ドラゴンボール超/ブロリーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラゴンボール超/ブロリー
 > (レビュー・クチコミ)

ドラゴンボール超/ブロリー

[ドラゴンボールスーパーブロリー]
Dragon Ball Super:BROLY
2018年【日】 上映時間:100分
平均点:5.92 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-12-14)
公開終了日(2019-06-05)
アクションSFファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化3D映画
新規登録(2018-09-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-07-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長峯達也
野沢雅子孫悟空/孫悟天/バーダック
島田敏ブロリー
堀川りょうベジータ
中尾隆聖フリーザ
山寺宏一ビルス
森田成一ウイス
古川登志夫ピッコロ
久川綾ブルマ
草尾毅トランクス
宝亀克寿パラガス
水樹奈々チライ
杉田智和レモ
銀河万丈ベジータ王
大友龍三郎神龍/コルド大王
千葉繁ラディッツ
稲田徹ナッパ
渡辺菜生子ギネ
桐本拓哉ビーツ
菊池正美キコノ
江川央生モロコ
松山鷹志ダイゲン
青森伸執事
沼田祐介フリーザ軍兵士
高塚正也サイヤ人(タロ)
原作鳥山明
脚本鳥山明
音楽住友紀人
津島玄一(音楽プロデューサー)
作詞三浦大知「Blizzard」
主題歌三浦大知「Blizzard」
製作石原隆〔製作〕
集英社(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
東映(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
東映アニメーション(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
20世紀フォックス(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
フジテレビ(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
バンダイ(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
バンダイナムコエンターテインメント(2018「ドラゴンボール超」製作委員会)
企画森下孝三
集英社(企画協力)
プロデューサー臼井裕詞(シニアプロデューサー)
制作東映アニメーション(アニメーション制作)
配給東映
20世紀フォックス(配給協力)
作画鳥山明(キャラクターデザイン)
長峯達也(絵コンテ)
久保田誓(原画)
その他鳥山明(漫画連載「ドラゴンボール超」原作)(集英社「Vジャンプ」連載)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.バーダックのエピソードは良かったけど、Z戦士はピッコロが少し喋って終了とは酷い。せめてクリリンとヤムチャぐらい出演させてあげなよ。バトルは迫力あるけど長すぎて少しウンザリした。そのバトル中の挿入歌みたいなコールが糞ダサいのはなんだったんだろ。センス無さすぎ。
真尋さん [インターネット(邦画)] 5点(2021-02-13 20:45:02)
12.《ネタバレ》 劇場版シリーズ20作目で、最新テレビシリーズである「ドラゴンボール超」のその後を描いた作品。「超」のテレビシリーズを見ていないのでどうかなと思いながら見たが、やはりそれはほとんど気にせず見れるつくりになっている。昔の劇場版で強敵として3作にわたり登場したブロリーがメインの敵として登場すると知った時には正直どうなんと思ったが、設定をリセットし、ブロリーを全く新しい存在として描いていて、そこは成功していると思うし、序盤で惑星ベジータがフリーザによって消滅させられるまでを描いているのも「たったひとりの最終決戦」同様に重みがあって良かった。(冒頭のコルド軍の襲来シーンでザーボンやドドリア、ギニュー特戦隊などZでのフリーザの部下たちがモブとして登場してるのが見ていて興奮してしまった。)「たったひとりの最終決戦」では登場していなかったバーダックの妻であるギネが初めて登場している(声を演じているのがチチと同じ渡辺菜生子というのもなんかいいなあ。)が、カカロットをボッドに乗せて地球に脱出させるシーンはこのギネの存在のおかげでとても良いシーンになっていたと思うし、この後の悲劇的な展開を知っているだけに切ない。中盤以降はバトル中心の展開となるが、「復活のF」に比べると飽きずに見られる感じだった。ブロリーがスーパーサイヤ人に覚醒するきっかけがフリーザにパラガスを殺されたことなのだが、パラガスを殺す直前にフリーザの回想でクリリンがフリーザに殺されるシーンが出てくるが、思わず昔に見たときこのシーンがちょっとトラウマになっていたことを懐かしく思い出した。(もちろん、今は大丈夫。)そのフリーザが悟空とベジータがフュージョンの特訓をしている間、時間稼ぎとしてブロリーと戦うことになるのが完全に成り行き上なのだが、もし、フリーザが自分から申し出てそういうことをしていたら違和感しかなかっただろうから納得できる展開だったのは良かったかな。それにしてもフリーザがドラゴンボールで叶えたい願いがレッド総帥と全く同じなのはなんか笑ってしまう。(フリーザ、こんなやつだったっけ?)今回はフリーザの部下であるチライとレモがブロリーと親しくなることでキーパーソンのようになっているが、フリーザの数いる部下たちの中にもこういう奴がいてもおかしくないよなとつい思ってしまった。昔のブロリー作品は劇場版で何回も同じ敵が登場することにちょっとしつこさを感じていたし、キャラ自体もそこまで魅力を感じていなかったように思うが、本作のブロリーは昔とは印象が変わっているように思うし、見ていて普通に好感が持てた。続編あり気な終わり方だったけど、どうなのだろう?チライとレモのその後もなんか気になる。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 6点(2020-07-31 00:31:50)
11.劇場版DBシリーズではvsジャネンバが一番好きな世代ど真ん中組です。2000年代に入ってからのシリーズは声優陣の衰え、一体何を見せたかったのか分からない内容も酷いものばかりだったので本作も観る気は無かったんだけど、あれだけ有名なブロリーを見た事が無かったので鑑賞。
久々にDBらしい作品を見たようでワクワクしましたよ。フリーザってやっぱりめちゃくちゃ悪い奴ですね。気になって過去のブロリー作品も全て観てしまいました。童心に帰らせて頂いたので好評価。でも戦闘に次ぐ戦闘で少し飽きてしまったのは…歳のせいでしょうかね泣。
Kの紅茶さん [インターネット(邦画)] 7点(2020-01-23 11:56:52)
10.《ネタバレ》 なお、ドラゴンボールの映画は「神と神」と「復活のF」ぐらいしか見たことがないので
オリジナルのバーダックやブロリーを知らずに見てます。

で、個人的にはコミカルなシーンはドラゴンボールに関して
あまり好きじゃないので
序盤の重い感じの展開は結構好きだったりします。
なので、ビルスの登場やフュージョンの部分はあまり好きじゃないです。

で、本作は序盤こそはストーリー展開あれど
ほぼあってないようなものなので、

戦闘シーンがどうなのかが個人的な評価につながるのですが
なんとなく某ハリウッド剣術映画を見た気分になりました。

連続アニメ版に比べて多彩の動くキャラクターたちや
高速の動くバトルシーンは
大幅な向上が見られるのですが

作画が一本調子で見どころという見どころがなく
すごい作画だったけど、あまり記憶に残らない感じになりました。
最初のベジータvsブロリーの動きは良かった気がしますが

Netflixであったヒロアカ劇場版(二人のヒーロー)とかは
クライマックスシーンを10回ぐらい見返すぐらい
好きな作画でしたが(中村豊さんパート)、

AmazonPrimeで見れるものの
繰り返し見るかというとちょっと怪しい感じです。

よって、すごいんだけど響かなかった。って事で6点です
シネマレビュー管理人さん [インターネット(邦画)] 6点(2020-01-16 10:33:31)
9.まあ映像だけですね。ストーリーはあってないようなもの。ド派手なアニメ映像を観たいだけならおすすめできる。
ばかぽんさん [インターネット(邦画)] 4点(2019-11-24 09:57:34)
8.《ネタバレ》 ザーボンさん、ドドリアさん、ギニュー特戦隊が出てきたらテンション上がりますね。出番は多くなかったけど。導入部分だけでも往年のドラゴンボールファンには価値ありです。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2019-11-06 19:08:40)
7.《ネタバレ》 ドラゴンボールはほんと久しぶりに観ましたが、いい感じに進化しているなと思いました。
なんというか、力技で描いた格闘シーンとでも言えばいいのかな。今はフルCGアニメが当たり前ですが、
昔ながらの方法で、これだけやれるんだぜ、みたいな心意気を感じる。
ユーモラスシーンも散りばめられていて、特にフュージョンのシーンは大笑いしました。
ブロリーの唯一の友達のエピソードもいいし、冷徹なフリーザさんの振る舞いも良い。
終わり方が半端すぎてズッコケましたが、これは完全に続編があるということでしょう。続きが観たくなりました。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2019-08-23 17:13:23)
6.ストーリーで魅せる映画という訳ではなく、メインはバトルという内容の映画だった。
misoさん [インターネット(邦画)] 5点(2019-07-01 01:46:29)
5.《ネタバレ》 ドラゴンボールファン、ブロリーファンなら間違いなく嬉しく楽しめる作品!
ブロリーとゴジータの戦闘シーンはかなりスピード感があって、肉弾戦の音がまたいい!これぞブロリーとの戦闘って感じ!
そして相変わらず、ブロリーの雄叫びシーンは、でかい筋肉が際立って最高にかっこよかった。
フュージョンシーンは、ベジータのセリフに笑わせてもらった。
"Z"世代も、"超"世代も、ともに楽しめるいいドラゴンボールだったと思います
へまちさん [映画館(邦画)] 6点(2019-03-11 23:57:47)
4.《ネタバレ》 ブロリーとゴジータ、ドリームマッチ。サイヤ人とフリーザ軍による因縁の歴史を紡ぐエピソードには悲壮感漂う。激レアな悟空のお母ちゃん初登場。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-12-29 01:49:28)
3.《ネタバレ》 前半部分が長い。ブロリーとの戦闘シーンは素晴らしかったが、画の酷いところがちょいちょいあって気になった。フュージョンの練習中にフリーザが1時間もボコられてたのがなんか笑えた。
ぷるとっぷさん [映画館(邦画)] 6点(2018-12-24 15:41:56)
2.《ネタバレ》 ブロリーの戦闘時間長すぎやろ!
アキラさん [映画館(邦画)] 7点(2018-12-14 18:17:29)
1.現代に戻るまでがなかなか面白かった。バーダックがフリーザに立ち向かって行ったシーンをもっと見たかった。
ケンジさん [映画館(邦画)] 6点(2018-12-14 17:49:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 5.92点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
5215.38%
6753.85%
7323.08%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS