Menu
 >
 >
 > 本能寺ホテル

本能寺ホテル

2017年【日】 上映時間:119分
平均点: / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマSF時代劇ミステリー歴史もの
[ホンノウジホテル]
新規登録(2016-10-12)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
公開開始日(2017-01-14
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督鈴木雅之(監督)
キャスト綾瀬はるか(女優)倉本繭子
堤真一(男優)織田信長
濱田岳(男優)森蘭丸
平山浩行(男優)吉岡恭一
田口浩正(男優)大塚
高嶋政宏(男優)明智光秀
近藤正臣(男優)吉岡征次郎
風間杜夫(男優)本能寺ホテル支配人
脚本相沢友子
音楽佐藤直紀
製作市川南〔製作〕
フジテレビ
東宝
ホリプロ
配給東宝
編集田口拓也
録音柿澤潔
柴崎憲治(音響効果)
照明杉本崇
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.綾瀬はるかのおかげで最後まで観賞できたが、残念な出来。
へまちさん [DVD(字幕)] 5点(2017-12-04 18:38:45)
6.《ネタバレ》 なかなかどうして、よい作品でした。
すこしきれいにまとめられ過ぎとは思いますが、伝えたいことはよくわかりました。
のほほんSFと綾瀬さんの相性が良かったです。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-11-18 19:35:05)
5.《ネタバレ》 どういうわけか「本能寺の変」の前日と繋がっているエレベーターに乗ってしまい、信長と出会った主人公。逃げたり、遊んだり、いろいろあって、最終的には歴史を変える決断をし、信長に光秀謀反を伝える…というお話。しかし信長はあえて歴史を変えない判断をするが、この理由がちょっといい話。しかしながら、未来人から得た謀反情報で、秀吉の天下取りをアシストする文を書き、自らの後継者に仕立てるのは、歴史をいじらないとの意志に反するはず。いやいや、倉本繭子自体が今の歴史を作った一部ってことになるのかな? 中国大返しの種明かしになってるのはお洒落ではある…。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2017-11-12 23:03:27)
4.《ネタバレ》 オープニングで事件の謎を提示するが、その解釈がない
信長のキャラクターに意外性を出したつもりが、効果的でない。
タイムスリップの設定、説明が雑
押し付けがましい主人公の成長
個人的な感想ですが、もうちょっと工夫してもよいのではと思いました。
ジョウオンズ博士さん [映画館(邦画)] 4点(2017-10-15 13:28:29)
3.今、隠された真実が明かされる-って宣伝文句、何が明かされたのかさっぱり。さっぱりではあるものの、それでも結構いい感じに観ることができた。それはおそらく、やりたいことがいまひとつ見つからない主人公=観客と、やりたいことのために命以上のものを見出した信長との、わかりやすいくらいストレートな主題に、これまたわかりやすいくらい共感できたからでしょう。これくらいわかりやすいと、ほんと、気持ちいいですね。取り立てて、アッと驚くような展開があるわけではないですが、飽きずに観れちゃいました。褒めることもけなすこともない、私にはある意味、不思議な映画でした。あと、堤真一と綾瀬はるかのコンビは、どんなジャンル、どんな役でもきっと、めっちゃウマが合うと思うな~。好きです、このコンビ。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2017-08-06 19:42:03)
2.《ネタバレ》  良くも悪くも(いや、良くもな部分はほぼ皆無に等しいのですが)いかにもフジテレビな映画。真面目に作ろうって気はあるのかいなぁ、ってツッコミたくなるような作品で。

 綾瀬はるかの役が素の彼女を活かしてか、かなり天然系なんですよね。なのでタイムスリップしても大して驚きゃしないし、タイムスリップ先で最初に出会った人物(森蘭丸)にいきなり自分の身の上話を始めちゃうし、無礼者としてさっさと斬り捨ててくださいね、と言わんばかりに信長の前で頭の悪い言動を繰り返すし。現代の人間が信長の前にタイムスリップしちゃったら、っていう話と言うより、世間がイメージしてる綾瀬はるかが信長の前でボケかましまくったら、っていう映画になっていて、ゆるキャラものみたいなモンで。実にフジテレビらしいです。

 一方の信長はタイムスリップしてきた娘の存在によって何らかの意外な展開を見せる訳でもなんでもなくて、なーんの変化もないままに本能寺の変までを消化してゆくだけで、面白味に欠けまくります。ただ、信長というキャラの成り立ちについてはそれなりに語ってみせてます、って、それだけ。唯一、現代から持ち込まれた観光チラシがキーアイテムのような存在に見えますが、それもあまり上手く機能しているようには思えません。

 タイムスリップの結果として、このような事になりましたというオチが存在していないんですよね。綾瀬はるかは最終的に成長したような描かれ方をしますが、それは別にタイムスリップによる作用でなくたって何だっていい訳ですし。明智光秀の謀反による本能寺の変について説明を受けた上でも信長側の歴史は改変される事はありませんし。タイムスリップものとしての面白味、醍醐味はほぼ皆無。

 で、そんな作品でも退屈はせずに見られたのでこの点数。映画そのものが面白かったのではなくて、好きな京都を舞台にしていて(絵葉書的風景が羅列される映画ではありますが)その歴史に想いを馳せる事ができた事、綾瀬はるかのキャラものとしては楽しかった事、その二点が良かった、ってそれだけ。
 少し前に宝塚月組の『信長』も見ましたしね(あれはあれでトップの退団公演なのに信長から話が離れる時間が長過ぎたり、この映画と同様に信長のキャラが固まってて変化が無かったりで、イマイチな舞台でしたが)。

 まあ、人には決してお薦めできない映画ではあります。
あにやんさん [映画館(邦画)] 5点(2017-02-15 23:24:40)
1.あまりにありきたりな 信長像に全く魅力を感じられないので、
彼の行動にある程度の納得はできても感動にまでは至らない。
綾瀬さんのルックスやスタイルは素敵だと思うけど、それだけでお金と時間を使って映画館で観るのは、ちょっともったいなかったな。
rhforeverさん [映画館(邦画)] 6点(2017-01-18 10:16:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 5.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
5342.86%
6228.57%
7114.29%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 1.50点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS