幕末高校生のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 幕末高校生
 > (レビュー・クチコミ)

幕末高校生

[バクマツコウコウセイ]
2014年【日】 上映時間:108分
平均点:2.71 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-07-26)
アクションSFコメディアドベンチャー時代劇青春ものTVの映画化
新規登録(2014-12-01)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-02-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督李闘士男
助監督増田伸弥
キャスト玉木宏(男優)勝海舟
石原さとみ(女優)川辺未香子
柄本時生(男優)高瀬雅也
川口春奈(女優)森野恵理
千葉雄大(男優)沼田慎太郎
谷村美月(女優)千代
吉田羊(女優)
柄本明(男優)柳田龍三
隆大介(男優)
伊武雅刀(男優)大崎則篤
石橋蓮司(男優)長英
佐藤浩市(男優)西郷隆盛
福本清三(男優)
原作眉村卓「名残の雪」(原案・協力)
脚本橋部敦子
音楽服部隆之
撮影藤石修
製作石原隆〔製作〕
フジテレビ(「幕末高校生」製作委員会)
東映(「幕末高校生」製作委員会)
配給東映
特撮野口光一〔特撮〕(VFXスーパーバイザー)
美術松宮敏之
編集宮島竜治
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 なんのためにタイムスリップしたのかが意味不明です。一緒に過去に行ったのに到着するタイミングがバラバラなのは面白いアイデアかと思いますが、肝心のお話の内容が皆無。ぶっちゃけ、勝海舟にルービックキューブを渡しに行くだけのお話です。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-01-22 03:00:21)
6.《ネタバレ》 まぁそんなに期待はしてなかったけど、軽薄なつくりで観てられない感じ? かな。突っ込みどころは満載でそこはSFものだからしょうがないとしても、先生や高校生3人がアホすぎ。歴史の勉強になるかと思いきやそんなことはほぼほぼ無しで、何をいいたいのかさっぱりわからん映画。まぁ時間の無駄でしたハイ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2016-04-19 06:43:26)
5. テレビで十分の内容でした。最後まで何も起こらないので期待してはダメです。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-08-18 08:34:12)
4.《ネタバレ》 鑑賞中に色々な意味でイライラした映画でした。ノロいだけじゃなくて、相当にデキ悪いです。勝海舟は過去の人なので様々な解釈があるのは可です。なので、本作の人物像にとやかく云う気はありません。でも、何もしていない。なにかお題目は掲げていましたけど、行動として見える部分は無かったですね。その不足感をチャンバラで暴れさせて補完させる。なんとも残念な作り方でした。幕末へ行った現代人たちは歴史に関わったと云うには接触が浅すぎてタイムスリップの意義を感じません。こちらも、ほとんど何もしていない。先生が成長した? バカ言っちゃいけません。タイムスリップ前が酷過ぎただけです。あんなのは過去に行かなくても、フツーに改善されるべきレベルのお話です。私には昂ぶるシーンも笑えるシーンも無かったです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2015-08-15 11:03:46)
3.ダラダラしてスピード感まったくなし。なんでこんな映画作ったんだろう。原作の名残の雪は大好きですが。
紫電さん [DVD(邦画)] 2点(2015-05-23 21:51:16)
2.だいぶ前に観て、レビューを書いたつもりになっていたのだが、書き忘れていたみたいなので曖昧な記憶で書くけど、「同時にタイムスリップして到着する時間・場所が異なり、逆に現代に帰るときには一緒に戻れるってのはおかしくない?」と思った。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2015-05-06 23:03:46)
1.《ネタバレ》 タイムトラベルものは個人的に大好物のジャンル。なので期待もそれなりに持ってしまう。このタイムトラベルもので一番重要視するのは、過去や未来、または現代にその人物やモノが現れたことによって一体どんな影響を与えるのか?そしてその影響によってどういった変化があらわれるのか?そこがなんといっても見所でしょ。その点においてこの作品は、まあまあかな。幕末の、まさに日本の未来がかかった大きな瞬間と、高校生の進路とをオーバーラップさせ、そこにこの作品のテーマをビタッ!と当てはめており、ちゃんとした形になっていた。また、タイムスリップの入り口は一緒なのに、過去への到着はみなバラバラというアイデアもいい。先に到着していたおバカなギャルな女子高生の影響によって、徳川家の主導権存続を肯定する動きを後押しし、歴史を狂わせ始めてしまう。ここら辺の流れはありえないだろ~、と思いつつも、まあゆる~く許せる範囲でした。ただね、ここまで上手にプロットを組み立てた割には、所々が穴だらけ。1年前に到着していた彼が裏稼業をやっている経緯。勝海舟を暗殺しようとしたら部外者がいて退却。勝海舟の書斎だけを荒らしまわって引き上げる暗殺?集団。襲撃前に江戸の町を堂々と闊歩する、それも一人で?の西郷隆盛。過去へはバラバラなのに、現代に戻る時は一緒。ルービックキューブが幕末期に存在していた!というトンデモ歴史に対して、動揺せずに微笑む先生。他にもありそうだけどこの辺で。まあね、そこそこの良い食材を、平凡な調理方法で作ってしまった。そんな映画です。はい。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2015-01-17 23:23:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 2.71点
000.00%
1114.29%
2342.86%
3114.29%
4114.29%
5114.29%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 4.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS