Menu
 >
 >
 > レゴバットマン ザ・ムービー

レゴバットマン ザ・ムービー

The Lego Batman Movie
2017年【米・デンマーク】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 7人) (点数分布表示)
アクションSFコメディアドベンチャーシリーズものCGアニメ3D映画
[レゴバットマンザムービー]
新規登録(2017-03-10)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2018-05-05)【たろさ】さん
公開開始日(2017-04-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・マッケイ
ウィル・アーネットバットマン/ブルース・ウェイン
ザック・ガリフィナーキスジョーカー
マイケル・セラロビン/ディック・グレイソン
ロザリオ・ドーソンバットガール/バーバラ・ゴードン
レイフ・ファインズアルフレッド・ペニーワース
マライア・キャリーマカスキル市長
ヘクター・エリゾンドジェームズ・ゴードン
ジェニー・スレイトハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン
ビリー・ディー・ウィリアムズハービー・デント/トゥーフェイス
ゾーイ・クラヴィッツセリーナ・カイル / キャットウーマン
エディ・イザードヴォルデモート卿
セス・グリーンキングコング
チャニング・テイタムクラーク・ケント/スーパーマン
ジョナ・ヒルハル・ジョーダン/グリーンランタン
山寺宏一バットマン/ブルース・ウェイン(日本語吹き替え版)
子安武人ジョーカー(日本語吹き替え版)
小島よしおロビン/ディック・グレイソン(日本語吹き替え版)
沢城みゆきバットガール/バーバラ・ゴードン(日本語吹き替え版)
菅生隆之アルフレッド・ペニーワース(日本語吹き替え版)
雨蘭咲木子ハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン(日本語吹き替え版)
立木文彦サウロン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕コンピュータ(日本語吹き替え版)
林真里花オハラ(日本語吹き替え版)
原作ボブ・ケイン(キャラクター創造|バットマン)
ジェリー・シーゲル(キャラクター創造|スーパーマン)
ジョー・シャスター(キャラクター創造|スーパーマン)
セス・グレアム=スミス(原案)
脚本セス・グレアム=スミス
クリス・マッケナ
エリック・ソマーズ
音楽ローン・バルフェ
製作フィル・ロード
ロイ・リー
クリストファー・ミラー[監督]
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 ​アイアンマンのバーカ!
そんな具合に始まるレゴバットマンはレゴムービー同じくメタに自虐にパロディとそこまでやるかと思わせるやりたい放題ギャグの連続。しかも映像はもちろんレゴ。コミカルながらもカッコいい、可愛い、メカやらキャラクターやらのデザインが常に目を楽しませてくれます。極悪ゾーンの連中も普通にサウロンやヴォルデモート、エージェントスミスとか出てきて笑えました。
そして本題は…バットマンとジョーカーのラブストーリーじゃねぇかこれ!まぁ長年宿敵同士だとそうじゃないかと思っちゃうよね!
超ひねくれ者のバットマンの孤独と成長もわかりやすく出来てました。まぁジョーカー&悪者連中お咎めなしというのもよくわからんですがまぁいっか!小島よしおの吹替もまぁいっか!
そんなこんなで最初から最後までハイテンション、ハイクオリティで楽しく見れる一本でした!満足!
えすえふさん [インターネット(吹替)] 7点(2018-04-11 22:36:45)
6.LEGO映画の1本ではあるけど、スタンスに迷いがなくDC映画の中でエンターテイメントとしての完成度は今のところ一番なんじゃないかな。
ファンじゃなくても楽しめるし、ファンなら無数の小ネタに愛を感じるはず。
墨石亜乱さん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2018-03-20 18:16:06)
5.《ネタバレ》 「会社のロゴ、どーん」だの、「黒から始まる映画は傑作」だのと、映画のキャラに関係しないはずの本編の外郭部分へバットマンがツッコミを入れまくるという序盤から遊び心の連続。前作『レゴ・ザ・ムービー』同様、権利関係にいくら金使ったんだと気になるほどのキャラクターの洪水に(バットマンを打倒するためにサウロンとヴォルデモートとエージェントスミスとキングコングとグレムリンがゴッサムシティに攻め込んできます)、スピーディかつ思考を凝らした見せ場の連続と、メタ的な遊びと王道の娯楽が混ざり合ったハイレベルな作品となっています。
また、本作で特筆すべきはバットマンについての真剣な考察がなされている点であり、かつて両親を亡くした強烈なトラウマから、そもそも人と関わらなければ別離の苦しみを味わうこともないという回避行動を無意識のうちにとるようになり、さらにはマスクの影に隠れる内に、もはや他人を求めているという自覚すら失った悲しいモンスターとして描かれています。その異常性は明らかな狂人であるジョーカーをも上回るレベルであり(ジョーカーは己の感情をある程度把握できている)、バットマンが抱える精神疾患がかなり丁寧に扱われています。ティム・バートン版や『ダークナイト』でもバットマンという非現実の存在に現実味を与えるべくその心理への考察はある程度なされていましたが、バットマンの心の闇をテーマに丸々一本映画を撮ったのは本作が初ではないでしょうか。前述した直感的に楽しい部分だけでなく、こうしたじっくり考えさせる部分もあって、かつ両者のバランスの取り方も絶妙なものであり、アメコミ映画としては理想的な完成度となっています。
うちの子供達も本作を楽しんでいましたが、この子達が大人になって本作を見返せば、この映画はこれほど深いことを語っていたのかとまた新たな驚きがあるはずです。そう考えると本作はめちゃくちゃに賞味期限の長い映画で、好きになれば一生付き合えるほどの情報量を持っています。レゴを題材としたファミリー向け映画であっても子供だましの作品にはせず、一切手を抜かずにこれほどのこだわりを持って作りあげたクリエイター達の志の高さも含めて、本作は愛せる作品になっています。
最後に、公開時には署名運動まで起こった芸人による吹き替え問題ですが、小島よしおは予想外に上手で、意外なことに作品の雰囲気を壊していません。自分のギャグをちょいちょい挟んでくる点はちょっとめんどくさかったし(当人の判断ではなく配給会社の指示に従っただけなのでしょうが)、吹き替え版の想定顧客と考えられる子供達には古すぎて伝わらないんじゃないかと心配になったりもしましたが、こちらも作品の品質を毀損するほどのノイズにはなっていません。最近では配給会社も慎重に人選するようになったのか、かつてのように作品全体を崩壊させるレベルのダメ吹き替えはなくなってきているように感じます。
ザ・チャンバラさん [インターネット(吹替)] 7点(2018-02-28 00:13:43)
4.《ネタバレ》 ちゃんとした映画でしっかりしたストーリー。普通に大作映画として成り立ちます。ただ、レゴである必要はなくレゴの良さを生かしきれてないのではないでしょうか。豪華俳優陣でリメイクしたら大ヒットするのではないでしょうか。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-01-25 19:49:54)
3.《ネタバレ》 ただのおフザケ映画かと思ったら脚本が無茶苦茶良くできてますね。ふざけるところ、盛り上がるところ、感動するところのメリハリがしっかりしていて超面白かったです。ハリーポッターやロード・オブ・ザ・リングなど意外な作品も登場してワクワクさせられました。謎の腹筋押しも最後にちゃんと活かしてきて上手いですね。とっても満足のいく作品でした。オススメ
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2018-01-17 22:19:08)
2.《ネタバレ》  『LEGO ムービー』に続いてレゴが素材でありながら一本の見応えのある映画となっております(そして、『LEGO ムービー』を受け入れられない人にゃコレもまた同様に無理であろう状態で)。

 レゴで埋められた画面で展開する『バットマン』の世界は、しっかりとした大作感のある、アクションとスペクタクルの世界。基本は子供を笑わせるギャグで組み立てられていますが、キチンとバットマンらしさを貫いています。バットマンとジョーカーの近親憎悪の世界はティム・バートン版からの伝統を受け継いでいますし、デフォルメされているとは言え、ブルース・ウェインの孤独は今作でも深く浮き彫りになっています。

 また、『バットマン』映画としてこれまでの数々の作品を引用していますが、それは懐かしのテレビシリーズにまで及んでいて、さすがに子供どころか若い人にすら判らないであろう状態。鮫ネタは『ジョーズ』のパロディではなくて、テレビシリーズの映画版でヘリにぶら下がったバットマンの足に噛みついて鮫避けスプレーで退治される鮫ですね。

 数々の悪役(リドラーやトゥーフェイスやハーレイクインだけでなく、グレムリンからヴォルデモート、サウロンまで)が登場しての豪華な一大カタストロフによってスケールの大きなクライマックスを迎える、でもあくまでレゴで作られたオモチャの世界、遊びの世界である事も忘れはしない点が良いです。

 ただ、最終的に語られる幸福感に溢れたテーマは、もうそこに至る事がない人間にはキツいかな・・・
あにやんさん [映画館(字幕)] 7点(2017-04-13 22:57:11)
1.《ネタバレ》 レゴだからって舐めちゃあいけない!レゴだからって馬鹿にしちゃあいけない!子供だましなんかじゃない!こいつぁ大人のための至極なエンターテイメントだ!ちゃんと「バットマン」しています。バットマンといえば孤独なヒーロー。その孤独さに焦点を当て、しっかりとバットマンというヒーローを描いています。ここまでしっかりと作りこんでるとは正直思いませんでした。単なるお祭りバカ騒ぎ映画かと思ってたので。それからこの作品には、過去の様々な映画に登場した悪役たちが総出演します。ハリポタのヴォルデモート・指輪物語のサウロン・グレムリンのグレムリン・その他ドラキュラやジョーズも出てきます。そしてなぜかキングコングまでも・・・悪役か?ってなりましたけどね(笑)とにかくハチャメチャでブッ飛びまくり。でもってバットマンシリーズの悪役たちも総登場。しかし面白いのが、他の映画の悪役とバットの悪役が対立するんです。なんだかスーサイドスクワッドみたいです(笑)あとジョーカーが愛おしくなっちゃいます。バットマンに「お前なんかライバルじゃない。眼中にないよ」て言われて涙目に・・・。繊細で傷つきやすい。ジョーカーがバットマンにお前と俺は似ている、って言うんですが、確かに似ています。どっちも傷つくことを恐れて偏屈になり自己中で排他的。その実ものすごいかまってちゃん。一言で言えば面倒くさい性格です(笑)

バットケーブに入るための合言葉が最高すぎ! アイアンマンのバーカ! これめっちゃ好きや~(*´ω`*)
Dream kerokeroさん [映画館(吹替)] 7点(2017-04-01 19:05:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 7.14点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6114.29%
7571.43%
800.00%
9114.29%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review1人

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS