映画 暗殺教室のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 映画 暗殺教室
 > (レビュー・クチコミ)

映画 暗殺教室

[エイガアンサツキョウシツ]
Assassination Classroom
2015年【日】 上映時間:109分
平均点:4.78 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-03-21)
アクションSFシリーズもの青春もの学園もの漫画の映画化
新規登録(2015-01-06)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督羽住英一郎
演出諸鍛冶裕太(アクションコーディネーター)
キャスト山田涼介(男優)潮田渚
椎名桔平(男優)烏間惟臣
菅田将暉(男優)赤羽業
山本舞香(女優)茅野カエデ
竹富聖花(女優)中村莉桜
優希美青(女優)神崎有希子
上原実矩(女優)奥田愛美
橋本環奈(女優)自律思考固定砲台(律)
加藤清史郎(男優)堀部イトナ
知英(女優)イリーナ・イェラビッチ
高嶋政伸(男優)鷹岡明
葵わかな(女優)斎藤綾香
武田玲奈(女優)不破優月
志村玲那(女優)倉橋陽菜乃
中原丈雄(男優)
吉田鋼太郎(男優)
桐谷美玲(女優)雪村あぐり
二宮和也殺せんせー
脚本金沢達也
音楽佐藤直紀
主題歌山田涼介せんせーションズ「殺せんせーションズ」(ジェイ・ストーム)
知念侑李せんせーションズ「殺せんせーションズ」(ジェイ・ストーム)
中島裕翔せんせーションズ「殺せんせーションズ」(ジェイ・ストーム)
製作市川南〔製作〕
フジテレビ(映画「暗殺教室」製作委員会)
集英社(映画「暗殺教室」製作委員会)
ジェイ・ストーム(映画「暗殺教室」製作委員会)
東宝(映画「暗殺教室」製作委員会)
ROBOT(映画「暗殺教室」製作委員会)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮オダイッセイ(VFXスーパーバイザー)
録音柴崎憲治(音響効果)
あらすじ
椚ヶ丘(くぬぎがおか)中学校・3年E組の元にある日突然、防衛省の烏間惟臣(椎名桔平)と、タコのような謎の生物(二宮和也)が現れる。謎の生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」と宣言し、E組の担任教師となる事を希望する一方、烏間は生徒たちに謎の生物の暗殺を依頼する。いざ授業が始まってみると「殺せんせー」と名付けられた謎の生物の行き届いた指導によって、潮田渚(山田涼介)ら生徒たちは暗殺者としての毎日を楽しみ、前向きな学校生活を送るようになっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.アニメ視聴済。到底、中学生3年に見えないヴィジュアル、殺せんせーの微妙なキグルミ。アニメも途中で飽きてきた自分に実写はキツかった。
真尋さん [DVD(邦画)] 3点(2018-04-29 09:31:28)
22.悪い意味での漫画な話なので、まじめに観る意味はないと思いますが、最後どうやって脱出したのかだけは、こじつけでもハッタリでもいいから説明しないと。
マー君さん [DVD(邦画)] 5点(2017-07-22 19:39:53)
21.《ネタバレ》 本作の適当でゆるーい感じは嫌いじゃないです。気合い入れて観なくても良いですしね。漫画原作ですので、設定等々については何も言いません。引き続き続編も観ます。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-06-20 20:59:22)
20.《ネタバレ》 原作が面白いので、とりあえず最後まで飽きずに見れました。
後編は原作が確か終わってない時期くらいに作られていたので、どういう風に仕上げたのか見てみたいです。
中学生には見えない子たちばかりでしたが、まぁ、それは良しでしょう。
リアルに中学生集めて変な芝居見させられるよりは。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 5点(2017-03-17 23:02:35)
19.新作DVDの宣伝をいっぱい見させられたので、多少気になってみたのだがつまらんかった。
かなり設定に無理がありそうな漫画が原作なので実写化は厳しかったのでは?
ついでに言えば、誰ひとり中学生に見えなかった・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2016-12-28 22:16:18)
18.アニメや漫画等2次媒体だからこそ容認される『メッセージ性』や『トンデモ設定』を、実写という“圧倒的・絶対的なリアリティ”が存在する場で再現するのは、やはり難しかったようです。
目隠シストさん [地上波(邦画)] 5点(2016-07-20 23:20:19)
17.暗殺教室映画公開前でパート1を地上波で上映していたので鑑賞させて頂きましたが、言えることは映画館で鑑賞しなくて良かったレベルの作品でした、地球を侵略するコロ先生とコロ先生を暗殺する生徒たち内容は本気で見れないレベルでしたね、元自衛官の高島あの演技もこの映画では浮いてしまってしまい残念です、中高生が楽しめる作品でしょうか。
SATさん [地上波(邦画)] 3点(2016-04-07 22:22:01)
16.最後まで観てしまったけれど、映画にするほどの作品ではないと感じた。面白い、つまらないの感覚が合わなかったようだ。
クロさん [地上波(邦画)] 2点(2016-04-02 16:44:32)
15.《ネタバレ》 「卒業編」を公開するというので、そろそろ地上波でやるかな~と思ってビデオの予約欄をみていたらビンゴ。

地球が滅亡するかもしれないという危機に際して、その犯人を学校の先生に置いておくとか・・・
犯人を殺せる物質を作れるのに、それをBB弾化するとか・・・
非科学的を越えて非論理的な設定。
まぁ、これはよいとして、最後に「つづく」って作り方はちょっとね・・・
テレビでただで見ているので気にもとめなかったが、これを知らずに映画館に行っていたら、かなり怒っただろうな。

脱線するが、最近のドラマで、最終回を映画にして視聴者から「結末が見たかったら金を払え」というやり方が許せない。
チェブ大王さん [地上波(邦画)] 4点(2016-03-27 17:28:33)
14.《ネタバレ》 こういうトンデモな設定を引っ張ってこないと、先生と生徒が「向き合う」ことを描けない時代になったのかな、と思いました。テーマがそこである限り、回り道をしている分だけ深みも無いなぁと云う感想です。
でも、これって「暗殺」なんですかね? アメリカさんはビン・ラディンの殺害を決して暗殺と言わなかった。内容は明らかに暗殺なんだけど。対してコチラは朗らかな殺害ごっこを暗殺と言い続ける。違いは何か?と、全く関係無いことを考えてしまいましたw
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-03-21 14:56:22)
13.やたらCM流れてたので見てみました。設定が異次元過ぎて付いていけないかと思ったのですが、意外に楽しめました。
もう一度見ることはないですが、期待値が低すぎたのでそのおかげもあるかと。
ただ、鑑賞後冷静になってみると、やっぱり訳わからん映画には違いありませんが。
はりねずみさん [地上波(邦画)] 4点(2016-03-21 12:26:40)
12.《ネタバレ》 続編に桐谷美玲が出演すること、山本舞香って子に少し関心を持ち始めたこと、ずんだちゃんには未だに多少の愛着が残ってるなどの理由で、
来週続編を観に行くか検討中。その為の予習として今まで全く関心が無かった映画を初鑑賞。
確かに皆さんのおっしゃるようにぶっ飛んだ設定ですが、物語世界内部の整合性がきちんとしているので、SF?ファンタジー?としては、なかなか良作だと思います。
絶対殺さなければならない相手が、本当に生徒達の事を考えて育て心の結びつきが生まれるというアンビバレンツな流れも好きだな。
ただお金払って続編の封切り観に行くかどうかはかなり微妙ですねえ。話しの展開からして桐谷さんの出番かなり限定されそうだし、生徒役の女優さん達には、そこまでは魅力を感じなかったから。(千年さん、可愛いことは認めるけど、ちょっと過大評価されすぎでは?この子が千年なら、広瀬すずは三千年だなw)
非常に乏しいふところ具合いの中で、この映画の続編を観に行くか、ちはやふるをもう一度観に行くか、かなり微妙です。
rhforeverさん [地上波(邦画)] 7点(2016-03-20 13:26:40)
11.《ネタバレ》 続編の劇場公開を前にした宣伝のための放映で、下品だなと思いつつ観賞。
まー思ってたよりは観れました。
ただコメディなんだかシリアスなんだか、悩ましかったですが、監督は『逆境ナイン』を撮られてたんですね。
なら、わかる!って感じでしょうか。
高嶋さんは最近あんな役が多いですね。
毎回おんなじ感じのゲス野郎ばっかりで、役柄なんだか本人の人柄(んなわきゃないか)なんだかって感じですね。
続編はテレビでやるなら観てもいいけど、セルやレンタルが終わって大分経った後でしょうね。
ろにまささん [地上波(邦画)] 5点(2016-03-19 18:17:35)
10.殺せんせーのキャラにハマらず。尺の関係で省略されていることも多いだろうし、原作未読なこともあって、ピンと来ない箇所もある。謎を残したまま続編へつなげる形で終わっているが、映画は1本完結スタイルのほうが良い。
飛鳥さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-02-14 22:31:23)
9.《ネタバレ》 率直な感想として、高嶋政伸には死んでもらわなければ気が済まない程度の怒りを感じたにもかかわらず、最後に愛想笑いでごまかしていたのが許せなかったので低い点にしておく。それ以外はけっこう面白かったので残念だが、要は全体的なほのぼの感と、高嶋政伸の態度のバランスの問題ということか。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 2点(2016-01-11 22:36:33)
8.《ネタバレ》 う〜ん、私にはちょっとついていけなかったです。
やっぱり原作をある程度知っていて、免疫がついてないと駄目ですね。
設定がぶっ飛びすぎてて、最後まで入り込めず。
たこ先生の面白キャラで2か所だけクスッと笑えたけど、それ以外は傍観するのみ。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 5点(2015-11-29 00:17:43)
7.《ネタバレ》 漫画原作の実写化にしては良く出来ている方だと思います。テンポもよくあまり間延びしないのもGOOD!殺センセイも違和感なく溶け込んでてこれまたGOOD!脇を固めるベテラン俳優さんたちの演技力もこれまたGOOD!そしてなによりも、羽住監督がこの原作に対して「リスペクト」をしているのがひしひしと感じられたのが嬉しかった。原作の持っている「らしさ」を損なうことなく、短い時間の中で非常にスマートな仕上がりになっており、尚且つ見せるべきものをしっかりと抑えていてまさに職人技ですね。ただラストの脱出は種明かしをして欲しいかったな~。それがこの作品の肝なんだから。まあ何だかんだでそこそこ楽しめました。次回作の卒業編は劇場に行こうかな・・・。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 6点(2015-11-08 14:57:18)
6.《ネタバレ》  面白かったです。でも、それはもうひたすら設定の面白さ、原作未読ですが、多分原作自体の持つ面白さ。

 「月を破壊し、地球をも破壊しようとしている謎の生物が何故か落ちこぼれクラスの担任になる」
 そのぶっ飛んだ設定だけで楽しめます。しかもバカだけど生徒思いの良い先生。途中『HK/変態仮面』みたいに単なるネタ集状態になっちゃいますが、それもまた楽しく。

 でも映画としては結構シンドいデキな部分もあって。
 クライマックスでの脱出のシチュエーションを抜く事で説明すべき事を放棄しちゃってます。
 鉄塔での戦いでの、いかにも後からCGをハメ込む事を前提として演技してます、ってぎこちなさは手描きアニメとの合成で制約の多かった『メリー・ポピンズ』や『ロジャー・ラビット』の昔よりもずっと未熟。
 結局「続く」になるラストも投げっぱなし感がハンパないですし。
 生徒達の家庭なんかどうなってるのよ?とか、殺せんせーの存在が国家レベル以外の外部の誰にも気付かれないってあり得る?とか、まあ、そこら辺は割り切って見る部分だとして、もう少しキャラにリアルに生きてる感が欲しかったかな。

 結局、マンガを読む代わりにお金払って映画にして見せて貰いました、みたいなモノで、でもまあ最近すっかりマンガ読む気力が無くなってる(アレも気力よね)私には便利なシロモノでした、みたいな?
 それが今の邦画の最大の問題点だとも思うんですけどもさ。マンガの映画化ばっかりだもんねぇ。じゃないと商売にならないっていう。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 6点(2015-05-21 21:26:46)
5.《ネタバレ》 原作は1巻のみ読みました。細かいエピソードの積み重なりで,めまぐるしく展開がやってくるのにやや驚きましたが,おもしろかったです。殺せんせーのグラフィック,声が驚くほど世界にハマってました。
しかし,「先生との信頼関係」と「先生を殺すのが目標」「先生を殺すための会を開催する」というチグハグさは,どう収集するんだろう? 映画も原作も,生徒たちが先生を殺したいのか,殺したくないのか,よくわからない。(生徒にとっては,いきなり現れた理不尽な状況なので,わけがわからないのは当然だけれど)
鉄塔での対決は,高所恐怖症の心をえぐりとる演出で,手汗がすごかったです。
続編があるなら見たい。
プランクトンさん [映画館(邦画)] 7点(2015-04-19 12:26:59)
4.《ネタバレ》 原作漫画は未読。TVアニメの方は先月放映分の11話(イトナ転入)まで視聴済の状態で見に行きました。アニメがまあまあ面白かったのと、ここでの評判が良かったので見に行きました。かなり端折っていた前半は、どうにもテンポがイマイチな上、若手俳優たちの演技や知英の台詞が心許なくて「うーん…どうなんだろ、これ」という感じでしたが、クライマックスの殺せんせー大暗殺大会、イトナとの格闘に入ってからは、俄然テンポが良くなって面白くなった気がします。最終的には帳尻を合わせてきた感じがして、さすが漫画の実写化に定評のある羽住監督と思いました(ノリとしては『逆境ナイン』に近かった…かも?)。原作も読んでみたくなりました。何より感心したのは二宮君の声の演技ですね。アニメ版の福山潤に遜色ない怪演です。「to be continued…」は本当なんでしょうかね。どうせなら生徒役の面々が「中三」に見えるうちに撮って欲しいものですが。
蛇蟇斎狐狸窟さん [映画館(邦画)] 6点(2015-04-18 17:10:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 4.78点
000.00%
100.00%
228.70%
3417.39%
4313.04%
5730.43%
6313.04%
7313.04%
814.35%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review4人
4 音楽評価 4.25点 Review4人
5 感泣評価 3.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS