新しき世界のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 新しき世界
 > (レビュー・クチコミ)

新しき世界

[アタラシキセカイ]
New World
(신세계/新世界/Sin-se-gae)
2013年【韓】 上映時間:134分
平均点:7.60 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-02-01)
アクションドラマ犯罪もの刑事ものヤクザ・マフィアバイオレンス
新規登録(2014-08-04)【Carrot Rope】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督パク・フンジョン〔監督〕
キャストイ・ジョンジェ(男優)イ・ジャソン
チェ・ミンシク(男優)カン課長
ファン・ジョンミン〔男優・1970年生〕(男優)チョン・チョン
パク・ソンウン(男優)イ・ジュング
ソン・ジヒョ(女優)シヌ(囲碁の先生)
チュ・ジンモ〔男優・1958年生〕(男優)コ局長
チャン・グァン(男優)ヤン理事
イ・ギョンヨン(男優)ソク会長(特別出演)
安原義人カン課長(日本語吹き替え版)
落合弘治チョン・チョン(日本語吹き替え版)
山野井仁イ・ジュング(日本語吹き替え版)
脚本パク・フンジョン〔監督〕
音楽チョ・ヨンウク
撮影チョン・ジョンフン
配給彩プロ
字幕翻訳根本理恵
その他彩プロ(提供)
あらすじ
マフィア組織ゴールドムーンの理事イ・ジャソン(イ・ジョンジェ)は、潜入捜査官であったが、長期にわたる任務に嫌気がさしていた。会長の死により、実質ナンバー2で兄貴分のチョン・チョン(ファン・ジョンミン)、ナンバー3のイ・ジュング(パク・ソンウン)の間で後継者争いが起こり、イ・ジャソンは指揮官のカン課長(チェ・ミンシク)の指示により翻弄されながらも、任務を遂行しようとするが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.予告編に釣られ 鑑賞..ヤクザ映画としては、かなりシブ~い ドラマ重視の展開&演出..(ゴッドファーザーをリスペクトしてるのかなって感じ) ただ 観終わって冷静にふりかえると、ストーリーに凄みが無く 意外とスケール感が小さく、腑に落ちないところも散在していて レベル的には 6点くらいかな..後半の○○○のシーンだけは ドキっ としたけどね~
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 6点(2021-05-22 08:15:53)★《新規》★
9.韓国ノアールの代表作。
新しき世界ね。。そうゆうことですか。

本作は、なんといってもファン・ジョンミン。素晴らしいね。「国際市場~」や「コクソン」も良かったけど、彼の演ずるチョンチョンがいとおしかった。

本作を傑作と推す方が多いのも納得の作品。
tonaoさん [DVD(字幕)] 9点(2020-05-24 22:44:27)
8.《ネタバレ》 ギャングの跡継ぎ問題に、警察の潜入スパイが暗躍する。警察サイドで絵を描くチェ・ミンシクの手段を選ばない非道っぷりが見事。クセのある役をやらせれば本当に存在感がある。
韓国の俳優の中では、キム・ユンソク、ソン・ガンホと並んで、主役も張れるおじさん三人衆の一癖も二癖もある役の演技はいつも凄味を感じさせる。日本の俳優であえて探すなら香川照之のイメージか。
その上司に終始振り回される潜入捜査官のジャソン(イ・ジョンジェ)。捕まった同僚の女スパイを自らの手で射殺したのは、なぶり殺しにさせるのが忍びなかったから。
その辺りまではマフィアものとしてとても面白く、めちゃくちゃ期待値も高まったのだが、その後付いていけず失速。
警察官だとバレたのに、チョンが見逃したのがどうにも腑に落ちない。見逃したのには深謀遠慮があるのかと思いきや、若い頃から一緒にやってきたという友情が理由。それならばその堅い絆を築く過程を見せてくれれば感情移入もできたのに。ラストでちょこっとそれを見せられても響かない。
それにいくら友情があったとしても、相手がスパイで今まで騙してたとわかれば見逃すわけがない。
主人公ジャソンのキャラもブレてるように感じた。若い頃はチャンよりイケイケだったなら、葛藤している姿はすべて演技だったのか。
いろいろ振り回されたり葛藤してたりするわりには、最後の皆殺しの割り切り方が人格豹変のように見えてついていけない。意表を付いた展開というのにありがちな、不自然さを感じてしまった。「ゴッドファーザー」のマイケルのように、説得力のある過程が描かれていればついていけたと思うのだが。もったいない。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2017-09-27 20:11:49)
7.《ネタバレ》 同じ漢字をルーツに持つ国だから原題のまま「신세계(シンセゲ)新世界」が良いと思います。
黒社会映画ですが映像がきれいです。人入りドラム缶が海に転がり落ちる青みがかった映像は恐怖のシーンだけど美しくも悲しい音楽とあいまって心打ちます。無駄なシーンがオプソヨ(ありません)。字幕も便利です(ボソッと話してもよく分かります)。ヤクザさんの怖さの表現が「ドスの利いた怒鳴り声」「下あごが曲がるようなべらんめえ口調」「やぶにらみ顔」ではありません。みんな若くスマートでカッコいいし自然です。冒頭で死んじゃう先代の組長も素敵じゃあありませんか。ファンジョンミンも「てめえ、コノヤロー!」って言ってるかもしれませんが、何しろかっこよくて自然体でお茶目で魅力的で男の色気があって。ソンムにとどめさすときでさえ……あ゛~コワイ。
韓国俳優はうまいですね。悪いヤクザ感をどう演じるか、ではなく、人間の狡さ、孤独さ、愛憎をどう表現するか。制作発表の主役3人の写真が本当に「いい役者の顔」で惚れます。その表情、演出、間合い。何度でも見られる傑作だと思います。
ラストシーンは賛否あり、私も当初不要と思っていたのですが、あまりに深イイブログ「無い袖はノースリーブ」さんの妄想1&2を読んで変わりました。一つの映画を深読みし妄想して楽しめるのは素晴らしいことですね。というわけで自分もセメントの沼に足をとられています!
LOISさん [DVD(字幕)] 8点(2016-07-06 18:53:31)
6.練られた脚本に独特で生々しい描写はやっぱり韓国が世界に誇れるとこ。
この映画でも韓国カラーが炸裂してる。絆、裏切り、苦悩の中でたたかう潜入捜査官。彼が最後に出すアンサーとは?
面白くないわけない。イメージとしてはインファナルアフェアと北野武のブラザーで結末はゴッドファザー…。…がどこかで観たような場面がちょっと多い気がしたのが残念。
イジョンジェが若頭ってかんじではまり役だった。囲碁の先生役ソン・ジヒョもうちょっとみたかった、うん。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-04-18 23:45:11)
5.《ネタバレ》  絶対観なきゃ!と強くオススメでございますm(_ _)m

 マフィア潜入モノ。この一言であらすじは全てカットしたい。韓国…、やるなあ!レベルが高い!最後の最後で、テーマは男の友情とみた。が、途中に描かれる苦悩や葛藤、組織の非情さなどは完全な形でリアルに観ている者に浮かび上がること必至。

 そんな私の印象は…、恋愛要素と種明かし要素を排除したイースタンプロミスにプラス2点ぐらいの素晴らしさ!渋く軽快に韓国の中で生きる華僑のヤクザ男たちのドラマが展開します。

書きたいことがありすぎるが、なんといってもチョン・チョン!チョン・チョン!チョン・チョン!この最悪すぎる兄貴分はイースタンプロミスでいうところのヴァンサンカッセルに位置するキャラ。が、完全に主役を食いちぎる魅力を爆発させる。あー、こんなに主役を食うキャラ久しぶりだ。最初と最後でこんなに魅力を増すのは、ユージュアルサスペクツのヴァーバル・キント(あのときのアカデミー賞、ケヴィン・スペイシーは助演男優賞ですもんね、主演に見えますがσ(^_^;))以来ではないのか?

恥ずかしげもなく大絶賛!
JFさん [DVD(字幕)] 9点(2015-08-07 21:18:27)(良:1票)
4.《ネタバレ》 潜入捜査ものとギャングの権力抗争ものを足したような作品。なんともいえない緊張感と残酷さを醸し出して、冒頭から突き進む。ボッコボコにした人間にセメントを飲ませるヤクザ流の殺し方から始まるこの映画、セメントに沈めるってのはわかるけど、飲ませるって、こんな殺し方見たことねーわ。ヤクザの権力抗争、その渦中にいる潜入捜査官の主人公、彼の潜入中の立ち振る舞いが、淡々としている。しかし警官の上司に会うときは、一転して、苦悩する人間の顔になる。そんな彼の行く末をドキドキしながら楽しめた。派手なシーンや直接的な残酷描写はあまりないが、主人公の顔つきを観ているだけで、その苦悩と葛藤が伝わってくるので、BL好きな女性には特におススメじゃないだろうか。警官、ヤクザ、そんな肩書きより人間同士ウマが合うかどうか。ただ、個人的にちょっとおしいのが、映画全体が少し長いところ。中盤、テンポが若干遅いように感じた。じっくり腰を据えて描いているのは、わかるんだけど、集中力がちょっと削がれたかな。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 7点(2015-07-06 18:01:51)
3.ああ…面白かった。韓国映画ってあまり観ないけど、この映画はほんとにおもしろかった。最後まで目を離せず見入ってしまった。韓国映画にはむかし見た「冬ソナ」やコミカルな「僕の彼女は九尾狐」などの純愛モノでさえ、人間の愛情の真偽をとことん突き詰めるようなところがある。どこまで嘘なのか本心なのか、それを試そうというような凄みがある。そこが日本の甘く湿った純愛モノと違うところだった。韓国のヤクザ映画(潜入刑事映画)にはそういう嘘や駆け引きをどこか地で行ってるようなぴったり感がある。中華帝国と日本に挟まれ、裏切りと虚構で切り抜けてきた李朝朝鮮の歴史がそのまま反映されているような何か…。ラストの番外編は、本編で描けてなかった二人の親密さを補おうとして後から付け足したものに違いない。蛇足というより本編での主人公のしぶいキャラを損なうものになってしまった。惜しい。
さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-06-14 17:52:22)
2.《ネタバレ》 韓国映画ってまず、名前がすんなり入ってこない。あの人がどうだとかいろいろ説明があるのだが、「それって誰だっけ」ってなりがち。まあ、それは私の記憶力が悪いだけの話だろうが…。主人公がいろいろ葛藤しながら最後に堕ちたのかと思いきや、ラストのシーンであらびっくり、若いときからすでに包丁もってあんなことしてたとは…。もう一回見たらもっと思い白いんだろうけど、いかんせん長い。ところで、奥さんは彼の正体を知っていたはずなんだけど、この後どうするんだろ?流産した後なのに、笑顔で行ってらっしゃいなんてできちゃうところはなんか意味があったんだろうか?あれだけ頻繁にあっていたら、普通ばれるでしょ。とか突っ込みどころはいっぱいあるが、まさかのラストでした。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-20 22:51:19)
1.《ネタバレ》 ラスト、辛辣な運命に導かれるままに、ついに望まぬ“椅子”に収まった主人公。“新しき世界”を眼下に見下ろし、彼は何を思ったのだろう。
一見、彼の表情は自らの運命に対しての苦悩に苛まれているように見える。
しかし、その先のシークエンスで、彼の中にはそういった苦悩とはまったく別の感情が巡っていたのだろうことが分かる。
ラストのラスト、この映画で主人公が唯一見せる或る“表情”。
観客も、主人公自身もはたと気づく。
彼にとっての“新しき世界”は、とうの昔に始まっていたことに。

いやあ素晴らしい。毎度のことながら、韓国映画には新鮮に感服させられる。
監督の巧さ、俳優の巧さ、撮影技術の巧さ、すべてが高水準であることは間違いなく、総じて「映画づくりが巧い!」と言わざるをえない。

特に個人的に思うのは、ラストシーンの絶対的な巧さだ。
今作においても、ラストシーンの映画的巧さによって、作品自体の質を格段に上げている。
韓国映画のつくり手たちは、本当に映画という“娯楽”をよく理解していると思う。

そして、俳優たちが演じるキャラクターの“実在感”がまた凄い。
一人ひとりの顔つきに、各人物の人生模様が如実に現れていて、細かい人物描写がシーンとして無くとも、彼らがどういう人生を歩んできたのかが見えてくる。

嘘で塗り固められた人生を歩んできた主人公は、「真実」という“偽り”をすべて捨て去り新世界の支配者となる。
その彼の表情が苦悩に満ち溢れていたとしたならば、それはやはり、新世界の景色を共に見下ろすべき存在が誰であったかということに、ようやく気付いたからだろう。
その「孤独」に心が揺さぶられる。
鉄腕麗人さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-01-25 00:56:17)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 7.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6220.00%
7330.00%
8220.00%
9330.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS