Menu
 >
 >
 > レゴバットマン ザ・ムービー

レゴバットマン ザ・ムービー

The Lego Batman Movie
2017年【米・デンマーク】 上映時間:104分
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
アクションSFコメディアドベンチャーシリーズものCGアニメ3D映画
[レゴバットマンザムービー]
新規登録(2017-03-10)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2017-07-31)【+】さん
公開開始日(2017-04-01
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督クリス・マッケイ
ウィル・アーネットバットマン/ブルース・ウェイン
ザック・ガリフィナーキスジョーカー
マイケル・セラロビン/ディック・グレイソン
ロザリオ・ドーソンバットガール/バーバラ・ゴードン
レイフ・ファインズアルフレッド・ペニーワース
マライア・キャリーマカスキル市長
ヘクター・エリゾンドジェームズ・ゴードン
ジェニー・スレイトハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン
ビリー・ディー・ウィリアムズハービー・デント/トゥーフェイス
ゾーイ・クラヴィッツセリーナ・カイル / キャットウーマン
エディ・イザードヴォルデモート卿
セス・グリーンキングコング
チャニング・テイタムクラーク・ケント/スーパーマン
ジョナ・ヒルハル・ジョーダン/グリーンランタン
山寺宏一バットマン/ブルース・ウェイン(日本語吹き替え版)
子安武人ジョーカー(日本語吹き替え版)
小島よしおロビン/ディック・グレイソン(日本語吹き替え版)
沢城みゆきバットガール/バーバラ・ゴードン(日本語吹き替え版)
菅生隆之アルフレッド・ペニーワース(日本語吹き替え版)
雨蘭咲木子ハーリーン・クインゼル博士 / ハーレイ・クイン(日本語吹き替え版)
立木文彦サウロン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕コンピュータ(日本語吹き替え版)
林真里花オハラ(日本語吹き替え版)
原作ボブ・ケイン(キャラクター創造|バットマン)
ジェリー・シーゲル(キャラクター創造|スーパーマン)
ジョー・シャスター(キャラクター創造|スーパーマン)
セス・グレアム=スミス(原案)
脚本セス・グレアム=スミス
音楽ローン・バルフェ
製作フィル・ロード
ロイ・リー
クリストファー・ミラー[監督]
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》  『LEGO ムービー』に続いてレゴが素材でありながら一本の見応えのある映画となっております(そして、『LEGO ムービー』を受け入れられない人にゃコレもまた同様に無理であろう状態で)。

 レゴで埋められた画面で展開する『バットマン』の世界は、しっかりとした大作感のある、アクションとスペクタクルの世界。基本は子供を笑わせるギャグで組み立てられていますが、キチンとバットマンらしさを貫いています。バットマンとジョーカーの近親憎悪の世界はティム・バートン版からの伝統を受け継いでいますし、デフォルメされているとは言え、ブルース・ウェインの孤独は今作でも深く浮き彫りになっています。

 また、『バットマン』映画としてこれまでの数々の作品を引用していますが、それは懐かしのテレビシリーズにまで及んでいて、さすがに子供どころか若い人にすら判らないであろう状態。鮫ネタは『ジョーズ』のパロディではなくて、テレビシリーズの映画版でヘリにぶら下がったバットマンの足に噛みついて鮫避けスプレーで退治される鮫ですね。

 数々の悪役(リドラーやトゥーフェイスやハーレイクインだけでなく、グレムリンからヴォルデモート、サウロンまで)が登場しての豪華な一大カタストロフによってスケールの大きなクライマックスを迎える、でもあくまでレゴで作られたオモチャの世界、遊びの世界である事も忘れはしない点が良いです。

 ただ、最終的に語られる幸福感に溢れたテーマは、もうそこに至る事がない人間にはキツいかな・・・
あにやんさん [映画館(字幕)] 7点(2017-04-13 22:57:11)
1.《ネタバレ》 レゴだからって舐めちゃあいけない!レゴだからって馬鹿にしちゃあいけない!子供だましなんかじゃない!こいつぁ大人のための至極なエンターテイメントだ!ちゃんと「バットマン」しています。バットマンといえば孤独なヒーロー。その孤独さに焦点を当て、しっかりとバットマンというヒーローを描いています。ここまでしっかりと作りこんでるとは正直思いませんでした。単なるお祭りバカ騒ぎ映画かと思ってたので。それからこの作品には、過去の様々な映画に登場した悪役たちが総出演します。ハリポタのヴォルデモート・指輪物語のサウロン・グレムリンのグレムリン・その他ドラキュラやジョーズも出てきます。そしてなぜかキングコングまでも・・・悪役か?ってなりましたけどね(笑)とにかくハチャメチャでブッ飛びまくり。でもってバットマンシリーズの悪役たちも総登場。しかし面白いのが、他の映画の悪役とバットの悪役が対立するんです。なんだかスーサイドスクワッドみたいです(笑)あとジョーカーが愛おしくなっちゃいます。バットマンに「お前なんかライバルじゃない。眼中にないよ」て言われて涙目に・・・。繊細で傷つきやすい。ジョーカーがバットマンにお前と俺は似ている、って言うんですが、確かに似ています。どっちも傷つくことを恐れて偏屈になり自己中で排他的。その実ものすごいかまってちゃん。一言で言えば面倒くさい性格です(笑)

バットケーブに入るための合言葉が最高すぎ! アイアンマンのバーカ! これめっちゃ好きや~(*´ω`*)
Dream kerokeroさん [映画館(吹替)] 7点(2017-04-01 19:05:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
72100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS