ズーランダー NO.2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > ズーランダー NO.2
 > (レビュー・クチコミ)

ズーランダー NO.2

[ズーランダーナンバーツー]
Zoolander 2
(ZOOLANDER NO. 2)
2016年【米】 上映時間:102分
平均点:6.60 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
コメディシリーズもの
新規登録(2016-10-20)【目隠シスト】さん
タイトル情報更新(2020-12-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ベン・スティラー
キャストベン・スティラー(男優)デレク・ズーランダー
オーウェン・ウィルソン(男優)ハンセル
ウィル・フェレル(男優)ムガトゥ
ペネロペ・クルス(女優)ヴァレンティーナ
クリステン・ウィグ(女優)アレクザーニャ
エイミー・スティラー(女優)
クリスティーン・テイラー(女優)
ジャスティン・セロー(男優)
ミラ・ジョヴォヴィッチ(女優)
ジェリー・スティラー(男優)
ビリー・ゼイン(男優)
ハル・ヤマノウチ(男優)
キーファー・サザーランド(男優)
ベネディクト・カンバーバッチ(男優)
ジョー・ジョナス(男優)
トルーディ・スタイラー(女優)
オリヴィア・マン(女優)
ナオミ・キャンベル(女優)
クリスティナ・ヘンドリックス(女優)
ウィリー・ネルソン(男優)
スティング(男優)
アレクサンダー・スカルスガルド(男優)
M・C・ハマー(男優)
ジョン・マルコヴィッチ(男優)
アナ・ウィンター(女優)
堀内賢雄(日本語吹き替え版)
森川智之(日本語吹き替え版)
岩崎ひろし(日本語吹き替え版)
井上喜久子(日本語吹き替え版)
松本梨香(日本語吹き替え版)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
三上哲[声優](日本語吹き替え版)
菅原淳一(日本語吹き替え版)
小山力也(日本語吹き替え版)
脚本ジャスティン・セロー
ベン・スティラー
ニコラス・ストーラー
音楽セオドア・シャピロ
撮影ダニエル・ミンデル〔撮影〕
製作ベン・スティラー
スチュアート・コーンフェルド
スコット・ルーディン
クレイトン・タウンゼント
衣装リーサ・エヴァンス(衣装デザイン)
編集グレッグ・ヘイデン
あらすじ
世界的セレブばかりを狙った連続殺人事件が発生。被害者たちは皆一様に謎の「キメ顔」を残してこの世を去っていた。この表情がかつて一世を風靡したスーパーモデル、デレク・ズーランダーのキメ顔「ブルー・スティール」であると睨んだ女性捜査官バレンテイーナは、とある事件がキッカケで隠居生活を送っていたデレクに捜査協力の依頼をするのだった……。ベン・スティーラーが監督・主演を務めたファッション業界を描いたコメディ『ズーランダー』15年ぶりとなる続編。前作同様、セレブのカメオ出演盛り沢山です。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.こんな無茶な映画に出た豪華な出演者に3点、衣装1点、映画を撮った勇気に1点。前作のほうが笑えたかもしれません。しかしちゃんと一応筋を通しているストーリーなんですね、不思議と。1点、面白くないギャグでとやりすぎなところ(-1点)。ズーランダー、でも癖になってしまったりして…
HRM36さん [インターネット(字幕)] 5点(2020-02-20 09:36:14)
4.《ネタバレ》 いきなりのジャスティン・ビーバーに笑わせてもらった。やっぱりマグナムはいいね。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-02-12 01:57:27)
3.《ネタバレ》 大物スターのカメオ出演も楽しい、大スケールのおバカ映画。この手の作品は好き嫌いが分れるものですね。キーファー・サザーランドの抑えたバカ演技がポイント高かったです。
こんさん99さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2017-02-05 18:34:04)
2.《ネタバレ》 スパゲティを作れずに子供と喧嘩して親権を奪われ、何故か雪山で隠豚生活を送るズーランダー。子供の学習センターは模型と同じ材料で作った為崩れ落ち、妻はその事故で死亡していた。という、のっけからツッコミ所満載で、相変わらずバカバカしい笑いが繰り広げられます。
ただ、ストーリーは前作以上に意味不明かつ、何をやりたいのかさっぱり見えてこない為ついて行くのがやっと。
これはもう深く考えたら負けなんだろうね、このノリを楽しめるかどうかが重要なんだ。
ヴレアさん [DVD(字幕)] 6点(2016-12-13 16:55:28)
1.《ネタバレ》 前作『ズーランダー』から実に15年の歳月を要したファン待望の(?)続編。カメオ出演のセレブの悪ノリと、心底クダラナイギャグのみで構成された、毒になっても決して薬にはならないお下劣お馬鹿コメディは、ファンの期待に違わぬ、待ち焦がれた「懐かしの味」でありました。個人的にツボだったのは、一瞬の油断が生んだ悲劇の自動車事故。その激しすぎるカークラッシュは前作のガススタンド爆破シーンを彷彿とさせる「やり過ぎ感」に溢れており、某ラーメン○郎の如き狂った(演出の)さじ加減に腹を抱えました。ジャスティン・ビーバーに打ち込まれた銃弾の数然り。ジャック・バウワーの無駄な存在感然り。一度ハマってしまえば、どのギャグもイチイチ面白いのがアメリカンコメディの強みかと。とはいえ、本作で真に感銘を受けたのは、ペネロペ・クルスの異次元の美しさであり(作品登録要望を出すまでアン・ハサゥエイだと本気で勘違いしていたのは内緒だ!)、ベン・スティーラーは監督特権で乳を揉んだに違いありません。
目隠シストさん [DVD(吹替)] 7点(2016-11-30 19:28:16)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 6.60点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5120.00%
6120.00%
7240.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS