22年目の告白 -私が殺人犯です-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 22年目の告白 -私が殺人犯です-
 > (レビュー・クチコミ)

22年目の告白 -私が殺人犯です-

[ニジュウニネンメノコクハクワタシガサツジンハンデス]
2017年【日】 上映時間:117分
平均点:6.27 / 10(Review 45人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-06-10)
ドラマサスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2017-04-17)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-09-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督入江悠
キャスト藤原竜也(男優)曾根崎雅人
伊藤英明(男優)牧村航
夏帆(女優)岸美晴
野村周平(男優)小野寺拓巳
石橋杏奈(女優)牧村里香
竜星涼(男優)春日部信司
早乙女太一(男優)戸田丈
平田満(男優)滝幸宏
岩松了(男優)山縣明寛
岩城滉一(男優)橘大祐
仲村トオル(男優)仙堂俊雄
酒向芳(男優)
板橋駿谷(男優)戸倉潤
原作チョン・ビョンギル(原案 韓国映画「殺人の告白」脚本・監督)
脚本入江悠
音楽横山克
製作日本テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ROBOT(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ワーナー・ブラザース(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
WOWOW(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
ホリプロ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
読売テレビ(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
電通(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
講談社(「22年目の告白 -私が殺人犯です-」製作委員会)
企画ROBOT
日本テレビ(製作幹事・共同企画)
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.藤原竜也の食ってかかった様な態度がハマってて良かったと思います。最後のどんでん返しもよく出来てました。しかし締めるところは少しグロいですね。。
SUPISUTAさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-10-03 18:16:02)★《新規》★
44.《ネタバレ》 ミステリなどというものは映画にはならない、などと主張する気もないし、そんなストイックな態度を貫ける自信など毛頭ないのだけれど、本作などを見ていると、やっぱり難しいなあ、と思っちゃう。
中盤、テレビの生放送を舞台に4者が向き合う場面。まさに「これぞ」という場面なのに、ふと気づくと、この4人のうち背景がそれなりに描かれていたのは伊藤英明だけ。それとて、このシーンを盛り上げるためならもう一息、彼の過去をそれまでのドラマに織り込むこともできたんじゃないか、と。ましてや残り3人の、「何も描かれなさ」加減といったら。
この時点で、よほど脚本がアマいか、それとも、背景を描けない「ミステリ上の」事情があるのか、のどちらかということになっちゃう訳で。
で、結果的に、ロジックの整合はとれていて、しかも2段オチ的な構成、ミステリとしては確かにまとまっているんだけど、それを優先した不自由さ、というのも、付きまとってしまう。
それを補うためなのか、クライマックスシーンでは危機を時間的に引き延ばそうとするのだけど、これがまた、どうにも取ってつけたようで、やや空振り気味。
とは言え、時効という人為的な制度の皮肉というか矛盾というか、といったものは物語に巧みに織り込まれてて、その点はオハナシとしてはよくできています。残念ながらそれは、「映画としての魅力」とは別次元での感想に過ぎないけれど。
それよりも、仮にそこが作品のポイントだったとして、では後日談的なあのラストシーンに対しては、「蛇足」以外にどういう感想を持てばいいんだろうか?
鱗歌さん [DVD(邦画)] 6点(2021-05-05 18:09:15)
43.《ネタバレ》 『相棒』だったら、恨みから殺人を犯そうとしている人を止めるために「殺人犯と同じ罪を犯して被害者がうかばれますか!」と右京が絶叫しながら説教するところだけど、この作品では、自分の行為の醜さに自然に気づいて、おのずと仇の体から手を放す。ナレーションも、誰のセリフも入らず、それらしきBGMも使わない。映画ならではの演出と俳優の好演で、観る者にそれと悟らせる。文章だけの小説ではこうはいかない。このシーン一つだけとっても、本作を観てよかったと思う。
tonyさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-03-20 16:23:10)
42.最初から最後まで不愉快な映画。製作者の意図のままにあやつられました。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-12-20 11:59:48)
41.真犯人についてのどんでん返しも殺人事件の時効についての大逆転も意表を突かれました。素直に面白いと言えます。
クロさん [地上波(邦画)] 7点(2020-10-15 13:06:33)
40.「殺人の告白」より先に鑑賞。展開は楽しめたけど、こんなに上手くいくかな、という感じは否めない。
nojiさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-03-08 20:01:32)
39.これが日本オリジナルの脚本でしたら素直に凄いと思いますが、原作韓国と聞いてなんかガッカリしました。内容に関しては途中までかなり楽しめる流れですが、TV出演で真犯人が判ってしまう作りはなんか安易で残念でした。ただ、曽根崎配役を藤原氏にしたのは正解だと思います。仙堂役で藤原氏が出てきたら一発で出オチしてしまいますので(笑)

前半の流れに免じてこの点数ですが、オチまで含めると評価は半減しそう。邦画にしてはまあまあ楽しめました。
アラジン2014さん [インターネット(邦画)] 6点(2020-03-05 12:34:35)
38.「そこそこ面白い」は6点だからそれを。
中盤くらいまではいい感じでしたが、話が動いて真犯人がだいたいわかってからつまらなくなった。
もう一度どんでん返しが欲しかった。
たんたかたんさん [インターネット(邦画)] 6点(2020-02-09 15:59:41)
37.韓国オリジナル版あるんですね。序盤は予測不能なシナリオで良いけど、これ犯人は藤原竜也の方が良かったなー。真犯人は狂気さがイマイチです。
真尋さん [インターネット(邦画)] 7点(2019-06-02 16:03:06)
36.《ネタバレ》 ○○ト○○の告白 ー私が真○○ですー 万○○の時点で気付いてネ
○原竜○君、ご苦労さん もう帰っていいよ 後は僕がダサく締めくくっておくからさ 仲村ト○ル
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2019-05-07 23:15:05)
35.結構期待して観たんだけど、期待値上げすぎたのか、そんなに面白く感じなかった。淡々と進んでいつの間にか終わってた。
おとばんさん [インターネット(邦画)] 5点(2019-05-07 22:49:26)
34.《ネタバレ》 セブンのような脚本で、それなりに楽しめた。
ラストをイヤミスのような展開にしたのはマイナス。特に意味もなく、バットエンド風にするのはやめてほしい。
アクアマリンさん [映画館(邦画)] 5点(2019-05-01 22:13:56)
33.《ネタバレ》 生放送で種明かしをした瞬間に真犯人候補が一人しかいないのが残念でした。が、このストーリーを考えられるような人ってすごいなって思います。終始胸糞の悪い話ではありましたけどね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2018-09-24 04:01:28)
32.《ネタバレ》 折角一つの事件が時効に掛からず 犯人を逮捕できるのに 肝心の犯人が「捕まっても別にいいし、死刑でもかまわない」じゃあシラケます。
紫電さん [ブルーレイ(邦画)] 5点(2018-09-13 22:21:09)
31.謎解き苦手な私でもフツウに楽しめました。
藤原竜也さんさすがの迫力。
犯人の狂気がおとなしめで、ちょっと残念。
たんぽぽさん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-20 09:54:12)
30.《ネタバレ》 冒頭の記者会見からサイン会あたりまでの部分で一気に
引き込まれ、一体この話をどう収束させるのか期待しまし
たが、終盤にかけていつもながらの過剰演出で、終わり方
もなんとなく予期するものでした。
警察も簡単に犯人もその襲撃者もみな取り逃がす醜態ぶり
も相変わらずのパターン。
そもそも殺人事件が22年前という設定は、殺人の公訴時効
廃止により避けられないものであったとはいえ、登場人物
がみな若すぎるという違和感を生んでしまって、せめて10年
ぐらいであればもっとリアリティがあったと思います。

それにしても犯人は不死身ですね。あれほど腹を思いっきり
刺されて止血もされずに助かったのですから、最後の一撃でも
死なずにピンピンしていたのでは、などと冷めた見方をして
しまいました。
キムリンさん [地上波(邦画)] 6点(2018-06-12 08:41:59)(良:2票)
29.《ネタバレ》 物語中盤で大ネタの種明かしあり。ただし、タイミングが早いので充分な“溜め”が得られずカタルシスが不足しています。これは二の矢を用意しているため、仕方がない部分はあるものの、ギリギリまで引っ張って最後に畳み掛けるスタイルでも良かった気がします(それくらい最初の仕掛けが物語上の肝)。それにしても、犯人に自殺願望があるのは困ったものです。刺し違えても構わないという復讐者側の覚悟の価値が失われます。ただしそれでもなお、仇をただ生かしておくという結論には逆立ちしても至らないので(死刑にはなりそうもないので)、私だったら完全犯罪による復讐を計画します(それも、あっさり殺すのではなく、生地獄を味わってもらいましょう)。でも収監されてしまっては無理な話。あの方法しか復讐の術がなかったヤクザの息子には同情します。藤原竜也さんは、こういう役にはうってつけ。憎悪のドラマに濃い味の演技はよく合います。伊藤英明さん迫真の“泣き”も素晴らしかったです。ちなみに、オリジナルの韓国映画は鑑賞済であることをすっかり忘れておりましたが、本サイトの自身の投稿を見直しておぼろげながら記憶が甦ってきました。オリジナルで私が抱いた不満は本作では解消されているようですが、その分アクも抜けていたような。このあたりは好みもありましょうが、やはりコト復讐映画というカテゴリーで韓国映画の右に出るのは至難の業という気がします。
目隠シストさん [地上波(邦画)] 6点(2018-06-10 16:16:38)(良:1票)
28.なかなかの展開ではあるが、ちょっと平坦な印象も受ける。固執する何らかの狂気がそこまで出ていないのだろうか。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2018-06-09 20:30:10)
27.《ネタバレ》 ツッコミどころはいくつかあったものの
楽しめた映画でした。

冒頭のセブンぽい映像とか
起承転結の結ぽい導入とか結構入りはいい感じだと思いました。

しかし22年前に連続殺人犯に藤原君は
年があってないんじゃない?って思ったら
ちょっと意外な展開でした(被害者の一人ぐらいだと予想していたので)

ただ微妙なのが真犯人の動機が。
あの手の動機は好きじゃないんですよねぇ。

あと、仙堂キャスターは藤原君の正体知らないはずなのに
何故万年筆を渡そうとしたのかが今ひとつ
わかってないです。

とはいえ最後らへんの藤原君の演技とか良いなぁって感じでしたし
正体が明らかになるまでの展開とか良かったのですよ。

そこからの演出はちょっとくどいかなぁ。(放送禁止シリーズぽいですが)
ってことで7点で。
シネマレビュー管理人さん [地上波(邦画)] 7点(2018-06-09 01:11:31)
26.《ネタバレ》 作りこまれたストーリーで最後まで飽きずに見ることができました。
真犯人は途中まだ全く分からず、意外な人物だったので高評価。SNSなど現代の社会情勢も活用していて良い。

本格派サスペンスを求めている方にはお勧めの一本。
バッジョさん [DVD(邦画)] 7点(2018-06-08 19:53:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 45人
平均点数 6.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
412.22%
51124.44%
61226.67%
71737.78%
848.89%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.66点 Review3人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS