BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ヒ行
 > BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアントの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

[ビーエフジービッグフレンドリージャイアント]
THE BFG
2016年上映時間:118分
平均点:5.89 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-17)
ドラマファンタジーファミリー小説の映画化
新規登録(2016-09-20)【ユーカラ】さん
タイトル情報更新(2023-10-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
キャストマーク・ライランス(男優)
レベッカ・ホール(女優)
山路和弘(日本語吹き替え版)
本田望結(日本語吹き替え版)
鈴木弘子(日本語吹き替え版)
山野井仁(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
中村大樹(日本語吹き替え版)
落合弘治(日本語吹き替え版)
原作ロアルド・ダール
脚本メリッサ・マシスン
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作スティーヴン・スピルバーグ
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
編集マイケル・カーン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 「ブリッジオブスパイ」や「ペンタゴンペーパーズ」の社会派を
次々に発表する時期、あまり話題にならなかったスピルバーグらしい作品。

CGをふんだんに使ってて、大作ともいえる作品なのだが・・

原作がイギリスで人気のロアルドダールで、彼の「チャーリーとチョコレート工場」のように
非常に含蓄のある子供向けのお話。

ただ軍隊が出てくるところが厳しい。
「ナイトメアービフォークリスマス」でも、軍隊が出てくるし、
英米の子供向けのお話に軍隊が出てくるところは、日本の作家もよく考えた方が
いいのかもしれない。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2022-06-20 10:56:41)
8.少女と巨人の交流のオハナシですが、正直、ストーリーらしいものは殆ど無くって、多少、間延びした感はあります。しかし、CGで描かれる巨人たちの活き活きとした感じ、そしてCGの世界と主人公の少女との融合が、観てて楽しいんですね。
特に、CGの中で茶目っ気たっぷりに動き回ってみせる少女と、これまた見事に動き回って見せる「カメラ」、その特殊効果による描写は、ここまで描けるんだという驚きにあふれていますが、それでもどこか少し胡散臭くって、トリックめいていたりもして。それが、あのかつてのダイナメーション技術みたいな「魅力的な不自然さ」とでも言いたくなるようなものを感じさせたりもします。
個々のシーンが持つワクワク感。いいですね~。
鱗歌さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-09-08 17:50:05)
7.CGと上手く融合していて、物語に引き込まれます。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-21 21:33:23)
6.《ネタバレ》 孤児院に生きるちょっと変わった女の子と巨人族の老人との交流を美しいファンタジックな映像で描いたスピルバーグ監督作。とにかく映像が素晴らしかったです。特にカラフルな夢が空中に散らばるとこなんて息を呑むほどの美しさ!巨人がマントを自在に操りながら夜の街を疾走するシーンも終始ゾクゾクしちゃいました。原作がロアルト・ダールということでちょっぴり毒の効いたストーリーの方もいいですね。ただ、残念だったのは後半の英国王室が絡んでくる展開。主人公の狙いがイマイチ摑めず、また妙にのほほんとしたユーモアが差し挟まれるのも違和感が拭いきれませんでした。前半が良かっただけに惜しい!!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2017-10-13 22:46:54)
5.映画の宣伝を見て、期待してからの視聴でした。
ターゲットは小さいお子様でしょうか。
ハラハラドキドキもお子様向けでマイルドな感じ。
夢見る大人が見ても、ちょっと満たされない、そんな感じの映画でした。
あきちゃさん [DVD(吹替)] 5点(2017-05-09 10:51:13)
4.《ネタバレ》 今までのスピルバーグ作品の中では一番、対象年齢が低いですね。幼稚園から小学生あたり、純粋に子供達のために作られた作品。
向こうではこの児童書は有名なのだそうですが、私は全く知らなかったので、子供に戻って一から堪能いたしました。
孤独な少女と孤独な巨人の心温まる交流。映像的には、やっぱり夢のなる木のシーンの美しさですかね。ほんとファンタジック。
一番笑えたのはやはり宮殿での食事シーン。コーヒーをクソまずいと吹き出して給仕たちにかかるのがいいね。
そして、まさか女王にもプップクプーをやらすとは!
島に落下させた巨人たちにキュウリのタネ送って一生食わせるとかいう平和的かつ残酷な仕打ちも笑えた。
特典映像を見て知りましたが、本作の脚本はETの脚本を担当したメリッサ・マシスンだったのですね。
撮影中にもずっと顔を出していて、映像でも楽しげにお話してる様子が見て取れました。
でも撮影後に亡くなられたとのことで、寂しそうに語るスピルバーグが印象的でした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2017-02-10 22:32:11)
3.《ネタバレ》 「ブリッジ・オブ・スパイ」で難しいスパイの役どころを見事に演じたマーク・ライランスのコミカルな一面が観られて良かったです。
こういうファンタジックな映画はティム・バートンあたりが監督するともっとコテコテの演出しそうなところを、スピルバーグは絶妙な夢と現実のはざ間を描いたと思います。もともと気の優しい大男が連れ去った女の子と共に悪い巨人達を倒すという設定ですので、あまりその世界観にあれこれ言っても仕方ないと思いますし、泡が下におちるメロンソーダのようなジュースを飲んだらオナラで犬までがくるくる飛んでいくコミカルな演出などは良くも悪くもスピルバーグぽくなくて私は面白かったと思います。実際子供を食べるシーンが1度も出てこないのも彼の映画らしさですかね。ただ「E.T」を引き合いに出す宣伝の失敗は「A.I」のときのようでいささか滑稽です。
まさかずきゅーぶりっくさん [映画館(字幕)] 7点(2016-09-24 14:48:12)
2.《ネタバレ》 スピルバーグにE.T.というキーワドをもってしてもヒットしなかったのは、もはや過去の遺物と化してしまったからだろうか。現実として受け止めるにはちょっと寂しい気もしますが、時代の流れとはそういうもので、まあ仕方ないですね。

第二のE.T.とか新たなE.T.とかを売り文句にしてましたが、ハッキリ言って「E.T.」の足元にも及びません。全くもって期待ハズレでした。とにかく巨人のおじいさんが良くない。姿を見られてみんなに言い振り回されたら困るから女の子をさらってきちゃう。だけどもそこには人食べる巨人達がいる。案の定女の子はピンチに!おじいさん以前も別の男の子を同じようにさらってきていて、結局その子は食べられてしまった。そんな苦い経験があるにも関わらずまた同じことをしている。そのくせ被害者気取りだからタチが悪い。人食いの巨人たちはよくよく考えれば別にそういう生態系であって、悪意があって人を捕食しているわけじゃないんですよね。優しそうな顔して後先考えずさらってきておいて、あ~困った困った、一歩も出るな見つかるな!隠れてろ!ってアンタの方がよっぽど”悪”ですよ(笑)優しそうな顔・・・そ~なんですよ~、ここがE.T.との大きな違い。E.T.はブサイクに見える宇宙人がその行動や言動でだんだん可愛らしく見えてくるという演出のマジックがあった。しかしこのBFGはまんまなんですよね。見たまんま。優しそうな顔=優しい、みたいな。だから面白くない!ふ~ん・・・なんですよ。人食いの巨人が食べる目的で少女をさらってくるが、その無垢な心とふれあう内に変わっていく。ていう方がしっくりきたかも。まあありがちっちゃあありがちですけど。

あと女王陛下の力を借りるのもどうかと思う。他力本願でしょ、それじゃ。自分たちの知恵と勇気で何とかして欲しかったな。「夢」という題材も手垢付き過ぎてるし、なんかあざとく見えちゃう。ほんと、どうしたスピルバーグ!?て思っちゃいましたよ。

スピルバーグ神話ももう終わり、ですかね・・・?
Dream kerokeroさん [映画館(吹替)] 4点(2016-09-23 23:33:48)
1.《ネタバレ》 巨人マーク・ライランスの掌の上でヒロインの少女が動き回っている。今では何の驚きも感動もなく受け取られるのだろうが、
ここは素直に驚嘆してみたい。などといいながら、毛布に乗って床をサーフィンするあの芸達者な猫を見れば
アレは本物なのか、CG猫なのかといちいち悩まされるのが癪である。

ポプラらしき並木道を駆け抜けていく黒い影。街燈の灯りを反射する石畳など、夜の英国情緒がいい。
部屋の小道具を駆使して少女が巨人の目から逃げ隠れする長回し、
街中の木々のシルエットなどにカモフラージュしながら闇に紛れて宮殿に入り込むアクションも
それぞれ、「見られてはならない」というサスペンスがそれなりの面白さを生むが、
やはり「見られた」後の減速感が厳しい。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2016-09-22 15:43:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.89点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4111.11%
5222.22%
6333.33%
7333.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS