バンクーバーの朝日のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ハ行
 > バンクーバーの朝日の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

バンクーバーの朝日

[バンクーバーノアサヒ]
2014年上映時間:132分
平均点:5.19 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-12-20)
ドラマスポーツもの実話もの
新規登録(2014-11-10)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2024-01-27)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井裕也〔監督〕
助監督増田伸弥
キャスト妻夫木聡(男優)レジー笠原
亀梨和也(男優)ロイ永西
勝地涼(男優)ケイ北本
上地雄輔(男優)トム三宅
池松壮亮(男優)フランク野島
高畑充希(女優)エミー笠原
宮崎あおい(女優)笹谷トヨ子
貫地谷しほり(女優)ベティ三宅
ユースケ・サンタマリア(男優)堀口虎夫
本上まなみ(女優)杉山せい
光石研(男優)井上安五郎
大杉漣(男優)江畑善吉
田口トモロヲ(男優)松田忠昭
徳井優(男優)前原勝男
岩松了(男優)三宅忠蔵
鶴見辰吾(男優)トニー宍戸
石田えり(女優)笠原和子
佐藤浩市(男優)笠原清二
螢雪次朗(男優)
田島令子(女優)
大鷹明良(男優)河野義一
芹澤興人(男優)ケン早坂
板橋駿谷(男優)
阿部亮平[1980年生](男優)エディ緑川
脚本奥寺佐渡子
撮影近藤龍人
製作石原隆〔製作〕
市川南〔製作〕
フジテレビ
東宝
配給東宝
美術原田満生
赤松陽構造(タイトルデザイン)
衣装宮本まさ江(衣裳)
編集普嶋信一
録音加藤大和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.スモールベースボール!WBC絶対優勝するぞ!
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2017-02-18 11:51:19)
15.《ネタバレ》 典型的な日本的、超ウジウジ映画・・。
テーマや伝えたい事は理解可能だけど、あまりにもテンポが無い。
セリフもボソボソ、会話の間が永遠のように長い。
どう考えてもこの2時間以上の作品は、半分の内容しかない。
セリフの間をこんなに待たせておいて、結論は見せないで次へ飛ぶ。
一番嫌いなタイプの映画でした。
戦争との絡みで厳しい差別や虐待があったのを描くと、カナダ国民の
反感買うから描かないでサラリと流した結果、この映画を良くも悪くも
中途半端な作品にしてしまってる。
仕事も無く生活もままならない不遇な日系人の、希望の象徴だった野球チームを
描いたことで伝えたいモノはあるだろう。しかし見る側に対し「行間を読めば判る」
の姿勢が鼻に付いてしまうのは、自分が単細胞だからなのかな・・?
唯一、一攫千金を夢見てカナダへ来てしまった日本人が、成功してる様に
取り繕って、貧乏なのに祖国の親戚に送金を続ける下りは身に染みたなあ
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 4点(2016-07-18 15:14:31)
14.《ネタバレ》 開拓者としてカナダへ移住した日本人たちとその2世たちの物語としてはとても興味深いですが、野球と絡めて(史実だしこの映画の肝なんだけど)ってのがボンヤリした印象でした。
すべてにおいて薄味で、サラーっとみるにはいいかもしれません。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-02 11:36:45)
13. 残念な要素のある映画でした。俳優はよく頑張っているのですが、脚本が今一つでした。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2016-03-13 22:35:41)
12.前半は朝日軍が野球をする場面がほとんど無い。
現実はもっと苦しい生活や、過酷な労働環境に差別もあっただろうと思いますが、
前半にに描かれ続けるのは当時のバンクーバーの日本人街の人々の日々の暮らし。
その当時の日本人街を再現したセットが素晴らしい。
日本人街の人々に朝日軍の選手達。
ごく一部の者を除くと特に朝日軍の選手のキャラクターの描き方には物足りなさを感じます。
朝日軍の面々と日本人街の人々をある程度均等に扱おうとしたのでしょうが、残念ながらうまくいっていない。
しかし応援する人々と選手達の距離が近いスタジアムの風景が実にいい。
連戦連敗、白人のパワーの前に全く通用しなかった朝日軍が、
今で言うところのスモールボール、小技や機動力を駆使し、相手をかく乱し勝機を掴む。
戦前のカナダにこんな侍ジャパンが確かに存在していたんだな。
もっと感動作に出来たのでは、とも思いますがそんな日本の野球の歴史を知ることが出来ただけでも良かったと思います。
とらやさん [DVD(邦画)] 6点(2016-01-28 23:09:58)
11.始まってからこの作品に引き込まれるまでが長い。野球映画というよりは歴史映画。群像劇があまり得意でないのか、個々の掘り下げ方がイマイチ。色々なエピソードを数珠繋ぎにしているみたいで、まるでドキュメンタリーな印象が残る。もっとバンクーバーサイドの登場人物と濃密なやりとりがあっても良かったかな。ちょっと蛋白で物足りない。でもこの映画を観て思ったことは、やっぱり戦争は嫌だなってこと。別に憎み合ってるわけでもないのに、無理やり敵同士にさせられて、大事なものをたくさん奪われる。ほんと、戦争反対!
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2015-08-21 19:20:31)
10.えらい金を使ってセットとか凄く上手に作った大作感ある映画なのだが、内容はというとつまらない。どこがつまらないのかというと全てが中途半端な感じ。人種差別もあるのだが、それがひどすぎると感じるレベルにない、野球も強くなってきたといっても、その努力をするシーンも中途半端。結局はこれは映画でやるレベルの話ではないのか、それとも監督の力量不足か。題材としては悪くないし、セットだって豪華なのだから、フジテレビで金を出しているのなら、連続ドラマにでもしたほうが面白い作品にできたのではないか?
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 4点(2015-04-09 12:05:19)
9.《ネタバレ》 他の方も書いてますが、脚本に難あり。
ドキュメンタリーじゃなくて、映画なのだから、登場人物に語らせなきゃ!
予告編でも出てくる、「やれるとこまでやってみよ」も、妻夫木君と勝地君で、月明かりの下で散々もったいぶった挙句の会話の最後の言葉。おいおい、それだけかい!
画はとても綺麗で、尺もあるのだから、人種差別への思いだとか、仕事の辛さだとか、もっと思う事、色々あんでしょ!伝えてくれ!
けろよんさん [映画館(邦画)] 4点(2015-02-03 20:16:56)
8.セットも金かかってるし、衣装も髪型とかもかなり良いんだけど、台詞まわしがモロ現代っぽくて、俺の中ではそれが一番のぶち壊しだった。たぶん松池と勝池?(実際、全く知らない役者)本人も上手いとか勘違いしてるんだろうな。まあ、そういう作品もあるんだろうけど、あの時代では全く駄目よ。それをOK出しちゃう監督もセンス無いね。それと、宮崎あおいとか全く必要無いじゃん。相変わらずそんな無駄金使ってるからダメなんだよ。予告編何回も見て「ぜったい泣く」と期待してたが、なんなんだこの不完全燃焼は。
♯34さん [映画館(邦画)] 5点(2015-01-23 01:19:53)
7.《ネタバレ》 なんとも消化不良な気分になる映画です。
内容自体は、とてもよく出来ていると思います。
実話を基にした作品ですから、内容はあるし展開もドラマ性に満ちているはずです。
それなのに「面白い」とは言い切れないのです。
この作品に漂う妙な残念感、物足りなさは、いったい何なのか?

私の答えは、以下の3つです。
(1)まるで「フィクション性の高い良質なドキュメンタリー」を観ている気分になる。
(2)ストーリーが散漫、故に作品としての主張も中途半端になっている。
(3)脚本が稚拙&監督の力量不足のせいか、冗長な部分も多い。

町を丸ごと一つ作って当時の生活を復元したセットは、とても見応えがあります。
キャスティングも豪華で、製作側の意気込みも窺えます。
それなのに、肝心のストーリーが淡々と進み過ぎているのです。

せっかく「異国の地で生きる日本人の苦悩、存在意義、民族的ルーツが、弱小野球チームの快進撃により人種問わず認められ、誇りと互いを尊重する気持ちを見出していく」
という、非常に解りやすく描きやすい王道のテーマなのに、それを活かしきれていません。
「頭脳野球」に至っても面白く出来る要素は多々あるはずなのに、その展開は冗長で漫然としています。
チームで掘り下げている様子も特に描かれず、ひたすら試合でバントに終止。
スポーツを扱っている映画のわりに動と静で言えば「静」の撮り方が多く、
スローモーションも多用している所為か、焦れったさが残り高揚感に欠けています。

また、移民差別による苦悩、辛さ、葛藤などにおいても、話が中途半端です。
これは無駄に役者を豪華にした弊害でしょう。
出来るだけ多くの役者にスポットを当てようとしたが故に、どの話も上澄みだけ掬った印象しか残らないのです。
時代背景も相俟って、戦争の理不尽さ・平和の尊さも訴えたかったのでしょうが、
尻すぼみになって駆け足で終わるなら、いっそ無駄に描写しない方が得策だったのでは?
脚本の稚拙さや監督の力量不足は、こうした点にも影響していると思います。

独特の感性をお持ちで将来を期待される監督さんですが、まだ若い分、力不足は当然かもしれません。
しかし、だからこそ「王道だが素晴らしい映画になり得たかもしれない」作品を手掛けるのは、少し早かったのかなと思えてなりません。

「もったいない」この一言に尽きます。
港のリョーコ横浜横須賀さん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2015-01-19 11:39:45)
6.《ネタバレ》 なんか「日本人は同じ仕事をしても半分の給料しかもらえない…」っていうセリフが何回も出てきて記憶に残ってますが、“それだけ…?”としか感じない。もっともっと「対日批判」や「差別」「偏見」を辛辣に描かないと、野球に対する彼らの思いの強さが伝わらないように思います。それに、他民族の移民が描かれていない。マフィアやシンジケートを作って卑怯な方法でカナダに浸透していった連中と比べて、日本人がいかに「正直に」「まじめに」「正々堂々」としてきたから国際的な信用を勝ち取ったことをこの野球に対する彼らの姿勢であらわしてほしかったです。(ちょっと映画の主旨が変わってしまうかな…?)
pascal649さん [映画館(邦画)] 5点(2015-01-18 19:31:10)
5.《ネタバレ》  なんだかボンヤリした印象の映画。何が問題かって、明るい画でアップの多い高畑充希の表情は印象に残るけれど、肝心の主人公を始めとしてチームメンバーの表情がちっとも印象に残らないという。見終わってみて多くがカオナシ状態なんですよ。

 引きの画が大半を占めていて(カフェの中で高畑がみんなに語るシーンでチームメンバー全員をシネスコフレームいっぱいに収めているショットなんか、よく撮れてるというよりは作為に過ぎる感じ)、その上暗い画面が多く、ここ一番の表情が存在していない状態。妻夫木聡はリアクションの薄いキャラとして描かれていますから、更に存在が薄く感じられます。

 自分を殺して一歩退いたところで生きる事こそが日本人の美徳である、とばかりに受け身な人々の生を一歩退いた視点で描いているような感覚を受けて、あーコレもまた被害者意識の強い過去の日本人映画なんだねぇ、と。それ、昔からなんか少しでも進歩してる?

 この監督、『舟を編む』以降、随分とつまんない監督になっちゃった感じがして仕方ないんですけど。優等生的な映画を撮っていたいのかな?
 対象から腰が引け過ぎてるんじゃないかなぁ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 5点(2015-01-04 00:26:07)(良:2票)
4.「こんな歴史がありました」っていうお話。NHKの朝ドラとか好きな人なら好きかも。

ていうかこれ1800円も払う価値あるのかしらね?映画らしい華やかさとか情熱とか、作り手の意欲が全く伝わってこないんだけど。セットだけはがんばってたけど、所詮「セット」だし。
比較対象がおかしいかもしれないけれど、10年くらい前に見た反町隆史が杉原千畝をやってた2時間ドラマの方がよっぽど印象深かった。
denny-joさん [映画館(邦画)] 5点(2015-01-03 02:39:56)
3.《ネタバレ》 始めの製材所のシーンから、木材を運び、それを積み重ねる俳優らの労働を
長目のショットで丹念に描写している。
その中で次第にクロースアップされていくのは、彼らが見つめる手だ。

彼らの過酷な境遇は何よりも、じっと己の手を見るショットによって語られる。

それはライバルチームの投手らについても平等である。

モブシーンでも
冒頭の移民たちの顔、試合のギャラリー一人一人の顔をパンフォーカスで
可能な限り映し出そうとするあたり、作り手のFAIRNESSの発露といえる。

高畑充希のスピーチ前半を収めた引きのショットが引き立てる彼女の健気。
夜の日本人街に静かに響く波音のノスタルジア。
それらを邪魔しない、控えめで節度ある音楽用法が好ましい。
艶のあるナイトシーンの多さが、球技シーンの晴れ舞台を引き立てる。

それだけに競技シーンの運動感の欠如はやはり勿体無い。

敏捷性と連携プレーを活かした戦術なのだから相応のカメラワークで
盛り上げて欲しい。
妻夫木聡の初めての出塁・得点シーンにスローでは落胆である。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 7点(2014-12-28 20:21:58)
2.《ネタバレ》 見終わった後、一緒に行った友達と顔を見合わせてしばらく無言。そして同時に苦笑。
セットは素晴らしいし、役者の演技も申し分ないのに、何でしょうかこの残念感。

カナダへ移民して苦労した日本人。その希望の星が朝日という野球チーム。
逆境の中、体格でも劣る日本人が頭脳プレーでリーグ優勝する。
戦争が始まった。皆、収容所送りになった。
エンドロールで、随分後にカナダの野球界殿堂入りしたとの表示。
こういう風に淡々と羅列され全体的に間延びした印象です。

差別や逆境をもっとリアルに描いて、野球で優勝するまでの試合の盛り上がりがメインだったら、もっと興奮できたと思います。
nanapinoさん [映画館(邦画)] 5点(2014-12-27 21:35:54)
1.実在した野球チームの物語だから野球が中心になるのはわかるけど、バントや盗塁、スクイズなどせこいシーンが多すぎるように思う。(バントばかりでは作戦が読まれてとても頭脳プレーには見えない) チームのメンバーはカナダ生まれの日本人2世なのだから、2つの国に挟まれてもっと葛藤する部分があっても良かったのでは・・・。実在した野球チームには感動を覚えるが映画の方は今一歩。カナダロケでなく足利市に作られたセットが見事、当時の時代風景は良く出ていると思う。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 6点(2014-12-25 14:57:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 5.19点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4318.75%
5850.00%
6425.00%
716.25%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.33点 Review3人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS