ハード・トゥ・キルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハード・トゥ・キル
 > (レビュー・クチコミ)

ハード・トゥ・キル

[ハードトゥキル]
Hard to Kill
1990年【米】 上映時間:96分
平均点:4.71 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
アクションサスペンス刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブルース・マルムース
演出スティーヴン・セガール(マーシャルアーツ指導)
バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストスティーヴン・セガール(男優)メイソン・ストーム
ケリー・ルブロック(女優)アンディ・スチュワート
ウィリアム・サドラー(男優)ヴァーノン・トレント
バディ・ジョー・フッカー(男優)
宇崎竜童メイソン・ストーム(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
戸田恵子アンディ・スチュワート(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
阪脩ケヴィン・オマーリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
滝沢久美子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
笹岡繁蔵(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
城山堅(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山田栄子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
峰恵研(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小野健一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山下啓介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
西川幾雄(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫メイソン・ストーム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内海賢二ケヴィン・オマーリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
有川博ヴァーノン・トレント(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木優子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷六朗(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
千田光男(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
川田妙子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
金尾哲夫(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
京田尚子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤原啓治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小室正幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石野竜三(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本スティーヴン・マッケイ
撮影マシュー・F・レオネッティ
ジョン・R・レオネッティ(カメラ・オペレーター)
製作スティーヴン・マッケイ(製作補)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮リー・リッチ
マイケル・I・ラックミル
配給ワーナー・ブラザース
字幕翻訳岡枝慎二
スタントパット・ロマノ(ノンクレジット)
あらすじ
悪の組織によって妻子を殺され、自らも重傷を負って昏睡状態に落ちたロス市警の刑事メイソン・ストーム(スティーヴン・セガール)。7年後に目を覚ました彼は、東洋武術のトレーニングによる懸命のリハビリの後、組織に対して復讐に立ち上がった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.《ネタバレ》 ○死にかけて何年後かに目を覚ますって…のちの作品でも見たような。○病院からの脱出劇から味方を見つけ徐々に復讐していくというのはシンプルで良かった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-20 22:45:00)
41.,当然の事ながら、セガールが若い&痩せてる、そして動きが機敏。太ってからの沈黙シリーズとは違った趣で逆に新鮮でした。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2014-07-20 12:16:45)
40.《ネタバレ》 妻を殺された刑事が7年間の昏睡状態から覚めて、身体をみっちり鍛え直してから、復讐するという分かりやすい展開。安心して見られます。はり治療、灸とか出てきます。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2014-06-30 00:16:18)
39.セガール2作目にして、初めて全米1位を獲った作品。今ではVシネマ俳優と化し、一体誰が見ているのか分からない作品を濫造しているセガールですが、この頃は少ない制作費で堅実に稼ぐ、優秀なマネーメイキングスターだったのです。。。
前作『刑事ニコ/法の死角』は後のセガール映画の基礎を確立した作品でしたが、一方で本作は、セガールにとっては異例尽しの内容となっています。ケツを揉み、乳を頬張るという激しいラブシーンを演じた後に、不意を突かれて凶弾に倒れるセガール。セガールも人の子、ベッドでは無防備だったのかという、いろんな意味で衝撃的な展開を迎えるのです。また、ベッドシーンでは、明らかに緊張しているセガールの顔を拝むことができます。さらに、肉体を晒すことに消極的なセガールが、本作では上半身裸を見せているという点でも、妙なお得感があります(ホモじゃないよ)。ステロイド漬けのムキムキが基本だった当時において、ノンステロイドの肉体はどこか味気ないのですが(ホモじゃないよ)、その一方で、見せるために筋肉をつけているわけではないという武道家としての飾り気のなさがかっこよくもあります。。。
内容の方は、それなりにしっかりしています。とにかく適当だった当時のアクション映画の中では、よく作りこまれている部類に入るのではないでしょうか。とはいえ、セガール作品としては微妙。セガール作品を見る者は、セガール無双を見に来ていると言っても過言ではないのですが、本作では「セガールやられる→鍛え直してパワーを取り戻す→仇に復讐」という3部構成を90分強という短時間に詰め込んでいるため、セガール無双の時間がとても短いのです。また、セガールに惚れたヒロインが強力な保護者兼支援者となるという作品の要の部分が、「んなわけねぇだろ」とツッコミを入れたくなるほど説得力がないという点も、思わぬ弱点でした。なんせ、彼女が惚れたセガールは、ヒゲ伸び放題で仙人状態ですからね。こんなのに惚れるだなんて、この人の感性はどうかしちゃってるでしょ。セガールに意識がないのを良いことに、ち○こをチラ見して「ひゃっはー」ってテンション上がってるし、セガールの枕元に子猫を置くし、完全にイっちゃってますね。これを演じたケリー・ルブロックさんは本作での共演を機にセガールと結婚したそうですが、セガールの意外なバカップルぶりにもガッカリさせられました。
ザ・チャンバラさん [地上波(吹替)] 4点(2014-03-07 23:32:10)
38.《ネタバレ》  「セガールもの」って、「水戸黄門」を観賞するときの気分に近いものがあります。
 いつもお決まりのセガール様の強さを堪能し、すかっとして終わる。これに尽きます。「セガールもの」に求めるものはいつも同じです。
 ・・・だからさ、あんまりラブシーンとかは要らないわけですよ。黄門様や助さんがさ、何回もラブシーンやったら、「いや、そういうの求めてるんじゃないんだよねー」という気持ちになるはず。今作は、それさえなければもっと楽しめた気がします。・・・・看護婦のおねーさんはただの協力者にとどめておいてほしかったです。
 「実は息子は、警察の友人がかくまってくれていて、生きていた。」とか、ストーリー的にすごく面白くなりそうなところはあったのに、そこの部分にはあまりウェイトを置いてないし、時間も割いてないんですよねー。うーん。おしい。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-04-20 01:00:28)
37.《ネタバレ》 いきなり冒頭からスゴイ…七年間の昏睡状態から復活って……流石(さすが)です、セガール様 結構無茶(笑)な設定からスタート→→→結局いつも通りな展開で(苦笑)  いつ観てもセガールムーヴィー安心・最高デス!
Kanameさん [インターネット(字幕)] 8点(2009-11-27 23:41:33)
36.東洋の神秘を存分に宣伝してくれてます。合気道というより空手になってますけれど、西洋人には違いは分からないでしょうね。
kazu_jonさん [DVD(吹替)] 6点(2009-06-11 03:01:10)
35.《ネタバレ》 敵が弱い。もう少しがんばってほしい
spputnさん [DVD(字幕)] 6点(2008-12-28 22:27:03)
34.昏睡状態から目覚めてすぐあんなに動けるわけないだろ…。そこばかり気になって楽しめなかった。
無駄さん [地上波(吹替)] 3点(2008-12-17 01:14:58)
33.スティーブン・セガール作品では最高傑作。
あるまーぬさん [地上波(吹替)] 7点(2007-07-31 17:19:53)
32.《ネタバレ》 珍しくこん睡状態にまではなるが、セガール的運の強さで復活、何故か美人看護婦もゲット!さあ復讐だぜ!!と言う話。ハード・トゥ・キルではない。奴は絶対に殺せないのだ。
ちゃりおさん [ビデオ(吹替)] 4点(2007-05-15 21:08:03)
31.《ネタバレ》 アクションも少ないし、最後とかいじめているに等しい(まあいつもだけど)
大体妻の復讐の前にほかの女と寝ちゃダメでしょ。あと、友人の警官は・・・ちょっと待てよ。
θさん [地上波(吹替)] 2点(2007-01-04 13:15:48)
30.そこそこな映画。暇つぶしにはなると思う
ラスウェルさん [地上波(吹替)] 5点(2006-04-21 00:18:06)
29.脚本も格闘もひねりのない安易さでした。鍼をうったり東洋に造詣が深いかのような気配を漂わせつつ、畳を土足で踏みにじっているし、下心の見え透いた看護婦さんをあっさり迎え入れるしでその気配はお飾りだけの精神の薄っぺらい主人公に魅力を感じません。薄くなった筋肉だけは驚異的な早さで取り戻せ、小悪党達の手足をバキバキへし折っていましたが、彼の友人の方が余程強い人間に感じました。友人に合掌しなさい、と言いたいです。
The Grey Heronさん 3点(2005-03-20 09:00:59)
28.驚異的なんてレベルじゃない回復力、てゆーか意識失っても筋トレしてたんじゃねえの?って感じの肉体なんですけど・・・
ディーゼルさん 5点(2005-01-17 23:44:57)
27.極真習ってるんやし、蹴りとかもっと見せて欲しいな~しかし大阪でもDEEPな十三に良く出現するセガール 日本好きやね~ まあ内容ともにKING OF B級やね!
レスマッキャン・KSKさん 4点(2004-08-01 03:37:44)
26.凄まじい勢いで回復するセガール。凄まじい勢いで相手を殺しまくるセガール。無敵である彼ならではの映画ですな。コレは。
エージェント スミスさん 5点(2004-07-27 14:12:04)
25.《ネタバレ》 七年間も眠っていた割には強すぎるでしょう(笑)しかし、「クリーンな刑事」とは言いがたい・・・。この強さこそがセガールだと思うので結構、楽しめた。序盤では緊迫感も味わえます。ラストは「逃亡者」と同じパターンでした・・・「逃亡者」の方がレベルは上ですが(笑)
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 7点(2004-07-19 09:54:37)
24.みんな思うところ→寝たきりだったのにムキムキじゃん。畳のうえではくつをぬぐべきだよ。看護婦さんそんな夜のお誘いってないだろう・・。えっ畳のうえで始めるの・・?おいおい敵が弱すぎるよ・・。嗚呼オマリー。・・・・さすがセガールです。セガールワールド展開してます。セガール好きな人はいつもどおりに見てもいいでしょうが、セガール初心者は突っ込みどころ満載のB級映画だと思ってみたほうがいい。でもぼくは好き。
NARCISSEさん 7点(2004-07-16 19:53:21)
23.《ネタバレ》 セガールのことを「クリーンな刑事」と呼んでたけど、その割には人の腕をポキポキ折りすぎだし人の家を壊しているし車で街中を暴走しているし・・・。ちょっと無理があるんじゃ・・・。
新世紀救世主さん 4点(2004-07-10 23:11:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 4.71点
000.00%
112.38%
249.52%
337.14%
41126.19%
51023.81%
6614.29%
7614.29%
812.38%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS