ざめする。
椎名みかんさん [インターネット(吹替)] 7点(2019-05-07 18:54:17)
41.《ネタバレ》 危険を冒しても、敵から逃げる戦士を助けるという掟に従った村人の勇気に敬服。
チェブ大王さん [DVD(吹替)] 9点(2019-03-23 18:04:28)
40.《ネタバレ》 予期せぬ遭遇の山羊飼いをリスクが伴うにもかかわらず交戦規則順守により解放、自らの死さえも恐れずに瀕死の米兵を助けるアフガニスタン人の価値観、フィクションのような実話ですがドラマチックな出来事が起こっていたんですね。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2018-11-20 00:08:09)
39.《ネタバレ》 やっぱり戦争大好きアメリカの言い訳プロパガンダ映画に見えてしまう。
あの場面で躊躇なく遭遇者を殺してしまうことが多いんだろうし、逆にそうじゃないケースだったからこそ映画になるんだろうし。(軍では、失敗ケースとして取り上げられる事案でしょう)
選択肢4.「追手が来る前に逃げ切れるような、村まで遠い所まで連行してから 開放する」ってのは無いのかな?
ラストも、アメリカ人を助けてくれる 義侠心のあるアフガニスタン人もいるんだよ。と言いながら、そういう人達を助けるために戦ってるんだよ、という言い訳が透けて見えちゃう。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-11-19 17:08:30)
38.《ネタバレ》 ウォールバーグはあまり好きじゃありませんが、映画はなかなか良かったです。普通このような映画はいちいち正しい判断のもとでストーリーが進んでゆくものですが、今回は一つの判断ミスで結果がどのようになったかというリアルな感じで描かれています。(実際事実をもとに脚本したとのことですし、ラストに実名で戦士たちの写真も出ます)

判断ミスと書きましたがプロ中のプロでもあの判断は難しいです。正直、どちらに決めてもBADエンド、いわゆる「詰み」というシチュエーションですが、難しいのは「詰み」が確定した時にどのように行動するかです。この映画が事実であれば彼らは人間的には非常に素晴らしい判断をしたと思います。(しかしその結果20名ほどの超精鋭の戦士が死亡しますので、作戦的には微妙な判断だったと言われかねない微妙な状況) 難しい選択を数分で決めないといけないのもなかなか凄い現実です。

今の技術があれば上空にドローンでも飛ばして無線中継確保も難しくないような気がしますが、その辺は軍事機密かもしれません。。あと、終盤の現地人のシーケンスが入ったことでよりリアルな仕上がりになったと思いますが、これは実際事実のようですから非常にドラマチックですね。生きてるのが不思議なくらい痛いシーンが続きますが、事実、一人生き残っていますので「事実は小説より奇なり」といったところでしょうか。(あり得ないようなことが起きるのが現実ですね)

アメリカ視点&脳筋的主観で描かれている映画ですが、しかし、案外深い映画だったと思います。
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 8点(2018-10-20 14:00:32)
37.壮絶の極み。敵の弾丸で体の肉が少しずつ削られいく、絶望と血みどろの脱出劇です。崖を逃げるときのなんと痛そうなこと。体中を岩や木にたたきつけられながら転がり落ちていきます。訓練された精鋭部隊とただの武装集団との射撃スキルの格差、みたいなのも描き分けられていて、しかしその分、圧倒的な数の前に追い詰められていく偵察部隊の絶望が浮き彫りになっています。壮絶なだけでなく、生還に到るドラマも実に運命的。
Jar_harmonyさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-10-29 12:57:51)
36.《ネタバレ》 これはなかなかに考えさせられる映画だ。ISのせいでイスラム教徒が誤解されかねない今、観るべき映画ではなかろうか。瀕死の主人公を助けたのは他でもないイスラム教徒。今、中東があんなことになってしまったのは欧米の身勝手のせいだが、そのアメリカ国民を助けるため、同じイスラム教徒でありながらタリバンを敵に回し、その後もずっと彼らはタリバンと戦い続ける事になる・・・これがきれい事でも何でもなく、実話なのだ。イスラム社会の真実である。いかに奥深く、難しい問題なのか・・・。トランプさん、観て下さい。
あやりんさん [DVD(字幕)] 8点(2016-06-08 20:47:36)
35.これはストーリーじゃなくてリアリティ重視です。
サバイバル・戦争アクションが好きな人にはオススメ。アフガン・ターリバーン200人VSシールズ4人。
当然ノンフィクションなんでランボーみたいなヤツがいるわけでもないので凄まじい交戦。R-12も納得の壮絶さ。
なんと言っても山羊飼いを逃した後悔…。殺したら殺したで映画化なんてできるわけないが実話だからこそ「あ~あの時」って思っちゃうよね。
人としての倫理を決断したチームの代償か。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-05-06 12:53:18)
34.2016.04/01 鑑賞。なんと言っても4人の主人公の髭面は区別出来ず困った。銃撃戦と共に山岳岩場の肉弾ともいえる戦闘には恐れ入る。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-04-13 20:23:45)
33.《ネタバレ》 面白かった。実話もので、シールズが作戦失敗しなんとか一人生き延びたというだけで、ストーリーはたいしてない。
ただ、それだけでも十分面白く感じるのは迫力ある戦闘シーンと、実話ならではの人間性。
普通の映画なら、敵に捕まった仲間を、自分が大けがしていて、圧倒的な敵の数の中助けにいかない。
あいつはもうダメだ、助けられない。で切り捨てるのだが、そうはしない。
死体を確認するまでは、仲間を見殺しにはしない。これって、実話ベースだから出来ることなのだろう。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 8点(2016-02-02 14:53:31)
32.《ネタバレ》 アフガニスタンでの戦闘状況の一端が分かる映画。
実話でもあり、リアルな印象も強い。こちらまで痛みが伝わってくるようなシーンもある。
現地で米軍を助けてくれる人々がいるのは意外だったが、それは最後の最後に説明がなされる。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-11-15 23:59:49)
31.《ネタバレ》 凄かった。崖を落ちるとこは痛そうぅ・・・。やっぱり通信を確保しないと作戦遂行できないとは思うんだけど、、、今の技術をもってしてもダメなとこってあるんだなぁ。後半の展開は本当なのか?と思ったけどこれが実話というから驚きです、が、ちょっと複雑な心境でもありますハイ
Kanameさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-10-14 09:01:22)
30.《ネタバレ》 悪い映画ではないし、折角人助けしたのにそれが仇となって隊員の大半が死ぬという報われない辺りもリアルなのだが、戦闘シーンがひたすら似たような銃撃戦で、いささか単調さがぬぐえない。崖を転がり落ちる逃げ方も、救援のヘリコプターも、結局あまり役立たずに犠牲だけ出してしまった感あるし。特に4人を助けに行ったヘリが墜落して16人死んじゃったら何の意味もないでしょと。
θさん [DVD(字幕)] 7点(2015-09-09 23:54:52)
29.《ネタバレ》 実話ものというのは、それが実話だと言うことで全てが説明されてしまう。それでいいのだけれど、それだけに虚しい。だって結末は確定してしまっているから。
あぁすれば良かったとか、こうすればこうなったのでは?などなど、思いを巡らせることは簡単に出来るけれど、実際に戦死した人々の結末は変わらない。
一人ひとり感想は違うにせよ、ここからどんな反省を共有できるのか?それが問題じゃないのかなぁ… この作品、決して「アメリカ万歳」ではないような気がします。
ぽこたさん [DVD(字幕)] 8点(2015-07-27 00:39:43)(良:1票)
28.《ネタバレ》 彼らにばれてしまった以上、俺たちに残された選択肢は3つだ。その1、彼らを解放しここから逃げる。だが必ず追っ手が来る。それも200人以上のタリバンが。その2、彼らをここに縛りつけて残す。その場合、高い確率で彼らは狼に喰われるか凍死する。その3、危険性の排除。それがどういうことかは言わんでもわかるだろう――。2005年、アメリカ軍とタリバンたちとの激しい戦闘が続くアフガニスタン。そんな危険な地で、常に死と隣り合わせの日常を生きるマーフィ大尉ら4人にとある極秘任務が与えられる。それは山岳地帯に隠れ住む凶悪なテロリストのリーダーを暗殺せよというものだった。すぐに現地へと向かい、林の中からそんな標的のテロリストのことをじっと息を潜めて見つめていた彼らだったが、偶然通り掛かった羊飼いの少年に見つかってしまうのだった。極限の選択を迫られる彼ら。だが、「駄目だ。俺たちの目的は子供を殺すことじゃない!」という部隊長の決断により、彼らは地獄のような逃避行へと追い込まれてしまう…。実際にあった事件を基に、そんな勇敢なアメリカ海軍たちの決死の逃避行をリアルに生々しく描き出すサバイバル戦争アクション。最近、こういう事実を基にした戦争映画に秀作が多かったので本作もけっこう期待して鑑賞してみたのですが、いやー、これが恥ずかしくなるくらいの超アメリカ礼賛映画でした。もうこの映画に出てくるアメリカ兵たちの「何があろうと仲間は見捨てない!」「女子供は絶対に殺さない!」「とにかくタリバンは悪なんで、がんがん殺してよし!」という、あまりにも綺麗事に過ぎる鉄の価値観ってちょっとどうなんですかね。べつにそういう映画があってもいいとは思うのですが、さすがに“事実を基にした物語”と言いながら、ここまで綺麗事で纏められてしまうと僕はちょっとひいちゃいます。護衛ヘリもついていないのに仲間を助けるためだと強行に現場へと向かい、呆気なく撃墜されちゃう救出部隊もちょっと無謀過ぎやしません?そして最後に唐突に出てくる、「実はアフガン人にも良い人たちだっているんだよ」と言わんばかりの主人公を助ける現地部族…。なんだかアメリカ海軍のPR映画のようでした(笑)。確かに、主人公たちが崖を転げ落ちるシーンの息を呑むようなリアルさは迫力ありましたけれど、ちょっとストーリーの構成的にもバランスが悪かったような気がして僕はそこまで作品世界に入り込めなかったです。うーん、最後に映し出される実際にアフガンで戦った兵士の皆さんには申し訳ないですけど、僕は5点っす。ごめんちゃい!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2015-07-11 21:33:39)
27.実話ってことで、ブラックホークダウンと比べちゃいますが、それほどではないにしても、やっぱりすごい映画でした。シールズって、本当に強いんだなぁ、と思いました。誰かも書いてましたが、最初の羊飼いの時にけんかみたいになったのに、だれもそのことを責めない。作戦が決まれば、一致団結できるって、すごいと思いました。そうありたいものです。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-07-05 18:31:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 46人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5510.87%
6817.39%
71634.78%
81430.43%
912.17%
1024.35%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2013年 86回
音響効果賞ワイリー・ステイトマン候補(ノミネート)(音響編集賞として)
音響賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS