Menu
 >
 >
 > フライト・ゲーム

フライト・ゲーム

Non-Stop
2014年【米・仏・英】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 70人) (点数分布表示)
アクションサスペンス
[フライトゲーム]
新規登録(2014-08-18)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2017-03-26)【イニシャルK】さん
公開開始日(2014-09-06
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャウマ・コレット=セラ
キャストリーアム・ニーソン(男優)ビル・マークス
ジュリアン・ムーア(女優)ジェン・サマーズ
スクート・マクネイリー(男優)トム・ボーウェン
ミシェル・ドッカリー(女優)ナンシー
ネイト・パーカー(男優)ザック・ホワイト
コリー・ストール(男優)オースティン・ライリー
ルピタ・ニョンゴ(女優)グウェン
ジェイソン・バトラー・ハーナー(男優)カイル・ライス
ライナス・ローチ(男優)デヴィッド・マクミラン
シェー・ウィガム(男優)マレニック
アンソン・マウント(男優)ジャック・ハモンド
石塚運昇ビル・マークス(日本語吹き替え版)
日野由利加ジェン・サマーズ(日本語吹き替え版)
野沢聡オースティン・ライリー(日本語吹き替え版)
音楽ジョン・オットマン
製作ジョエル・シルヴァー
アンドリュー・ローナ
製作総指揮ハーブ・ゲインズ
スティーヴ・リチャーズ
ジェフ・ワドロウ
配給ギャガ
特殊メイクビル・テレツァキス(補綴デザイン 他)
編集ジム・メイ[編集]
字幕翻訳松浦美奈
その他ハーブ・ゲインズ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
愛娘の死をきっかけに酒浸りとなった航空保安官のビル。ある日、酒を抜けずに任務中の彼の携帯に謎のメールが届く。メールの送信者は彼を監視しながら「指定口座に1億5000万ドル送金しろ。さむなくば20分に1人、乗客を殺す。」と知らせてきたのだ。半信半疑の彼だったが最初の犠牲者が…。彼は捜査を開始するのだったが、その頃地上では犯人の指定口座がビル名義と判明し、ビルの一人芝居が疑われるのだった。誰も信じられない、誰も頼れない、絶対絶命の窮地を打開し、彼は乗客を守れるのか? リーアム・ニーソン主演のノンストップ・アクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
70.《ネタバレ》 なんか疑われまくるしプライベートは晒されるしで胸糞なんですよ途中までは。それがどうだふと気付いたらとても美しい話だ。爆発や着陸もド派手で見所が多い。大画面で見たい。
にしきのさん [地上波(吹替)] 7点(2018-04-13 06:55:44)
69.いや~やっぱいいわリーアム・ニーソン。最初「96時間」みた時は「誰?このオッサン」って感じだったけど、もう今はすっごくシブいメッチャ存在感ある俳優だと断言できる。その「96時間」も面白かったし、この作品も2時間飽きさせないのはリーアム・ニーソンが主演だからこそ。ま、ストーリーはご愛敬ってとこかな。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 6点(2018-04-05 22:22:20)
68.《ネタバレ》 他の方も仰っていますが、何も考えずに観れば楽しめる!これに尽きるだろう(笑)

だれが犯人なのかというワクワク感。
主役のリーアム・ニーソンは果たして良い奴なのか悪い奴なのかという疑心暗鬼。
タイムリミットによって追い詰められていくハラハラ感もあるし、サスペンス映画としては及第点だと思う。
ただ、主役があまりに犯人の思うツボな行動をしてしまう点がちょっとイライラしてしまったのでマイナスかなぁ。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 6点(2018-03-31 18:51:24)
67.身内を失って心の傷を追って依存症をわずらっている人間が「この飛行機に犯人がいるー!」と主張して大暴れして、逆に「それってお前がPTSDで、妄想にとりつかれて勝手にそう思い込んどるだけやろ!」と乗客から総スカンくらっちゃう

という本作の展開は、私の大好きな映画「フライトプラン」を彷彿させ、しかし「フライトプラン」ほどPTSDっぷりが描ききれておらず、孤軍奮闘を応援したくなる感がないのが「フライトゲーム」である。

また、座席のそばにたまたまいた女性が、事件にまきこまれつつも、主人公の味方となって、一緒に戦ってくれる

という本作の展開は、私の大好きな映画「ミッション:8ミニッツ」を髣髴させ、しかし「ミッション:8ミニッツ」ほど、女性と主人公が深くつながりあうこともなく、結局ただ近くの席にいた親切なオバチャンというだけで終わってしまっているのが「フライトゲーム」である。

すなわち、既存の映画のデジャブ感がすさまじいわりに、不発に終わっているのが「フライトゲーム」なのである。

リーアムニーソンとジュリアンムーアがもったいないことになっているのが「フライトゲーム」なのである。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-03-31 17:51:10)
66.《ネタバレ》 なかなか楽しめたけどB級テイスト。犯人捜しも楽しむんだけど、どうにも捜査官の強引さが目につき入り込みにくくなってるなあ。そりゃ単独行動してしまったらテロリストに認定されても仕方ないようなあと感じる泥沼感。一応犯人グループと疑ってた市警ジュリアンCAはいずれもセーフ(笑
このご時世でイスラム犯行では逆に気まずいというのは的中。テンポはいいんであっという間に見れたんだけど、脚本がいかんせん安いように思えるなあ、女の子のくだりも典型的、僕が書いても入れる(笑 。相棒ザムービーとか踊るなんとかのスTVドラマペシャル版映画で感じるテイスト。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 6点(2018-03-25 08:09:42)
65.ハラハラドキドキ、誰が犯人かという点ではおもしろい。でもおもしろいのは前半だけ、後半は無理矢理こじつけた動機や犯行手口など穴だらけの展開となる。レビューを読ませてもらったらその通りと思うものが多々、私が指摘したいものはすべて書かれている。あとはどう点数をつけるかだが、私としてはきびしくつけたい。ところで機内でパソコンやスマホが使えるとは知らなかった。もう何十年も飛行機には乗ってないので、時代の波に置いて行かれたみたいだ。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 4点(2018-03-24 16:56:17)
64.《ネタバレ》 TVで見ましたが結構楽しめました。何がイイってオープニングからどこをどう切り取っても全てが怪しいのが最高に素晴らしい。主人公の行動すらいちいち怪しく見えるのはGoodです。(まあ”フライト”と名が付く映画ってみんな最初は良くて後々グダグダになるのが定番の流れなんですけど・・)

案の定、最初の30分は怪しさ全開でとても楽しめますが、一時間くらいから超絶にグダグダになっていきます。主人公さん、アンタの行動だとYouTubeにアップされても仕方ないですやん。でもそのおかげで・・ 犯人が判明してからはマジで寒い展開ですが、一応ハッピーエンドなのでまあ良かったです。シチュエーション物が好きな方、リーアム、ジュリアン、ミッシェル・ドッカリーのファンでしたら見て損はないかもです。予想外に楽しめたので+1点献上です。
アラジン2014さん [地上波(吹替)] 6点(2018-03-19 17:24:34)
63.《ネタバレ》 何も考えずに見る分にはそこそこ楽しめます。

少し考えてみてしまうと
主人公が信用する相手の根拠の無さ
ハモンドの存在(グルだったのか?グルでないなら連邦保安官情報をなぜ知ってる?グルじゃなかったら携帯のやりとりは?)
コックピットに繋がる穴
そこから吹き矢で機長を一撃で仕留める腕前、何故医師がみて吹き矢に気づかない?
動機(いくら政府に仕返しを言っても、家族を失った者が同じことをするかね・・・)
毒の効く時間 二人目はどの段階で刺したのやら・・・機長との時間差が・・・

穴だらけでした感がないでみることをお勧めします。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2018-03-19 01:57:48)
62.《ネタバレ》 何も考えずに見ていればそれなりに楽しめますが、少し考えると穴だらけのボロボロのシナリオ。

普通、この手の映画は映画を観ながら「多分こいつかこいつが犯人だろう」と想定できるわけですが、この映画では全く想定がつきません。
なぜかというと、途中ニーソン先生が少しでも可能性がある人間を全部「おま、犯人?」的扱いをしてしまうからで(真犯人も当然犯人扱いされる)、これでは誰が犯人なのか観ている側はなかなか推理するのが難しいのです。
途中で犯人扱いされた人じゃない誰かが真犯人だろう…と思って見ていると、結局途中で犯人扱いされた怪しい奴がほんとに犯人でした!というパターン。なんじゃそりゃ!

そして実際に犯人がわかって…も、それが犯人である必然性が全くないという点でまたびっくり。
通常、この手の映画の犯人というのは「なるほどこいつが犯人じゃないと無理だ!」と納得させられるような種明かしがないと観客は納得できないわけですが、この映画の場合、それが全然ない。
真犯人がわかっても彼が犯人である必然性蓋然性が乏しいため、それまでの犯人候補のほとんどが同様に犯人である可能性はいくらでもありうるというひどい状況です。
(まぁこの映画はそこからを強引に力技で進行するので、さらっと観てる分には意外とそれが気にならないのですが)

一例をあげれば機長が殺されるところ。
「トイレからコクピットに客が都合よく穴をあけられるの?飛行機ってそんなチャチな構造なの?」
「穴が開いたとしてそんな都合よく吹き矢が機長にあてられるもんなの?なんのプロ?」
「(乗客の証言から考えると)そもそも機長が殺されるタイミングで犯人たちトイレに入ってないじゃん」
「てか、吹き矢で撃たれたら、機長はまず「痛い!」と思うわけだからそこでばれるだろうし、吹き矢が刺さってたら検視した医者も気づくだろ」
と何もかもが穴だらけで、犯人がわかったあとも「え、彼らが機長を殺すのそもそも無理じゃね?」という根本的な疑問が全くぬぐえないわけです。
状況から考えると、まだCA(トイレに工作が可能&コクピットに入れる)か奥さん(一番怪しいタイミングでトイレに入った)の方が犯人の可能性があるわけで、そんな状況で真犯人は別のこいつだ!とやられても全然説得力がありません。

ほとんどのシーンがそんな感じで、犯人が分かった後に「彼らがなぜあれだけのスーパーマン的犯行を犯せたのか」の説明が全くないため、彼らが犯人である蓋然性が他の乗客と同程度にしか感じられず、たとえばジュリアンムーアが仮に真犯人であっても、同程度に(あるいは同程度以上に)説得力があったはずです。
犯人の動機にしても911の航空機テロで父親が死んだ…からと言って、その行動がアレではもはや全く意味不明。
まだジュリアンムーアが「どうせ心臓がダメで死んじゃうからみんな道連れよ」とかのほうがよっぽど説得力を感じます。
…って俺はそんなにジュリアンムーアを犯人にしたいのか笑(彼女の顔が苦手なんですよね笑)

とまぁ真犯人に説得力がまったくないそんな状況で派手にドンパチやられて一件落着されてもなぁ…というのが正直な感想で、雰囲気で流されて観ている分にはなんとなく楽しめても、ちょっと映画の内容を振り返ると「あれおかしい事ばかりだぞ??」というポイントばかりでは、これを書いたシナリオライターの頭の中身を心配せざるを得ないのが残念なところです。

この主演&監督コンビは前作のアンノウンも「んーー」という内容でしたし、正直シナリオの整合性をもう少し考える努力をした方がいいのではないでしょうか?シナリオだいじですよ、うん。
あばれて万歳さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2018-03-19 01:21:46)
61.《ネタバレ》 真犯人が現れてからラストまでのスピーディーかつスリリングな展開に一気に引き込まれました。
しかしそれに至るまでは正直さんざん苛立たせられましたね。特に犯人探しの部分はあれじゃあ
人権問題だし、決して肯定されるものではありません。そもそも警察を首になった情緒不安定
な人間が航空保安官に採用されて飛行機に乗ること自体問題でしょう。
最近リーアム・ニーソン主演の映画が地上波で何本か放映されましたが、どれも彼の演技には
苛立たせられました。吹き替えのせいなのかそれともそういう所を狙って作られているのでしょうか。
乗客がビルに反撃する際には、さっさと頭をカチ割ってしまえ、急所を狙え、とか思ってしまい
ました。彼が犯人ならあんなに手間取っていてはだめですよね。

結局犯人は3人だったということになる(もう一人の航空保安官、眼鏡、黒人)ようですが、動機が
今一つ分かりませんでした。眼鏡が言っていた3000人がどうのこうの、自分の父親が犠牲者の一人
というのは、どの事件をいっているのでしょうか?9.11のことなのでしょうか?

他の人も書いていますが、この種の姿なき犯人物は、正体を現すまでは超人的な行動をするのに
姿を現すと突然凡人と化す毎度のパターンをなんとかしてもらいたいところです。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2018-03-18 17:24:10)
60.《ネタバレ》 面白かった。
150人を乗せた国際線の機内で、乗客の命が危機にさらされるなか、孤立無援で捜査をしなければならない。
最初はイタズラとも思えるようなメールから少しずつ話を大きくしていく。
そして少しずつ、ニーソンを孤立化させていく。地上では自身がハイジャック犯と報じられる中、
再び乗客の信頼を勝ち得て最後の大きな賭けに。原題の通りまさしくノンストップでストーリーが展開していきます。
犯人は必ず機内の乗客の誰かなんだけど的を絞らせませんが、本作の場合はそこは大きな問題ではなかったと思う。
ニーソン航空保安官が抱える悲しい過去と現在。彼にはこういう背景を持つ役がよく似合うのですが、
心が折れそうな状況でタフなニーソンがどう危機を乗り越え立ち向かうのか。ひたすらリーアム・ニーソンを堪能できる作品です。
強さと渋さと、年齢を重ねた男の円熟味。リーアム・ニーソンという人は年を重ねるごとにいい俳優になっていますね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-10-12 20:18:18)
59.《ネタバレ》 ラストシーンの後、トイレから謎の死体(最初に主人公に殺された奴)が発見される。主人公が正当防衛だと主張してもそれは通るのか?
たろささん [インターネット(字幕)] 6点(2017-06-29 16:30:43)
58.《ネタバレ》 ミスリードを誘うカメラワークずるいやん(笑
てっきり犯人かと思っていた人たちが犯人ではなかったのね。
なかなか面白かったです。
あずれもさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-12-15 10:51:02)
57.《ネタバレ》 面白かった。飛行機に乗る前から緊張感が。全く予想できない展開でした。
リーアム・ニーソンいい演技しますね。
あと最後まで犯人だと疑ったナンシーよ、すまんかった。
Keytusさん [DVD(字幕)] 7点(2016-09-30 23:17:56)
56.《ネタバレ》 本当にリーアムニーソンの映画は外れが少ない。
この映画も非常に面白かった。犯人が見つかるまでは・・・。
この映画の面白さは犯人探し。あいつもこいつも、みんな怪しい。しまいにゃ自分も。
そして、肝心の犯人が見つかったらなんだか、妙にチープな犯人。
もっと大きな組織や陰謀が絡んでいてほしかった。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 7点(2016-09-15 19:24:03)
55.飛行機の限られた空間で起こるテロ、次々に起こる殺害予告。程好いスリル。
展開的に犯人探しはおもしろかった。ニーソンは奮闘するけどこの映画のMVPはどうみてもパイロットでしょうと思いました。
しかしパパ役多いねニーソンは。
UFC196.さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-22 13:02:30)
54.リーアム・ニーソン無双かと思いきや巧妙な罠に嵌っていくという展開は良かったが、後半は普通のアクション映画の印象。面白かったが、素晴らしいとまでは・・・
ラスウェルさん [DVD(字幕)] 6点(2016-05-04 22:43:15)
53.都合よすぎと思われるシーンが多かったですが、スピード感があって楽しく観れました。原作のタイトルは「Non stop」、原作の名前を訳のわからん邦題に変えて台無しということが良くありますが、この映画に限っては「フライト・ゲーム」でも悪くないと思います。ただ、映画のスピード感を考えるとやっぱりNon-Stopの方が合っているかなぁ。
珈琲時間さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-04-26 08:13:24)
52.《ネタバレ》 序盤、まだ何も始まってないのに何か起きそうな緊張感が凄い。
まあ、映画なんだから何もないはずはないんだけど、謎の脅迫メールから最初の犠牲者までの流れは完璧。
誰が犯人なのか疑心暗鬼にさせる構成は見事です。
犯人は爆弾も持ち込めるし、機長も暗殺できるし、何でも出来る完璧超人なのに正体を現した途端に小物感が漂って少し残念でした。
あと、銃を受け取ったら残りの弾が何発なのかはきちんと確認した方がいいね。
残弾数を知らずにハイジャック犯と戦うのはリスキーだわ。
もとやさん [DVD(吹替)] 7点(2016-03-19 12:47:31)
51.《ネタバレ》 緊迫と迫力の展開に加え、ミステリーの要素もありよく出来た映画。
ヒーローなのか犯人なのか迷わせるところが主軸の一つになっている。期待していなかったが、良かった。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-31 21:31:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 70人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
311.43%
422.86%
534.29%
62130.00%
72840.00%
81420.00%
911.43%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.20点 Review5人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 4.00点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2018 JTNEWS