エヴァの告白のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エヴァの告白
 > (レビュー・クチコミ)

エヴァの告白

[エヴァノコクハク]
The Immigrant
2013年【米・仏】 上映時間:118分
平均点:5.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-02-14)
ドラマ
新規登録(2014-05-17)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2016-12-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・グレイ
キャストマリオン・コティヤール(女優)エヴァ・シブルスカ
ホアキン・フェニックス(男優)ブルーノ・ワイス
ジェレミー・レナー(男優)オーランド
イリア・ヴォロック(男優)
ソフィア・ブラック=デリア(女優)
魏涼子エヴァ・シブルスカ(日本語吹き替え版)
松本保典ブルーノ・ワイス(日本語吹き替え版)
加瀬康之オーランド(日本語吹き替え版)
脚本ジェームズ・グレイ
撮影ダリウス・コンジ
製作ジェームズ・グレイ
配給ギャガ
あらすじ
1921年1月、祖国ポーランドを離れニューヨークのエリス島にたどりついたエヴァとマグダの姉妹。しかし、入国審査でマグダは肺病と診断され病棟で隔離、姉エヴァは迎えに来るはずの叔母夫婦が来ず、入国を拒否されてしまう。強制送還を待つばかりのエヴァの前に、ブルーノと名乗る男が現れたが・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 1919年、内戦のポーランドを逃れてアメリカへ渡った姉妹。妹は病を得てしまい、頼りの親族も予想外の酷薄さで、姉は否応無しに娼婦へと堕ちてしまう。時代も厳しいし、M・コティヤール扮するエヴァに他にどんな選択肢があったというのだろう。自然と当時の移民の苦労に思いをはせてしまったのですが。でもこれは観てる側が、話の薄さを自分で補完している現象なのであって、脚本単体では語り足らずの印象は否めません。
エヴァも三角関係になる男二人も結局どうしたいの?と問いたくなるほどに性格描写が曖昧で、起こる出来事一つ一つもさらっと過ぎてしまう。コティヤールもホアキンも終始暗ーい顔で熱演しているのですが、誰かに気持ちが入れ込めるほどにはキャラクターを紹介しきれていないのです。なので、観終わった時は「ええー結局なんだったの(特にホアキンの役)」と消化不良な気持ちになっちゃうのでした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-05-26 23:58:37)
4.映像の色彩もセットも雰囲気も大変良いです。
ただ、盛り上がりとか抑揚とか映画に惹きこまれるものが足りないかな。
だからラスト、やっとエヴァのおもいが叶うわけなんですが、そこでの爽快感とか感動が
観てるこっちに湧かないの。
なんといいますか観てる途中にポランスキーの「テス」が思い出されまして
これはアンハッピーな結末を迎えるんじゃないかとまで思わせるんですが、
そうはならなくて「ああ、よかったー」と安堵して観終わるってのもない。
エヴァの人物描写やエピソードに面白みがないのかな?私としてはイライラしました
俳優もなかなかの顔ぶれなのになんかもったいないです。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-04-20 13:00:57)
3.《ネタバレ》 入口からしていろいろとすごくドラマチックそうなのに、その後はさっぱり盛り上がらない、というかむしろ進めば進むほど収縮してしまう。主人公は何もできずおろおろ流されているだけかと思ったら、時折別人のようにきっぱりとした意思を見せたりして、どういう人なのかさっぱり分からない。それはホアキンやレナーの役も一緒で、演技が全然本領発揮に至っていません。だから、すべてのシーンが置きにいっているだけで、ようやくたどり着いたラストにもカタルシスがないのですよ。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2016-08-31 01:54:40)(良:1票)
2.《ネタバレ》 第一次大戦後、ポーランドから逃れてアメリカに渡ろうとした女性に降りかかった辛苦。移民船では男たちに乱暴され、入管では胸を病んだ妹が隔離され、自分も強制送還されそうなところに救いの手を差し伸べた男。よくあることで、これが仕組まれたワナだったため、体を売る商売に。
でも、そこに愛もあったからややこしい展開に。いとこのマジシャンと女を取り合う三角関係がもつれにもつれて。男が最終的に姉妹を助けたとはいえ、もともとこの男が原因なのだから、憎んでも憎みきれないと思うが。
重厚で地味な印象の映画。薄幸の女を演じるマリオン・コディヤールにあまり魅力を感じなかったのが残念。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-10-01 22:10:02)
1.エディット・ピアフを演じたときも良かったが、マリオン・コティヤールはこの映画でもすばらしい。原題のImmigrantとは移民とか移住者を指す言葉。新大陸に渡った女性の危うさとそれにつけ込む男の物語であり、愛と憎しみが交差し見応えのある映画となっている。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 7点(2014-05-18 07:03:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5360.00%
600.00%
7120.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS