逃亡者(1993)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 逃亡者(1993)
 > (レビュー・クチコミ)

逃亡者(1993)

[トウボウシャ]
(ハリソン・フォード 逃亡者)
The Fugitive
1993年【米】 上映時間:131分
平均点:7.36 / 10(Review 249人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-09-11)
アクションサスペンス犯罪ものミステリー刑事ものリメイクTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-22)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・デイヴィス〔監督〕
助監督テリー・J・レナード〔スタント〕(第二班監督)
演出テリー・J・レナード〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)リチャード・キンブル医師
トミー・リー・ジョーンズ(男優)連邦保安官 サミュエル・ジェラード捜査官
セーラ・ウォード(女優)ヘレン・キンブル
ジュリアン・ムーア(女優)アン・イーストマン医師
ジョー・パントリアーノ(男優)連邦保安官代理 コズモー・レンフロ捜査官
アンドレアス・カトスラス(男優)フレデリック・サイクス
ジェローン・クラッペ(男優)チャールズ・ニコルズ医師
ダニエル・ローバック(男優)連邦保安官代理 ロバート・ビッグス捜査官
ディック・キューザック(男優)ウォルター・ガスリー
フランク・レイ・ペリリ(男優)刑務所の警官
ニック・サーシー(男優)保安官 ロリンズ
ビル・キューザック(男優)追跡捜査技術官
ジェーン・リンチ(女優)
磯部勉リチャード・キンブル(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
菅生隆之サミュエル・ジェラード(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆チャールズ・ニコルズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩田朋子ヘレン・キンブル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木優子アン・イーストマン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野史人フレデリック・サイクス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ロゼッティ刑事(々【テレビ】)
田中正彦コズモ・レンフロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕ニューマン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
津田英三ビッグス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
寺内よりえ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
掛川裕彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大滝進矢(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
荒川太郎(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村秀利(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水原リン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平田広明(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林清志サミュエル・ジェラード(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕チャールズ・ニコルズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宮寺智子ヘレン・キンブル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅アン・イーストマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
銀河万丈フレデリック・サイクス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野島昭生コズモ・レンフロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中原茂ニューマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
金尾哲夫ビッグス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯辺万沙子プール(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
青森伸ケリー刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
糸博判事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
翠準子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
福田信昭(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小形満(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沢木郁也(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
手塚秀彰(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤敦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
さとうあい(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
柳沢栄治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
増田ゆき(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ロイ・ハギンス(キャラクター創造)
デヴィッド・トゥーヒー(脚本原案)
脚本ジェブ・スチュアート
デヴィッド・トゥーヒー
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ジェームズ・ニュートン・ハワード
クリス・ボードマン
ブラッド・デクター
挿入曲B・B・キング"The Thrill Is Gone"
撮影マイケル・チャップマン
製作アーノルド・コペルソン
スティーヴン・ブラウン〔製作〕(共同製作)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮キース・バリッシュ
ロイ・ハギンス
配給ワーナー・ブラザース
特撮ウィリアム・メサ(視覚効果スーパーバイザー)
ニック・デイヴィス[特撮](Introvision producer)
美術チャールズ・ウッド[美術](美術監督:特殊効果)
J・デニス・ワシントン (プロダクション・デザイン)
メイハー・アーマッド
ニーナ・サクソン(タイトル・デザイン)
衣装アギー・ゲイラード・ロジャース
編集リチャード・ノード
デイヴィッド・フィンファー
ドヴ・ホウニグ
デニス・ヴァークラー
録音ドナルド・O・ミッチェル
字幕翻訳菊地浩司
あらすじ
シカゴの名医リチャード・キンブル(ハリソン・フォード)はあろうことか、妻(セーラ・ウォード)を殺害したとして逮捕されてしまった!キンブルは法廷で何度も「俺はやっていない!義手をした男が真犯人だ!!」と強く出張するものの、死刑宣告されてしまう。だがある日、刑務所行きの列車が運良く事故に遭い、キンブルはうまく脱走することに成功!そして彼は真犯人を探す旅に出るのだった・・・。【上映時間:130分】
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
249. 初めて観たけど完成度高くて面白いな~コレ。序盤のパーティーのシーンであんなにたくさん伏線張ってたんですね。それをストーリー進行に合わせて少しずつ回収していって、真犯人が理解できた時の快感がすごい。欲を言えばハリソン・フォードのアクションシーンがあんなにモッサリではなく、もう少しキビキビ動いてくれたら…って思うけどそこがメインの映画ではないしね。だってこれサスペンス映画だし。先入観でアクション映画だと勝手に勘違いして、ビデオ屋で1時間くらい時間を無駄遣いしてしまったよ。
池田屋DIYさん [DVD(字幕)] 8点(2018-04-15 22:19:31)
248.《ネタバレ》 彼は逃亡者である前に医師であったということですね。最初の病院で救急車で運ばれてきた患者を手伝おうとしなければ追われることはなかったのではないか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-02-18 21:59:11)
247.ハリソン・フォードの「I didn't kill my wife」に対して
トミー・リー・ジョーンズの「I don't care」と突き放す。
このシーン、ジェラード警部の性格が出ていてすごくいい。
あと主演ハリソン・フォードでなくてトミー・リー・ジョーンズですね。
たろささん [DVD(字幕)] 8点(2016-08-25 00:18:05)
246.久し振りに観た。
サスペンス性もあり、かなり良く出来た作品なのは間違いない。捕まらないのは不思議だが、安定して(?)ハラハラ出来る。何度も見返すことは無いと思うが、面白い映画と言える。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2016-06-05 01:15:52)
245.なかなか楽しめた記憶。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 7点(2015-02-20 17:38:52)
244.妻殺しの容疑をかけられ一度は逮捕されながら脱走し、警察の追手をかわしながら真犯人の行方を追う、リチャード・キンブル医師の艱難辛苦の日々。って言ったって、この映画におけるキンブル医師の逃亡生活、その期間はどれほどのものなのか? どのくらいの逃亡期間を設定するのが適当なのか? どのくらいの逃亡期間が適当だと製作者は考えているのか? その辺りの曖昧さが、本作をいささかシマラないものにしている一因かとも思います。苦難の長い歳月を思わせる「何か」があってもよいかと思うのですが……せっかく「この俳優、誰?」というヒゲモジャで登場したキンブル医師、ヒゲをそったらたちまちお馴染みのハリソン・フォード顔になり、そうなりゃもう、後の彼はアクション要員。明日をも知れぬ逃亡生活どころか、犯人追跡の手を容量よく着々と推し進め、ほどよくアクションも絡めてみながら解決へとまっしぐら。もはや、冤罪で捕まって逃亡するために生まれてきたような人、とでもいいますか。製作者が、キンブル医師の逃亡生活にあまり関心が無いんですね。むしろ関心は、彼を追うジェラードの方に注がれていて、登場シーンもやたら多いし、おいしいセリフも彼が殆ど持って行ってしまってる。このジェラードを中心にした作劇、ある程度は成功していると言ってよいのでしょう、確かにハリソン・フォードよりもトミー・リー・ジョーンズの方が強い印象を残します(実際、この映画、何度観ても主人公の印象が薄い)。でもね、このジェラード役、主人公の「好敵手」という位置づけである以上は、こういう微妙なところのあるキャラじゃなくって、もっとエキセントリックなキャラにして、それをボーグナインみたいなアクの強い役者が演じてくれてたらなあ、とも思うのです。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-11-27 22:10:56)
243.もうちょっと深みのある人間ドラマを期待していましたが、サスペンス・アクション・娯楽映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-30 20:36:20)
242.子供の頃にロードショーで見て以来かなり久しぶりでした。
改めて観るとトミーが若い。敏腕刑事さが恰好良い。
ストーリーに目を向けると些か強引だなと感じることがあった。医者の主人公が金に困ってもいないのに保険金目当てで妻殺しで死刑ってのはちょっと。それとも他の映画でシカゴという地域は警察が腐っているというシナリオをよく見かけるのでそんな背景があるのかな?
Mighty guardさん [地上波(字幕)] 7点(2014-08-04 00:37:07)
241.とにかくトミー・リー・ジョーンズが恰好いいんだなぁ。服装に赤がきいていて。赤いダウンベスト、ウールベスト。紺のロングコートに赤マフラー。
ワタシもこんなボス犬の上司が欲しい。ボス犬チームで働きたい。毎日「Hurry Up!Hurry Up!」て怒鳴られてこき使われるだろうけど(笑)。
映画としては、サスペンスアクションとして云々いうより、もうこれは古典なので、評価の外にあるような気がします。
色々映画を観てきた大人にはアラが見えたり物足りなかったりすると思いますが、映画初心者の子どもにぜひ観せたい作品です。
映画って面白いんだよ、派手なアクションや映像だけでなく、追うスリル・追われるスリル、謎解き、人間同士の不可思議な関係。そういった映画の醍醐味をしっかり伝えられる作品だと思います。
やはり古典はいい。
りりらっちさん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-06 11:12:34)
240.《ネタバレ》 ちゃんと見るとあんまり面白くない映画の典型。
この映画が結構ゆったりしてるのもあり、話のアナが見えすぎて辛かった。

1、なんで変装しないのか・・・。
めがねくらいかけろよと。おそらく人気絶頂だったハリソンの顔を映すためかもしれないが、髪の色かえて髭そっただけでばれないわけがない。一般人はまだしも、警察が10-20人ぐらいハリソン見かけて気づかないとか・・・。警察バカにしすぎ。新聞の一面に載り、常にテレビに出ているレベルのニュースになっててあれで気づかないわけがない。

2、頭が全然良くない。
序盤に散々ハリソンは頭が良いから捕まらないと言ってくるのだが、やることやること頭がいいとは全然思えない。いっつもきょろきょろしてるし、本名呼ばれたら振り向くし、逃げ切れることがほぼすべて運に近い(逃走経路を用意していない)し、ジェケットはすぐ脱がないし・・・と。もうちょっと頭の良さを見せてほしかった。

3、真犯人も頭悪い。
有名な医者を殺す度胸があるのに、脱走犯という殺しても捕まりにくそうな状況で、殺し屋に命令ださないのはなぜ?会った瞬間普通殺せと言うでしょ。さらには椅子で殺そうとするとか・・・。せめて花瓶とか鈍器を持つべき。っていうかあれだけのことするのに殺し屋一人しかいないの?

4、殺し屋も頭悪い。
警察が真後ろにいるのもわからない殺し屋って・・・。ハリソンが自分の家に来た後に殺したら、動機も捜査されるだろうから依頼人まで危険にさらすじゃないの・・・。あんな公共の場で銃とか。しかもサイレンサーついてないし。馬鹿すぎる。

5、ジョーンズまで頭悪い。
ダムでハリソン逃がしてからは全部後手に回り、まるで別人。感情の変わりようも良くわからないし。色々わかったうえでも銃で殺そうとしてたのに最後いきなりどうした・・・。

・・・・・・・・・と突っ込みどころ満載だった。
まあさらに言えば設定もわけわからない。(金持ちなのに死刑になってるし、医者なのにID偽造したりできちゃう)とかもあるが、そこを飲み込んだうえでこれだけアラが見つかるとさすがに盛り上がれない。三船の天国と地獄の身代金受け渡しとか、そういう頭良いなー、プロっぽいなーと思わせる感じが全然なかった。
結局、ハリソンとジョーンズ見るだけの映画。
これでオスカー助演とったとは信じられない。この年、不作だったのか?
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 3点(2014-01-09 16:31:33)
239.《ネタバレ》  事前に期待感が大きくなりすぎていると、どうしても小さな粗が目についてしまうことってありませんか?普段なら娯楽作品見ているときは、「娯楽作品だから」ってスルーしちゃうんですけどね。
 副作用を暴いたキンブルを殺すために、足のつかない殺し屋を雇って、でも殺し屋が間違って奥さん殺しちゃって、その濡れ衣がキンブルにかかったんで結果オーライってことなんでしょうけど、ただそれだけの背景が、最後まで見てもわかりにくい。あくまで「追いかけっこ」のスリルを楽しむサスペンスですから、背景はわかりやすほうが良いと思います。
 また、ジェラード捜査官が、キンブルを追いかけながらも、再捜査を同時に始めたことにものすごい満足感と高揚感を覚えたものですが、「キンブルはもしかして白なんじゃ?」と思い始めているのに、後半刑務所でキンブルを追いかけたときに躊躇なく発砲したことにドン引きです。
 ただ、ハリソンフォード演じるキンブルさんにはもう大満足。
 この状況で黒人警察官助けた!そんで逃げた!また逃げた!またまた逃げ切った!真犯人探し始めた!真犯人探すためならって警官うじゃうじゃの病院や刑務所まで行っちゃう!・・・子供助けたー!追われているくせに、逆探知利用して警察に捜査の手がかりあげたー!すげえ!なんてすごい人だ!
 と、スーパーマン好きな僕には最高の人物設定でした。
 ニコルズさんも、「キンブルは頭が良いから絶対に捕まらない」って何度も警察に言っていましたしね。
 でも本当に頭が良い人は、あんな状況で冤罪にはならんと思いますけどね。
 そうそう!最初冤罪で死刑判決受けたときに、「んなアホな。それは強引すぎるやろ!」と思っちゃったのがそもそもの始まりでした。惜しいな~。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-07-07 11:19:38)
238.なるほど、これをドラマでやるといくらでも膨らませることができるし、いい素材ですね。
このハリソンフォード版もおもしろかった。
バスで助けた警官や診断した子供が最後に効いてくるのかと思ったらそこはなしでしたが、全体的に緊張感が持続してよかったです。
借りた部屋に警察が駆けつけて、どうなるんだ!ってのもおもしろかった。
Skycrawlerさん [地上波(吹替)] 7点(2012-11-03 23:26:55)
237.《ネタバレ》 昔も何度か観た映画ですが、先日会話の中に出てきて思い出したのをきっかけにもう一度観ることに。やはり面白いですね。近年のものと比べると、映画は映像だけじゃないなーと改めて思わされてしまいます。あとは郷愁感も手伝ってしまうのか、この時代の映画のシーンなどを見るとなんだか気持ちが落ち着いてしまいますね。世代的に私が良い評価をつけてしまうのは勘弁してください。

しかしこの映画のハリソン・フォードさんってあんな髭モジャでしたっけ??最初彼だと気づかなかった。確信を持てたのは髭を剃った顔を見てようやくでした。あの時代ってあんな髭生えてる男性が良かったんでしょうか。あの美的感覚だけはピンと来ないな・・・。

それにしてもトミーリー・ジョーンズさんはすごいですね。この映画の中でその存在感がすごいというのももちろんあるのですが、この映画から20年経った今でも『MIB』シリーズやら『宇宙人ジョーンズ』を通して日本で彼を知らない人はほとんどいない。その知名度はもとより、また役中の演技も渋すぎる。というか演技なのか!?というほどしっくりくる。近年の映像先行型の映画を作る監督や役者たちにもゼヒこのくらいの時代の映画を見直してほしいものだ。

脚本・役者・演技すべてがとても調和が取れた作品だと思います。
TANTOさん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-19 21:48:24)
236.テレビでやっていたので久しぶりに観ましたが、今観ても面白いですね。
アフロさん [地上波(吹替)] 7点(2012-04-22 23:43:22)
235.《ネタバレ》 ハラハラドキドキ、単純に追うものと追われるもの、昔遊びでやったドロケーを彷彿とさせるような高揚感がありました。ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョーンズどちらも追いかけっこをするにはしんどい年齢なハズですが、劇中そんなことは感じさせません!非常にテンポよくスリリングに物語は進行します。冤罪にまで持ち込まれた事件を、追われる身の逃亡者が黒幕・真相に辿り着けるなんてあまりに映画的ですが、もう彼を応援しちゃってる観客としては、よくぞやったり!!そういった意味でもスッキリできる娯楽作と言えると思います。
ろにまささん [地上波(吹替)] 7点(2012-02-15 20:01:31)
234.この映画のT・L・ジョーンズにはすっかり惚れ込んでしまった。アクの強い顔が銭形警部パターンにずっぱまり。毎度毎度おんなじような芝居のH・フォードも、見飽きないのは何故だろう。
tottokoさん [地上波(吹替)] 7点(2012-01-21 15:27:57)
233.十年以上ぶりに鑑賞しましたが、今見ても本当に傑作。緊張感とスリリングな演出、カメラワーク。ベタといえばベタですが、ここまで的確に表現できていると見事としか言いようがない。下手に複線を張らず、これでもか!というぐらいにコンパクトにまとめ上げているのですが、素晴らしい演出力のおかげで見ていて飽きません。ベテラン二人の競演も見物(特にトミーリージョーンズ)。
goatherdさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-18 13:48:29)
232.連続TVドラマの映画化ということで、
当然マイナスの部分もあるけど、総体的にはうまくまとめていたと思う。
主人公と犯人のすれ違いといった妙味はないけど、
その分を派手な逃亡シーンでカバーしているとかね。
ただ時間の経過に関しては結構いい加減で、逃亡し続けたというよりは、
1,2ヵ月ですべての決着がついちゃったという印象を受ける。
主人公を追うトミー・リー・ジョーンズが、
ハリソン・フォードを喰うほどの存在感を示していたのが印象的だった。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-07-13 15:51:18)
231.ハリソンくんって結構当たり役が多いですよね。いい作品でした。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-06-14 09:16:36)
230.《ネタバレ》 逃げながら追いかける。追う者と追われる者との親近感がミソ。トミー・リー・ジョーンズはエイハブ船長をやれるな、と思った。追跡が単純である前半はなかなかの水準と見た。トンネルで挟まれるあたり。シカゴに戻ってきてからは、どうしても謎解きのほうに話が奪われて、ややもたれる。ちょっと街中をうろうろし続けていられ過ぎる。病院でつい子どもを診断してしまったりして、ジェラードが彼の有罪に疑問を感じてくってあたりは分かるけど。真犯人は、もう少し真犯人らしからぬ顔の人間はいなかったのか。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2011-05-06 10:25:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 249人
平均点数 7.36点
000.00%
100.00%
200.00%
310.40%
420.80%
5187.23%
63212.85%
78534.14%
86526.10%
93614.46%
10104.02%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.90点 Review11人
2 ストーリー評価 6.72点 Review18人
3 鑑賞後の後味 7.28点 Review14人
4 音楽評価 6.66点 Review9人
5 感泣評価 5.83点 Review6人
chart

【アカデミー賞 情報】

1993年 66回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演男優賞トミー・リー・ジョーンズ受賞 
撮影賞マイケル・チャップマン候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ニュートン・ハワード候補(ノミネート) 
音響効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞ドナルド・O・ミッチェル候補(ノミネート) 
編集賞デイヴィッド・フィンファー候補(ノミネート) 
編集賞リチャード・ノード候補(ノミネート) 
編集賞ドヴ・ホウニグ候補(ノミネート) 
編集賞デニス・ヴァークラー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1993年 51回
主演男優賞(ドラマ部門)ハリソン・フォード〔1942年生〕候補(ノミネート) 
助演男優賞トミー・リー・ジョーンズ受賞 
監督賞アンドリュー・デイヴィス〔監督〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS