プロデューサーズ(1968)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > プロデューサーズ(1968)
 > (レビュー・クチコミ)

プロデューサーズ(1968)

[プロデューサーズ]
The Producers
1968年【米】 上映時間:88分
平均点:5.67 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-12-23)
コメディ音楽もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-14)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督メル・ブルックス
キャストゼロ・モステル(男優)マックス・ビアリストック
ジーン・ワイルダー(男優)レオ・ブルーム
ケネス・マース(男優)フランツ・リープキン
ディック・ショーン(男優)LSD
アンドレアス・ヴォウスティナス(男優)カルメン・ギア
リー・メレディス(女優)ウラ
ウィリアム・ヒッキー(男優)酔っ払い
メル・ブルックス(ノンクレジット)
脚本メル・ブルックス
音楽ジョン・モリス[音楽]
作詞メル・ブルックス"SPRINGTIME FOR HITLER","WE'RE PRISONERS OF LOVE"
作曲メル・ブルックス"SPRINGTIME FOR HITLER","WE'RE PRISONERS OF LOVE"
製作シドニー・グレイジャー
製作総指揮ジョセフ・E・レヴィン(ノンクレジット)
配給ザジフィルムズ
美術チャールズ・ローゼン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
振付アラン・ジョンソン
編集ラルフ・ローゼンブラム
録音アラン・ヘイム
その他ルイス・A・ストローラー(ユニット・マネージャー)
ジョン・モリス[音楽](指揮)
ジョセフ・E・レヴィン(プレゼンター)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.上演している舞台の「ヒトラーの春」だけを観てみたい。たしかにちょっと面白そうだ。第一部を、いかに上演にこぎ着けるかまで。第二部を、舞台まるまる…という構成にした方が面白いのではないだろうか。もっと面白くなりそうなのに全体的にバランスが悪くて残念。特にオープニングが長すぎて見るのやめようかと思った。
ととさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-02-10 04:53:17)
8.《ネタバレ》 メル・ブルックスは嫌いではないのですが、公演を失敗して大儲けする仕組みが理解出来なかったので、何が嬉しくて何が悲しいのかさっぱり伝わってきませんでした。あとジーン・ワイルダー以外の登場人物がみんな気持ち悪い。
WEB職人さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-08-15 23:37:27)
7.《ネタバレ》 リメイク版が最高に面白かったので、オリジナル版を見てみました。オリジナルはミュージカル部分が殆ど無いです。ストーリーはリメイク版と多少異なる部分はありますが、基本的には変わらないです。
でも、中々楽しい作品でした。ウーラは訳わかんないけど服脱いで踊ってるし、LSDはドアーズみたいな「ラブ・パワー」をバンド(非常にクールではありましたが)で歌うわ、ミュージカルの主役なのにコントをしているわで、とてもB級色漂うコメディ作品でした。(ちょっとサイケっぽいのが時代を感じさせました。)
TMさん [ビデオ(吹替)] 7点(2006-06-06 22:52:11)
6.おやおや!皆さま案外辛口でいらっしゃるんですねぇ。
2005年の劇場版を観て、それからオリジナルのこちらを観ました。
けっこう忠実にリメイクしたなと思いましたし、ストーリーは分かっていてもひとつひとつのシーン、クスクス笑えました。
メル・ブルックスさんのお笑いのセンス、最高~♪
いや・・最低~♪と言ったほうが喜ばれるかもしれませんね、この場合(笑)
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-04-29 21:52:14)
5.昔からコメディ映画を好まないので、ほとんどメル・ブルックスには馴染みがありません。これがデヴュー作で、しかもアカデミー脚本賞を受賞(!)してるなんて全く知りませんでした。多分1968年当時にヒトラー礼賛というブラックなテーマを持って来たことが、日本人が考える以上に衝撃的だったのかもしれません。しかし現在では「ネオナチ」なんて言葉がある位ですし、右傾化が世界的情勢なので(もう一つ言えば「ババ専」なんて言葉もある)、どうしても当時と同じ様には観れませんね。しかし、「ヒトラーの春」のオープニング・レヴューの衝撃は今でも充分通用します。また個人的には、“work!”と言われると条件反射的に胸を揺らして踊りだすゴーゴーガール・ウーラは、2005年版よりも気に入ってます。そういうことで、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-04-13 00:12:43)
4.メル・ブルックスはセリフが楽しいですね。「僕の毛布!僕の毛布!」とあわてるジーンワイルダー。お気楽極楽です。
omutさん 6点(2005-02-22 09:18:46)
3.ブロードウェイ等でミュージカルとして上演されていますが、それが気に入ってオリジナルに戻ると、余りのつまらなさに絶句します。でも舞台のヒットのお陰で、リメイクの予定があるようです。Max と Leo は舞台でもこの役を演じた、Nathan Lane と Matthew Broderick。そして、オリジナル映画ではどーでもいい端役に過ぎなかった、Ulla 役になんと Nicole Kidman(なんでそんな大物を!)が予定されているんですって。
マイケルさん 3点(2004-03-16 14:17:10)
2.強烈なキャラクターばかりなのが印象に残る。決死の覚悟でババアランドに乗り込むところなんかがおもしろかった。『ヒトラーの春』舞台では軍服の女の子かっこよくていいなぁと思った。そんな好みの映画でもないけど舞台シーンがいいので7点。
バカ王子さん 7点(2004-02-18 22:01:12)
1.この映画のソウソウたる受賞暦を見ると、大変評判のよい映画、ということになりますが・・・。すみません、面白さがもひとつよくわかりませんでした。オチも何だか予想通りだし。つまるところ、ヒットラーを笑い物にする事に対する感覚の違い、なんですかねえ。
鱗歌さん 6点(2003-05-24 02:44:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
200.00%
3222.22%
400.00%
5111.11%
6333.33%
7222.22%
8111.11%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1968年 41回
助演男優賞ジーン・ワイルダー候補(ノミネート) 
脚本賞メル・ブルックス受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1968年 26回
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ゼロ・モステル候補(ノミネート) 
脚本賞メル・ブルックス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS