ドク・ハリウッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドク・ハリウッド
 > (レビュー・クチコミ)

ドク・ハリウッド

[ドクハリウッド]
Doc Hollywood
1991年【米】 上映時間:104分
平均点:5.72 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
コメディ医学ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ケイトン=ジョーンズ
キャストマイケル・J・フォックス(男優)ベン・ストーン
ジュリー・ワーナー(女優)ルー
ブリジット・フォンダ(女優)ナンシー
ウディ・ハレルソン(男優)ハンク
バーナード・ヒューズ(男優)ホーグ医師
ジョージ・ハミルトン(男優)ハルバーストーム医師
フランシス・スターンハーゲン(女優)リリアン
ロバーツ・ブロッサム(男優)エバンス判事
マイケル・ケイトン=ジョーンズ(男優)
山寺宏一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
土井美加(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
屋良有作(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
富田耕生(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
麦人(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石井敏郎(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
桜井敏治(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
鈴木れい子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
さとうあい(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
折笠愛(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中博史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮川一朗太(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
水谷優子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐々木優子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
滝口順平(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
今井和子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
安西正弘(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
成田剣(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
峰恵研(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲野裕(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山野史人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
竹口安芸子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤本譲(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木正司(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
丸山詠二(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
亀井芳子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宮本充(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
深見梨加(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
緒方賢一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田太郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
京田尚子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
銀河万丈(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤敦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
長島雄一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
久保田民絵(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
城山堅(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
巴菁子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川田妙子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
紗ゆり(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ジェフリー・プライス
ダニエル・パイン
ピーター・S・シーマン
音楽カーター・バーウェル
撮影マイケル・チャップマン
配給ワーナー・ブラザース
美術ソウル・バス(タイトルデザイン)
衣装リチャード・ホーナング
マーク・ブリッジス[衣装](アシスタント・デザイナー)
編集プリシラ・ネッド=フレンドリー
録音リチャード・キング[録音]
リチャード・ポートマン
あらすじ
ワシントンDCのER医ベンは金儲けの野心が強く、職場でも人望がない。つてで、ビバリーヒルズの美容外科医の職をみつけ、ERを退職する。ところが、車でハリウッドに向かう途中、小さな南部の田舎町で自動車事故を起こしてしまう。愛車のポルシェは故障した上に、柵を壊し、裁判所に32時間の医療奉仕を命じられる。その町に足止めをくらい、いやいや診療を始めるベンだったが、診療所の助手のルーの素朴で純粋な美しさに惹かれていく…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.どこかで観たようなストーリーだけど安心して観ていられる1本。
「お金よりも大事なものがあるんだ」と絵空事とはわかっているけど、嫌な現実を少しの間だけ忘れさせてくれる。
ガブ:ポッシブルさん [DVD(吹替)] 8点(2017-11-06 17:13:14)
46.《ネタバレ》 ○ベタもベタではあるが、安心して観られるベタさ。展開も小ネタやサブキャラも。○マイケル・J・フォックスを使ったとてこの内容ではこの程度が限界。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-06-25 01:00:10)
45.マイケル・J・フォックスの良さと旧作ならではの雰囲気が心地よい作品ではありますが
この作品はヒロインがもう一つかな。
デミトリさん [DVD(吹替)] 6点(2017-05-15 18:20:41)
44.安心して見れる予想通りの展開のお話し
misoさん [地上波(吹替)] 5点(2016-07-08 04:04:32)
43.《ネタバレ》 ある意味予定通りで予想外な事が起きない無難な造りといえばそうなんだろうけど、とっても楽しめました。彼女もなかなか可愛いしね、といいつついきなり裸で出てきたときはビックリした(苦笑)。まぁきっとイナカ特有の「踏み込んで」くる人間関係はドライな都会とは比べ物にならない程のものだろうけど、そこを「温かみ」と解釈すればとても居心地のいいものになると思うんですよ。私もどっちかといえば、都会は苦手なのでドクの気持ちがよく分かるかも(笑)。マイケル・J・フォックス好きな方にはオススメできる良作だと思いますハイ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2015-12-08 20:15:36)
42.てっきり80年代の作品かと思ったら91年だったのは意外だった。まあ、古き良き時代のほのぼのとした映画でしたね。マイケル、今はどうしているんでしょうか…
イサオマンさん [地上波(吹替)] 4点(2015-04-13 00:07:55)
41.《ネタバレ》  金銭欲にまみれ、自分中心の考え方で、職場の皆から嫌われるほど魅力の無い若き医師。そのどーしようもない医師が、不可抗力で田舎町のドクターをすることになり、街の人達と触れ合っていくうちに少しずつ彼の価値観が変わっていく、というお話。
 そこに、若いシングルマザーとの恋愛もからんでくるわけですが、なんか、そのバランスが最高に良いんです。ラブコメなんですが、恋愛でストーリーの大部分を占めるようなことはせず、ヒロイン以外の人達との心の交流、エピソードをしっかりと見せてくれるわけです。こーゆー話、こーゆー作風、大好きです。
 確かに、メインのストーリーは、真新しさもなければ、ひねりもありません。ですが、だからこそ、登場人物達の個性が光るのではないかと思いました。
 この映画は、小さなエピソードがほんと良いタイミングで、良いテンポで、主人公の恋愛の合間に挟まれるんです。小さなエピソードをいっぱい積み重ね、いつの間にか見ているこちらまで街の住人のような気持ちになってきます。
 主人公が夜中にこっそり街を旅立とうとするところから、ラストまで、特に良かったです。すごく感動しました。派手さはなくても、良い映画は良いですね!映画はバランスも大事ですよ!きっと。そう思える作品でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-24 04:50:04)
40.設定だけ見ると「砂の女」で、ビバリーヒルズを目指した高給取りの医者が田舎に捕まってしまう話。ところが内容はノーテンキな田舎・純朴讃歌で全然棘がない。「田舎=昔」の構図があり、けっきょく保守讃歌なんだ。現代ならではの問題を抱えている現代の田舎に対して失礼であろう、カボチャ祭りで代表させちゃ。祭りにかかっていた映画は『キートン将軍』で、ちょっとこの作品とは合ってなかった気がする。旅立ちの日、みなが見送るパターンね。戻ったらそんな町はなかった、って手もあると思うんだけど。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 5点(2013-01-31 09:58:25)
39.マイケル・J・フォックス主演、彼らしいコメディー要素を含んだ作品だが、
一応お話はヒューマン・ドラマに青春ドラマをプラスさせたような映画です。
序盤の流れからラストまではほぼ一直線、主人公の選択はどちらがいいというわけじゃないし、
新鮮味も意外性もないけれど、ラストは期待どおりにほっくりとさせてくれる作品。
とても判り易いので、疲れているときなどに軽い感動ものを鑑賞したい人にはお薦め。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-12-03 20:31:57)(良:1票)
38.マイケルが主演ということで鑑賞しました。ギャグが多いですが最後はしんみりなところもあって良かったです。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-27 23:33:26)
37. マイケル・J・フォックスのテンポが生きた作品ですが、それだけでした。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-12-05 10:29:03)
36.《ネタバレ》 マイケル・J・フォックス好きなんで楽しめました。細かい事は気にせずにハッピー・エンドに向かう過程を楽しむ映画ですね。ウディ・ハレルソンもイイ味出してます。疲れた時に観て癒されましょう。
キノコ頭さん [DVD(吹替)] 7点(2009-07-09 08:41:29)
35.コメディとしては王道的な作品でしょう。安心してみていられる。
医者を演じたこのころからパーキンソン病の自覚症状があったのは、マイケル・J・フォックスにとって皮肉な話ですが。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-11 23:47:47)
34.この頃のコメディはどれも気持ちがいいですね。観客の望み通りに話が進んでいきます。ありがちといえばそれまでですが…。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2008-08-23 19:00:31)
33.《ネタバレ》 マイケル・J・フォックスはやっぱりいい!ここでのベンは彼らしい役で安心して見ていられる。エリート医師が田舎町に、というシチュエーションはバックトゥザフューチャーのタイムスリップを彷彿させ、何だかうれしい。爺さん先生も実はスゴい人物で、ドク(クリストファー・ロイドの)の立場かな。二番煎じ?なんて意地悪な見方をしなければマイケルファンは楽しめるはず。田舎の住民がみんなやさしく暖かく、ベン(マイケル)が最終的にその環境を選んだのが嬉しかった。結末が分かっていても。 最近ではマイケルの姿を見ることがなかなか出来ないので、とっても寂しい…。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-12-02 11:54:30)
32.凄くありきたりな話ですが、そこそこ楽しめました。単純に言ってしまうと、恋人が出来たから田舎に残ると言うような話しですが、町の人達と生活することでお金よりも大事なものに気が付くと言う、なかなか良い話しでもあります。こう言うベタなノリの映画もたまには欲しくなっちゃいます(マイケルはこう言うノリの映画が似合います)。婚約者?の男は何が言いたかったのかよく分かりませんでした。途中から全く障害にもなってないので不満でしたが、「保険の勧誘かい?」とマイケルの適切なツッコミでスッキリ(本当に何しに来たんだよ、コイツって感じで)。
taka-104さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-09-19 08:49:50)
31.ありがちな感じだけど、やっぱり人が変わってゆく様はいつ見ても心にしみる。
甘口おすぎさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-09-09 21:19:02)
30.《ネタバレ》 ストーリーがあまりにもありがちなので、公開時にも見逃していましたが、細かい演出&シナリオが上手いので、類似作品とは一線を画していると思いました。くどいセリフ回しや、余計なサブキャラのエピソードを出さないように、ぐっとこらえた作り方をしているのが良く分かりました。西海岸に出てから、ベランダで田舎町の天気予報を聞くシーンが印象的です。ブリジット・フォンダの役が意味不明だったのが、マイナスですが。
かねたたきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-09-07 11:40:13)
29.《ネタバレ》 冒頭でこいつは本当に嫌な奴と最初に定義するわけだ。その嫌な奴が田舎の素朴さにどんどん心洗われて本来の優しい姿を取り戻す、というありがちな話なわけだ。もしあの程度のことで都会を捨て田舎に戻る人間なら、嫌な奴という定義付けの貧弱さはかなりしょぼい。
monteprinceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-09-06 23:49:02)
28.価値観やいき方の違う人達と出会うだけで変化させようとする浅はかな作り。
物語に於ける変化とは、それまでの自分であったために招き寄せてしまった脅威にさらされることで問題点に気付くというもの。
つまり、彼の変化は何の必要にも迫られていない。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 2点(2007-06-25 17:40:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 5.72点
000.00%
100.00%
224.26%
312.13%
424.26%
51531.91%
61634.04%
7510.64%
8612.77%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS