帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズvsボーイズ FINAL WARS<OV>のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズvsボーイズ FINAL WARS<OV>
 > (レビュー・クチコミ)

帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズvsボーイズ FINAL WARS<OV>

[カエッテキタシュリケンセンタイニンニンジャーニンニンガールズタイボーイズファイナルウォーズ]
2016年【日】 上映時間:55分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションSFシリーズもの特撮ものアイドルもの
新規登録(2016-11-06)【くるきまき】さん
タイトル情報更新(2019-02-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督竹本昇
佛田洋(特撮監督)
キャスト西川俊介(男優)伊賀崎天晴 アカニンジャー
松本岳(男優)加藤・クラウド・八雲 アオニンジャー
中村嘉惟人(男優)松尾凪 キニンジャー
矢野優花(女優)伊賀崎風花 シロニンジャー
山谷花純(女優)百地霞 モモニンジャー
矢柴俊博(男優)伊賀崎旋風 アカニンジャー
潘めぐみ(女優)九重ルナ ミドニンジャー
三石琴乃(女優)有明の方(人間態)
中山忍(女優)伊賀崎桜子
置鮎龍太郎牙鬼萬月
東地宏樹弓張重三
三石琴乃有明の方
潘めぐみ十六夜九衛門
出演笹野高史伊賀崎好天(ラストニンジャ)(写真)
原作八手三郎
脚本下山健人
音楽山下康介
作詞藤林聖子「ほの風あした花」
撮影旭プロダクション(アニメーション撮影)
製作梶淳(委員会スタッフ)
東映アニメーション(アニメーション製作)
プロデューサー武部直美
加藤和夫【プロデューサー】(エクゼクティブプロデューサー)
制作東映
テレビ朝日
東映ビデオ
作画竹本昇(絵コンテ)
スーツアクター神尾直子
岡元次郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 TVシリーズ終了後の特別編Vシネマとのことで、劇場公開の場合の時間的制約がないということなのか、サイズ的に55分もあって内容が充実している。序盤のニンニンガールズの大活躍がいきなり爽快で、なぜか突然アニメ化する場面もあったが個人的には実写の方がかわいく見えた。
今回はゲストが豪華なようで、中山忍という人は戦隊ヒーローの母親役にはさすがに若すぎる気がしなくもないが、もしかすると名前でキャスティングされたということか。またミドニンジャーの人は戦隊ヒロインとしては明らかに違和感があって笑いを誘うが、本編を見ていた人々にとっては声優の顔出し出演ということになるらしい。もう一人、敵方のおふくろさん役の声優も顔見せしていたようである。
今回も当然ながら視聴者を楽しませようという意図が前面に出ていたようだが、物語に込められた一応のメッセージとしては、夢は誰のものでもなく自分のものだからその気で頑張れ、ということらしく、そういうことなら番組終了後(いわば卒業後)の後日談にふさわしい。かすみ姉(個人的にファン)には自分としても研究者の道でがんばってもらいたいが、今回は可愛いアイドル姿を見せてもらって大変よかった。
ラストで「冠婚葬祭の時」にまた集まるようなことを言っていたのは現代日本の生活感が出ているが、シリーズはこれで本当に終わりということらしい。エンディングでの御礼と年少の視聴者への励ましを見ていると、自分は対象外だと思いながらも嬉しくなる。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 6点(2016-11-10 20:34:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS