死霊館 エンフィールド事件のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 シ行
 > 死霊館 エンフィールド事件の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

死霊館 エンフィールド事件

[シリョウカンエンフィールドジケン]
The Conjuring 2
2016年上映時間:134分
平均点:6.58 / 10(Review 26人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-07-09)
ホラーサスペンスシリーズものミステリー
新規登録(2016-07-10)【ぴのづか】さん
タイトル情報更新(2021-09-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ワン
キャストヴェラ・ファーミガ(女優)ロレイン・ウォーレン
パトリック・ウィルソン〔男優・1973年生〕(男優)エド・ウォーレン
フランシス・オコナー(女優)ペギー
フランカ・ポテンテ(女優)アニタ・グレゴリー
サイモン・マクバーニー(男優)モーリス・グロス
ジョセフ・ビシャラ(男優)
マディソン・ウルフ(女優)
小林さやか〔声優・1970年生〕ロレイン・ウォーレン(日本語吹き替え版)
咲野俊介エド・ウォーレン(日本語吹き替え版)
小形満モーリス・グロス(日本語吹き替え版)
牛山茂(日本語吹き替え版)
原作チャド・ヘイズ(原案)
ケイリー・ヘイズ(原案)
ジェームズ・ワン(原案)
デヴィッド・レスリー・ジョンソン
脚本チャド・ヘイズ
ケイリー・ヘイズ
ジェームズ・ワン
音楽ジョセフ・ビシャラ
撮影ドン・バージェス
製作ロブ・コーワン
製作総指揮トビー・エメリッヒ
ウォルター・ハマダ
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
26.《ネタバレ》  前作同様、前半がとにかく怖い。ウォーレン夫妻がまだ事件にからんでいないからね。
 ホラーは、ひとりのときに襲われちゃうシーンが一番怖い。子供たちだけで、しかも一人ずつ怖い思いをしていくのが見ていられない。小さいテントの中に、男の子が近づいていくシーンなんか、ほんとに怖い。・・・・ただそこから出てきた『へそ曲がり男』、アレは怖い・・のか・・?
 で、騒ぎが大きくなり、ウォーレン夫妻がやってきてからは、モンスター映画になってきます。
 前作同様、中盤~後半にかけては怖さが緩やかに。特に今回の黒幕は霊ではなく悪魔。悪魔より霊のほうが個人的には怖い。だから悪魔の仕業だよって言われると、逆にちょっと安心しちゃう。だって、女の子が一人留守番してくるところに出てくるおじいちゃんの霊のほうが圧倒的に怖いから。まあ、そうは言っても今作のシスター風悪魔のビジュアルはなかなかでしたけど。
 このシスター風の悪魔はウォーレン夫妻にとり憑いているものだとばかり思っていたので、『おじいちゃんの霊は悪魔に操られている』ってなって頭の中???に。
 序盤で見ていたシスターデビルは、予知夢だったわけですね。
 ・・・いや、でもシスターデビルはその予知夢のなかで自分の名前を教えちゃってるわけで・・・やっぱ本物?
 もうよーわからんです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2024-01-03 15:48:49)(良:1票)
25.《ネタバレ》 うーん、どうだろう…単純に怖くなかったかなぁ。丁寧な作りで飽きはこなかったけど、全然怖くないんだよなぁ。エンディングの実際のテープと写真を見ている所がこの映画で一番怖かったかな。
はりねずみさん [インターネット(吹替)] 5点(2022-12-27 16:38:35)
24.《ネタバレ》 ヴァラクとやらよー、邪悪で卑怯なろくでなしだったなー。エドとロレインが相手してくれて、ありがたく思えや!
ってぐらいお気に入りシリーズになってもた。
3作目も楽しみだ。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 8点(2022-08-28 17:23:22)
23.《ネタバレ》 悪魔と幽霊が手を組んで襲ってくるわけですが、個人的には悪魔と幽霊は同じ空間にいて欲しくない。悪魔は宗教的なもの思想的なもので、幽霊はこの世の延長という感じ。日本人の捉え方なのかもしれないけれど。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2022-07-16 09:58:04)
22.前作に引けを取らない演出と迫りくる恐怖は継続。
このドキドキウズウズ感は中毒性に近い?おもしろかった。

このシスター風悪魔ヴァラク。なかなかの個性溢れるヴィジュアルで。
エミリーローズの時もそうだったけど、悪魔ってたくさんいるんだな~w

ウォーレン夫婦の活躍も際立ち、人気シリーズとして地位を確立。
悪魔のせい…次作も早く観てみたい。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2022-04-25 00:09:23)
21.《ネタバレ》 人物がきちんと描けていること、派手さを抑えた画のトーンがうるさくなくてキレイ、という1作目の美点をちゃんと継承しています
。これ見よがしなCG技術で驚かしに来ないクラシカルなホラー手法が特徴的で、現象もポルターガイストという「撮るのが比較的簡単」なものですが、なんたって「実話」という重みが違います。
本編も陰気で怖いですがエンドロールの実人物写真の怖さったら二倍増し。勝手に家具が動くのは嫌だなやっぱり。
エンフィールド事件について色々調べてみますと、あの家の子らがわざとポルターガイスト的なイタズラを調査員に仕掛けることもあったそうな。全部の現象がイタズラではなさそうなのですが、あんなキョーフ体験の下にあって同じネタを自ら演出するなんてイギリスのガキんちょってなんてメンタルがタフなのかしら、と思いましたね。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2022-02-23 17:12:50)
20.あしながおじさん、みたいなアレが必要なのかな、
と思った以外は面白かったです。

とはいえ、主題が「悪霊に悩まされる家族」 「を助けにいく夫婦」
の2本立てなのが勿体ないなと思いました。

2つの救済対象があるのは豪勢ではあるが
観る側としては視線が揺れてしまい、
悪魔の名をいえばウンヌンという箇所が霞んでしまう。
(染みの名は?)

登場人物は増えていないはずだが、
「死霊館」 より このエンフィールド事件の方が
妙に複雑化してしまっているなと。
元祖さん [インターネット(字幕)] 5点(2022-01-15 21:18:04)
19.《ネタバレ》 廊下のテントは即刻解体すべしだ!あんな物騒なもんを暗がりに置いておくんじゃない。あの立て姿だけでも恐ろしいんじゃって。

死霊館シリーズは、なんかアナベルとごっちゃな感じになってしまって時系列も関係性も分かりにくい上に、タイトル似通ってしまっている為、未鑑賞なのか鑑賞済なのか分かりにくくて困ってしまいます。
だが、この《死霊館エンフィールド事件》この作品だけはタイトル的に覚えやすく確実に鑑賞済と記憶していく事でしょう。ただタイトル的に言ってしまっての事ではない、出来映え見栄えからして かなり真面目な正統派ホラーだったとして記憶し称賛出来てしまいます。そんな自分は今までホラーを幾多と見尽くしてきたオッサンなんですが、まさかこんなに気に入ってしまうとは思っておりませんでした。まさか、これでかなり楽しめてしまったという事実です。子役のジャネット素晴らしい。霊に怯え、暗がりで懐中電灯を持ったまま布団に潜り込み(だけど、灯りは消さず)泣きかけの顔を照らし続けたシーンがお気に入り。家族5人で道路渡って向かいのお家に逃げ込むシーンが危機感を煽るに十分だったのでそのシーンもお気に入り。だけど、そんなことより、あのシスター風の悪魔の顔面は例え昼間の明るい所で見たってきっと恐ろしいはずだ。(笑)
3737さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2021-10-07 21:20:56)(良:2票)
18.《ネタバレ》 結構面白かった。
シスター恐いよう(>_<)
ブリーバンデカンプさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-08-10 16:06:26)
17.《ネタバレ》 本格的なホラー映画を見るのは超久しぶり。なのでけっこう楽しめました。同じく久しく行っていないお化け屋敷をおっかなびっくり探訪するような感覚です。
で、早々に思い出しました。あちらの幽霊やら悪魔やらは、やたら騒々しいんですよね。日本の怪談のように、静寂の中で聞こえるはずのない音がかすかに聞こえる、などという世界とはわけが違う。ゾクゾク怖がらせるというより、脊髄反射に訴えてワッと脅かすという感じです。同じ人間の幽霊のはずですが、出方には現世の文化の違いが反映されているようで。
もう1つ面白かったのが「悪魔」の描き方。あんなにわかりやすいコスプレしたり、タイミングよく配管のバルブを弄って主人公の目を攻撃したり。悪にかけては全能な存在だと思っていたのですが、やっていることはかなり姑息です。それに名前を呼ばれただけで退散するなんて、お前はSNSの匿名アカウントかよと。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-08-29 04:51:51)(笑:1票)
16.1977年に起きた世界一有名なポルターガイスト現象「エンフィールド事件」をもとにした映画。
1977年といえばスターウォーズや未知との遭遇が公開された年ですからそれなりに最近。事件自体の映像記録も録音記録も残っているし現象を目撃した人も警官や記者、学者含めて30人以上…となれば、本来であればもっ大騒動になっていいはずの事件だと思うんですよ。
だって家中の家具がぶんぶん動く現象がずっと続いていて少女は変な声で3時間もしゃべり続けあげくに宙に浮く…それを大勢の人が実際に見てるし記録されてるんですよ?
科学的には大事件のはずじゃないですか。
でも、実際にはずっと放置されてる…って事は結局「だれかのいたずら」という扱いなんだろうし、類似の事件が他にほとんどないんだから実際にいたずらなんでしょうけど。

という事で(一応)実話ベースの話なわけですが、何しろ実話ベース。
映画的な脚色はあってもとにかく地味です。とことん地味。そして長い。
ラスト30分はそれなりに盛り上がるので、途中をせめてもう20分短くしてくれば…

最後まで観ると悪くはないんですが、この長尺で観るとさすがに途中がちょっと退屈です。
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-06-07 18:13:23)
15.《ネタバレ》 あくまで少女とその家族の物語であって、ウォーレン夫妻は霊や悪魔をバシバシやっつけるぜ!的なポジションの方があんまり重たくならなくていいんだけどなあ。
オカルト映画としては、見せ方もうまいし怖いし面白かったんだけど、ジャネットがなぜ狙われてるのか、というポイントが曖昧、というかほぼ触れられないので消化不良な感じが拭えない。2時間以上あるんだからちゃんと押さえといて欲しかった。
それにしても、エドっていい奴だなあ。ジャネットもエドに父親を重ねて見てることがわかる演技で、グッときた。
エンドロールで気づいたんだけど、反オカルトの女性科学者?、フランカ・ポテンテじゃないか。
名前が出なかったら全然わかんなかったぞ。
チャーミングだったのに、ちょっと残念。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-05-23 22:28:31)(良:1票)
14.え?実話なの?
と言っても大分脚色はされてるんだよね?どこまでが本当なのかわからない。全部本当だったらヤバい。シスターの絵の裏から手が出て来る奴とか流石に嘘臭いけどね。
展開としては1作目と似た感じ。
でも、不可思議な現象が大抵は一人の時に起こるものだけど、大勢人が集まって居るなかでも堂々と現れていたのは斬新だった。
ヴレアさん [インターネット(字幕)] 7点(2019-09-24 07:18:11)
13.期待値マックスで鑑賞したのですが、鑑賞した後はワン監督にまたやられた思いました。本当にもの凄く期待したのに残念です。
SATさん [DVD(字幕)] 4点(2019-01-03 08:30:37)
12.びっくりするくらい怖くありませんでした。そのうえ、長かった。
家族の大切さ、信じることの素晴らしさ・・日曜の夜9時のドラマのようなホラーでした。
USJのアトラクションにしたらいいのではと思うようなド派手なアクションも興ざめです。
暑い夏に、怖いホラーを観たかったのに残念です。
たぬき野郎さん [ブルーレイ(吹替)] 3点(2018-08-05 17:10:18)
11.《ネタバレ》 家族で安心して見られるってのは、それはそれでよいんだけど、山ほどホラー映画見たおっさんにとっては、毒が足りないかな。
センブリーヌさん [インターネット(吹替)] 6点(2018-02-18 15:50:39)
10.《ネタバレ》 もはや安定のエンタメ・ホラー。ジェームズ・ワン監督、相変わらずいい仕事してますね~。なかなか怖かったっす。ただちょっと長すぎるかな。もうちょっと短くても良かったような気がしなくもない。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2017-07-07 21:19:13)
9.《ネタバレ》 『死霊館』の感想でも書きましたが、“実話もの”は個人的にはマイナス要素(可能性の幅が狭まるので)。それでも本格派オカルトホラーとして堅実なつくりで好印象です。やはり脚本は一級品でしょう。悪魔に操られていた幽霊からのメッセージの件は痺れました。後味の悪くないホラーというのも逆に新しいかもしれません。信頼できるシリーズ映画との認識です。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 7点(2017-06-20 21:52:53)
8.《ネタバレ》 ホラー映画だけど、ドラマ部分もしっかりしてるのが良い。ターゲットにされたジャネットは恐怖と睡眠不足で精神的にも肉体的にも弱っていく。周りからも気持ち悪がられて、孤立していくんだけど、家族だけはずっと味方でいてくれた。そして死を予感しながらも戦うウォーレン夫妻。この二つの感動ポイントが交わっていく。監視カメラがとらえた意外な映像で、先が読めなくなるなど、展開の仕方も面白い。「霊的なものを感じない」と伏線を張っていたのもこのためだ。最後の方はパニック映画に近い感じだけど、これはこれで嫌いじゃない。難があるとすれば、悪魔の力が分かりづらいところかな。どこまでできるのか、手を下せるのか… はっきりしちゃうと怖さが低下するって面もあるのだろうか? 難しい。でも全体的にはよく出来ていると思う。濃い2時間+αだったから。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-24 00:33:53)(良:2票)
7.《ネタバレ》 内容としては最近のホラー映画にありがちなお化け屋敷状態で、出来のいい怪談話を聞いた時のような背筋がゾッとする系ではなく、どちらかというとビックリ系。自分的にホラーとビックリは違うんだよと前作に関しても強調した訳ですが、今回のこの高得点は怖さに対してではなく爽快感。いや確かに画的にもよく作ってありますよ。でもこの映画の決定的な違いがそのラストにある。ホラーって解決したのかしないのかよく分からない、含みを持たせたようなモヤモヤした終わり方するのが多いじゃないですか。これに関してはもう完全勝利。ほとんど勧善懲悪ですよ。あまりの痛快さに泣けてしまいました。これだけ悪魔を気持ち良く吹っ飛ばしてくれるホラー映画は見た事がありません。うん、やっぱ散々悪さした奴には最後に消し飛んでもらわないとね。さらに加点ポイントとして、ヒロインの少女ジャネットを演じるマディソン・ウルフが可愛い。エドの気持ち分かるわ。俺でも命懸けで助けると思う。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 8点(2017-01-30 03:18:28)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 26人
平均点数 6.58点
000.00%
100.00%
200.00%
313.85%
427.69%
527.69%
6726.92%
7726.92%
8519.23%
913.85%
1013.85%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS