fuji_jukai.movのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > fuji_jukai.mov
 > (レビュー・クチコミ)

fuji_jukai.mov

[フジジュカイドットエムオーブイ]
2016年【日】 上映時間:84分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-09-30)
ホラーサスペンスミステリー
新規登録(2018-01-05)【かっぱ堰】さん
タイトル情報更新(2018-10-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト山里亮太(男優)
椿鬼奴(女優)
家田荘子(女優)
佐々木萌詠(女優)
製作吉本興業
黒井和男(スーパーバイザー)
制作TBS
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 昨年12月31日(6日前)に青木ケ原樹海の遺体映像を投稿したアメリカのユーチューバーが批判され、今年1月3日(3日前)に本人が謝罪したとの報道があったが、この映画は当然それより前である。
吉本興業とTBSが共同制作した映画で、TBS所属のディレクターが監督を担当し、吉本芸人も本人役で出演している。監督は本来バラエティのディレクターであって映画は「ど素人」だそうで、実際これは映画としてどうなのかという批評もありそうな感じだが、それはまああまり突っ込んでも仕方ない。
内容としては「スマホ系ドキュメントホラー映画」とのことで、「90%リアル」とかいう説明を聞くと、カルト集団の部分だけでも1割を超えているのではないかと皮肉を言いたくなる(かつての上九一色村の教団施設になぞらえたにしても無理を感じる)。しかし現地関係者(レストラン店主、樹海探検家、寺の住職、民宿の女将)のインタビューはさすがに本物らしく真実味があり、それに比べて役者が演じる「樹海パトロール」は非常にウソっぽい。

現代のリアルな部分として気に障るのは、当然ながら同行者2人の行動様式である。自分としては人間扱いする気にもならなかったが、この映画としては「子どもっぽい」という認識だったらしく、そういうクソガキのようなのに便利なツールを提供してしまっている現代社会への批判が込められていたようでもある。一方で主人公は心正しい人だったが、この人に対する世間からの綺麗事の非難を逸らすため、最後に悪人が「生まれ変わり」を果たす筋書きにしたのだろうと解釈した。
そういう物語面での不快さにかかわらず、風景映像の方は荘厳な美しさを感じさせ、またエンディングで現地関係者が樹海の自然の魅力を熱心に語っていたのも印象に残る。時々わざとらしく映っていたオーブのようなものは、人の霊魂というより自然界の精霊といった表現だったのかも知れない。現に自殺の名所として扱われてしまっているのが実態にしても、ラストでは樹海の遺体が全て自殺とは限らないという樹海探検家の見解も紹介されており、本来は遺体の隠匿場所でも呪われた場所でも無責任な動画投稿者やTV番組の悪ふざけの場でもなかったはずの樹海に、人間社会の暗黒面を投影するのはやめてもらいたいというのがこの映画の最終的なメッセージに思われた。
以上、意外に社会派っぽい気がしたのはTBSらしいといえるかどうか(バラエティのディレクターだが)。

なお出演者としては、自分が知っていたのは佐々木萌詠さんくらいのものだったが、今回はまたかなり変な役でどうも仕事を選ばない人らしい。ほとんど端役ながらも舞台挨拶にはきれいな格好でちゃっかり?出ていたのは意外だったが、女子高生役3人と並ぶと長身(公称168cm)で見栄えのする人である。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 6点(2018-01-06 10:59:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS