ヘレディタリー 継承のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘレディタリー 継承
 > (レビュー・クチコミ)

ヘレディタリー 継承

[ヘレディタリーケイショウ]
Hereditary
2018年【米】 上映時間:127分
平均点:5.97 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(2018-11-30)
ホラー
新規登録(2018-11-13)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2019-09-08)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アリ・アスター
キャストトニ・コレット(女優)アニー・グラハム
アレックス・ウルフ(男優)ピーター・グラハム
ガブリエル・バーン(男優)スティーブ・グラハム
アン・ダウド(女優)ジョーン
脚本アリ・アスター
製作総指揮ガブリエル・バーン
トニ・コレット
配給ファントム・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.《ネタバレ》 DVDで観て、しばらく経った。ここでみなさんの感想を読みながら気付いたのは、この映画はホラー映画のジャンルということで、たぶん作り手は「怖がって欲しい」と思って作ったのかもしれないが、私は怖くなかった。ただ、気持ち悪いだけだった。

とても丁寧に作られた映画かもしれないが、私には理解できなかった。再見すれば理解できるのかもしれないが、できれば二度と観たくない。たぶん、ユーモアがない映画だからだろう。

四人家族だが、好きになる人物がいない。
主人公と思っていた母親は、身勝手で感情的な人だった。
高校男子は、友人がいるようだが親友が一人もいないようで誰にも相談をしない。

ストレスが溜まるタイプの映画がある。
この映画がまさにそれで、私には合わない映画だった。
もし再見すると、なにか良い発見があるのだろうか?
激辛カレーライスさん [DVD(字幕)] 3点(2021-11-12 19:46:12)(良:1票)
35.《ネタバレ》 天井土下座でうぉっとなり、天井首切りでフフってなった。
真尋さん [インターネット(吹替)] 5点(2021-10-23 17:35:46)
34.《ネタバレ》 ショッキングなシーンが多いですが、内容は理解できませんでした。首無しで浮遊してたり、これはオカルトなのでしょうか。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 4点(2021-10-16 08:44:29)
33.《ネタバレ》 途中からフィクションとオカルト色が強くなり、ラストの宗教団体の登場にて、実話ベースのホラーに慣れた自分としては、ガッカリしてしまった。長ったるくて少々分かりにくい描写だが、俳優陣の真面目な演技に甘めの点数。

※欧米には、悪魔崇拝している団体が未だにいるの? 嫌だね~。
festivaljapanさん [DVD(吹替)] 5点(2021-09-19 15:23:48)
32.《ネタバレ》 怖いは怖い。だがそれは恐怖ではない質の怖さ。正直なところよく分からないですが、陰鬱な気分にはなります。伏線がたくさんあったとのことですが、到底もう一度観てみようという気にはなりません。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-08-13 00:01:09)
31.評論家(?)からの絶賛を聞いていたが、今更鑑賞。
確かに映画館だったらかなり怖かったかもしれない。ゆったりとして観ると中盤はちょっとまどろんできて、ちょっとだけ落ち着いてしまう。謎があるのは確かなので、まあ飽きずには観られるが、ホラーの名作となるかは分からない。
simpleさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-06-15 22:44:25)
30.《ネタバレ》  私は悪魔ネタがけっこう好きだ。よく「日本はキリスト教圏ではないから、悪魔の怖さはピンとこない」という感想を聞くことがあるが、そんなこともないと思う。「邪悪な集団に追い詰められていく」というのはホラーの定番だし、『ローズマリーの赤ちゃん』は何度見ても背筋が凍る。サタニストがマンハッタンのアッパークラスに巣食っているという設定に妙にリアリティがあり、「悪魔に狙われている」という状況を早々に明かした上でのストーリーテリングが巧いからだ。

 本作ではサタニストの存在が終盤で明らかになる上、存在感がどうもボヤッとしている。そもそも、主人公たちはどんな街に住んでいるのか。悪魔崇拝者たちは、どのようにカモフラージュして暮らしているのか。彼らのコミュニティとしてのリアルを描けていないので、現実としての恐怖感がまるでない。裸の信者たちがわらわら出てくるシーンはそれこそ『ローズマリーの赤ちゃん』っぽくておぞましいが、同時に苦笑いもしてしまう。

 致命的なのは、誰も彼もが辛気臭い顔・行動を示すので「この家族がどうなろうと知ったこっちゃないよ」という気分になること。ルッキズム否定がトレンドなのかもしれないが、やはり「愛嬌のない者に感情移入はできない」ということを痛感する。息子役だけが中東系の顔立ちをしているのも、「何か意味があるのかな?」と思わせてしまう謎のキャスティング。ポリコレ対策だろうか。

 恐怖シーンのひとつひとつはけっこうしっかりしているので、怖くすらない駄作と比べれば高評価になるのかもしれないが、名作として後世のホラーファンに「継承」されていくとは到底思えない。
エリコ・クリスティさん [インターネット(字幕)] 4点(2021-05-22 01:44:25)
29.ミッドサマーを先に観て、こちらを観るのを楽しみにしていた。
人によって評価が分かれる作品だっていうことは聞いていたが、自分にはあまり怖くなかったかな。
よくわからない部分も多かったので、今から他の人の感想をチェックします。
おとばんさん [インターネット(字幕)] 6点(2021-04-30 11:47:03)
28.《ネタバレ》 敬愛する町山氏の本で怖いと褒めていたので観てみましたが、残念なことにまったく怖くありません。両親と兄妹の四人家族の物語。うち妹は序盤で非業の死を遂げます。残った三人の廻りでは不可解な現象が次々に起こり始め、旦那を除く二人が何かに憑かれたように狂っていくという展開。「ドールハウスに入り込むエッシャー風なオープニング」「シャイニングを想わせる重厚な画」「不穏な空気を作り出す不快な音響設計」「主役女性のキレの良いキレっぷり」と、話は途中まで快調に進みます。しかし折角の見事な演出も空しく、終盤に予想外の失速をみることに。その原因は、そこまで唯一正気を保っていた旦那が退場してしまうから。オカルトぽい映画を観るとき、私のようなオカルトと無縁の者は、同じ立ち位置の登場人物の目を通して起こっていることを共有するのです。その役目をする人間に去られると、移入する者の不在に置いてけぼりを食らってしまうことになるわけです。正気の人間がいなくなってしまえば、どんな突拍子も無い超常現象もやり放題。全てはイカレた人達の脳内でおこっていることで済んでしまうので「好きにすれば〜」としか言いようがない心境になってしまいます。この作品については途中までおおいに楽しめただけに、がっかり感もひとしおでした。
皮マンさん [インターネット(字幕)] 3点(2021-04-12 15:32:14)(良:2票)
27.《ネタバレ》 各所で絶賛のホラー映画だけに、期待して鑑賞。

「あぁこれ家族崩壊を扱った心理的ホラー映画なんだ」と思った序~中盤、正直好みの映画じゃないなぁと思いながら観ていたわけですが、観終わってみればあぁそういう内容だったのねの現代版ローズマリーの赤ちゃん。

中盤までの地味な怖さで訴えかけてくる家族ホラー映画は後半どこへやら、後半の展開はもはやジェットコースターでした。
なるほど、これは怖い、確かに怖い。しかもなんという怖さの質がちょっと陰湿で不愉快。
人間の負の感情をつついてくる感じの映画です。

つか狂ったお母さんが駆け回るより家の中に見知らぬ白塗りの裸の男達がいる方が怖いですよ笑
考えてみてください、家の中に知らない男たちが裸で白塗りで何人も立ってるんですよ。
一歩間違えれば死霊の盆踊りアゲイン、あるいは水ダウの企画ですよ。
こわー笑
あばれて万歳さん [インターネット(字幕)] 7点(2021-04-11 18:44:23)
26.《ネタバレ》 2回見て初めて色んなことが分かりました!!
ミッドサマーといい、伏線の張り方がさり気ないので、初見だと何で何で?という箇所がちらほら。

3つの首を捧げよってことなんですね!
そう思うと、あの3人家族が死んで息子だけ王にさせられたのも納得。
悪魔崇拝とかそのへんについての教養が無いと怖くはないかも。
しかし娘の首がぶっ飛ぶシーン、そして白昼の腐った生首の長尺アップ、その後の地獄みたいな家庭ドラマは『ミッドサマー』のときに通ずるものがあり、見応えがありました。
この監督の次回作を追ってみたいです。
アーウーマンデさん [DVD(字幕)] 6点(2021-02-11 23:08:17)
25.同監督の「ミッドサマー」に続き鑑賞。
グロいしショッキングだし、鬱映画ハンパない。

最後まで展開読めなかったのは凄かったけど、
オカルトがなんか納得感が薄いなぁ。
何の落ち度もないお父さん可哀相すぎ。

どちらの作品も「死」が軽んじられてる気がして、
この監督の作品はあまり好きじゃないなぁ。
同監督の三作目が出てもたぶんもう観ないです。

ホラー映画なんて好き好んで観るもんじゃないな。
と、改めて痛感させてくれた監督・作品でした。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-02-10 10:45:02)
24.《ネタバレ》 公開されたときの映画評が良かったので、見たいと思いつつ見逃してたので、ちょっと期待値のハードルが高かったのもあるかもだけど
特にこれといって すごいわ と思うところが無く終わってしまった
他の映画評には「伏線回収もされて」とか書かれてたけど 何が伏線だったのかすらわからない
ホラーならありがちな展開で終わってしまった。
しかも最後にあのお母さんの飛び方ったら
七瀬ふたたびの映画で七瀬が飛んだときに笑っちゃったのを思い出した
七瀬は全編酷かったけど、これはせっかくここまで雰囲気だけはなんとかしてたのに・・・。

ミニチュア玩具はただの雰囲気作りだったんですかね
自分が気が付かないいろんな伏線があったなら、自分の観る力の不足ですみません。 
スズメッキの魔女さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2020-12-28 15:02:39)
23.《ネタバレ》 昨日ちょうど始まったので苦手なホラー映画を観てしまいました。
怖いっていうより不快感がハンパないんです。で、肝心の話の内容は目新しくもないし面白くなかったです。

まずあの家、廃墟に無理やり家族で住んでるみたいな。不潔感とジットリ感がまとわりついてるようで不快です。
アニーが作るドールハウスはあんなにカラフルで可愛らしいのに。
極めつけは娘の顔。なんなんですかあの子は、不快で不気味です。
悪魔崇拝とか悪魔ペイモンの復活とかちっとも怖くないし、勝手にやっててくれって感じなんですけど、トニ・コレットなんです。彼女の悲鳴、暴言、怒鳴りわめき散らかす声、あの怖い顔。
アニーというよりトニ・コレットの存在がもうホラー、いちばん怖い恐ろしいのです、不快でした。
夫役はガブリエル・バーンだということは後半になってやっと気づきました、なんかいちばん気の毒でした。
ホラーの傑作とか絶賛されていたみたいですけど、なにがそんなにいいのかちょっとよくわかりませんでした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-12-13 18:41:09)
22.《ネタバレ》 一番の山場は、やはり交通事故の後処理。
そのまま帰宅して朝を迎え、母親の絶叫を聞くあのシーンは、ホラー映画史上に残るやり切れないシーンだと思う。
悪魔を降臨させるに至るさまざまな伏線がはられ、それを一つ一つ拾っていく作りは緻密にして丁寧で、徐々に恐怖を増幅させる効果抜群。
ただ、ラスト近くの母親が人間離れし過ぎていて、滑稽な印象を与えるのはもったいない。
重力を無視して天井に張り付いたり、空中を浮遊したりするのを観て、それまでせっかく積み上げてきた緊張感が崩れてしまった。
悪魔の下僕たちも、寄せ集め感が強くてパッとせず。
トニー・コレットの演技力にただただ圧倒され、ガブリエル・バーンの突き出たお腹に哀愁を覚える映画。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 7点(2020-08-23 22:33:56)
21.《ネタバレ》 ・・ああやだやだ。嫌だーこの映画。なんか怖がらせてくるというより、ヤな気持ちにさせる嫌がらせのような映画である。えげつないんですよねやり口が。小説に「いやミス」があるなら、こちらは「えげつなホラー」とでもジャンル確立できそうな。
悪魔信仰云々といった正統ホラー描写は宗教の違いもあってか、別に怖くない。けど人の気分を胸糞悪くさせる中盤まではホント消耗する。妹を事故で死なせた兄ちゃんが現実逃避するあのいたたまれなさ。翌朝長々と耳障りに響くトニ・コレットの絶叫。トニ・コレットのガサガサした感じの顔もしんどいが、あの娘役の顔がこれまたキツイ。一体どうやったらあんな不吉なオーラをまき散らす顔になるのか。あの子の担任になるのは絶対ゴメンである。
‟親として絶対子どもに言ってはいけない”ことばかりを息子にぶつけるトニ・コレットの毒親ぶり。その言葉に削られてゆく息子の土気色の顔。えげつないって。誰だって辟易する。
「家」もヘン。やけに奥行きあり過ぎ、だだっ広い空間が多くて昔の旅館みたい。撮影のために建てたんだとか。生活動線を考えてない住居ってこうも居心地悪いもんなのか。
現代アメリカンホラーの最高作との呼び声高い本作、たしかに強烈なパンチは食らうけれど個人的には「怖い、でも美しい」シャイニング的ホラーの方が好み。ほんとやだったあ 二度と観ない。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-08-20 23:45:20)
20.オカルト類ホラーではあるが、背筋も凍るような怖さは無し。しかし描写がいちいち湿って胸糞が悪い。
また娘が個性的過ぎて不気味すぎる。これはいちばんのインパクト。
変態的趣味な監督。次作ミッドサマーも宗教的で気持ち悪い。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-08-09 20:43:22)
19.《ネタバレ》 悪魔崇拝だの超常現象だのありますが、一番の地獄は、家族。
no_the_warさん [DVD(字幕)] 9点(2020-03-27 14:33:16)
18.お勧めしません。不気味なだけ。訳わからないし面白くない。さらに私はこんな撮り方できるんだよすごいだろ~怖がれよぉ~みたいな空気がプンプン感じられ腹立たしい。無駄に長いだけ、時間の喪失感大きい。あぁ久しぶりの低い点。
代書屋さん [インターネット(字幕)] 3点(2020-03-12 14:41:08)(良:2票)
17.《ネタバレ》 評判が異常に高いので観てみたけど、ただ陰鬱なオカルト映画って感じ。
陰鬱な家庭ドラマが延々と続き、精神不安定なお母さんの終始ヒステリックな演技に辟易。「怖い」という前に旦那さんや息子が気の毒で仕方なかった。
「安直な手法では怖がらせない」という評を色々なサイトで見たけど、結局怖かったのは娘と母の首チョンパ。「悪魔の眷属に加わるには首を差し出さないといけない」とか何か理由があればいいけど何も無い。最後に出てきた他の家来はみんな首あるし。必然性のない残虐描写って安直な手法じゃないのかな?
そもそも大抵の日本人には「悪魔が怖い」という本能的な恐怖が無い。最後の悪魔の偶像のチャチさ加減は何の茶番劇かと。同じ悪魔ネタでも「ローズマリーの赤ちゃん」とか「エンゼル・ハート」のようにお話が良く出来ていれば見応えあるけど、本作はそれに遠く及ばない。
ほとんどBGMの無い中で、最後のタガの外れたポポル・ヴーのようなラストシーンの音楽は良かったです。
番茶さん [DVD(字幕)] 5点(2020-02-29 17:50:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 5.97点
000.00%
100.00%
200.00%
3411.11%
4411.11%
5822.22%
638.33%
7822.22%
8822.22%
912.78%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS