名探偵コナン から紅の恋歌のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > 名探偵コナン から紅の恋歌
 > (レビュー・クチコミ)

名探偵コナン から紅の恋歌

[メイタンテイコナンカラクレナイノラブレター]
2017年【日】 上映時間:112分
平均点:5.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-04-15)
公開終了日(2017-10-04)
サスペンスラブストーリーアニメシリーズもの犯罪ものミステリーTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2017-01-05)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-04-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督静野孔文
高山みなみ江戸川コナン
山崎和佳奈毛利蘭
小山力也毛利小五郎
堀川りょう服部平次
宮村優子【声優】遠山和葉
山口勝平工藤新一
吉岡里帆枚本未来子
宮川大輔関根康史
ゆきのさつき大岡紅葉
勝生真沙子服部静華
緒方賢一阿笠博士
林原めぐみ灰原哀
岩居由希子吉田歩美
大谷育江円谷光彦
高木渉小嶋元太
てらそままさき遠山銀司郎
松井菜桜子鈴木園子
山路和弘服部平蔵
若本規夫大滝悟郎
置鮎龍太郎綾小路文麿
小野大輔伊織無我
阪脩阿知波研介
石井康嗣海江田藤伍
一条和矢名頃鹿雄
石川英郎矢島俊弥
福島潤警官
斎賀みつき阿知波研介の秘書
原作青山剛昌
脚本飯岡順一(ストーリーエディター)
音楽大野克夫
作詞倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」
作曲徳永暁人「渡月橋 ~君 想ふ~」
編曲徳永暁人「渡月橋 ~君 想ふ~」
主題歌倉木麻衣「渡月橋 ~君 想ふ~」
製作久保雅一
小学館
読売テレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
企画諏訪道彦(企画プロデュース)
制作トムス・エンタテインメント(アニメーション制作)
配給東宝
作画須藤昌朋(作画監督/キャラクターデザイン)
静野孔文(絵コンテ)
山本泰一郎(原画)
編集岡田輝満
録音浦上慶子(録音監督)
その他古内一成(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 平次を賭けて…女の真剣勝負は紅に染まる百人一首かるた大会。犯人が投了し、足場が崩れる。そこでお決まりのスーパーアクション、平次による仮面ライダー走行。お気に入りのマイキー主題歌「渡月橋」、TV版ではカットなれどもオンガクに8点献上じゃい。
獅子-平常心さん [地上波(邦画)] 6点(2018-05-16 00:27:20)
4.2017年邦画興行収入NO1ということで、久しぶりにコナンの映画をみてみました。
今回は、蘭ねぇちゃんと、コナンの観てて恥ずかしい会話がなくて残念。。。(その代わり和葉と平次があったが)
コナンの、スケボー大車輪と、サッカーボール大膨張、平次のバイクスタントは笑えました。

ちはやふる とわざと被せたのかな・・・
へまちさん [ビデオ(邦画)] 5点(2018-04-22 18:11:43)
3.《ネタバレ》 黒の組織(そもそもあいつら経済力で中国に大差をつけられ少子高齢化が進む落ち目の日本で一体何をやっているのやら。米国や中国で活躍できない落ちこぼれ集団なんでしょうか)が全く関係せず、お子様用客寄せパンダの少年探偵団も控えめな作品ということで、迷宮の十字路以来の出来栄えを期待をしていたのですが(制作側にも二番煎じを狙った意図がありありでしたが、あのしっとり感や丁寧な描写は皆無)、劇場版相棒を意識したのか、最初からやたら派手にドカンドカンとやらかしてその時点ですっかり興ざめしました。

十字路に続いて平次と和葉の恋のさや当てをもう一つのテーマにしたのも無理があったと思います(っつうかあまりにも平次がでしゃばり過ぎ)。
2時間の枠内で描ききるには、競技かるたや百人一首というテーマは奥行きが深過ぎて、上っ面をなでる程度で終わってしまった感が強かったです。
昨年のヒットNo.1邦画なのだそうですが、この内容だと従来の若年層にも大人にも満足できなかったのではないのでしょうか(特に子供には理解不能?)。やっぱり従来のお子様向け娯楽作品に徹した方が罪は少ないと思います。
キムリンさん [地上波(邦画)] 4点(2018-04-21 14:44:50)
2.《ネタバレ》 紅葉&百人一首という情緒ある設定で、舞台こそ綺麗だったものの、ストーリー的には過去作の中でもややスケールが小さい。
ロマンス寄りのタイトルで想像はついていたが、犯罪要素は少なめで、スリルがもう少し欲しかった。
カジノ愛さん [映画館(邦画)] 5点(2017-05-14 17:27:22)
1.《ネタバレ》 おもしろくなくはないんですが...。昨年の映画が黒ずくめの組織の話だったのに比べると、平次が活躍するカルタの話ですからねえ。な~んか緊迫感に欠けるんですよね。平次が出ていても「迷宮の十字路」はおもしろかったんですが。カルタがよくなかったのか。

ほかの作品に比べると、阿笠博士、灰原、蘭、少年探偵団、園子、毛利探偵の出番が異様に少ないです。「迷宮の十字路」では怪しげな刑事だった綾小路警部がただのコナンたちの協力者に成り下がっていて面白みに欠けます。警視庁もFBIも黒ずくめの組織も出てきません。ひたすら平次と和葉がたくさん出てきて、あと今回だけのキャラの大岡紅葉が濃いキャラでたくさん登場します。

犯人は最初から検討がついていたので、意外性がなかったです。過去の劇場版コナンと比べると、レベルが低かったかなと思います。
映画本体よりも、エンドロールのあとの来年の映画の予告が謎めいていて興味を引かれます。ネットでもウワサが飛び交っています。来年の予告をお見逃しなく。
[後日追記]来年の映画の予告→ゼロの執行人、見てきましたが、予告とちょっと違う感じでした。
あと、大岡紅葉は平次の嫁になることをひたすらあこがれてて、和葉は平次をとられまいとしてカルタのにわか修行をするわけですが、....今の若い人はそんなこと考えるんでしょうかねえ。なんか大人から見ると、とってもバカバカしいんですが。嫁っていう言葉は関西では今もよく使うんでしょうか。関東の人間には古くさいことばに聞こえます。「ウチの未来の旦那さん」なんて関西の高校生は普通に言うんでしょうか。

大岡紅葉が長年勘違いしていた平次の言葉を聞いたときも、「今どきの小学生の男の子だったらそんなこと言うかな?」「今どきの小学生の女の子だったらそんなこと言われて喜ぶかな?」と思いました。

上記で「今回だけのキャラの大岡紅葉」と書きましたが、今後も出てくるようです。
チョコレクターさん [映画館(邦画)] 6点(2017-04-18 20:40:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5240.00%
6240.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS