BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅
 > (レビュー・クチコミ)

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅

[ブッダツーテヅカオサムノブッダオワリナキタビ]
2014年【日】 上映時間:85分
平均点:6.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-02-08)
ドラマアニメシリーズもの歴史もの漫画の映画化
新規登録(2014-02-08)【蛇蟇斎狐狸窟】さん
タイトル情報更新(2019-12-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
吉永小百合マーヤー天
松山ケンイチタッタ
吉岡秀隆シッダールタ
水樹奈々ミゲーラ
真木よう子ルリ王子
沢城みゆきアッサジ
田口浩正パセーナディ王
藤原啓治デーパ
大和田伸也ビンビサーラ王
大友龍三郎ヤタラ
島本須美ルリ王子の母
かかずゆみヤショーダラ妃
楠見尚己ブブ大臣
東條加那子パジャーパティ妃
駿河太郎
銀河万丈
浜田賢二
こおろぎさとみ
大川透
哲夫(笑い飯)ブラフマン
原作手塚治虫
脚本吉田玲子
音楽大島ミチル
主題歌浜崎あゆみ「Pray」
製作東映(「手塚治虫のブッダ2」製作委員会)
東映アニメーション(「手塚治虫のブッダ2」製作委員会)
木下グループ(「手塚治虫のブッダ2」製作委員会)
東映ビデオ(「手塚治虫のブッダ2」製作委員会)
制作東映アニメーション
配給東映
作画山室直儀(作画監督/絵コンテ)
山下高明(原画)
美術行信三(美術監督)
編集福光伸一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 私的には大不評だった一作目の感想を「悪い意味で次回作に期待」と締めたが、今作はなんと良い意味で裏切られた。

始終「真面目か!」とツッコミを入れたくなる点や、テンポの悪さや唐突さ、アマ声優の演技のぎこちなさ等、問題点が無い訳ではないが、原作のニュアンスに沿おうとする製作陣の姿勢が真摯であり、ケチが付けにくい。

三作目(完結編)はいつ完成するのかわからないが、今度こそキチンと期待したいところ。

蛇足ですが、ブルーレイの映像特典にダライ・ラマ14世が!予想外すぎて笑った。氏が観られたかは否かは定かではありませんが、嬉しそうにしておられました。そのうち自称・仏陀の生まれ変わりサンとか出しゃばるんじゃないかと、一抹の不安。(杞憂)
aksweetさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2017-09-27 04:35:12)
2.《ネタバレ》 とにかく端折りすぎ 最初の30分はまったくいらないと思った 少年アッサジが狼に食べられるエピソードのみ印象的に表現してくれればいい ブッダが悟りを開くまでのこまごまとしたエピソードをいちいちダイジェストで見せてくれなくても誰でも知ってるぜ まるで予告編を見てるようだった 声優もなんだか酷くて素人の俳優をキャスティングするジブリスタイルは肯定派だが、これはむしろ悪い方に転んだ 学芸会かと思った しかしブッダが悟りを開くエピソードはさすがに秀逸で、ここは誰が演出しても鉄板に違い無い しかしこれはただのブッダの青年期の話で、手塚治虫のブッダじゃない
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2014-10-10 18:51:37)
1.《ネタバレ》 1作目からずいぶん経って、もう出ないのかと思っていた第2弾。前回一番謎だった成長しないタッタの話は、さらっと流し説明でスルーされ(しかもデーパは、獣に身を落として人語を失ったナラダッタから、タッタ少年時代の特殊能力の「話を聞いた」という…これも謎)、青年シッダルタの苦悩を描きます。上映時間90分に詰め込むため、かなり端折り気味の前半では、原作で重要なポイントだったシッダルタとビンビサーラ王の友情も、軽く流され(3作目はどうするんだろ?)、タッタとミゲーラ、アッサジのストーリーをだいぶ圧縮(危うく有名なスジャータの逸話も無視されるかと思いましたが、一応ありました)。後半はルリ王子ビドーダバとヤタラを中心に、前半よりは若干丁寧な話運び。ヤタラについては、うまく原作をまとめた感があります(その分、ルリ王子の出番が割を食ってる感も)。ヤタラとルリ王子の母の別れは、前作第1弾のチャプラと母の姿とも重なって、思わず涙が…(というか全体として宗教の開祖の伝記というより、壮大な母子の物語になってる気も)。声ですが、やはり話題作りの俳優陣の演技は違和感の嵐(特に真木よう子)。逆にデーパの藤原啓治はさすがですが、前作のバンダカと同じキャストというのはどうなんでしょ。最悪なのがブラフマンの笑い飯哲夫。仏教に詳しい芸人ということでのオファーかもしれませんが、感動的な場面の後の重厚な台詞に、あの甲高い声は台無し。そもそもすべてを吉永小百合(マーヤー)に解説させている本作で、あの場面だけのブラフマン(原作での解説役)の登場は必要だったの? ヤショダラ、ブブ大臣など何人か前作とキャストが変わってるのも気になりました。さて、もう一人の重要人物ダイバダッタが出ないまま、第2部が終わってしまいましたが、第3部はどう話を持っていくのかな?
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 6点(2014-02-08 22:29:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
63100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS