遠い日のゆくえ<TVM>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 遠い日のゆくえ<TVM>
 > (レビュー・クチコミ)

遠い日のゆくえ<TVM>

[トオイヒノユクエ]
2011年【日】 上映時間:118分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマTV映画
新規登録(2015-07-20)【かっぱ堰】さん
タイトル情報更新(2020-07-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督朝原雄三
キャスト永山絢斗(男優)宮脇孝志
富田靖子(女優)今西桜子
菊池亜希子(女優)広瀬美月
山崎樹範(男優)竜崎拳太
野村周平(男優)神田貴史(中学生時代)
剛力彩芽(女優)
佐戸井けん太(男優)
村岡希美(女優)
清水優(男優)
高橋和也(男優)神田朝晴
吉田羊(女優)沢村和枝
三田村邦彦(男優)神田貴史
でんでん(男優)
白川和子(女優)
螢雪次朗(男優)
ダンカン(男優)
沼田爆(男優)
山下容莉枝(女優)
粟田麗(女優)
海老瀬はな(女優)
寺脇康文(男優)山上高次
風吹ジュン(女優)沢村喜和子
撮影近森眞史
製作WOWOW
美術金勝浩一
編集石島一秀
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.なんとまあ おせっかいな青年だこと。
ついでにダンカン殴ってほしかった。
ケンジさん [インターネット(邦画)] 7点(2019-08-04 02:05:26)
1.《ネタバレ》 2011年3月13日にWOWOWで放送したとのことだが、よくそんな時期に普通にドラマの放送ができたものだと思う(翌日から東電管内で計画停電が始まる)。
特殊清掃の現場が出るのは、ホラー映画では最近ときどき見る(笑)ので個人的感覚としては珍しくないが、「おくりびと」(2008)と同様に、人間の死に近づくことで逆に生を意識するためには好都合な設定である。全ての人間に人生がある(あった)ことの重みを知るのは若年者にとって大事なことだろうし、また単に一人の人生を生きるだけでなく、生命を次代につなぐ話になっていたのは喜ばしいことで、終盤で三世代が出会って交歓する場面は泣けるものがある。そのほか、金沢にいた気のいい女子大生はどういう位置づけかわからなかったが、主人公にとっては頼れる姉ちゃんのような存在だったらしく、この金沢パートも非常に心和むものがあった。

ただし、その生命を次代につなぐ部分が非常に都合のいい話になっていたのは必ずしも納得できない。低年齢での出産は基本的に各種リスクが高いものと思うが、このドラマでは生まれた娘がその後に何の支障もなく幸せな結婚をし、かつ所得面でも非常に恵まれた状況にあるように見える(はっきり言って裕福)。その上で、第二の低年齢出産を認めざるを得ない筋立てを作ってしまい、あらかじめ異論を封じているようなのは卑怯ともいえる。これは特定宗派のPRドラマだろうか。
また、途中で出た悪人顔の依頼者の言葉は間違いなく真実の一面を衝いており、これに続いて社長がこの仕事の意味を語った言葉も的確である(ぼかしたところを含めて)。これを聞くと決して綺麗事だけの話ではないように見えたのだが、しかし終盤でこの社長までがドラマの方針に合わせたように変節するのがまた困ってしまう。何だか主人公の成長話にするため無理にひん曲げてしまった印象があったが、若年者向けのお話とすればまあこれでいいのかも知れない。それにしても母親を死なせてしまった心の傷をどう解消したのかは不明だが。

なおラストでは主人公が説明台詞で長々と独白していたが、ここは視聴者に対する丁寧な説明の意味だけでなく、実はこの主人公も日記をつけ始めたのだと解したい。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 6点(2015-07-20 12:21:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS