Menu
 >
 >
 > カフェ・ソサエティ

カフェ・ソサエティ

Café Society
2016年【米】 上映時間:96分
平均点: / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマコメディロマンス
[カフェソサエティ]
新規登録(2017-03-18)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2017-07-31)【+】さん
公開開始日(2017-05-05
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウディ・アレン
キャストジェシー・アイゼンバーグ(男優)ボビー・ドーフマン
クリステン・スチュワート(女優)ヴォニー
ブレイク・ライヴリー(女優)ヴェロニカ
スティーヴ・カレル(男優)フィル
パーカー・ポージー(女優)ラッド
ジーニー・バーリン(女優)ローズ
コリー・ストール(男優)ベン
ポール・シュナイダー〔男優〕(男優)スティーヴ
シェリル・リー(女優)カレン・スターン
ダグラス・マクグラス(男優)ノーマン
ウディ・アレンナレーター(ノンクレジット)
脚本ウディ・アレン
撮影ヴィットリオ・ストラーロ
製作レッティ・アロンソン
配給ロングライド
美術サント・ロカスト(プロダクション・デザイン)
ナンシー・ハイ(セット装飾)
編集アリサ・レプセルター
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 1930年代のハリウッドを舞台にした、アレンにしては控え目ながらもシニカルな一面も見せるロマンティックコメディ。
作中には次から次へと映画の歴史を作ってきたレジェンドの名前が出てきたり、
スペンサー・トレイシーやジョーン・クロフォードのビバリーヒルズの邸宅を見物に行くくだりなどには、
いち映画ファン、アレンの趣味が垣間見えてとても楽しい。
撮影がストラーロであることに驚きましたが、これまでにもアレンが描いてきた
過去のアメリカ、アレンの作品の色との相性も抜群でとても美しい映画でした。
近年のアレンはヨーロッパを拠点にした作品を発表する機会が多いですが、
アイゼンバーグ演じる主人公を中心としたユダヤ人のファミリーに、ギャングに、軽快な音楽に、
やはり、アメリカで撮った映画にはよそいき感が無いというか、アレンらしいテンポ、アレンらしい言い回しにほっとさせられます。
作中の台詞にもありますが、人生はラブソング。ハリウッドで一度は恋に落ちた2人が、それぞれの人生のパートナーと現実の人生を生きる一方で、
ひょっとしたら全く違った人生になっていたかもしれない、実現しなかったもうひとつの人生に思いをめぐらす。
あっさりとしたエンディングではありますが、何も語らない2人の表情で終わるラストが何とも言えない余韻を残します。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2017-11-11 22:00:24)
2.《ネタバレ》 心待ちにしていた、ウディアレン監督が描く古き良き映画の時代。例によって恋模様の男女数名がすったもんだしたあげく、あまりかみ合わないお話。その作風は時代設定が変われど健在でした。しかし相変わらずというか(笑)、男たちがきれいなおネエちゃんに目が無いのは、今も昔も全く変わらずで本当笑ってしまう。でもそんな彼らの描き方は、たとえどんな形であれ、映画の発展に貢献してきた功労者に対する敬愛がひしひしと感じられます。権力と大金動く裏に犯罪の影ありで、今回も"死"のにおいが漂います。とここまではいつものアレン監督ですが、今回一線を画すのは、著名な撮影監督であるヴィットリオ・ストラーロの映像美。1930年代のハリウッドという夢のように華やかなこの舞台に、まるで煌びやかな魔法をかけたよう。そして、恋に浮かれた夢から覚めたような、いつになく感傷的な終わり方。過ぎ去ったもの全て美しく、現実に取り残されては時は流れていく。そしてまた、夢の終わりとそのつづき。久しぶりにいい夢をみさせていただきました。
タケノコさん [映画館(字幕)] 8点(2017-05-08 18:37:36)
1.《ネタバレ》 撮影がヴィットリオ・ストラーロ。
停電した部屋の中で、蝋燭の灯りに照らされるクリステン・スチュアートとジェシー・アイゼンバーグのツーショットなど真骨頂である。

伯父を選ぶ彼女の表情と台詞から一転、マンハッタンブリッジの夕景へとディゾルブされる場面転換の鮮やかさ。
それが橋のショットであるのは、単なるランドマークの提示以上の意味があるだろう。

同じく、それぞれの場所でふともの思いにふける元恋人たちを緩やかに溶け合わせるラストのオーヴァーラップの情感も素晴らしい。
ユーカラさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2017-05-08 12:23:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 7.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7266.67%
8133.33%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS