さらば、わが友 実録大物死刑囚たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > さらば、わが友 実録大物死刑囚たち
 > (レビュー・クチコミ)

さらば、わが友 実録大物死刑囚たち

[サラバワガトモジツロクオオモノシケイシュウタチ]
1980年【日】 上映時間:91分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-11-15)
ドラマ法廷もの刑務所もの犯罪もの
新規登録(2014-05-27)【Q兵衛】さん
タイトル情報更新(2014-10-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督中島貞夫
キャスト磯部勉(男優)大沢謙一
愛川欽也(男優)竹内景助
永島敏行(男優)黒木清
高橋昌也〔男優・1930年生〕(男優)平沢貞通
中谷一郎(男優)中村警部
亜湖(女優)北野孝子
市原悦子(女優)竹内良子
石田純一(男優)正田昭
岡田奈々(女優)中山みさ子
相馬剛三(男優)相田区長
藤巻潤(男優)高田
市川好郎(男優)野田
岩尾正隆(男優)源田
須賀良(男優)小林
原田清人(男優)地裁検事
河合絃司(男優)高裁裁判長
増田順司(男優)地裁裁判長
荒井注(男優)太った男
役所広司(男優)金井厳
高月忠(男優)吉岡
汐路章(男優)野々村銀次
浜村純(男優)列車の老人
近藤宏(男優)筈見
木村修(男優)新聞記者
室田日出男(男優)関根
野口貴史(男優)吉田刑事
成瀬正(男優)平田刑事
マキノ佐代子(女優)黒木光枝
菅井きん(女優)老婆
原田力(男優)今井保安課長
脚本中島貞夫
中島信昭
鴨井達比古
音楽菊池俊輔
撮影仲沢半次郎
企画天尾完次
高村賢治
配給東映
あらすじ
一度は死刑判決を受けながらも、二審で無期を勝ち取り出所したカービン銃殺人事件の大津健一の自伝を基にした異色作。帝銀事件の平沢貞通、三鷹事件の竹内景助、メッカ殺人事件の正田昭、脱獄死刑囚の黒木清など戦後大物死刑囚の実態
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 昭和29年におこった「カービン銃ギャング事件」で戦後犯罪史に名を残す大津健一が出所後に発表した手記を映画化したいわゆる便乗もの映画です。彼が一審で死刑判決受けたのは以前に犯した殺人事件が発覚したためで、「カービン銃ギャング事件」では死者は出していない。ちなみに天知茂の初主演作は、この事件が解決した直後に撮られた『恐怖のカービン銃』という低予算映画です。 前半はこのカービン銃強盗の犯行と逃走の経緯がメイン・プロットで、犠牲者が出たわけではないからか割とコミカルなタッチです。大津を演じるのは後にブルース・ウィリスの吹き替えなどで知られる磯部勉です。特筆すべきは大津と逃亡する愛人役を岡田奈々が演じているところです。改めて観て、岡田奈々って本当に可愛かったなあとため息がでました。悪女とは言えないとしても一緒に逮捕されるような汚れ役をアイドル出身の彼女が演じていたとは、本気で女優の道に進む気概があったんだと感じます。実在のこの女性もなんと東映女優の端くれだったそうで、東映で映画化されたのは何かのご縁だったのかも。 後半は拘置所に入ってから死刑判決を受けてその運命から逃れようと主人公の苦闘がメインです。そこに同じ死刑囚棟にいた有名な死刑囚たちのエピソードを絡ませる構成になっていますが、その挿話と大津の物語が上手く調和していて、意外と巧みなストーリーテリングです。その中では永島敏行が演じた黒木の脱獄するエピソードがもちろんインパクトがありますけど、私には三鷹事件の竹内景助を演じた愛川欽也がなぜか印象に残りました。コミカル色を排除した愛川欽也を映画で観るというのは珍しいことですが、意外とマッチョな雰囲気で和製ピーター・フォークという趣なんです。あとメッカ殺人事件の正田昭は石田純一で、当たり前ですけど若々しいです(でもよく見ると、この人現在まで顔がほとんど劣化してないのが凄い)。大津は一審判決後に必死になって法廷闘争に臨んで結局無期懲役へと減刑を勝ち取るのですが、この辺りはわずか一分未満の駆け足映像とナレーションで済まされてしまいます。 それにしても大津や正田は一人殺害で死刑判決、昭和の時代はけっこう厳しかったんですね。まあ二人とも強盗殺人罪だから仕方なかったのかも。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2019-10-31 18:21:11)
1.《ネタバレ》 冤罪が疑われていた平沢の飄々とした態度、自らの虚栄心が死刑判決を招いてしまった竹内の焦り、スマートな慶応ボーイ正田の達観、赤貧から強盗殺人を犯した黒木の憐れなど、死刑囚の知られざる実態が描かれた異色作。難を言えばオムニバスにありがちな脈絡のなさか。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 7点(2014-06-01 14:20:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS