機動戦士ガンダムNTのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 機動戦士ガンダムNT
 > (レビュー・クチコミ)

機動戦士ガンダムNT

[キドウセンシガンダムナラティブ]
Mobile Suit Gundam Narrative
2018年【日】 上映時間:90分
平均点:4.90 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-11-30)
公開終了日(2019-05-24)
アクションドラマSF戦争ものアニメシリーズものTVの映画化
新規登録(2018-11-11)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2021-11-01)【ないとれいん】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
榎木淳弥ヨナ・バシュタ
藤村歩ミネバ・ラオ・ザビ
古川慎ブリック・テクラート
塩田朋子マーサ・ビスト・カーバイン
てらそままさきモナハン・バハロ
中井和哉イアゴ・ハーカナ
山路和弘アバーエフ
遠藤綾エリク・ユーゴ
手塚秀彰スベロア・ジンネマン
内山昂輝バナージ・リンクス
小山力也フラスト・スコール
下野紘タクヤ・イレイ
池田秀一クワトロ・バジーナ
夏樹リオステファニー・ルオ
原作矢立肇
富野由悠季
脚本福井晴敏
音楽澤野弘之
作詞澤野弘之「narrative」
作曲澤野弘之「narrative」/「Vigilante」/「Cage <NTv>」
主題歌澤野弘之SawanoHiroyuki[nZk]:LiSA「narrative」
LiSASawanoHiroyuki[nZk]:LiSA「narrative」
企画サンライズ
制作サンライズ
配給松竹
作画カトキハジメ(メカニカルデザイン)
佐山善則(モニターデザイン)
橋本敬史(原画)
録音木村絵理子(音響監督)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 超能力ですべて解決してしまうのが不満。
あとはロボット出して玩具で儲けようってイメージ。
観たいのは人間ドラマなんだよなぁ。
ロボット描写もたいしたことない、
ユニコーンガンダムの方がだんぜん良かった。
Dry-manさん [インターネット(邦画)] 4点(2022-03-30 04:05:29)★《新規》★
9.ユニコーンを見ていないと何だかわからない展開でしょう.ユニコーンを観ずに劇場で観たら「金返せ!」と言いたくなりますね.
ただ,ニュータイプというのを再定義したことに意義があると思います.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 5点(2022-01-07 00:22:04)
8.《ネタバレ》 スパロボシリーズで今作とUCの知識は充分、ってか結末は知ってるんで映画で補完と復習。ゾルタンは初見で中ボスかと思ってたよ。ボスオーラ無さすぎ。ボスには仮面必須だよね。うん。で、監督さん光の速さで飛ぶMSって何さ?
真尋さん [インターネット(邦画)] 6点(2022-01-05 02:27:28)
7.《ネタバレ》 観始めたらコロニー落としのシーンだったので、ファーストからZZあたりの裏話かなと思ったら、どうやらユニコーンに近いのかな?と気づきました。しかしながらユニコーンの後半をまだ見てない事にも気が付きました。。。てなわけで予備知識が足りずちょっと置いてけぼりでした。

予備知識としてはユニコーンは必須なんじゃないかと思いました、結末といいますかラプラスの箱ってなーに?等がどうなのかまだ知らないけど、ミネバとバナージのその後とか、致命的では無いかもしれませんが、多少なりとも解釈の助けになるのかもしれませんね。

連作でしっかりと描いてくれれば面白そうでしたが、展開も早くてついていけないってのも感じました。
あと残念に思ったのが、ニュータイプ研究所の絡みがあったようなので、過去作品の強化人間との絡みもあれば面白そうだったけども、作中にあったのかもしれないけど気が付かんかった。
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 5点(2021-10-25 13:04:42)
6.色々な作品が乱立するガンダムシリーズの中で都合よくつかわれてきた「ニュータイプ」というあいまいなワードをあらためて福井が再構築するため作品…らしいです。

ガンダムUCの外伝的作品なので、少なくともガンダムUCがしっかり頭に入ってないと意味不明な作品なわけですが、それって公開時明確に語られてましたっけ?
とりあえず「ガンダムだから」と気軽に観に行った人が愕然としたのは間違いないでしょう。

作画レベルにしても、OVA(&テレビ版)のガンダムUCと比べても明白に見劣りするわけで、これを劇場アニメとして映画館でかけるっていうのはクオリティ的にどうなんでしょう??

個人的には「ここはレイズナーのV-MAXの効果音で」とか「ここはイデオンの効果音で」なんていうマニアックな指定は嫌いではないですが、一般的にはそういうこだわりはどうでもいいでしょうしね。

てかエンディングでLISAの歌がかかったときには聴きなれた声にびっくりしました。
あらこいつの主題歌もLISAだったのね…
あばれて万歳さん [インターネット(邦画)] 4点(2021-10-19 23:05:21)
5.これの作品単体では理解が難しいと思う。そういうこと自体がガンダムシリーズの特徴でもあるんだけど。
それでも一度、時系列に正確に全シリーズ作り直して欲しい気もする。
この映画は、ガンダムを観られるならいいか、と思いきや、多くの構成も少し分かりにくい。
simpleさん [インターネット(邦画)] 5点(2021-06-19 12:43:48)
4.《ネタバレ》 ガンダムUCの外伝的作品だけど、ゾルタンの引き起こす被害予想はコロニー落としよりかなり大きく、外伝という小さな枠に収まらない、宇宙世紀の歴史的に大きな事件になっていた。
ガンダムにはトンデモ科学が結構出てくるが、この映画ではガンダム屈指の謎アイテム、サイコフレームに焦点が当たっている。
サイコフレームを介して死者とも意思が通わせるようになるかもしれない…ミノフスキー粒子やサイコミュといった未来の技術っぽい兵器に比べて、かなりオカルト寄りなアイテム。そんなサイコフレームと関わったヨナ、ミシェル、リタの三人の、死を乗り越えた友情を描いた物語。セリフによる説明が丁寧で多いので、これが初めてのガンダム作品でも、意味が分からず置いてきぼりにはならないと思う。
物語の途中でリタは既に死んでいる事が暗示されていて、それを確かめるかのようにストーリーは進んでいく。もしリタが生きてる体で物語を引っ張って、最後に『実は死んでました』とオチに持ってきていたら、きっと興覚めしていたと思うので、この作品単体の仕掛けとしては充分に納得出来るものになっていると思う。
死者の魂が無人のモビルスーツをメンテナンスも補給も無しに動かし、最後は光速に近い速度で飛び去る…宇宙世紀の物語としては急に技術が飛躍しすぎている気がする。
アムロが死んだララアと話したり、地球に落ちるアクシズをモビルスーツで押し返したり、グフの腕から太い鞭が出てきてガンダムの足の甲を切ったり…不思議だけど、何とかギリギリ説明出来そう…な気がするのが宇宙世紀の技術。フェネクスにもそんな余地は残してほしかった。
最後にヨナとバナージが話すところとか、ライトノベルやSFファンタジーもののようだけど、40年も続くガンダム世界の色々な試みの一つとして、こんなガンダムもアリなんだと思う。
K&Kさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2021-01-19 23:26:29)
3.評判ほど悪くはなかったけど、もうリアルロボットというよりスーパーロボットよりの話しだった。
映画自体は駆け足でもう少し掘り下げて話を観たかったかな?
それだと映画では尺が足りない気がするが。
misoさん [地上波(邦画)] 5点(2021-01-05 01:34:49)
2.《ネタバレ》 話の内容は文句無しに相当面白い。難点ははっきり、異常に駆け足な点(状況説明も背景説明も前作『UC』との絡みも最小限)。90分に無理繰り抑え込んだのは予算面の制約かなんかなのだろうか。アニメとしても作画がやや甘い場面が散見されるし、戦闘シーンも可も無く不可も無いくらいのレベル。テレビ1クール(かОVA6話)でじっくり見たかったというのが本音。重ねて言うが話自体は上出来なので。

ただし一言。私の中ではニュータイプの物語としてのガンダムは『逆襲のシャア』で完全(かつ不可逆的)に終結したので、はっきり言って『UC』は受け入れ難いというのが正直なトコロ。結局ニュータイプがもはや神の如き奇跡で世界を救い、正直ガンダムというよりはエヴァンゲリオンだなあと感じている(二重に二番煎じ)。ただ、今作の構成から見ても分かるように、福井氏の作家能力は非常に高い(『UC』についても「ラプラスの箱」とかのアイデアは素晴らしいと思う)。願わくば「ニュータイプ」の次のガンダムのコンセプトを見出して欲しいのだが。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 7点(2019-12-14 12:31:38)
1.《ネタバレ》 ニュータイプとは因果な生き物ですね。
そんな訳で新作ガンダム映画とは言うけれど其の実中身はUCを見てなきゃさっぱりな代物で一見さんはお断りですね。
まぁ予備知識が必要そうな面倒くさいところはガンダム映画らしいっちゃガンダム映画らしい。
しかも初お披露目のNTガンダム以外に目立つのは金色のユニコーンに白いネオジオングと新鮮味に欠けるMS達。
映画一本に収めるために目まぐるしく変わる状況とシーン、そして過去のフラッシュバック、何が起こっているかはあと3回は見ないとわからないくらいややこしいし、退屈である。
最後のピンチだ!って言っている所もわかりにくく、解決する方法もアレなのでなんともかんとも。
そしてメカ描写などの盛り上がりの少なさ、絵的な面白さも皆無で、テンションが上がる部分は個人的にディジェが登場するところくらいで、後はまさかのUC主人公バナージ登場で驚きましたが、なんだかUCと比べても褒美的な部分がとても少ない地味な印象と、クオリティ的にUCやオリジンと同じモノに見えてしまう、劇場版と太鼓判を押す割りには物足りない作品でした。
えすえふさん [映画館(邦画)] 4点(2018-12-06 23:33:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 4.90点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4440.00%
5440.00%
6110.00%
7110.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS