マンハッタン無宿のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マンハッタン無宿
 > (レビュー・クチコミ)

マンハッタン無宿

[マンハッタンムシュク]
Coogan's Bluff
1968年【米】 上映時間:94分
平均点:5.31 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
アクション犯罪もの刑事ものハードボイルド
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-07-03)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ドン・シーゲル
キャストクリント・イーストウッド(男優)アリゾナ州保安官補 ウォルト・クーガン
リー・J・コッブ(男優)ニューヨーク警察の警部補 マッケルロイ
スーザン・クラーク〔女優・1940年生〕(女優)ニューヨーク警察保護観察官 ジュリー・ロス
ドン・ストラウド(男優)ジェームス・リンガーマン
ベティ・フィールド(女優)ジェームス・リンガーマンの母親
シーモア・カッセル(男優)若いチンピラ ジョー
トム・テューリー〔1908年生〕(男優)アリゾナの保安官 マクリー
アルバート・ポップウェル(男優)ディグビー
ドン・シーゲル(男優)エレベーターの乗客(ノンクレジット)
原作ハーマン・ミラー〔脚本〕(原案)
脚本ディーン・リーズナー
ハーマン・ミラー〔脚本〕
ヘンリー・シムーン
音楽ラロ・シフリン
撮影バッド・サッカリー
ブルース・サーティース(カメラ・オペレーター)(ノンクレジット)
製作ドン・シーゲル
ジェニングス・ラング(共同製作)
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮リチャード・E・ライオンズ
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
美術アレクサンダー・ゴリッツェン
ジョン・マッカーシー・Jr.〔美術〕(セット装飾)
ジョン・P・オースティン(セット装飾)
録音ウォールドン・O・ワトソン
スタントバディ・ヴァン・ホーン(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》 むかしTV放映で観ているはずなのに、ストーリーも何も全然記憶に残っていない、おかげで新鮮な気持ちで観ることができました(笑)。マカロニ映画界隈から復帰したころのイーストウッドですが、当然ながら若いですし何より「こんなにイーストウッドってイケメンだったっっけ」と感嘆するほどの美男子ぶりです。なので、まるでジェームズ・ボンドばりに出会う女性とヤリまくる展開はもっともです(納得するな!)。よく“西部劇の現代版”とか“ダーティハリーの原型”とか本作は評されることが多いですが、私にはどちらも適切な評だとは思えません。だってNYで早々に拳銃を奪われるし、劇中イーストウッドはガンを撃つことはおろかずっと丸腰だったわけで、普通の西部劇や刑事ものの主人公としてはあり得ないでしょう。おまけに格闘してもほぼイーストウッドは全敗、これじゃあ私の記憶から欠落してしまうの無理ないです。私の中では“イーストウッド=ガメラ”という分類なんですが、その心は“どちらも相手と闘うときはけっこうダメージを受けて血を流す”なんですが、本作のイーストウッドはいくら何でも弱すぎでしょ。極めつけはラストの犯人逮捕で、バイク転倒でダメージくらったけど、いったん逃げ切った犯人がパトカーを見て引き返したおかげ(なにも同じところに戻ってこなくても…)じゃないですか。そもそもこの犯人がどんな罪を犯したのかすらスルーしているから、イーストウッドがなんで無茶してまで病院から連行しようとするのか理解しづらいし感情移入もできません。 よく考えると、この映画の中では誰も死んだり殺されたりしませんでした。こんな刑事アクションは非常に珍しく、当時の“Love & Peace”の社会風潮を反映させた脚本だったのかもしれません。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-04-09 23:24:16)
25.《ネタバレ》 ちょっと 早すぎたアクション劇。都会派西部劇。イーストウッドが、女好きでギラギラしている。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-19 18:24:02)
24.冒頭40分まで話の芯を全然食ってない。
一体何をやりたいのか?
アクション?
昼メロ?
「ダーティーハリー」を前置きに宣伝していましたが、正直期待はずれでした。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-06-02 00:16:54)
23.《ネタバレ》 1960年代には西部劇が下火になり、代わって刑事ものが盛んになってきた時代ですが、それを象徴するような作。しかし結果は虻蜂取らずで、どちらのいいところも発揮できずにおしまい。だいたい刑事ものといっても、それと関係のあるところがそう多くない。とりえは最後のバイクでの追っかけくらいで、保安官補が馬ではなくバイクを使うところがミソなんでしょうが、それを除いてもなかなか見られるシーンでした。あと当時の風俗は出ていると思いますが、それ以外は何がやりたかったのかよくわからない。こういう「俺様ヒーロー」は、格好良ければいいのですが、本作のクーガンは好き勝手やっているだけで魅力が感じられず、今見ると痛いだけ。ドラマ『警部マクロード』の元ネタになったというのが、最大の功績でしょうか。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-08-04 20:29:08)
22.2016.05/30 観賞。流石に時代を感じる。でも昔懐かしゆっくりテンポ。イーストウッド若いなあ~。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-06-01 22:20:35)
21.《ネタバレ》 ○田舎から都会へ来たのを西部劇とかけているのだが、妙にうまい邦題を除けば、無茶苦茶やってるだけ。○事件解決へ向けて進みながらマストのように女性を抱くシーンがある。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-05-29 20:38:18)
20.《ネタバレ》 ダーティハリーの原型という触れ込みの映画です。型破りの刑事という部分がかろうじてダーティハリーを感じさせますが、それ以外良いところのない映画です。護送中に逃げ出し、精神病院に逃げ込んだ犯人を連れ戻しに地方からはるばるやってきた保安官という役柄ですが、犯人そっちのけで女を口説きまくるという脱力系ストーリー。作中で口説いた女三人。ベッドイン二人。未遂が二回。その合間合間にとってつけたように犯人に関するストーリーが挟み込まれます。当然雑な展開であっさり犯人の元に辿り着く。あばずれ女の緑の虫というセリフで、そういえば以前見たなぁと思い出す、そんな映画です。
kirieさん [地上波(吹替)] 3点(2014-09-23 12:01:05)
19.《ネタバレ》 『ダーティーハリー』の原型というアナウンスや、このシブい邦題から、シリアス系ポリティカルアクションを想像してしまいますが、実際のところ“田舎っぺスケこまし大将、ニューヨークで大暴れの巻”が正しいです。『クロコダイル・ダンディー』の主人公を保安官にして、ダンディーからプレイボーイに変えていただければ、内容は容易にイメージ出来るかと思います。クリント・イーストウッド=山田康雄=ルパンⅢ世なので、イーストウッドが女たらしでも全く違和感が無いのは、吹き替え版に慣れ親しんだ、日本人ならではの恩恵と考えます。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-09 18:29:27)(良:1票)(笑:1票)
18.これは『マカロニ王子 ニューヨークへ行く』といった感じの趣向でしょうか。アリゾナからニューヨークにやってきた(前世期から現代にやってきた、と捉えても結構)保安課が、囚人の移送中に取り逃がしてしまう。そこで、右も左もわからぬ大都会を持ち前の厚かましさを武器に(?)囚人の追跡を行う、というオハナシ。実際、妙に説得力のある邦題(意味はワカランが)で、この邦題を考えたヒトはエライと思います。まあ追跡劇として見るとそれなりにお粗末ではありますが(引っ張った割にはアッサリ囚人を発見するしなあ)、そこはそれ、別角度の面白さ。演出の切れ味とか(冒頭のタイトルのバックで繰り広げられる先住民とのやり取り、まさにツカミはOK)、ビリヤード場の対決にバイクチェイスといった体を張ったアクションとか。さらには、サイケ調の大都会の風俗描写、これはもう文明批判と呼ぶ気も起らない、若干の悪意すら感じられもする描き方で、何か知らんが面白ければいいじゃないの、ってな感じ。プログラムピクチャー的な「中身の無さ」が実に素晴らしい、活きの良い映画です。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-02-10 08:45:10)(良:1票)
17.《ネタバレ》 何とも中身の薄いイーストウッドの刑事もの。「テキサス」「アリゾナだ」のとこはおかしいね。やたら西部(南部)を見下した描写が多いけど、そんな当時のニューヨークの人達が観れて興味深い。結構メチャクチャしてるけど、お咎めナシなんだろうか? 後半のバイク(何故かトライアンフ2台)のシーンはなかなか。イーストウッドがバイクに乗るシーンは初めて観たかも。なんか硬派なイメージのイーストウッドだけど、意外と女たらし!? ま、それなりには面白い作品でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-02 11:17:43)
16.10年ぐらい前、「奴らを高く吊るせ!」と同時期にTVで見た、子ども心につまらないと感じつつも、最後まで見た。必要以上に地味な印象。
kagrikさん [地上波(字幕)] 4点(2011-10-08 22:33:17)
15.現代の刑事ドラマものに、西部劇の雰囲気を軽くミックスさせたような作品。
野性味溢れる荒ぶれ一匹狼の主人公はイーストウッドにぴったりのキャラで、
ちょっとダーティハリーを彷彿とさせる。
ただ田舎の保安官が都会へ、という設定はあまり生かされておらず、ストーリーの方は今イチ。
後半のバイクアクションは見所だが、全体的に演出の古さも否めない。
イーストウッドのファンならまあ楽しめるだろう、といった作品。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-25 19:06:18)
14.《ネタバレ》 犯人を追っている時間より女を口説いている時間のほうが長いような気がしなくもない刑事ドラマ。意味不明なシチュエーションの羅列が非常にシュールです。インディアンの目の前でタバコを揉み消す冒頭と、犯人にタバコを渡すラスト。主人公にどんな心境の変化があったのか、観客の想像にお任せされてるようなのですが、まだ想像してませんすいません。4点と低評価ですが、そんなに憎い作品でもないです。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 4点(2008-11-07 00:10:07)(笑:1票)
13.《ネタバレ》 イーストウッドはまだ38歳。若いですね。バイクのシーンは今と違って実際にやったのでしょうからそれを思うとすごいことです。ストーリはちょっと単調で退屈でしたが、60年代当時のファッションやパンナムビルでのヘリコプター発着があったころのNYを見ることができてよかったです。
飴おじさんさん [地上波(吹替)] 6点(2008-03-16 17:26:18)
12.カウボーイことクリント親父若っ!!内容的にはな~んか普通だったしいつもの銃をバンバン撃つのがほとんどなかったのは残念だったけど終盤のバイクのカーチェイスは結構見所。親父がバイク乗ってるところとかあんまり見たことないから新鮮味を感じました。女たらしの親父も見れます(笑)
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 5点(2007-02-02 11:06:38)
11.若いイーストウッドと昔のNYを見ることができます。テレビ放映に気づいて、ふと見たら得した気分になる、そんな映画です。 しかし、くれぐれも大きな期待をいだいて見ませんように。たいしたストーリーではありませんので。
ジャッカルの目さん [地上波(吹替)] 5点(2006-12-30 10:45:00)
10.あらすじから全部想像できるとおりの内容。というか、本筋のストーリーはほとんど存在していないに等しく、むしろお姉ちゃんとムフフなシーンの連続で時間をつないでいるような、イーストウッドだけが得する作品。わざわざ映画にするほどのものとはとても思えない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-07-31 00:57:55)
9.(クーガン)-(女)-(カウボーイハット)+(44マグナム)=(ハリーキャラハン)です。それに、公園内でのバイクチェイス!なかなか迫力あります。あと、登場する女性がなんとく私好み…(笑)
クルイベルさん 6点(2004-08-11 12:27:55)
8.NYであんなのかぶって、ブーツ履いて「真夜中のカウボーイ」か!?と思ったけど、中身はいたってごく普通の刑事もの。あまりにも単調すぎるなあ。ラストはウルトラクイズの会場だっけ?
東京50km圏道路地図さん 5点(2004-03-12 03:47:33)
7.お金を掛けてないし、むちゃくちゃ面白い作品って訳じゃないんだけど、それでもドン・シーゲルとクリント・イーストウッドのコンビが成す雰囲気だけで満足です。
イマジンさん 6点(2003-08-15 15:32:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 5.31点
000.00%
100.00%
200.00%
327.69%
4623.08%
5726.92%
6623.08%
7311.54%
827.69%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS