交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 コ行
 > 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1

[コウキョウシヘンエウレカセブンハイエボリューションワン]
2017年上映時間:93分
平均点:6.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-16)
ドラマSFアニメシリーズものリメイクTVの映画化
新規登録(2018-10-24)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2023-06-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督京田知己(総監督)
三瓶由布子レントン・ビームス(レントン・サーストン)
名塚佳織エウレカ
辻谷耕史デューイ・ノヴァク
森川智之ホランド・ノヴァク
根谷美智子タルホ・ユウキ
小杉十郎太チャールズ・ビームス
久川綾レイ・ビームス(レイ・ノートン)
古谷徹アドロック・サーストン
中村彰男マシュー
畠中祐
斉藤貴美子オペレーターA
原作BONES
脚本佐藤大[脚本]
音楽佐藤直紀
製作BONES
バンダイビジュアル
バンダイナムコエンターテインメント
博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
毎日放送
制作BONES
配給ショウゲート
作画橋本敬史(原画)
吉田健一(キャラクターデザイン)
録音若林和弘(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 エウレカセブンは映像作品はほぼ閲覧してます。
テレビ版50話、エウレカセブンAO、AO外伝、虹がいっぱい、ハイエボリューション1、2、テレビ版51話音声といった具合で
多分相当好きな部類なんだとは思いますが、ハイエボリューション1はやっぱり勧めるのは難しい。
まずテレビ版をうろ覚えの人に見せてもどういう展開かわかってもらうのは難しいし、
テレビ版を神を崇拝する人なら、なんだこのツギハギだらけの映像は、と怒らせるかもしれない。

要するに自分のように京田作品ならとりあえず見るしあまり文句を言わないよって人向け。
それでも新作カットの合間合間に旧作の映像が挿入されて、しかも旧作カットの中で新しい本編が作られているので見づらい。
素直に全部新作カットの新編エウレカとして作ってくれたらここまでの混乱はなかったと思う。
単純にそこは監督か誰かに才能がなかったんだと思われる。
にんじんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2019-10-06 16:43:23)(良:1票)
1.もうすぐ公開される2作目の予告編が面白そうで気になったので鑑賞。
初めてこの作品に触れるのだが、テレビアニメ版を再構築した新たな3部作らしい。時間軸入り乱れかなり複雑な構成で理解するのがなかなか大変だった。逐一字幕テロップで“22日前“とか“8時間前“とかの情報が入るのだがこれがやたら煩い。どこを基準にしてるのかもわからないしパニックだった。そんなに細かい情報いる?

冒頭で描かれる地球全体を巻き込んだ出来事「サマー・オブ・ラブ」(エヴァのセカンド・インパクトみたいな物?)のシーンがとにかく迫力があり、なんか凄い事が起こっているんだなという事は感じられた。

その後、10年の月日が流れ、この物語の主人公レントンのドラマが描かれていた。
単純にロボットアニメかと思いきや、レントンと父親の親子の絆。宇宙人の少女との交流など、複雑な人間ドラマが魅力なのかなぁと感じた。今後に期待。
ヴレアさん [インターネット(邦画)] 6点(2018-10-29 14:18:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
62100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 4.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS