Menu
 >
 >
 > オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル

Edge of Tomorrow
(Live Die Repeat)
2014年【米・豪】 上映時間:113分
平均点: / 10(Review 104人) (点数分布表示)
アクションサスペンスSF戦争もの小説の映画化3D映画
[オールユーニードイズキル]
新規登録(2014-06-08)【しぇんみん】さん
タイトル情報更新(2017-07-16)【+】さん
公開開始日(2014-07-04
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダグ・ライマン
キャストトム・クルーズ(男優)ウィリアム・ケイジ少佐
エミリー・ブラント(女優)リタ・ヴラタスキ軍曹
ビル・パクストン(男優)ファレウ曹長
ブレンダン・グリーソン(男優)ブリガム将軍
ノア・テイラー(男優)カーター博士
キック・ガリー(男優)グリフ
森川智之ウィリアム・ケイジ少佐(日本語吹き替え版)
東條加那子リタ・ヴラタスキ軍曹(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ファレウ曹長(日本語吹き替え版)
勝部演之ブリガム将軍(日本語吹き替え版)
西凛太朗スキナー(日本語吹き替え版)
金光宣明キンメル(日本語吹き替え版)
小林優子BBCニュース女(日本語吹き替え版)
脚本クリストファー・マッカリー
ジェズ・バターワース
音楽クリストフ・ベック
撮影ディオン・ビーブ
製作アーウィン・ストフ
ジェフリー・シルヴァー〔製作〕
製作総指揮ダグ・ライマン
ブルース・バーマン
配給ワーナー・ブラザース
日本語翻訳アンゼたかし
あらすじ
謎の侵略生物「ギタイ」に襲われ、世界は危機に瀕していた。軍の広報官であるケイジ少佐(トム・クルーズ)は、ブリガム将軍(ブレンダン・グリーソン)に翌日の作戦への参加を指示される。ケイジは拒否するが、拘束されて気を失ってしまう。目を覚ますと、そこは前線の訓練基地であった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.《ネタバレ》 あらゆることが「こうなるんだろうな」って予想通りに進む映画です。
だからなんでこうしなかったのよって不満もない代わりに特別満足もないです。
終盤ルーブルでのギタイの親玉と戦う場面が暗くて何やってるのかわかんなくてわかりづらかったのがマイナス(DVDの鑑賞環境が悪かったかな?)。
でも適度にコメディ挟んだのでシリアスになりすぎなかったのがプラスかな?
がんばれ阪神タイガースさん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-17 15:47:44)
63.いろんな映画で見たことのあるループもので、
まぁ想定の範囲内のことばかりが起こる
トムクルーズの出てくる典型的な映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2015-02-16 01:02:35)
62.《ネタバレ》 面白かったです。が、何回か見直す必要がありそう・・・。
 こういうタイムループ系の作品は、①設定を理解し②その上で矛盾ないし不自然な点がないか、というところが面白さに直結すると思います。特に、本作のような終始シリアスな作品は、条件設定にツッコミどころがあれば全てが台無しになる、というリスクがかなり高いと思います。その点、「時をかける少女」よりも「デスノート」に近い感覚を覚えました。
 アルファが殺されればオメガが時間をループさせる、アルファの体液を浴びる(取り込む?)とタイムループできるようになる、いう設定は、相当に重要なポイントな気がします。オメガからすれば自分を守るためには目となり矛となり、ループの条件になるアルファが必要だけど、もし人間がアルファの体液を浴びるようなことがあればループ人間が誕生してしまう・・・。上陸作戦が先読みされていたことからも、ギタイはループしている=アルファが殺されているわけで、そんなことを繰り返していたらどの道いつかはループ人間がゴリゴリ誕生していたのでは、とか思ったり。あと主人公視点で、自分ひとりで何とかするんじゃなくアルファの体液を他の仲間にも浴びさせることを目的としてみるのも面白いのでは?とか思ったり。
 本作で違和感を感じたのは、車からヘリの一連のシーン。タイムループ系の作品でやっちゃいけないのは、「ループ能力の持ち主(主人公)が私利私欲に走る」ことだと思います。実際に行動しなくても、匂わせた時点でアウトなタブーのレベル。で、ヘリのシーンではそれが垣間見えてしまったんですよね。「リタから見たら私利私欲に見えるが、主人公は本当に心からリタを助けたかった」とは言い切れない違和感・・・。わざわざあんな状況になってる時点で非合理な印象を受けます。それ故に逆に「ミドルネームはローズ」は上手いですね。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 7点(2015-02-15 00:14:24)
61.《ネタバレ》 最後はなんであそこで目覚めたの? ワインを飲みながらの鑑賞で見逃したか? ともあれちょっと疲れる映画でした。。。もっと「ため」がある展開であれば楽しめたのですがループ一辺倒では辛いです。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2015-02-10 23:28:05)
60.《ネタバレ》 映像や雰囲気は確かにハリウッド映画ですが、どこか日本のアニメ的な感じもするのは、ラノベが原作だからかも。ループものの物語はこれまで世界でいくつも作られてきたけど、この設定は日本でしか生まれないアイデアかもしれません。映画としては、前半のループで繰り返されるあたりは、若干退屈でしたが、世界観と目的がわかる中盤あたりのたたみかけるような展開からは、おもしろおかしく楽しめました。面倒になったら、すぐに主人公がリセットされるあたり、やはりテレビゲームのイメージが強く、まさに、ファミコンなどで、あかん、もーいーやってリセットボタンにすぐに手が伸びるゲームをする者なら誰もが経験する、あの行動を彷彿させます。僕は魔界村を思い出しました。どこで、敵が出るか、細かく覚えて、ちょっと鎧がやられて、弱くなったらよくリセットしたもんです。オチもすっきりまとまって、映画を見終わった後にいい気分になれる所は暇つぶしにはちょうどいい映画です。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-01-15 13:15:44)
59.死んだとこからコンティニューできひんのはきつすぎるなー!
アキラさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2015-01-04 02:51:03)
58.大魔界村より遥かに難しそうやった。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2015-01-03 23:44:47)
57.《ネタバレ》 面白い。観る前のイヤな予感は杞憂でした。先が気になって、グイグイ映画の世界に引き込まれます。こんなの久しぶり。ワタシの好きなシーンは、おんぼろヘリコプターを発見してから、リタにコンタクトを取らない決断をしたくだりです。トム・クルーズって、どうしてこんな不思議な味のある役者なんだろう。大満足。まさか本作につけるとは思わなかったけど満点です。
なたねさん [DVD(字幕)] 10点(2014-12-29 09:14:38)
56.《ネタバレ》 SFアクション好きはとにかく見ろ!
そんでもってトム・クルーズ好きは見たほうが良い。
ダグ・リーマンは「ボーン・アイデンティティー」で好きな監督だけど、今回も面白かった。
日本の原作がハリウッドで映画化と聞いて「ま た ハ リ ウ ッ ド か」とネタ半分に見ようと思った一ヶ月くらい前。(小畑健の漫画で桜坂洋&安倍吉俊の「All You Need Is Kill」知りました)
・・・そう思っていたら何と「ボーン・アイデンティティー」のリーマン監督じゃありませんか!
そしてトム・クルーズ。こりゃあ見るしかないじゃない!向こうで“ケイジ”だとニコラス・ケイジくらいか?

この人本当に50のオッサン?アクション凄すぎバロス。この人の存在自体が一種のギャグ。
いや、キャスティングは良いと思うぜ。というより、髪型が良い!
ヒロインも髪結んでて、激しい戦闘で「バサアッ」て感じだろ? very good.
俺は原作の「軍人のクセに髪多いんだよ 前髪邪魔だろうが」って部分だけ気に入らなかったから。(スイマセンね根性捻じ曲がってて)

タイムリープものは小説だと「愚者の渡しの防御」とか「時をかける少女」、
映画だと「素晴らしき哉、人生!(リプレイ)」とか「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」「恋はデジャ・ブ」と色々あったね。

「清水港代参夢道中(續清水港)」とか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はタイムスリップで少し違うかな。


それと原題「Edge of Tomorrow」なのね。

ま ぎ ら わ し い 。


ストーリーはオリジナルの部分も多いけど、わりかし原作に沿ってる。
その分原作を読んだ人はサクサク楽しめるし、未読でも原作を読みたくなるくらい面白かった。
つうかヒロイン殺りすぎ(色んな意味で)。

シリアスとギャグのバランスも良い。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-12-21 21:36:16)
55.《ネタバレ》 当に「王道」。 ラストの笑顔はトム・クルーズで無ければ出来ない。
ハリウッド大作らしく明るい終わり方だが、本作を観て原作に興味を持たれた方は是非、原作を読んで頂きたい。コミック版もお薦めです。
たくわんさん [映画館(字幕)] 8点(2014-12-17 10:25:25)
54.《ネタバレ》 8ミニッツのようなループ物だが、あきらかにノルマンディー上陸作戦を意識した戦場でのループというのは面白い。
時間がたつと強制的にループ地点に戻される8ミニッツとは違い、がんばればがんばるだけその先に行くことができる本作の方が、「先はどうなってるんだろう?」という興味が持てて、おもしろい。テンポも良くて、サクサク死んでいくので、ダレることが無い。
ヒロインが何度も死ぬところをみてるので、その辛さに耐えかねて逃げ出すが、ビーチで食い止めなかった場合イギリスにギタイが攻めてくるという展開を見て再び戦うことを決意するなど、主人公の心の成長をコンパクトにまとめてるのが良い。
今は何回目のループなのか?未経験なのか?が一つの展開のトリックとして使われてて、ヘリコプターを使用する場面での絶望感は中々いい流れだった。
血液を輸血される(血を出し切る)と能力が消えるという「弱点」も物語に緊張感を生むことに成功しており、特にダムでの戦いは敵がそこを突いてくるという展開で、もっとそこは敵がついてくればいいと思った。ギタイに襲われたら血を出させられるので、血を出させられる前に自決できるかどうかの攻防をもっと見たかったかなと。
能力消失後の展開は、王道な展開だったが、そもそもループ消さなきゃ生死の緊張感がうまれないので、妥当な流れと思う。
最後の復活の流れについては意見が色々分かれてる。解釈が分かれて議論になるのも、映画の楽しみの一つだろう。
みーちゃんさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-12-17 09:33:48)
53.《ネタバレ》 「恋はデジャブ」のようなループもの、「ミッション8ミニッツ」のような近未来SF、「スターシップ・トゥルーパーズ」のような宇宙からのモンスター、「プライベート・ライアン」ような上陸作戦・・・ワオ、俺の好きなものが全部揃っているではないか!
そしてそれらの要素を気軽にサクッと楽しめて、満足感もバッチリ。ハンバーグと唐揚げとウインナーとミートボール(そして謎のパスタ)が詰まったミックス弁当のような映画です。そして本作の最大の魅力といえば、なんと言っても主演の二人。掛け合いの数々が最高です。とくに笑ったのは、トムがエミリーに「俺のループ能力を他人に移すことはできないのか?」と持ちかけるところ。「ほら、そのー、あれだよあれ」と言いつつ、パワードスーツのピストンがガチョンガチョン・・・(笑)。その後のエミリーの反撃もエグい!残念なのは、クライマックスが「いつものハリウッドSFアクション」に戻っちゃったことでしょうか。ループ能力を失ってしまった後に、「勇敢なトムから冒頭のビビリなトムに戻ってしまう」という展開があっても良かったのかな、とも思います。
自分もFPSゲームが好きでよくあるんですが、経験値を貯めて強くなっても、たまに戦うことが怖くなって、建物の陰にビクビク隠れてしまうことがあります(汗)。たかがゲームでさえビビってしまうことはあるわけです。いわんや本物の戦場では・・・。本来主人公はヒーローとは程遠い存在だったので、そういう展開があった上でラストの決戦があれば、より燃える展開になっていたのではないかな、と思います。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 8点(2014-12-15 14:42:24)(良:1票)
52.《ネタバレ》 面白かったですよ、タイムスリップっぽい話なので
矛盾とかを気にしだしたらちょっと楽しめなくなるけど
トムだから見ちゃうんだろうなー、トムってズルイなーw
たかしろさん [DVD(字幕)] 6点(2014-12-10 13:54:33)

51.《ネタバレ》 このようなタイムループ系の映画は好きで、他レビューサイトに "Source Code" よりも良いという感想を見て劇場で鑑賞した。
結論としては、アクションシーンの占める割合が高く、戦闘に重きが置かれていたので、期待以上のものではなかった。「ギタイに立ち向かうために強くならなければいけない、トレーニングを重ねなければならない」というケイジの思いに入り込むことができなかったのが一番の要因だと感じる。
カジノ愛さん [映画館(字幕)] 5点(2014-12-06 17:45:29)
50.原作から上手くまとめているか思いましたが、後半のループできないとこからはただのアクション映画です。前半のループを繰り返すあたりは面白かったのでこの点数。正直もうアクション映画でトムは観たくないなと。
毒林檎さん [DVD(字幕)] 5点(2014-11-30 11:48:30)
49.《ネタバレ》 何度もループするうちに戦闘能力が上がっていくという設定は面白かったです。
トム・クルーズは年齢を考えると驚異的な身体能力ですね。

ハッピーエンドで良いのですが、ラストがちょっと納得できない。
将軍に前線で宣伝するよう言われる場面より前に目覚めるんじゃないとおかしい気がします。
まあ、細かい突っ込みどころは無視して、微妙に変化していくループ後の状況とアクションを楽しめばいいとも思いますが。
nanapinoさん [DVD(吹替)] 6点(2014-11-29 16:01:54)
48.《ネタバレ》 映画だと500回は死んだ感じです。何度も繰り返すところがテンポが良く同じ場面でも次はどうなるかワクワクして見ることができる。つまり,主人公と自分とを重ねやすいように見せてくれるので,面白く感じる。簡単に失敗して死んでしまうところがあるのもいい。
蝉丸さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-25 23:37:55)
47.《ネタバレ》 原作は知らなかったが「戦場で死んでも必ず前日に戻ってしまう」というユニークな発想を見事に娯楽作品として仕上げており、最後まできっちり楽しめた。まさしくゲーム感覚でリセットして次のステージを目指すという、TVゲーム世代の既知感をうまく素材にすることに成功している。トム・クルーズという俳優は映画を通して観客にエンターテイメイトを提供するという映画人としての使命をよほど自覚しているのだろう。最近は選ぶ題材もよく考えて出演していることがよくわかる。そもそもタイムループものはアラ探しをすればキリがないので、この作品も物語世界にどっぷりつかって画面展開を楽しむのが正しい作法といえる。最後に見せたスマイル、あれはトム以外の誰もまねのできない笑顔だろう。ただし邦題はもう少しなんとかならなかったかな……。
田吾作さん [DVD(字幕)] 8点(2014-11-24 09:51:39)
46.《ネタバレ》 レンタルブルーレイ、夜中に観始めて、睡魔に負けて、起きたら全部終わっててタイトル画面。また観始めて、また睡魔に負けて、起きたらまた終わっててタイトル画面。またまた観始めて、ようやくラストまでたどり着きました。
(決してつまらなかったんじゃなくて、当方のLIFEの少なさのせいですw)
無限ループで経験値を積んでいくトム様と、寝ちまって鑑賞の記憶がないままブルーレイのタイトル画面に戻ってる私。
ハリウッドスターと凡人の差をまざまざと見せつけられました!
昔ファミコンやってる時に、気に入らないプレーをしちゃったらリセットボタンによくかかと落とし喰らわしてました。大人になって振り返った時、それがなんだか『すぐ諦めるイケない事』だと思ってたのですが、この映画を観て『俺もなんだかんだ言いながらもクリアするまで頑張ってたじゃん!』って事を思い出しました。
勝つまで諦めない!なんて最近忘れてたなぁ。
なんだかいろいろ考えさせられる映画でした。
あ、タイムループアクション映画としても面白かったと思います!
ろにまささん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2014-11-23 11:04:44)
45.《ネタバレ》 まず良かったのは、機動スーツですかね。これをフルCGとかでチャチャッとやっちゃわずに、ちゃんと一から作り込んで生身の人間に着せているのは素晴らしい。たくさんのパーツを組み立て、そして実際にどんな動きができるかをトムと製作陣で研究したとか。本作の宇宙人はその機敏な動きと神秘性のあるタコ星人という風貌でなかなか独創性を感じるのだが、映画のヴィジュアルとしてはそれほど目新しくもなく、たぶん監督さんはSFというより戦争ものが作りたかったのだろうなという感じもする。何度も死を繰り返しながらも経験値を高めていくシチュエーションはまるでゲームそのものだなと思うのだけど、こういうパラレルな展開は考え出すとわけがわからなくなるのであまり考えないようにする。何も考えずに画面のワイワイガヤガヤを楽しもう。でも、終盤はやたらと画面が暗く、なにをやってるのかもよくわからんかった(うちのテレビのせい?)。恋愛ものとして見ても悪くないね。トムは相変わらずかっこいいし、エミリー・ブラントも巧かったね。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-11-19 21:17:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 6.78点
000.00%
110.96%
200.00%
300.00%
432.88%
576.73%
62826.92%
73937.50%
82019.23%
943.85%
1021.92%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review8人
2 ストーリー評価 6.46点 Review13人
3 鑑賞後の後味 6.76点 Review13人
4 音楽評価 6.50点 Review8人
5 感泣評価 6.62点 Review8人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS