BORUTO -NARUTO THE MOVIE-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ホ行
 > BORUTO -NARUTO THE MOVIE-
 > (レビュー・クチコミ)

BORUTO -NARUTO THE MOVIE-

[ボルトナルトザムービー]
2015年【日】 上映時間:95分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-08-07)
アクションアドベンチャーファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2015-08-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2019-09-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
三瓶由布子うずまきボルト
竹内順子うずまきナルト
水樹奈々うずまきヒナタ
中村千絵うちはサクラ
小野賢章奈良シカダイ
森久保祥太郎奈良シカマル
浪川大輔モモシキ
石田彰我愛羅
宮田幸季長十郎
杉山紀彰うちはサスケ
安元洋貴キンシキ
原作岸本斉史
脚本岸本斉史
音楽高梨康治
製作植田益朗
テレビ東京(劇場版BORUTO製作委員会)
集英社(劇場版BORUTO製作委員会)
Studioぴえろ(劇場版BORUTO製作委員会)
アニプレックス(劇場版BORUTO製作委員会)
電通(劇場版BORUTO製作委員会)
バンダイ(劇場版BORUTO製作委員会)
バンダイナムコエンターテインメント(劇場版BORUTO製作委員会)
製作総指揮岸本斉史
制作Studioぴえろ(アニメーション制作)
配給東宝
作画岸本斉史(キャラクターデザイン)
西尾鉄也(キャラクターデザイン)
今井有文(原画)
編集森田清次
録音神尾千春(録音演出)
あらすじ
木の葉の里。「七代目火影」に就任したうずまきナルト(竹内順子)は公務に多忙で家族サービスができず、息子のボルト(三瓶由布子)は反発している。そんな中、ボルトは父親のライバルであった、うちはサスケ(杉山紀彰)の弟子となり、サスケの娘・サラダ(菊池こころ)、友人のミツキ(木島隆一)と共に中忍試験に挑む。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ナルトとヒナタの息子・ヒナタルト…ではなくてボルト世代が大活躍。パソコンメールにケータイゲーム、デジタル文明に生きるイマドキの子供。激務の7代目火影である父・ナルトとの確執、サスケ師匠への弟子入り、デキ心による中忍試験失格。多感な少年時代を経験するボルトの成長が物語の主軸。ウスラトンカチぶりはオヤジ以上。敵はやはりカグヤ関係、「負ける気がしねえ」。ミツキの親が大蛇丸というオチ。連載15年を締めくくる原作者渾身の一作。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 7点(2015-09-20 03:27:00)
1.《ネタバレ》 爽やかな後味のお映画ですが、特に印象に残らず普通でした。子供の頃のナルトと仲間たちの話の方が、悲惨な戦いの中で強くなっていったので面白かったです。独特の街並みも俗物っぽくなり特徴がなくなりました。敵に魅力がなく、バトルも速いだけで面白くはありませんでした。一応家庭を顧みない父親に息子が反発する話ですが、私の父親の方がよっぽど凶悪(母を病気で殺しても家庭の破壊をまだやめない)なので、ボルトの家は立派なお父さんだし幸せ者です。ボルトの反発もただのよくある浅くてつまらない話にすぎず、泣けてきました。
DAIMETALさん [映画館(邦画)] 5点(2015-08-15 11:46:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5150.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS