恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
 > (レビュー・クチコミ)

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

[コイスルリンネオームシャンティオーム]
Om Shanti Om
2007年【インド】 上映時間:169分
平均点:8.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2013-03-16)
ラブストーリーコメディミュージカルロマンス
新規登録(2018-03-06)【Olias】さん
タイトル情報更新(2018-03-11)【カニ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ファラー・カーン
キャストシャー・ルク・カーン(男優)オーム・プラカージュ・マッキージャ/オーム・カプール
ディピカー・パードゥコーン(女優)シャンティプリヤ / サンディ
アルジュン・ラームパール(男優)ムケーシュ
宮内敦士オーム・プラカージュ・マッキージャ/オーム・カプール(日本語吹き替え版)
花輪英司ムケーシュ(日本語吹き替え版)
出演ラーニー・ムカルジー(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
ヴィディヤ・バラン(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
プリヤンカー・チョープラ(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
タブー(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
ミトゥン・チャクラボルティー(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
カジョール(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
サルマーン・カーン(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
サイーフ・アリー・カーン(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
サンジャイ・ダット(「Deewangi Deewangi」ダンスシーン出演)
アビシェーク・バッチャン本人(カメオ出演)
アクシャイ・クマール本人(カメオ出演)
アミターブ・バッチャン本人(カメオ出演)
ファラー・カーン本人(カメオ出演)
リティク・ローシャン本人(カメオ出演)
カラン・ジョーハル本人(カメオ出演)
ヴィシャール・シェーカル本人(カメオ出演)
リシ・カプール本人(カメオ出演)
ヤシュ・チョープラ本人(カメオ出演)
原作ファラー・カーン(原案)
音楽ヴィシャール・シェーカル
製作シャー・ルク・カーン
配給アップリンク
振付ファラー・カーン
衣装カラン・ジョーハル
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 30年前に悲恋ロマンスがあって、そこから輪廻転生を経て現在のロマンスが、なんて、その設定だけで一級品のインド映画になりそうな予感。はたして、(1)最初の30分で話がちっとも前に進まない、(2)そこから2人のああだこうだだけでさらに30分、(3)そこから突然怒濤の展開、と正しくボリウッドのお作法を踏んでいる。後半は、敵に対する復讐プランがメインになってて、輪廻のあれこれはどこかに行ってしまうのだが(大体、あれだったら、後半のヒロインはただの瓜二つってだけで、輪廻も何もないやん!)、クライマックスのあの1曲のパワーはもの凄い。仮面舞踏会風のボリウッド・ダンス(!)に乗せて、敵ボスへの告発ソングを延々熱唱するシャー・ルク、それに重なるオペラコーラス。ここにたどり着くためのそれまでの2時間半でした。●ところで、作中で主人公が演じていた「ラブラブマン」、それはそれで1つの作品として見てみたい、と思った人は、結構いるのではないかと思うが。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2018-03-06 20:57:52)★《更新》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 8.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
81100.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS