ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
 > (レビュー・クチコミ)

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

[ワールズエンドヨッパライガセカイヲスクウ]
The World's End
2013年【英・米・日】 上映時間:109分
平均点:5.67 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-04-12)
SFコメディ
新規登録(2014-04-09)【ヒナタカ】さん
タイトル情報更新(2016-10-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドガー・ライト
演出ブラッドリー・ジェームス・アラン(武術指導&スタント・コーディネーター)
キャストサイモン・ペッグ(男優)ゲイリー・キング
ニック・フロスト(男優)アンディ・ナイトリー
パディ・コンシダイン(男優)スティーヴン・プリンス
マーティン・フリーマン(男優)オリヴァー・チェンバレン
エディ・マーサン(男優)ピーター・ペイジ
ピアース・ブロスナン(男優)ガイ・シェパード
ロザムンド・パイク(女優)サム・チェンバレン
デヴィッド・ブラッドリー〔1942年生〕(男優)バジル
リチャード・グレアム(男優)建築主任
レイフ・スポール(男優)若い男
ビル・ナイネットワーク
エドガー・ライト建築現場で働く人(ノンクレジット)
横島亘ゲイリー・キング(日本語吹替版)
茶風林アンディ・ナイトリー(日本語吹替版)
桜井敏治ピーター・ペイジ(日本語吹替版)
林真里花サム・チェンバレン(日本語吹替版)
仲野裕ガイ・シェパード(日本語吹替版)
脚本サイモン・ペッグ
エドガー・ライト
音楽スティーヴン・プライス〔音楽〕
撮影ビル・ポープ
製作ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ユニバーサル・ピクチャーズ(ユニバーサル・ピクチャーズ:UK)
ワーキング・タイトル・フィルムズ
電通(共同製作)
フジテレビ(共同製作)
製作総指揮エドガー・ライト
ニック・フロスト
サイモン・ペッグ
リザ・チェイシン
配給パルコ
特殊メイクウォルド・メイソン
特撮ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.《ネタバレ》 12軒のパブをハシゴするという部分と、途中から展開されるSFスリラー的な話と、主な筋が2本あるのだが、正直どちらもややよく分からないオチを迎えるというか、ラストまで観ての達成感があまり無い。じゃあ途中笑いに笑えたかというと、これもそーでもない(正直個人的には、この監督とはあまりコメディセンスのフィーリングが合わないってのも大いにあるケド)。面白かったのは率直にブランクとの格闘シーン(喧嘩において「質量は正義」と言わんばかりにデブのアンディが無双してるサマはある意味爽快だった)。

私も酒飲みとしては、酒絡みの無茶を昔取った杵柄でもう一度、という部分には大いにノスタルジィを感じるので、その部分に何か痛快なラストが観れたらそれだけでも良かったのになあ、という思いが強い(SFとかどーでもいいから)。UKパイントは568mlなので、12杯で約7リットル、生中14杯分である。昔なら一晩くれれば余裕だが、今では絶対に無理だ。
Yuki2Invyさん [DVD(字幕)] 4点(2020-06-21 23:24:27)★《更新》★
14.《ネタバレ》 頭のテッペンから尾っぽの先まで“ザ・エドガーライト”印のサスペンス風味コメディ。『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ホット・ファズ』と『宇宙人ポール』を足して3で割ったようなと言えば、ファンなら容易にご理解いただけると思います。ある意味『男はつらいよ』クラスの安定感さえ漂う定番の味。ただ、かの作品との大きな違いは、作品ごとにキャラクター造形が全く違うこと。今回のサプライズは、ニック・フロストの常識人設定。あのグータラダメ人間が弁護士先生とは。でも完璧にこなしてしまう辺り、役者としての技量の高さが窺えます。“酔っ払いには何を言っても無駄”という全世界の共通認識が、宇宙人相手にも通用した結末は実に爽快でしたが、それだけに猛烈にネタバレ(?)している邦題(副題)は何とかならなかったのでしょうか。いや、むしろ世界救ってないじゃんてツッコミ待ちのボケなんですかね。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 8点(2017-11-25 22:21:00)
13.エドガー・ライト好きにはたまらない作品であるはずなのにイマイチノリきれなかった。
いい歳したオッサン達が酒場12軒はしごするという無謀なプロットは面白かったが、SF的展開になってからはひたすらバトルばかりで飽きる。そんなに大爆笑するような展開でもないし・・・。
ゾンビを宇宙人に置き換えただけで、「ショーンオブザデッド」と殆どやってること同じじゃんと思った。
ヴレアさん [ブルーレイ(吹替)] 4点(2017-10-10 20:27:32)
12.《ネタバレ》 ○サイモン・ペッグの気持ちいい飲みっぷり。しかしあまりうまそうではない。○中盤以降の「ボディ・スナッチャー」的展開はコメディ交えてなかなか面白かったが、終わらせ方が強引だった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-05-08 23:48:15)
11.《ネタバレ》 最近、レビューがどんどんと長文になりがちなので、今回は簡潔に。これまで様々なジャンルをパロディにしたコメディ映画を幾つも作り続けてきたジョー・ライト監督が、いつもの仲間たちとともに新たに挑んだSF酔っ払いコメディ。まあ、個人的な感想を述べるならば『ショーン・オブ・ザ・デッド』未満、『ホットファズ』以上といった感じですかね。つまり、「可もなく不可もなく」という映画でありました(ちなみに、『ショーン・オブ・ザ・デッド』は傑作!)。そこそこ観ていられますが、うーん、特に心に残る部分はなかったかなぁ。後半のぶっ飛んだ怒涛の展開はいつものように楽しかったけど、前半の展開がちょっとかったるかったっすかね。それに、主人公がアル中という設定なので、かつてアル中一歩手前だった僕としてはあのころのどうしようもない自分を思い出してちょっと笑えなかったです。酒のせいで友達全員に嫌われてしまった主人公がもろ昔の自分を見ているようでちと辛い…。って、今回も全然簡潔にならなかったですね(笑)。まあ、酒でも飲みながら、肩肘張らずに観るには充分楽しめる作品であったと思いま~す。皆さん、お酒は飲んでも呑まれないように気をつけよう!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2015-06-20 14:28:36)
10.一部は笑えましたが微妙な感じでした。特に終盤の展開がなんとも…。
とむさん [DVD(字幕)] 3点(2015-05-20 23:48:09)
9.《ネタバレ》 タイトルからして終末もののSFコメディかと思いましたが、エドガー・ライト×サイモン・ペッグ×ニック・フロストのトリオなので、やはり田舎町が"異端者"に支配された異色コメディでした。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』を彷彿とさせるムチャクチャ感はなんだかんだ言っても楽しい。しかし、ハシゴ酒とエイリアンの組み合わせが活かされていないので、双方とも取って付けたような消化不良さが否めない。在庫処分的に消えていく主要キャラの使い方もイマイチ。テーマとして、グローバル社会とテクノロジーをエイリアンが牛耳っていた風刺ものであり、グローバル社会に適応できない主人公の逆切れにエイリアンが委縮して地球崩壊というのも安直な気がする。便利さと引き換えに物質社会と制度に支配された人類への痛烈な皮肉。物や制度、逃避のための酒から解放され、流れ者になった主人公が生き生きとしてて毎日が楽しそうだ。
Cinecdockeさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-01-07 23:32:18)
8.《ネタバレ》 SFコメディ映画ということでわりかし期待してみたのですが、序盤はおっさんらがつまらん言い合いしてるだけで、どこがSFやねん、と思っていたら突然のトイレでの格闘ですよ。あの宇宙人、というかロボットのクオリティが素晴らしいね。血が青色で、ちょっと暴走しちゃったみたいな感じの闘い方が気に入った。んで目と口がビームライトみたいな感じに怪しく光るのもヴィジュアル的にいいですね。ただ、ストーリーそのものは実にしょうもなく、パブのはしごと宇宙人との闘いという掛け合わせがかなり強引。言い負かされるだけで逃げちゃう宇宙人もなにがしたかったのやら。まぁいいや、とにかく自由を謳歌したいおっさんたちの生き様、叫びを見せたかったんだろう。ハリウッドとは一味違う、イギリスらしいコメデイ。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-28 22:27:56)
7.バカバカしいけど、このメンバーに再会できてこっちまでうれしいです。でもとにかくバカバカしい(笑)
HRM36さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-10 14:04:26)
6.ハリウッドでは作れないSF映画。いろいろな教訓がちりばめられている。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2014-11-01 21:22:37)
5.《ネタバレ》 “酒飲み”の者としては、いい歳をした中年男たちが、ティーン時代の親友たちと連れ立って“はしご酒”をするというこのくだらない基本設定が、逆に憎めない。
僕自身、着実に中年男に近づいてきている今だからこそ、サイモン・ペッグ演じる主人公の完全なる駄目男ぶりは、蔑みつつも身につまされるという妙なアンバランスを生む。

もちろん、エドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのゴールデンチームが生み出した最新作が、ただの“はしご酒”で終わるわけもなく、映画は突如としてとんでもない展開に突き進んでいく。

真っ当な映画ファンとしては、突如として繰広げられる急展開も「待ってました!」と言ったところなのだが、どうも全編通して塩梅がよろしくなかった。
端的に言ってしまえば、「ノリきれなかった」ということだろうか。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」では”ゾンビ映画”を、「ホット・ファズ」では“ポリスアクション”を、多大なるリスペクトの念を持って娯楽性溢れるコメディ映画に作り替えたこのゴールデンチームだったが、今作はどうにも映画的なバランスが良くなかったように思う。

生まれ故郷の町で昔話に花を咲かせる酔っぱらいたちが、知らぬ間に町を支配していたエイリアンと闘う羽目になるというプロットは、馬鹿馬鹿しくもユニークだ。
けれども、揃いも揃って酔っぱらった主人公たちによるストーリーテリングは、あまりに纏まりに欠け、映画としての整合性が乏しかった。
馬鹿馬鹿しい話だからこそ、ストーリーの大筋には論理性が必要で、それが良いコメディ映画の条件だと思う。
過去のこの人たちの映画には、それがあったからこそ傑作になり得ていた。

今作では、突如として世界の瀬戸際に放り込まれた酔っぱらいたちが、酔いにまかせたまま破天荒に突き進む。
その先に酔っぱらいならではの小気味良いオチがあれば良かったのだけれど、結果的に世界は“取り返しのつかないこと”になってしまう。
想定外の困惑と後味の悪さは、決して褒められたものではない。

この邦題は少しばかり見当違いだ。せめて最後の「!」は「?」にでもしとくべきだろう。
くれぐれもお酒はほどほどに。“世界”を破滅させかねない。と、自戒せずにはいられない。
鉄腕麗人さん [DVD(字幕)] 5点(2014-10-19 08:53:15)
4.故郷へ里帰りした中年たちの梯子酒という平凡にも程がある素材に、ジャック・ニィフィの「盗まれた町」を接ぎ木するその発想は大したものだが、物語の結構はあくまでこれまでのパターンの踏襲であり、その点では安心はしつつも不満が残る。いずれ、こうした焼き直しでは満足できなくなる日が監督にも観客にも来るであろうし、そうでなければ監督生命は決して長くはないだろう。
野良猫さん [映画館(字幕)] 6点(2014-09-07 22:52:13)
3.《ネタバレ》 面白いんだけど、後味の悪いコメディ。この後味の悪さは恐らく意図的なものなのだと思います。なので脚本が良く出来ている為に観客が観た後も少し困ってしまうわけですが、それを面白いと取るか、消化不良と取るかは人それぞれ。普通のコメディでは中々御目にかかれない展開は一見の価値ありです。
ストーリーですが、これが曲者で、楽しかった過去と辛い現在の価値観がコロコロ変わるのでとても感情を振り回されます。そこがこの映画の脚本の妙であるとは思うのですが。
この映画は簡単に言えば、エドガー・ライトが過去作で描いてきた幾つかの作品と同じく「子ども時代と決別する話」です。主人公のゲイリー・キングは40歳になっても昔と同じ黒いロングコートを着ていて明らかに過去の栄光に縛られている正直言ってかなりイタい男です。後半になると『地球の静止する日』や『ボディ・スナッチャー』にオマージュを捧げているのであろう、地球より高度な知能を持った異星人による地球への介在という話に展開していきますが、『ボディ・スナッチャー』と同じく異星人は主人公を誘惑します。つまり老いも無く自分の都合の良い(最高にイケてた時の)自分でい続ける世界です。主人公はそれを跳ね除け辛い現実を選びますが、ここで観客は異星人に「人間様は指図されるのが大っ嫌いなんだよー!」と言う主人公についガッツポーズしたくなると思います。そこからがこの映画の意地の悪い所で結果として世界は荒廃してしまう。しかも主人公は昔の自分と同じイタい格好で救世主の演じている。過去の自分と決別した筈なのに同じ様な行為に走っている。つまりそこで過去をまた美として描くから混乱してしまう訳ですね。但しラストの主人公は水を頼んでいることでも分かるとおり断酒しており、荒廃した世界で自分の居場所を手に入れた訳ですから過去と決別しながら自分の夢を実現した男ということです。つまり立派なハッピーエンドですね。やっぱり意地は悪いけど。
ただもう少しスティーブンとサムの関係は描いていた方が良かったと思うし、ゲイリーとアンディの土壇場の友情も伏線も張っていたとは言え唐突な印象が強いです。また人間の感情を奪うことを目的としてる高次な存在の異星人が人間に対して感情的になるというSFとしてはお粗末な脚本の粗もあります(ギャグとして撮ったのでしょうが)。
民朗さん [映画館(字幕)] 7点(2014-05-25 20:47:44)
2.《ネタバレ》 エドガー・ライト&サイモン・ペッグ&ニック・フロストということで期待したのですが、期待が大き過ぎたのがいけなかったのか、SFに詳しくない自分がいけなかったのか。前作、前々作に比べると乾いた笑いで終わってしまいました。パブ、UKロックと同じみのフレーバーはあったのに、風呂敷を広げた結果コレかよ!という感じ。いつもの友情エンドも、今回はイマイチ伝わり辛かったです。何だかなあ。しかし90年代はもう中年の青春ソング、懐メロなんですねえ。私もババア、“Loaded”が空しい限り…。
泳ぐたい焼きさん [映画館(字幕)] 4点(2014-05-05 01:39:51)
1.《ネタバレ》 ちょっと期待はずれ。
若いころの仲良しメンバーを集めて、12軒のはしご酒という伝説を達成しようとしているうちにSF的展開になっていくお話なんだが、序盤30分くらい笑いどころも少なく地味。××との戦いが始まってからは笑えるシーンも増えて、「これどうなっちゃうの?」的なワクワクがでてくる。それなのに、話のシメ方が全然気持ち良くない。

その伝説達成が物語の真相や解決に大きく関わってくるんだろうな、と思いきや全然関係ないってのは本当に腰砕け。
全体的にアイデアが足りてない印象が否めない。ゾンビもの、警察もの、ゲームもので
「そう来るか!」ってな感じでガンガン面白いものを作ってきたエドガー・ライトだけに残念。SFものと酔っぱらいものをうまく掛けあわせられなかったようだ。
すべからさん [映画館(字幕)] 6点(2014-05-03 18:41:28)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
316.67%
4320.00%
5213.33%
6640.00%
716.67%
816.67%
916.67%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS