エヴェレスト 神々の山嶺のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エヴェレスト 神々の山嶺
 > (レビュー・クチコミ)

エヴェレスト 神々の山嶺

[エヴェレストカミガミノイタダキ]
The Summit of the Gods
2016年【日】 上映時間:122分
平均点:3.18 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-03-12)
ドラマアドベンチャー小説の映画化
新規登録(2015-11-14)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2020-10-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督平山秀幸
キャスト岡田准一(男優)深町誠
阿部寛(男優)羽生丈二
尾野真千子(女優)岸涼子
ピエール瀧(男優)宮川
佐々木蔵之介(男優)長谷渉
甲本雅裕(男優)井上
風間俊介(男優)岸文太郎
ツェリン・ロンドゥップ(男優)
竹嶋康成(男優)
原作夢枕獏「神々の山嶺」(集英社文庫・角川文庫)(のちに「エヴェレスト 神々の山嶺」と改題)
脚本加藤正人
音楽加古隆
撮影北信康
製作KADOKAWA(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
TBS(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
アスミック・エース(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
電通(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
WOWOW(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
東宝(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
集英社(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
ジェイ・ストーム(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
毎日放送(映画「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会)
制作KADOKAWA(制作プロダクション)
角川大映スタジオ(制作プロダクション)
配給東宝
アスミック・エース
美術中澤克巳
編集洲崎千恵子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17. 自然に魅せられる気持ちはわかるけど、ここに出てくるクライマーの気持ちまではよくわからない。もっと穏やかに生きればいいのに。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-11-04 20:33:30)
16.《ネタバレ》 導入部、カトマンズ街並を岡田准一が歩くところから期待させるも、物語の繋がりが切れ切れで、ちょっと残念な印象しか残らなかった。
何故、写真集を完成させないのか?
何故、羽生に拘るのに、自分が登るのか?
何故、行き当たりばったりなのか?

原作に精通された方、乞うコメント'。
Postefさん [地上波(邦画)] 3点(2020-07-19 16:14:43)
15.《ネタバレ》 「そこに山があるからだ」。有名な登山家が残した言葉としては知っていましたが、本作でカメラが見つかったマロリーさんがその人なのですね。おそらくテーマはその言葉の検証だったと思います。あいつ(=阿部寛)は「俺がいるからだ」と言ってたけど意味合いは同じだと思う。誰もやったことの無いことが目の前にあり、出来るかも知れない自分がいる。そんな時(特に♂は)脳内にアドレナリンが噴出して、人間らしい生活を送るうえでの優先事項が滅茶苦茶になるみたいです。
で、そのテーマ性は分かるのですが本作のストーリーには頷けない部分が多かった。山に挑戦するのは個人の自由ですが、深町(=岡田准一)まで飲み込まれる理由がよく分からない。日本のカフェで若いクライマーたちに突っかかる描写などはただのキ〇ガイです。山にアタックすることの意義を真面目に突き詰めたかったのでしょうけど、それに陶酔した奴らのマスターベーションを見せられた気分でした。日本に彼女を残し、現地に奥さんと子供を作っても危険へ挑む。その内面をもう少し厚く見せて欲しかったです。
原作は未読ですが、おそらく本作は咀嚼できていない。読みたくなりました。
【2018/3/25追記】原作読みました。本作がカバーしていない部分がいかに多いかがよく分かりました。深町が山に挑む意義が生の意義に重ねられていて、そこに感銘を受けました。本作では表現できていない部分ですね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2018-01-17 23:46:45)(良:1票)
14.《ネタバレ》  超人的な登山家が「足手まといなパートナーは見殺しにする」(超訳)と嘯いてはいるが、その実最後まで見捨てない人であった。そんな登山家に興味を覚えた写真家は、同様の局面に至り登山家に救われるが、その後登山家の危機を救うことができずにほぼ見殺しに。

 そんな写真家が、一度見捨てた登山家を探しに山へ行き、彼の体と魂を見つける話。最後に彼が山頂付近で「連れて帰る」って言ったのは、登山家の魂だったのだろうな。これ以降、写真家は登山家のように生きるんだろうか。

 こんな話なので、イマイチ「神々の山嶺」な感じがしないのは残念。何しろ描かれているのは自分の力だけで最高峰に挑もうとする登山家の話だし、映像的にも物語的にも最高峰へ(特に写真家が)さして苦もなく辿り着いた感が出過ぎている。「神々の領域」感ゼロである。ワタシ的には「神よ!何故こんなに人を阻むんですか!」的な物語を期待していた。

 それでも、現地ロケによる雄大な景色などは美しい。

 しっかし、岡田准一ってのはよく映画に出てるなあ。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2017-10-05 16:20:14)
13.久しぶりに劇場まで見に行きましたが、とんでもない糞映画でした。時間の無駄。
凍ってる阿部寛はギャグでしょう。
エンドロールのエヴェレストだけは美しかった。
へまちさん [映画館(邦画)] 0点(2017-08-07 23:37:08)
12.《ネタバレ》  原作小説が大好きなので、期待を込めて観賞。

 絶対に二時間で纏めるのは無理だろうと思っていただけに、ちゃんと物語を完結させている事に感心半分(やっぱりダイジェスト感は否めないなぁ……)と落胆半分、といった感じでしたね。

 結構な尺が必要となるであろう「マロリーのカメラ争奪戦」の件を思い切って省略したのは正解だと思うし「鬼スラへの挑戦」「岸との別離」「グランドジョラスからの生還」と、羽生丈二というキャラクターを語る上では外せない場面を映像化してくれた事は、素直に嬉しかったです。
 それでも、どうしても「あれも見たかった」「これも見たかった」というモヤモヤが残ってしまうのだから、全く以て困り物。
 折角モノローグを多用して小説の文章そのまま再現する演出をやっているのだから「きしよう」や「地球を踏んだ」などの言葉も、心の声として聞かせて欲しかったなと、ついつい思ってしまいました。

 主演の岡田准一と阿部寛は熱演されており、特に後者の存在感はお見事でしたね。
 凍死した羽生の「死体」をここまで迫力込めて演じられる人は、ちょっと他にはいないかもと感じるくらい。
 ライバルである長谷の扱いが軽い事も含め、どうしても原作に比べると羽生に関する描写は薄くなってしまっていたのですが、それでも「これは間違いなく羽生丈二だ」と思えたのは、役者さんの力が大きかった気がします。

 中でも、遭難しかけた深町を羽生が助けるシーンは凄く良くて、ここが本作の白眉であるように感じました。
 ちょっと原作に比べるとエキセントリック過ぎるというか「羽生の魂を継ぐ者」として、野性味溢れて描写されていた深町であっただけに「もういい、もうやめてくれ……」と弱々しく呟き、自分を見捨てるよう訴えかける姿が、一際胸に迫るものがあったのですよね。
 その後に「最初から羽生は最も困難なルートを登るつもりだった」と明かされる展開についても、良かったと思います。
 正直、原作と異なる部分に関しては不満も多かったりしたのですが、ここの流れは原作よりも好み。

 最後も深町の生還というハッピーエンドで〆てくれる為、後味も悪くなかったですね。
 久々に本棚から「神々の山嶺」を取り出して、蜂蜜を溶かした紅茶片手に、ゆっくりと読み耽りたくなりました。
ゆきさん [DVD(邦画)] 5点(2017-04-11 18:14:38)(良:1票)
11.原作からいろいろ端折られ、未読の人は話の展開などついていけなさそう。
ただ、阿部寛の羽生は自分は合っていたと思うのでそこは良かった。
misoさん [ビデオ(邦画)] 4点(2017-04-05 15:35:47)(良:1票)
10.岡田准一はいい。阿部寛もいい。それなのになんなんだろう、この時間を無駄にした感。ほんとつまんない映画だった。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-03-30 22:46:51)
9.《ネタバレ》 山に登る人の気持ちは全く分からないし、この映画を観たからと言って分かるわけでもない。ただ一つ言えることは夏に観たら少しは涼しい気分を味わえるかもしれない。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-03-24 19:58:17)
8.《ネタバレ》 原作小説未読、漫画版既読。約二時間の作品でしたが、それでは尺が短い。マロリーのカメラと深町の関係、羽生の苦悩が描き切れてないため、物語の重厚さが全く伝わってこなかった。デスゾーンの酸素欠乏から来る幻覚幻聴、視力障害等の過酷な環境も全く感じられず、エベレストの壮大感・雄大感もカメラアングルの問題なのか演出なのかわからないが、全くといって良いほど感じることが出来なかった。
 作品の時代設定にリアルさを出すためか、画面が所々「古ぼけた感じ」の色演出になっているようだが、そのくせヒロインだけが現代風なので目についてしかたない。ヒロインの演技もいただけない。岸涼子と羽生、深町との関係も描き切れてない、いっそのことヒロインを排除して、男たちの葛藤にだけスポットを当てるようなシナリオにすれば良かったのにと思う。また、深町役の岡田准一の身長が低い。羽生役の阿部寛と並んだら巨人と小人かと思うくらい違和感があり、それ以外でも身重差が目に付くシーンが多く、また華奢な感じがして「山屋」の屈強さが感じられない。なぜこの作品を映画化したのか、映像化して何を表現したかったのか全くもって謎。邦画特有のキャストのアップがうざい。2時間が無駄になった気分。
イザナミさん [DVD(邦画)] 3点(2016-11-25 11:26:34)
7.原作の深町さんは、マロリーのフィルムに異様なまでの執着するのに、映画ではあったり諦めちゃうので拍子抜けだし、原作ファンとして納得できない。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 2点(2016-11-09 23:51:02)
6.《ネタバレ》 ひとまず、最後までは鑑賞できました(笑) 途中で鑑賞に耐えれないモノはいっぱいあるのでそこはまず評価できるかと。しかし、全般的に短絡的かつ都合が良い描写が満載で観ていて恥ずかしいw まずカメラのお話しから結構ハテナで無茶やww  で観終って、結局何が言いたかったんだこれは、と。エヴェレスト登頂の厳しさ? そんなの誰でも分かるよ(苦笑) なにかいろいろ残念でアリマシタハイ   
Kanameさん [DVD(邦画)] 1点(2016-10-07 10:08:36)(笑:1票)
5.悪評を聞き、どんなもんかと鑑賞..見事なダメダメ映画..恐れ入りました、、期待どおり! 観る価値なし!! (阿部寛 も 岡田准一 も出る映画選ぼうよ..) 小説感まるだしの展開、シーン、が散在し..映像で観るには不向きなストーリー..(脚本、演出が下手すぎ..) 途中から、登場人物達のやってることが意味不明..説得力 ゼロ、共感 ゼロ、何を伝えたいのか..理解不能..ラストに至っては、バカバカしくて観てられない.. 監督、高度順応はしなくていいのか?(素人でも気がつくぞ! 科学に弱い文系の監督が創った荒唐無稽なファンタジー映画) エベレスト登頂を ナメんじゃねーぇ!! 金返せー! バカヤロー!!!
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 0点(2016-10-03 23:07:19)(笑:1票)
4.《ネタバレ》 山に取り憑かれた男たちのロマンを格好良く描こうとしているが、中二病丸出しのダサい仕上がりになってしまった。最大の要因は、とにかく台詞が仰々しいこと。クライマックスシーンで羽生のメモ書きを引用するところは、正直言って赤面MAXでしたw よくまあ恥ずかしくもなく作ったもんです。逆に凄いわw

あとその台詞でちょいちょい聞き取りにくい箇所があった。ボソボソと小声で喋るから、何言ってんだか分かりゃしない。DVDに字幕機能があって助かりましたw

登山に関しては全くの素人で何も分かりませんが、羽生が7年間準備してきたって一体何の準備で、どういった内容なのか漠然すぎて理解できなかった。もう少し専門的要素を取り入れても良かったんじゃないかな。くどくならない程度に。

原作は知らないけれど、ヒロインの存在感の無意味さと言ったら・・・(^_^;)

総評してこの映画は、日本映画の悪い部分を濃縮した見本市ですねw
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 3点(2016-09-25 08:11:33)
3.《ネタバレ》 一番熱中させられた、前半の羽生の人生を辿る部分が、映画ではささっと流されてしまい残念だった。
凍傷で指を切断しているような描写もないし、尺の都合なのか、
高山病や酸素ボンベについての詳しい説明もない。
この男達がやろうとしていることの凄さは、この映画じゃ伝わらないと思う。
田中一夫さん [映画館(邦画)] 4点(2016-07-17 07:08:39)(良:1票)
2.《ネタバレ》 ザイルで宙吊りの相棒を見捨てるか、助けるか、を山仲間でひと悶着するシーンが脈絡もなく始まると、この後にどんなエピソードが来て、
それをどう発展させていくつもりか、誰でも簡単に読めてしまうだろう。実際その通りの展開なのだが、あまりに直截すぎて呆気にとられる。

現地ロケーションのスケールに負けまいと、情緒過多の劇伴音楽も、スターのアップも物理的スケールがデカい。佐々木蔵之介の表情とか、勘弁して欲しい。

頻繁なフラッシュバックももっと控えめにすることは出来なかったか。

厳寒の天候の中、ほぼ垂直の山肌を登攀する人物を捉えるショットは力強く、迫真性は満点である。
小さな人物と雄大な景観を極力一体として撮っているのがいい。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 4点(2016-03-18 23:58:25)
1.《ネタバレ》 原作既読。本作はまず公開時期に一言言いたい。去年のエベレスト3Dの後追い公開。これでは急ごしらえのバッタもんにしか見えない。内容は全く違うのに。本作は山に取り憑かれた男たちの狂気的なドラマだ。だが、映画からはその凄さが全く伝わってこない。序盤から中盤にかけての印象的なドラマが全て回想シーンとしてあっさり流される。あのグランドジョラス滑落からの生還は原作では最もインパクトのあるドラマだったのだが、それすらあっさり流されて羽生と言う男の凄さが伝わってこない。「足が動かなければ手で歩け。手が動かなくなったら指で行け」から始まる原作で最も有名なセリフをバックにヨタヨタと歩くラストはやはり全く響いて来ないのでした。
ぴのづかさん [映画館(邦画)] 4点(2016-03-12 14:24:07)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 3.18点
0211.76%
115.88%
215.88%
3635.29%
4423.53%
515.88%
6211.76%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review2人
2 ストーリー評価 2.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review2人
5 感泣評価 0.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS