スティーブ・ジョブズ(2015)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スティーブ・ジョブズ(2015)
 > (レビュー・クチコミ)

スティーブ・ジョブズ(2015)

[スティーブジョブズ]
Steve Jobs
2015年【米】 上映時間:122分
平均点:6.21 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-02-12)
ドラマ伝記もの
新規登録(2016-01-12)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-02-07)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダニー・ボイル
キャストマイケル・ファスベンダー(男優)スティーブ・ジョブズ
ケイト・ウィンスレット(女優)ジョアンナ・ホフマン
セス・ローゲン(男優)スティーブ・ウォズニアック
ジェフ・ダニエルズ(男優)ジョン・スカリー
キャサリン・ウォーターストン(女優)クリスアン・ブレナン
パーラ・ヘイニー=ジャーディン(女優)リサ・ブレナン(19歳)
サラ・スヌーク(女優)アンドレア・カニンガム
ジョン・オーティス(男優)
脚本アーロン・ソーキン
音楽ダニエル・ペンバートン
製作マーク・ゴードン
スコット・ルーディン
ダニー・ボイル
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.近代の偉人が如何にして成功したか、そして苦悩があったかを描いている。
単純に伝記的物語になっていない点が良い。

ジョブズの人間らしさを感じられる映画。
バッジョさん [DVD(字幕)] 6点(2018-06-10 08:41:52)
23.ジョブズがどんな人だったのか、何となく理解した。彼を天才たらしめる価値観、世界の見方も凄みを感じた。けど、映画としてはあんまり惹かれず。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2018-03-21 22:47:21)
22.普通の脚本家はストーリーを作るが、アーロン・ソーキンという脚本家は人間を丸ごと造り出してしまう。その人間が舞台の中で自由に動き回って衝突する。ほとんど会話だけで話を成立させるのだが、その会話の密度が凄く、それでいて一貫した人間的テーマが論じられる。およそ「頭の良い人間」の表現をギミックなしのまともな会話だけで説得力を持たせられるのはソーキンくらいだろう。誰にも媚びない観客置いてけぼり感がむしろ心地良い。

時代によって解像度を変える映像表現は効果的だが、その中に写っている時代を確実に反映したディテールが凄い。80年代の大群衆がまったくその時代の人間にしか見えないし、1998年も今から見ればけっこうな「昔」だということがよく分かる。

この現実感とフィクションの独特の折り合いの付け方がジョブス役のファスベンダーで、外見はまったくスティーブ・ジョブズに似ていないし最後ちょっと寄せはするものの基本的に似せる気がない。ウォズニアックもスカリーも同様。つまりこの映画の登場人物は実在でエピソードも事実を元にはしているが、あくまで架空の人物なのだ。この映画は懸命に生きて魂でぶつかり合った人々のファンタジーだ。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 8点(2018-01-11 00:20:17)
21.《ネタバレ》 これは面白かった。構成がいい。【ネタバレ注意】イベントに万全の準備で取り組んでいたというスティーブ・ジョブズを取り上げるのに、主要なイベントの舞台裏だけで構成するというのは新鮮。ジョブズの性格がよく表現されているとも言える。実話に基づく話は、現実がそうであるように終盤だれることもあるが、リアルがドラマチックだからそうしたこともなかった(あの締めくくりが史実かどうかわからないけれど)。嫌われ者のように見えて実はいい奴なんだ、と無理やり印象付けしようという印象もなく、エンターテインメントとして楽しめる作品。
mohnoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-12-15 22:33:54)
20.《ネタバレ》 なんだか常にカリカリしてんなって感じでした。ジョブズさんが全然魅力的に映らずに、なぜこの人から魅力的な製品が次々と生まれたのかが不思議です。まぁ、映画で描いているジョブズさんなんてほんの一面だけなんでしょうけど。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-12-10 04:21:12)
19.《ネタバレ》 とにもかくにも、あの怒涛の会話劇!ア-ロン・ソーキン節炸裂なので、好きな人にはたまらんでしょう。
元恋人との間に生まれた娘を認知せず、十分な支援をしてあげなかったり、盟友ウォズニアックが別機の開発チームに対して「謝辞を言ってくれ」と頼んでも頑として拒んだり。部下に無理難題を押し付けといて、自分は何も出来ないくせに涼しい顔をしてたり。ホント、本作のジョブズは礼儀も情けもないクソ野郎なんだけど、こういうサイコパス的なところが、ぶっ飛んだ天才っぽい。

細かい演出も良かったと思う。1988年NeXT Cubeの発表会のとき、ロビーに飾られた花をジョブズが入れ替えるシーンがある。ケイト・ウィンスレットと話しながら、花瓶に挿された淡い色の花を抜いて、その前に宴会場で拝借していた真っ白なカラーを入れる。この花の入れ替えについては特にセリフもなくサラっと流れてしまうのだけど、舞台に上がる直前に一瞬、このテーブルが映る。そこにはブラックの完全なる立方体(実は目の錯覚を利用して1ミリだけ寸法をズラし「完全な立方体」に“見せている”ジョブズの仕掛けがある)、新製品ネクストキューブが置かれ、隣にスッキリとしたカラーが黒を引き立たせているのだ。完璧主義にも程があるというか、ほとんどビョーキ(笑)。こういうジョブズらしい「こだわり」の見せ方、魅せ方が実に上手いと思った。

株主にも顧客にも媚びないジョブズの姿を通して、この作品自体の「こだわり」というか「頑なさ」も感じられる。観客側にかなり「負荷をかけてくる」映画ですね。M気質の自分はゾクゾクしました(笑)。
ポッシュさん [DVD(字幕)] 8点(2017-07-27 00:31:16)
18.プレゼン前しか扱わないという切り口も、グチャグチャな時間軸も、早口でまくし立てるセリフ回しも、きわめて技巧的。「どう? 気が利いてるでしょ、アタマいいでしょ」というインテリ臭(またはインテリ・コンプレックス?)が漂います。このあたりは、好き嫌いが分かれるところでしょう。個人的には、少々ツンと来ました。いずれにしても、スティーブ・ジョブズについての予備知識がないと、かなりわかりにくいんじゃないでしょうか。2013年版のほうが、ずっと丁寧で親切でした。
それよりショックだったのは、ファンだったはずのケイト・ウィンスレットが、まったくウィンスレットに見えなかったこと。前半はメガネのせいかと思っていましたが、後半にメガネを外してからも「こんな顔だったっけ?」という感じ。太られたのか、老けられたのか、それとも私の錯覚か。
それはともかく、ジョブズ作品が相次いで2本も作られたわけですが、いずれも描いているのは前半生までです。壮絶な後半生をテーマにした作品も、きっとこれから何本も作られるのでしょう。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-05-13 02:04:34)
17.先に見たアシュトン・カッチャー版のほうがおもしろかったですね。マイケル・ファスベンダー版は難しい内容をただただ早口で怒鳴りあってるだけといった印象でした。アーロン・ソーキンの脚本はザ・ホワイトハウス時代が頂点だったと思います。。
ラストの「ポケットに1000曲入れてやる」っていう部分だけはちょっとウルつきましたが、私にとってはただそれだけの映画でした。(そもそもアップル製品は一個も買ったことがありませんし、嫌いでもなければ好きでもないです)
アラジン2014さん [インターネット(字幕)] 3点(2017-04-04 21:29:26)
16.《ネタバレ》 ジョブズの名前と顔はわかるけど、って程度。
パソコンの話とか知識無い人にはかなり難しいこと言ってる思う。
すでにある程度ジョブズのことを知ってる人達が観る映画だ、という印象でした。
iPhoneはすごいと思ってるけどこの映画には出てこないし。
虎王さん [DVD(吹替)] 5点(2016-12-12 13:31:43)
15.《ネタバレ》 スティーブ・ジョブズ――。IT業界黎明期において革新的な製品を幾つも世に送り出してきたものの、その偏屈で傲慢な性格からいまだ毀誉褒貶の激しい彼の人生を、時代時代における三つの重要なプレゼンテーションの舞台裏を切り取ることによってスタイリッシュに描いた伝記ドラマ。その無駄を大胆に切り落とした野心的な構成(60年にわたるジョブズの人生を描くのに実質3日分しか描いていない!)はいかにもダニー・ボイルらしい見事なもので、なのにちゃんと彼の性格や人生を過不足なく表現しているのはさすがという他ない。これを並みの監督が安易に挑戦したりすれば、多くの場合もう目も当てられないものにしあがってしまうことだろう。流れるように展開されるスピーディーでスタイリッシュな映像、軽快でノリのいいその音楽センス、実力派の役者陣が織りなすパワフルな演技バトル。エンドロールが流れるまでの2時間弱の間、僕は映画の世界にどっぷりと浸かって見入ってしまった。なかなか完成度の高い作品であったと言っていいだろう。ただ、このジョブズという人のことはもちろん知ってはいたけれどそれほど興味もなく、またアップルの製品ともほとんど関わらずに生きてきた僕のような人間には、いまいち興味を持ち辛いテーマであったのでそこまで高評価というわけにはいかなかった。これは相性の問題だろう。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2016-12-03 00:43:52)(良:1票)
14.《ネタバレ》 ipadで鑑賞したので、なんか不思議な気持ちになりました。映画の方はびっくりした。物凄く奇妙な構成やったから。新製品発表時の舞台裏で、ジョブズが主に5人くらいの人と口論するとゆう展開。これが3回続くのが映画全体の流れ。僕はジョブズやアップルに関して全く知識がない。なので、なんの話をしているのか、なんで喧嘩しているのか、チンプンカンプン。早口だし。ただ、退屈かと言えば、そーじゃなかった。なんか、わからないなりに、ジョブズの人間性や天才性、変人性がチョロチョロ見え隠れしていて、わかんないけど、だからこそ、逆にジョブズってゆうキャラに興味が湧いてきて、もっとよく知りたい感で、興味が持続した。それに3回とも一見ほとんど同じ感じなんだけど、撮り方や雰囲気が違っていて、最初の方は、なんだか映像的に昔風だし。最後の方は音楽とか映像処理とか現代的。そして観てるうちに、娘との関係性にドンドン感情移入してしまい、最後、娘に、「そのポケットに1000曲以上音楽を入るようにしてやる」ってセリフで、なぜか号泣。天才、だけど、完璧じゃない。娘への愛情には不器用。だから出たせーいっぱいの愛情的な言葉が、その発想とかやっぱジョブズ的とゆーか、でも、それに娘がなんかわかってる感じで反応してるシーンに、感動しちゃいました。これは映画で、真実とは違うかもだけど、1つの物語として、良かったです。
なにわ君さん [インターネット(字幕)] 10点(2016-10-10 08:10:36)(良:1票)
13.《ネタバレ》 面白かった。2013年のジョブズの映画を先に観てたので、この2015年版の冒頭の経営の話は理解できた。これ、ジョブズをよく知らない人が観たらジョン・スカリーの立ち位置分かるかなぁ?でも知らなくても、父と娘の話に焦点が移ってくるので、面白いと思うかもね。でも僕も2013年版で疑問に思ってた。ジョブズが先の映画に描かれてた人なら、よく皆、彼についていくもんだなぁって。でもやっぱり本作観ると、魅力あったんだろうね。人の子として。ジョブズがあんな生い立ちがあったなんて知らなかったよ。やっぱ彼はホンモノだと思う。って俺も軽いなぁ(笑)それにしてもケイトウィンスレットとは、最後まで気づかなかった。巧い役者だなぁとは思ってたけど。映画が進化するにつれ、映画の役者の見せ方も変わってきてるので気づかんやったワイ。
トントさん [DVD(字幕)] 8点(2016-10-05 22:21:36)
12.ストーリー展開がもたついているなぁと思ったらimacまでの物語だったとは。。
当然2011年までの話だと思って見始めたもんだからとんだ肩透かしだった。
ただ、今回の構成を知っていたとしてもソーシャルネットワークには足元にも及ばない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2016-09-19 13:43:47)
11.私は新規事業立ち上げに当事者の一人として携わった経験があるのですが、人の話を聞いていると事業はまったく前に進みません。特に、今まで世になかった商品やサービスを開発し、供給により需要を生み出すというタイプのビジネスではあらゆる人からリスクばかりを指摘され、できない理由を朝から晩まで聞かされることとなるため、人の意見は聞かない、聞いても自分に都合よく解釈し、「成功するはずだ」と信じて一度決めた道をひた走るという資質が経営者には求められます。
本作で描かれるスティーブ・ジョブズは完璧なクソ野郎です。脚本を書いたアーロン・ソーキンは『ソーシャル・ネットワーク』と同様にカリスマ経営者の悪しき一面を描くことに関心を持っており、間違いなくジョブズに対する悪意をもった作品であると言えます。そのクソ野郎ぶりを眺めることが本作の一義的な楽しみ方だと思うのですが、それと同時に、ビジネスの世界で成功するためにはこれくらい極端な人格を持つ必要があるという勉強にもなります。自身のビジョンに絶対の自信を持ち他人の意見に左右されないこと、部下の事情など考えずにビジョンの実現のみにこだわること。凡人にとってここまで自分を貫き通すことは難しく、どこかで心が折れたり、目標や方法がブレたりするのですが、ベンチャーを成功させる経営者はメンタル面での圧倒的な強靭さを持っています。そして、経営者を間近で見ていると、そのような人物像は一種の才能であるかのように感じられます。
英語では才能をgiftと言い、神からの贈り物という含みがあります。劇中で相棒のウォズニアックから指摘される通り、ジョブズにはハードウェアを作る技術も、プログラムを書く技術もなく、後天的な努力をしてスキルを磨いてきた人物ではないのですが、他方で自身のビジョンを信じて突き進むという人格面での強靭さと、10年先20年先の社会を読んだ上で当たる商品コンセプトを思いつくという先天的な能力には恵まれており、まさに神からの授かりもので生きてきた人物だと言えます。人格面では最悪で多くの人から嫌われているものの、凡人がどれだけ努力しても身につけることができない才能を持っていることから、部下達は彼の元を離れることができません。努力で自分の価値を高めている秀才にとって天才とはズルくて憎たらしい存在なのですが、ジョブズとウォズニアックの関係はまさにそれを象徴しています。
作品は3部構成であり、それぞれ重要なプレゼン前のバックステージを舞台としており、膨大な量のセリフのみによって物語は進められていきます。そのような特殊な構成をとっているために視覚的にはやや単調なのですが、ジョブズという人物像がそもそも強烈である上にマイケル・ファスベンダーの熱演もあって、彼の最悪な発言を聞いているだけで2時間はもってしまいます。ただし、状況や人物に係る説明的な描写はなく、ジョブズの人生を知っていることが鑑賞の前提条件となることから、間口の狭い作品となっていることは残念でした。また、天才を突き放した視点で眺めた作品であるためか、鑑賞後に特に心に残るものがありませんでした。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-08-18 18:21:36)(良:1票)
10.《ネタバレ》 SEという初期のMACから愛用しているアップル・ファンの自分としてはジョブスとアップルに起きた出来事を知っていたのでストーリーにすっと入り込めたが、そうでない人にはやや不親切な展開だったのではないのか。ジョブスはめんどくさくて嫌な奴だったという話は有名だが、最後の場面は真実か? 映画的演出か? どうなんでしょうねえ。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-07-16 00:17:57)
9.ジョブズの人格障害者っぷりがよく分かるいい作品だった。重厚な台詞劇。一人の変人の人生を三幕物の舞台のように組み立て直した大胆な構成も見事。時代の変化を16ミリ→35ミリ→デジタルと画質の違いで表す仕掛けのスマートさにも驚いた。ボンダイブルーのiMacも懐かしいね!しかしこのような一般的な見所をどうでもよくしてしまうのは、なんといってもケイト嬢の腰の太さである(また始まった)。台詞も重厚なら身体も重厚。顔なんかは痩せてだいぶ直線的になってしまったが、腰回りのボリュームは不思議としっかり維持している。実は見始めて「台詞回しがケイト嬢みたいだが顔が違うよな〜」なんて思っていたのです。しかし若干アンバランスさを感じさせる女優の腰の太さに魅入られ、透視能力を使って服の中を見ていて彼女と確信できた次第。だいたい女はカラダしか見ていないうえに彼女は化けるのが上手いんで別人に見えるんだよ。ケツの格好が分かるような服は一切着ていないしバックショットもほとんど無いのだが、それでもわかる尻の大きさはベースになっている骨の太さ、骨盤の大きさからくるものだろう。やはり最後まで女の記号としての拠り所になるのは脂肪ではなくてコツよのぅ(持論)。まああと30キロくらいは脂肪を纏ってくれた方が望ましいとはいえ、今の尻だけでも充分持ちます!あんたいい女だよ!
皮マンさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-07-15 08:38:54)
8.台詞量が最新型iPhoneの容量を上回ってるんじゃないかっていうくらい凄かった。
常に誰かがまくし立てていて、登場人物の会話についていくのがしんどかったっす。ジョブズやアップルの歴史をある程度知っていれば、もっと楽しめたんだろうなー。
彼が行った3つのプレゼンテーションの舞台裏だけを描くという演出は面白いのですが、それらを繋げる娘のストーリーがベッタベタな展開で萎えてしまった。
テンポ良く編集されているのはナイスです!
Y-300さん [映画館(字幕)] 4点(2016-05-07 13:07:20)
7.飛行機の中でたまたまやってたので見ました。
ちょうど2013年度版のジョブズを見たばっかりだったので、ある意味グッドタイミングで視聴できました。
正直、私はジョブズのコアなファンでもなければ、アップル信者でもありません。
ということは、ジョブズのことなんて前記の2013年版の映画レベルの知識しかありません。
この映画は製品発表会の舞台裏でのいざこざにフォーカスをしていて、正直万人がみて楽しめる映画にはなっていません。
ジョブスの人柄をしるとか、歴史をしるとかという丁寧な作りではなく、ある程度ジョブズのことを知っている人間にしか面白さは感じないと思います。
例えば、トヨタプリウスの開発から試行錯誤しての発表という映画なら見ても面白いだろうけど、いきなりプリウス発表会でケンカ騒ぎがありましたという映画が面白いと思いますか?そんな映画なんで、ジョブズのことをあまり知らない人は、まずは2013年版を見て興味を持った方が見る映画かなと思います。
そうしたちょっと知識があれば、その映画の裏舞台という感じで楽しめるかと思います。
シネマファン55号さん [ビデオ(吹替)] 5点(2016-04-21 13:39:16)(良:1票)
6.まだ何もアップルの製品を手にしたことがなかった頃、デジタルオーディオプレーヤーを購入するために家電量販店に赴いた。
連続再生時間など機能面に優れた国内メーカーの商品を購入するつもりだったけれど、ふと目にして手に取ったiPodのデザインに虜になり、衝動買いしてしまった。

あれから十年あまり経ち、iPadで上映時間の確認をし、iPhoneで音楽を聴きながら映画館に向かい、映画を見終えて、MacBookでこのレビューを綴っている。
決して根っからの“アップル信者”というわけではないけれど、それでも「彼」が生み出した製品は、自分の日常生活の中で寄り添っている。
この映画の中で描かれる「彼」の功罪を見て、この人物ほど、誰しもが憎しみ、同時に誰しもが憧れた人物はいなかったのではないかと思える。
世界中の誰よりもエゴイスティックに自分自身を信じ、多くの人を傷つけ、多くのものを失いながら、世界に対して「未来」を示し続けた、愚かで、偉大な人。
スティーブ・ジョブズという人はそういう人物だったのだと思う。


この映画は、スティーブ・ジョブズがかつて生み出した3つの製品の発表会の舞台裏のみで描かれる。
それぞれにおいて重要な発表会の開始を目前にして、彼に関わる5人の人物が入れ代わり立ち代わり現れては、彼と口論を繰り返していく。
それはとてもとても奇妙な作劇で、当然ながら現実にこんなことが繰り広げられいた筈はなく、フィクションが大いに盛り込まれていることは明らかだ。
しかし、そのフィクションを多分に孕んだ描写によって描き出されるスティーブ・ジョブズをはじめとする人物たちの存在感は、非常にリアルで説得力に満ちていた。
全編通して展開される会話劇が本当に見事で、映画の開始数分で既に脚本の素晴らしさが際立っていた。
卓越した脚本を基礎として、超一流の演出と演技が緻密に組み合わされて映画が彩られていた。


劇中、ジョブズの盟友スティーブ・ウォズニアックが言う。
「お前には何ができるんだ?」
エンジニアでもなければデザイナーでもないスティーブ・ジョブズ対する非難めいた台詞だが、勿論それを発したウォズニアックは、「何もできない」からこそジョブズが“天才”であることを他の誰よりも知っている。
“何もできない者”が生み出した「功績」。それこそが、スティーブ・ジョブズという人が、憎しみと憧れを、同時に、一身に受けた最たる要因だろう。

敵を作り続けることを厭わない天才の言動は、理解に苦しむ。
でも、そうでもしないと本当に素晴らしいものは生まれないということを、本当は世界中の誰もが知っている。
真似はできない。けれど、その生き方を貫き通した彼の姿は、やはり眩く、涙が溢れた。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 10点(2016-03-19 20:07:39)
5.《ネタバレ》 約9ヶ月ぶり2度目観賞。世紀のプレゼン40分前の舞台裏。天才なれど偏屈、故にぶつかる。その孤独ぶりがよく描かれていた。ビジネスパートナーにして唯一の理解者は「タイタニック」のローズ。貫禄と贅肉が付いて随分とふっくらされている。延々と続く会話劇にお疲れだぃ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2016-03-06 22:06:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 6.21点
000.00%
100.00%
200.00%
328.33%
428.33%
5416.67%
6625.00%
7520.83%
8312.50%
900.00%
1028.33%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review3人
2 ストーリー評価 5.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.80点 Review5人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

2015年 88回
主演男優賞マイケル・ファスベンダー候補(ノミネート) 
助演女優賞ケイト・ウィンスレット候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS