バーフバリ 王の凱旋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バーフバリ 王の凱旋
 > (レビュー・クチコミ)

バーフバリ 王の凱旋

[バーフバリオウノガイセン]
Baahubali 2: The Conclusion
2017年【インド】 上映時間:141分
平均点:7.00 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-12-29)
アクションミュージカルシリーズもの伝記もの
新規登録(2018-01-25)【ポトフ】さん
タイトル情報更新(2018-11-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督S・S・ラージャマウリ
キャストラーナー・ダッグバーティ(男優)バラーラデーヴァ
サティヤラージ(男優)カッタッパ
プラバース(男優)シヴドゥ/バーフバリ
小山力也(日本語吹き替え版)
山野井仁(日本語吹き替え版)
喜多村英梨(日本語吹き替え版)
麦人(日本語吹き替え版)
脚本S・S・ラージャマウリ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 前編ではその判断に狂いのなかったシヴァ神様だったが、後編では一変して過ちを犯す。
母でありつつも、国母として国の規律も守らねばならぬ苦悩が…とかなんとか書きたいところなのだが、後編のシヴァ神様はとにかく愚か。
感情的に間違った判断を下す場面が多いのだが、おかげでそのことを素直に認めて悔いるシーンが際立ったように思う。
そして前編冒頭の、自らの命に代えて孫を助けるシーンが生きてくるのだ。
それにしても、バーフバリがカッコいい。カッコよ過ぎる。
盗賊に襲われた小国を守る場面なんて、ジョン・ウーばりのスローモーション多用で痺れた。
二丁拳銃ならぬサンフレッチェ弓道で王女の心鷲掴み。
顔は二枚目じゃないのに、決めポーズがいちいちカッコいい。
カッタッパもコミカルな表情からシリアスな表情まで、とにかく脇役ぶりが素晴らしく、劇中最も愛される役なのではないか。
残念なのは、アヴァンティカの出る幕がほとんどなかったこと。ま、回想シーンが多いから仕方ないんだけど。
政治が絡んで、前編の勢いは少し削がれたものの、充分過ぎるエンターテーメント。
スペクタクル、ではなく、叙事詩。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-05-25 00:09:40)★《新規》★
8.国内での初公開からまだ2年余りだが、もう既に、日本のボンクラ映画ファン界隈においてもマスターピースとして崇められている脅威のインド映画の完結編をようやく観ることができた。
前編(前作)の勢いそのままに、豪華絢爛ら超娯楽が縦横無尽に駆け巡る。
続編のため、基本的なキャラクター紹介が不要な分、序盤から古代インドの王国絵巻が、良くも悪くも躊躇無く豪胆に展開される。
 
出生が謎に包まれた主人公の成長譚と冒険譚の要素が強かった前編は、ストーリー的にはありきたりな展開ではあったが、それがまさに文字通りの「王道」そのものでもあり、インド映画ならではの絢爛で艶っぽい娯楽世界を純粋に堪能できた。
主人公が大滝を登っていく序盤のくだりや、ヒロインからの攻撃を華麗にかわしながら求愛をする様などは、エンターテイメントを超越して神々しくすらあったと思う。
 
続編である本作は、大河の奔流がさらに激しさを増すかのごとく、序盤から怒涛のエンターテイメントが繰り広げられる。無論、心底熱く、盛り上がることは請け合いである。
だがしかし、全編通して存在するある要素が、溢れ出ようとする高揚感を妨害し続けたことも否めない。
 
それは即ち、“王族たちの愚かさ”である。
特に、父バーフバリの母親である王妃シヴァガミの“惑い”と“脆さ”が目に余り、個人的には“雑音”としてすっきりしない印象を持ってしまった。
前編では、父バーフバリの一粒種である赤子を文字通り命がけで守りきり、回想シーンにおいても、慈愛と威厳に満ちた
名君主ぶりを見せてくれたシヴァガミだったが、本作では、対峙する悪しき王族たちの嫉妬と謀略にまんまと嵌り、愚かな決断を繰り返してしまう。
 
勿論、その王族間の陰謀と裏切りこそが本作の本筋ではあるので、そういうストーリーテリングがメインになること自体は致し方ないと思うが、前作通じてそもそもが短絡的な物語なので、謀略を巡らす側も、それに陥る側も、ただただ短絡的で浅はかに見えてしまい、愚か者というよりも、只の阿呆に映る。
 
結果的に、裏切りにより命を落とす父バーフバリ自身が、絶大な英雄像を誇ると同時に、能天気な馬鹿に見えてしまう。
ストーリー上、父バーフバリが絶命すること自体は避けられないだろうが、母王をはじめとする王族たちの愚かさと、裏切りをとうに認識していた上で、自ら死を受け入れる様を明確に描くべきだったと思う。
 
そして、本作のクライマックスでは、父バーフバリの死の残念な真相に怒り心頭の息子バーフバリが、ほぼ強引な力技で宿敵を打ち倒す。
それはそれで色々な意味で熱量たっぷりなアクションシーンだったけれど、息子バーフバリの主人公性を際立たすまでには至らず、物語の畳み方としても強引と思わざるを得なかった。
 
インド映画が世界に誇る圧倒的娯楽大作であることは無論否定しないし、存分に楽しい映画であることは間違いない。
おそらく、この一抹の“消化不良”は、前後編とも「完全版」を観れば、問答無用に呑み込まされるのだろう。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 7点(2019-08-15 01:18:11)
7.《ネタバレ》 インドでは前編から2年後に公開されたとのことで、あそこで終わって2年待たされたインドの観客のことを思うと、この作品への思い入れは相当だったろうと想像できます。まさか、回想シーンで物語の大半を使うとは思わず、なかなか動き出さない物語にちょっと焦らされた感も。その煽りをくって、1作目のヒロインだったアヴァンティカは空気キャラ化してしまったのはちょっと残念。とはいえ、この2年のあいだにすっかり変わった映画業界における女性の立場を反映してのことなのか、本作のシヴァガミとデーヴァセーナの「メチャクチャ強い女性」キャラ造形は素晴らしい。この2人がそれぞれ映画の最初と最後に炎を掲げて歩く場面の力強さ、美しさは、ハリウッド映画にもない独特の美学を体現していて格別です。また、後編ということでキャラ紹介に時間をかけなくてもいい分、各キャラクターの歌舞伎のようなキメたポーズが続出するのも魅力。ダークな展開でもとにかく印象的な絵を連続させるのでワクワクも続くし、その見事なまでの画力にザック・スナイダーが霞んで見える。難点を言えば、やっぱり息子バーフバリの物語が弱くなってしまったことか。ストーリー的には、父バーフバリの物語を反復しているようにも見えるのだけれど、俳優が一緒なのもあって、息子が体現する「新しい世代」の時代だ!的なワクワク感がなく、逆に息子とアヴァンティカのカップルは、強烈だった父バーフとデーヴァセーナ夫婦と比べるとスケールダウンして見えてしまうのは残念。もう少し「新しい希望」的なものが見えると、もっと気持ちが盛り上がったかなあとは思うのですが、ここが西洋哲学とは異なるインド哲学的な価値観なのでしょうか。
ころりさんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-12-24 10:18:22)
6.勝手ながら『伝説誕生』と『王の帰還』とで1本扱いとさせて頂き、点数もコメントもコピペで同じに致します。

個人的には前編の方が歯を食い縛り感や見応えも有って好きでした。
後編は少年漫画の実写化風味が更に強くて最後には笑えてしまいました。

インド映画なので音楽シーン多めですし、突っ込みどころは満載だし、神話チックな展開なんですが、『グラディエーター』や『300』とかお好きな方にはオススメできると思いますよ。満腹です、ごちそうさまでした。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2018-09-17 22:44:08)
5.《ネタバレ》 この手の映画にストーリーを期待していたわけではないけれど、ちょっとガッカリ。【ネタバレ注意】序盤、計略にはまり自国軍を差し向けられてしまうバーフバリ。これをどうやって対処するのかとワクワクしていたら、来るもの皆殺し。自国の兵士と分からないとも思えないのだが、それなのに英雄扱いされるの? そういう疑問を勢いで上書きしてる感じはあるけれど、冷静に考えると、ごく身内のネタで国全体が振り回されているだけというのがなんとも。
mohnoさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-08-22 00:22:29)
4.《ネタバレ》 前後編通しでこの点数です。
主役がバーフバリ父なのかバーフバリ息子なのか最後まで曖昧でした。
父の活躍を前編で描き、息子の活躍を後編で描く方がもっと感情移入出来た様に思う。
後編は途中から「いくらなんでも回想シーン長過ぎじゃね?」とどうやって風呂敷を畳むのか心配になってしまった。
肝心の王(息子)の凱旋はおまけ程度だったし、前編で大活躍した息子の彼女(もっと観たかった!)は出てこなくなっちゃうし、
作品の力点がよく判らない=曖昧と言う感想でした。 はい。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-08-20 13:08:42)
3.《ネタバレ》 1作目で学習したから面白かった!(各人物の関係を把握しないとこの作品は楽しめないよね) 応援上映いいよな~行きたかったなーーこれは盛り上がるわ~。 しかし、ここでのレヴュー数がビックリするぐらい少ないのは。。。どうしてかな?(苦笑) 強いていえば、お父さんバーフバリと息子が二役やってるから観ている側がチョット混乱する&バラーラデーヴァが年を取った感がほぼゼロで、最後の戦いにバーフバリ息子のかたき討ち感が薄いのが惜しい。そこら辺を頑張ってくれればもっと応援できたのに~とか思ったり。まぁそういいつつ面白かったですハイ
Kanameさん [インターネット(字幕)] 7点(2018-07-26 07:39:30)
2.《ネタバレ》 笑ってしまうくらいの熱い展開に圧倒されてしまう。前作に引き続き、回想に時間を割いているが如何にしてバーフバリが殺されたかを丹念に描いている・・・と言っても、いくらなんでもカッタッパ、登場してないシーンですら詳細に知りすぎだし、それで納得してしまうバーフバリJrも如何なものかと。あと30分を切り、「どうまとめるの?」と思いきや、前作以上に無茶苦茶な戦闘シーンが続き、回想の分量が遥かに多いのにそれがオマケに感じないのは勢い故か。育ての親のドラマは一切無視、前作の武器商人どうなったの?、Jrのヒロイン空気すぎなのもそんなの関係ねえ!なパンクさが素敵。「切り落とすべきは指ではない。こいつの首だ!」には笑いがこみあげる。ここまで凄いともうお手上げだろう。完全版出すなら、前作の完全版も出して欲しい。
Cinecdockeさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-07-24 00:37:08)
1.私のホームでインド映画が公開されるなんて珍しく、面白そうだったので行く前に軽く情報を調べたらこれは続編らしいとの事だったので、じゃあまずは1作目をレンタルしてみて面白かったら行こうかなぁ位に思っていた。

そして、1作目を見終わった私↓

「バーフバリ、バーフバリ!」

という謎の掛け声を発しながら気付いたら車を走らせ、気付いたら映画館の中央付近に座っていた。

そんな訳だから(どんな訳だ)、テンションアゲアゲ状態での鑑賞となった訳で、巨大スクリーンで展開される迫力と期待を裏切らない出来にもう興奮しっぱなし。

ストーリー自体はよくある王位を巡る裏切りと復讐の物語なのだが、どうすれば観客にカタルシスを感じさせる事が出来るか心得まくっているというか、とにかく構成が巧い!そして、漫画チックなでたらめさも兼ね備えた合戦シーンは、ありえないんだけどその圧倒的説得力のある映像によって思考停止というか、おおー!おおー!と叫びっぱなしだった(←何言ってるか分かりにくくてすいません)

例えるなら、「ベン・ハー」と「マッドマックス怒りのデスロード」と「300スリーハンドレッド」を足して3倍したような映画!
ヴレアさん [映画館(字幕)] 9点(2018-02-12 20:45:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5222.22%
600.00%
7444.44%
8222.22%
9111.11%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS