続・夕陽のガンマン/地獄の決斗のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > 続・夕陽のガンマン/地獄の決斗
 > (レビュー・クチコミ)

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗

[ゾクユウヒノガンマンジゴクノケットウ]
The Good, The Bad And The Ugly
(Il Buono, Il Brutto, Il Cattivo)
ビデオタイトル : 続・夕陽のガンマン
1966年【伊・スペイン】 上映時間:178分
平均点:7.42 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
アクションウエスタン
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-04-02)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督セルジオ・レオーネ
キャストクリント・イーストウッド(男優)ジョー(ブロンディ)
リー・ヴァン・クリーフ(男優)セテンサ(エンジェル・アイ)
イーライ・ウォラック(男優)テュコ
ルイジ・ピスティッリ(男優)テュコの兄
ラーダ・ラシモフ(女優)マリア
アルド・サンブレル(男優)ギャングのメンバー
ベニート・ステファネッリ(男優)ギャングのメンバー
アル・ムロック(男優)片腕の賞金稼ぎ
アントニオ・カザス(男優)スティーブンス
マリオ・ブレガ(男優)
ロマノ・プッポ(男優)(ノンクレジット)
山田康雄ジョー(ブロンディ)(日本語吹き替え版)
多田野曜平ジョー(ブロンディ)(日本語吹き替え版追加録音)
納谷悟朗セテンサ(エンジェル・アイ)(日本語吹き替え版)
大塚周夫トゥコ(日本語吹き替え版)
小林清志(日本語吹き替え版)
大宮悌二(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版追加録音)
宮川洋一(日本語吹き替え版)
千葉順二(日本語吹き替え版)
加藤治(日本語吹き替え版)
渡部猛(日本語吹き替え版)
飯塚昭三(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版追加録音)
宮澤正(日本語吹き替え版追加録音)
小形満(日本語吹き替え版追加録音)
星野充昭(日本語吹き替え版追加録音)
蟹江栄司(日本語吹き替え版)
原作ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ(原案)
セルジオ・レオーネ(原案)
脚本フリオ・スカルペッリ
ルチアーノ・ヴィンチェンツォーニ
セルジオ・レオーネ
アジェノーレ・インクロッチ
音楽エンニオ・モリコーネ
ブルーノ・ニコライ(音楽監督)
撮影トニーノ・デリ・コリ
フランコ・ディ・ジャコモ(カメラ・オペレーター)
製作アルベルト・グリマルディ
配給ユナイテッド・アーチスツ
特撮ジョヴァンニ・コリドリ(特殊効果)(ノンクレジット)
衣装カルロ・シーミ
編集エウジェニオ・アラビソ
スタントジョン・ランディス(スタント・パフォーマー)
ファビオ・テスティ(ノンクレジット)
その他アレッサンドロ・アレッサンドローニ(口笛)(ノンクレジット)
ブルーノ・ニコライ(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 やっぱり長いですよねぇ。序盤の人物紹介はなかなか面白かったのですが、1時間くらい経つと飽きてきました。砂漠の場面とか。「これはなくてもいいだろう」と思うシーンもけっこうありましたし。いや、別にあってもいいんですが、やっぱり飽きてくる。それもあってか全体的に演出がもったいぶったように思えてきて、クライマックスであるはずの三すくみも見ていてだれました。ドル三部作は前の2作が面白かっただけに残念です。

主人公3人の中で得をしているのは、やはりイーライ・ウォラック。バカでユーモラスな役を楽しく演じていて、ほとんど主役。この人に比べると、あとの2人は魅力に欠けてつまらない。こんなところもマイナスの要素でした。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-09-22 21:18:57)
52.まあ長いこと長いこと。最初30分は説明風の流れが延々と続きます。途中でも拷問シーンや砂漠のシーンがやたらと長いです。ウマくまとめたら120分で収まったと思いますねハッキリいって。
しかしこの単調で気だるい雰囲気が正にマカロニウエスタン。汗臭そうなこめかみのアップシーンが延々と続くのがマカロニウエスタン。さらにラストの三つ巴の決戦までがまた長い長い。音楽終わってからもさらに長い。マカロニウエスタンを一言で表すなら「しつこい」。でも最高に好きな映画でもあります。何もいわずにテーブルの下からぶっぱなしたり、、風呂桶からぶっぱなしたり、、ホント最高にかっこイイ映画です!
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2014-09-05 14:51:18)
51.《ネタバレ》 とりあえず長い、そして南北戦争のシーンに西部劇のガンマンが混じっている違和感が強かったです(時代考証は間違いないのでしょうが)。正直前作ほどの楽しさは無かったですが、ラストの「ならず者」→「悪玉」→「善玉」→「お前は善玉なんかじゃねえ!」で思わず笑ってしまい、全部許せる気持ちになりました。映画を見ているとこういうこともあります。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-03 11:28:11)
50.渋くてダンディな映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-30 15:19:54)
49.《ネタバレ》 見せ場のラストの決闘シーンが引き付けられる。ウォラックのカマ走りは可愛い。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2014-02-11 12:17:51)
48.《ネタバレ》 本作「The Good, the Bad and the Ugly 」の主題は善玉、悪玉、卑劣漢。
え?
善玉?
そんな奴この映画にいねーよ。とてもセンスのあるジョークだわ。

「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」の名でも知られる本作。
エンニオ・モリコーネの最高の音楽、前半のスピーディーな展開は前作よりも好きだ。
最初10分、会話がほとんど無いのに見るものを惹きつける面白さ。
主人公ブロンディ(イーストウッド)が捕まる場面だって仲間通しのイザコザという感じで違和感はあまり無い。
前作で味方だったエンジェルが敵として立ちはだかるのも面白い。
相変わらず同じような格好のイーストウッドもまた。
トゥーコ(イーライ・ウォラック)が銃をバラしたり組んだりして試し撃ちをするシーンはマニアをくすぐる面白い場面。
南北戦争時代の銃器のこだわり振り。この時代考証は完璧だね。
とにかくイーライ・ウォラックの悪どいキャラクターが最高だった。
見た目は太めのオッサン、中身がガッチリ凄腕のガンマン。
悪党だと思ったら意外と人に優しかったりする。
最初は金が目的だったが、次第に情が芽生える場面は熱い。
そしてまた逃げられ「バカヤロ~!」素晴らしい腐れ縁。

ただ,中盤の長回しのシーンが長いこと長いこと。

トゥーコが駅馬車を発見しなかったら俺も寝るとこだった(「アラビアのロレンス」もそれで寝そうになった)。
でも、そこからのドラマ展開が面白い。
ブロンディは情報を知っているから殺されない、トゥーコは金が欲しいから殺せない。
二人が南軍や北軍に潜り込んでアレコレ騒ぎを起こす場面は面白かった。
脱線だけど良い脱線。
敵となったり味方となったりするデコボココンビなブロンディとトゥーコのやり取りは見ていて楽しい。

最高だったのが風呂場での銃撃。
「喋ってないで撃たなきゃ」。聞いてるか007の馬鹿な殺し屋ども(それが007の魅力です)。
ラストの決闘がこれまた長い長いなっげー。
モリコーネの音楽が最高すぎて笑ってしまったのは俺だけじゃ無いだろう?・・・多分。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-30 10:44:44)(良:1票)
47.《ネタバレ》 素晴らしいですね。開幕から台詞がないこの作風はどっかで観た気が・・・と思ったら、なるほど「ウエスタン」に通じるものがありますね。雰囲気と役者で魅せる素晴らしさ。こちらもやはり、私にはストライクです。
 この作品はまさに原題の「善玉・卑劣漢・悪玉」が示す通り、とにかくキャラが良かった。若かりし頃のイーストウッドかっこ良すぎ。また、卑劣漢と悪玉の差別化ですが、やむにやまれぬ事情で姑息で卑怯なことを行うトゥーコを卑劣漢と表わし、表向きはマトモだが裏ではドス黒いことをやっているエンジェルを悪玉と表現するあたり、なるほどと思わせられます。もちろんどっちも悪なことに変わりはないですが。個人的に好きなのはやはりトゥーコ。「憎めない悪党」というキャラクターの表現が見事です。
 さらに描写として、ブロンディとトゥーコの関係の表現が素晴らしい。序盤で二人は「相棒とはいえ分け前は俺が上だ」という主張をする。そして物語が進むにつれ、ブロンディはトゥーコが現在に至った理由を知り、ほんの少しだけトゥーコに対する印象が変わる。終盤、決闘においてトゥーコはエンジェルを狙う。これは宝の場所を知っているブロンディを後にする+単純に恨みがあるエンジェルを狙うという理屈的な理由が働くのも上手い。そして最後、ブロンディは宝を全て持ち逃げできるほど有利な状況であるにも関わらず、トゥーコと山分けにする。つまり、同情したり隙を見せるほど心を許してはいないが、お前に対する印象はほんの少し、ほんの少しは変わったよ、ということが表現されていると思われます。トゥーコを舐めて酷い目にあわされたというのが伏線として効いていますね。
 また、名も無き者の墓に宝が埋められているというのとブロンディが名も無き若き兵士に敬意を表するというシーンはリンクしているように思えます。「本当に偉大なのは、歴史の表舞台に立たない名も無き者たちなのだ」というメッセージが込められているように感じました。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-19 05:22:27)
46.《ネタバレ》 続とあったのでてっきり続編かと思っていたら、リー・ヴァン・クリーフが悪玉で前作とはまったく別のお話に。
夕陽も関係なかったし、この邦題は疑問。
善玉イーストウッドと卑劣漢ウォラックの丁々発止も楽しく、三者のキャラが互いに引き立てている。
南北戦争が舞台だが、前作のように純粋に荒野のガンマン対決のほうが西部劇らしい劇画的な高揚感があった。
戦争ものになると集団性を帯びてそれが薄れてしまうので、南北戦争はストーリーに入れないほうが良かった。
入れてしまったために違和感が生じたし、2時間40分の長尺になって少し中弛みができてしまった。
それでもラストの三つ巴対決は緊張感がある。
その前に、墓場で20万ドルを探すウォラックのオカマ走りには笑ってしまったけど。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2013-11-28 20:59:27)
45.《ネタバレ》 20年ぶりぐらいに観直しましましたが、南北戦争の戦闘シーンまであるし記憶に残っていた以上の超大作だったんだと再認識させられました。もっともカネかけてるのは判るけど、はっきり言ってあの戦闘シークエンスは不要だったんじゃないでしょうか。前作に続いて善玉・悪玉・卑劣漢の三すくみ対決ですが、ここまでこってりしていれば数ある三すくみ映画の完成形と言える存在で、このプロットはタランティーノが後年になって盛んに模倣していますが未だに本作を超える域にまでは達していないのです。 セルジオ・レオーネの映画では物語の進行があまりにゆったりし過ぎるのが欠点で、本作でも善玉・悪玉・卑劣漢の三人が一人ずつ紹介されるだけで冒頭30分も使うんですから恐れ入ります。さすがのリー・ヴァン・クリーフもイーライ・ウォラックには喰われっぱなしで可哀想でした。本作でのイーストウッドは“ドル三部作”の中でいちばん個性が薄かった気がしますが、まあこの“名無しのジョー”は『夕陽のガンマン』と合わせると莫大なカネを稼いだのだから良しとしなければ罰が当たりますよ(笑)。
S&Sさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-21 22:43:07)
44.《ネタバレ》 『続』とは言いつつも前作の続きではありません。
キャストはクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフの2枚看板を引き継ぎつつも役名などは違っていて前作との因果関係はありません。
そして今作は何と言ってもイーライ・ウォラックの活躍抜きには語れないでしょう。
2枚看板に割って入るようなカタチで縦横無尽、憎み切れないあのキャラクターは素晴らしいですね。
彼がいなかったらこの映画は成立していなかったと言って過言ではないでしょう。
善玉イーストウッド、悪玉クリーフ、uglyはならずもの…かな?はウォラックという設定ではありますが、特に『イイヤツ』はいません(笑)
みんな、お墓に埋められているという20万ドル目当てに、牽制し合い、出し抜こうとするお話で、緊張感があって面白かったです。
ラストにも繋がる『賞金首を一旦捕まえさせて、絞首刑のタイミングで逃がす』って件、アレをやるメリットってなんなんですかね?
ラストのは安全に山分けするためだとは思うんですが、物語序盤のはよくわかんなかったです。
クリーフがもう少し活躍してくれてたらもっと面白かったと思いますが、なかなかどうして続編ものとしては(続編じゃないんだけどねw)かなり面白かったです。
ろにまささん [地上波(吹替)] 8点(2013-06-13 13:58:30)
43.《ネタバレ》  バカバカしい時間の使い方と、なんでそんなに引っ張るの?という緊張感。百回見た。
 完璧に西部劇を勘違いしたこの映画は、その実アメリカ本土の西部劇よりも遙かに西部劇なのである。
黒猫クックさん [地上波(邦画)] 10点(2013-05-09 20:38:48)(良:2票)
42.《ネタバレ》 ラストの決闘シーンがとにかくカッコよくて最高、痺れます。ただ南北戦争を絡める必要があったのか疑問ですね、時代の移り変わりを表現したかったのでしょうか。後はイーストウッドが全く善玉とは呼べません(笑)あれだけやってたら相当悪いやつでっせあいつ(笑)。悪玉3人によるお話ですが不思議と引き付けられますね。各キャラそれぞれに魅力があるので見てて飽きません。後は相変わらず音楽と演出が神がかってますし素晴らしい西部劇です。
キリンさん [DVD(字幕)] 10点(2013-01-01 23:57:50)
41.《ネタバレ》 善玉、悪玉、卑劣漢が織り成すマカロニ・ウエスタン。前作より増してシブみとスゴみを発揮する主演イーストウッド。よく練られたシナリオ。決闘前の焦らす演出が見事でした。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-07-21 00:55:32)
40.《ネタバレ》 「夕陽のガンマン」に続きイーストウッドは今回もおいしい所を持っていかれてしまっています。役得だったのは“The Ugly”のイーライ・ウォラックでキャラクターの面白さはもちろんのこと、彼には最大の見せ場が用意されています。ここで言う見せ場とはウォラックが不戦敗に終わるラストの三すくみのガンファイトシーンではなく(この緊張感も半端ないが)、その前にウォラックがお目当ての墓を目指して疾走するシーンです。どんなに動体視力が良くても、あのスピードでは墓標を識別できるわけないなどというヤボは言いっこなし。あの走りはお宝にたどり着くには必須のダッシュなのだ!
ミスター・グレイさん [DVD(字幕)] 9点(2012-06-30 11:47:29)
39.The Uglyの厭らしさがいい。
kagrikさん [地上波(字幕)] 7点(2011-10-08 22:14:45)
38.《ネタバレ》 「続」と言っても俳優一緒なだけでストーリー関係なかったんですね・・。前作と全く異なるプロットであり、挑戦的な意欲は良。ただ今回は復讐劇のようなものは無く、ひたすら金を追い求める物語のためか、ラストにあのカッコイイ音楽が鳴ってもイマイチしっくり来ない。だからこそああいうとぼけたような楽器なのかな。「卑劣漢」にしても、あれで何人もの人間を残虐に殺してきたわけで、あまり「憎めない奴」とは思えない。そこそこ面白かったけど、このシリーズが本作で終了したのも頷ける感じ。 個人的には、前作で強烈だった弁髪の中国人ポーター、今回はアイルランドかユダヤ移民の楽団員に扮して(おそらく同一人物だと思う)また素晴しい演技を見せてくれたのに満足。何なんだこの俳優w
番茶さん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-09 23:39:46)
37.トゥーコが卑怯者でも憎めないキャラだった。モーティマーは前作とは打って変わって冷酷になってるし、どうせならトゥーコにも見せ場をつくってほしかった、最後の墓のシーンはメタリカのSEに使われているのでちょっと嬉しかった
TWISTED SISTER CHRISTIANさん [DVD(字幕)] 8点(2011-07-25 23:36:28)
36.《ネタバレ》 これに、軍隊の大軍が戦争している必要はあったのだろうか?軍が出てきて、大勢の戦闘がないほうが不自然という見方もあるかも知れぬが、私は西部劇に軍が出てくるのって、好きじゃない。理由は、西部劇というのは私にとって、一人一人の「男の生き方」の映画だと思っているのだが、軍隊って「組織の物語」だからだと思う。でも、そう考えると、今回彼らが橋を破壊したのは、「組織の理不尽」を個人が吹き飛ばした、という事なんだろうか。
そんな穿った見方は置いといて、物語の最後の三人決闘は、面白い展開で、しかも一人の弾を抜くことで、実にユニークな「作戦勝ち」になっている。そしてその優勢を保ったままでの、最後の意趣返しの展開は、お見事。
最後にクリント・イーストウッドが去っていく姿を見て、これ善玉かよ?って思った途端、最後のセリフ。まんまと敵の思うツボの反応をしてしまったようだ。掌で踊らされたみたいだ。でも、悪い気はしていない。けっこう面白く見れた。「卑怯者」が、所謂「憎めないヤツ」と言われるような愛嬌は無いにしても、殺されて是と言うほどの悪人には思えないからだと思う。
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-19 18:12:15)
35.この映画はビル・カーソンが死んでしまい、ブロンディが金貨の隠し場所を知る唯一の存在になった所から一気に面白さがアップした。トゥーコをただの悪党で終わらせず、人によっては一番応援してしまうキャラにまで持って行く巧さや、クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフの相変わらずの渋さ、かっこ良さ、そして前作を凌ぐ派手な演出、と長い尺にも見合うだけの内容だったと思う。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-02-19 16:14:54)
34.唐突に映される小汚い顔のクローズアップと荒野という魅力的な背景を効果的に見せるロングショット。セルジオ・レオーネの映画だ。イーストウッド、あるいはリー・ヴァン・クリーフが画面に登場するときのかっこいい構図。中でもイーストウッドの右腕越しにイーストウッドと対峙する4人の男をとらえた構図にはしびれた。ドラマの長くかったるい紆余曲折があまり気にならないのは三人の男たちがその紆余曲折の中で徐々に徐々に絡まってゆく様に面白さがあるからだろう。まるでコンビのように連れ立っているイーストウッドとウォラックにしたってその関係性は微妙に揺れ動いてゆく。そしてクライマックスの三角形。あの墓場の配置も素晴らしいが三者が対峙する三角形が凄まじく素晴らしい。映画はなんだかんだ言ってかっこいいのがいい。かっこいいシーン一つで心躍るのよ、私って。
R&Aさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-28 14:51:12)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 7.42点
000.00%
100.00%
200.00%
311.89%
400.00%
547.55%
61120.75%
71222.64%
81018.87%
91018.87%
1059.43%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.28点 Review7人
2 ストーリー評価 7.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 8.28点 Review7人
4 音楽評価 9.00点 Review10人
5 感泣評価 7.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS