ミスター・ガラスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > ミスター・ガラス
 > (レビュー・クチコミ)

ミスター・ガラス

[ミスターガラス]
Glass
2019年【米】 上映時間:128分
平均点:5.83 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-01-18)
ホラーサスペンスシリーズもの犯罪もの
新規登録(2018-12-02)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2019-01-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督M・ナイト・シャマラン
キャストブルース・ウィリス(男優)デヴィッド・ダン
サミュエル・L・ジャクソン(男優)イライジャ・プライス/ミスター・ガラス
ジェームズ・マカヴォイ(男優)ケヴィン・ウェンデル・クラム/ザ・ビースト/パトリシア/デニス/ヘドウィグ/ジェイド/オーウェル
アニヤ・テイラー=ジョイ(女優)ケイシー・クック
スペンサー・トリート・クラーク(男優)ダンの息子
サラ・ポールソン(女優)エリー・ステイプル医師
原作M・ナイト・シャマラン(キャラクター原案)
脚本M・ナイト・シャマラン
製作M・ナイト・シャマラン
ジェイソン・ブラム〔製作〕
マーク・ビエンストック
製作総指揮スティーヴン・シュナイダー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.《ネタバレ》 「スプリット」からの続編。ヒーローモノとして、ものすごく異色。オチも異色。だから乗れない人がいるのも納得。でも僕はかなり面白かったです。ヒーローモノのメタ視点をかなり推し進め、リアルよりな世界観にしたようなテイスト。1作目のダンの息子役の子供も、今作の息子役の若者も本人なんで、回想シーンの説得力がスゴい。
なにわ君さん [インターネット(吹替)] 7点(2022-03-06 10:24:46)★《新規》★
17.ヒーロー物だけど,戦闘が地味ですね・・・
アンブレイカブルから始まった(?)シリーズもやっと,エンディングを迎えられたのでよかったです.
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2021-12-25 22:17:26)
16.《ネタバレ》 ヒーローものはコスチュームが命。まぁでもコスチュームの無い普段着のまま摩天楼で空中戦繰り広げるのも新鮮かな・・と思ってたら、病院の裏庭でおっさん同士がフーフー言ってじゃれ合ってるだけ。なんだコレ。
「オオサカタワーはダミーで、地下道の監視カメラに沢山映るのが目的だったのね!!キィーーーッ!!」と女医さんは悔しがるも、タワーまで行って大観衆の不特定多数の人々に動画UPしてもらった方がよっぽど拡散するのでは・・。
冒頭でダイアナ・シルヴァーズのチアガール姿が拝めたのだけは良。
番茶さん [DVD(字幕)] 5点(2021-06-28 22:46:48)
15.前作「スプリット」は全部観なくてもネタバレサイトで充分だった。これ、戦闘が地味すぎじゃないか。ヒーローか新人類の始祖と考えるとこんなもんなのか。良くも悪くもシャマラン流のオチだったけど、もう少し捻ってもいいんじゃないかな。
真尋さん [インターネット(吹替)] 2点(2020-11-29 04:12:06)
14.《ネタバレ》 黒装束男、24重人格の気ち〇い、骨折王。「アンブレイカブル」、「スプリット」のダークな3大ヒーロー集結。ただただ、「スプリット」の気ち〇いが暴れ回っとるだけやんけ。何じゃこりゃ…駄作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2020-02-09 04:56:37)
13.《ネタバレ》 やべー、スプリットを観ずにミスター・ガラスを観てしもうた(笑)
でも戻って観てみてもいいなって思うぐらい、今作は面白かったですね。
アンブレイカブルとぐるぐる回して観てみたい。
ヒーローとはなんぞや?
命を懸けて戦ってる割には、不変のテーマでもないようなのは興味深かったです。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-11-17 00:29:10)
12.《ネタバレ》 なかなか面白かったっす。独特の顔の女性精神科医は超常現象を暴いていく大槻教授かと思いました。
車いすの男性が周到に立案・実行し、動画サイトにアップしたフッテージは、しかしながらCGで作成したフェイク動画だと判断される公算が大きいです。つまり人々に本気にしてくれないので、世界に真実を広めることができない可能性があると思いました。
大通り・ヘップバーンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-11-10 23:21:09)
11.《ネタバレ》 最後の対決、と思わせてあっけなく終わっちゃった。と思わせてからのどんでん返し。シャマラン、好きだわー。ミスターガラス、かっこいいじゃん。と思ったけど、彼って大量殺人犯なんだよね。あと、なんでこういう病院の警備って馬鹿ばっかりなんだろう。アメリカってそれで普通なの?というか人数少なすぎ。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-11-09 17:59:29)
10.《ネタバレ》 1番インパクトがあったのが女医の顔っていう。。
前半は特に何かあるわけでもく、中盤もそこそこ、最後は雰囲気だけソウのような感じを出すもすでに他の映画で何度か見たような感じのオチでがっかり。
退屈で集中力が続かず、群れを抑えるためのライトは枕や服なんかで頭を完全に覆えばええんちゃうかなー、ベアーハッグされてる職員の顔色が全く変わらず適当やなーとどうでもいいような所ばかり目がいってしまいました。アンブレイカブルは最高ですが残り2作は蛇足に感じました。
映画大好きっ子さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2019-11-05 00:59:15)
9.《ネタバレ》 『アンブレイカブル』『スプリット』に続く、M・ナイト・シャマラン監督による三部作の最終章。はっきり言って別に好きでもなんでもないシリーズなんですけど、何故か前二作を観てしまったので、もう仕方なしに今回鑑賞してみました。まあ前二作よりは良かったとは言え、自分にとってはやはり面白くない。最終章なのに、なんか地味でこじんまりと纏まってしまってるような。最後、オオサカ・ビルに皆が集まって世間が見守る中、三人の一大決戦が始まるのかと思いきや、そうはならず。「え、ここまで引っ張といて、結局行かんのかい!」とずっこけそうになりました。前作に引き続き、ジェームズ・マカヴォイもとても幾つもの人格をちゃんと演じわけてるとは到底思えません。うーん、やはり自分には何が良いのかさっぱり分かりませんでした。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2019-08-26 22:43:09)
8.《ネタバレ》 「スプリット」のポストクレジットで突如示された怪作「アンブレイカブル」のその後。
まるで想像していなかった奇跡的な連なりと、「特異」そのものの3人のキャラクターたちの再登場に際し、両作推しのシャマラン映画ファンとしては、鑑賞前から高揚感は膨れ上がっていた。
無論、映画館で鑑賞したかったのだが、公開規模が大作映画としては小さく、地方では劇場公開されず落胆。どうやら、そもそも「アンブレイカブル」と「スプリット」とでは製作会社が異なっており、両作の続編である本作は異例の二社共同製作となっていたことが、日本国内でのは配給制限に影響したのではないかと想像する。

色々な意味で「異質」な映画であることは間違いなく、それがシャマラン映画として初めての“シリーズもの”となったわけだから、普通の映画に仕上がっているはずもない。
そして、「アンブレイカブル」から19年の長き月日を経て展開されたこの続編は、過去の二作両方に対しての見事なそして特異なアンサーとして成立していると思う。

この映画の特異な終着点は、「ミスター・ガラス(Glass)」というタイトルが掲げられた時点で、ある意味明確だったのかもしれない。
「アンブレイカブル」がそうであったように、このシャマラン流“アベンジャーズ”は、画一的な“ヒーロー”の活躍を描き出したいわけではない。
あまりに不遇な自らの人生を呪い、心からコミックに登場するスーパーヒーローに憧れ、その存在を渇望するあまりに、自分自身が最凶最悪なヴィランになるという狂気にたどり着き、それを成し得てみせたイライジャ・プライスというキャラクターの信念こそが、3作通じたこのシリーズの主題だったと言えよう。

「アンブレイカブル」のラストシーンにおいて、イライジャ・プライスは「ヴィランには皆あだ名がある。私はミスター・ガラス」と悲しく言い放ち、ようやく見つけ出したスーパーヒーロー(デヴィッド・ダン)を見送る。
彼はその直後逮捕され、ずっと収容施設に閉じ込められていたわけだが、その“ヴィラン”としての立ち位置と、信念が揺らぐことは微塵もなかったのだろう。
表現として矛盾するが、彼はひたすらにヴィラン即ち「悪」としての“純真”を保ち続け、只々機会を待ち続けた。
そしてついに、不遇を極めた自らの人生の「意味」を勝ち取ったのだ。最期の彼の瞳に宿っていたものは、正義と悪の混濁だった。

極めて「変」な映画シリーズである。ただし、このシリーズが伝える「価値観」は一貫している。
「正義」と「悪」を等しく対なものとして捉え続け、両者に共通する「異質」さを、“普通”とされるこの世界に問うている。
それは即ち、「正義」とか「悪」とか関係なく、普通と異なるものを、この世界は受け入れられるのかということ。

この映画の終着点の論理は極めて“屈折”していて、多くの普通の人間には理解し難いものかもしれない。
それでも、本作の主人公は、ひび割れたガラスの屈折した光を通して、ヒーローにも、ヴィランにも姿を変えて、その難問を問い続ける。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 8点(2019-08-17 23:32:58)(良:1票)
7.《ネタバレ》 面白かったなぁ。

謎の組織が、ヒーローの出現を阻んでる。
なるほど、確かにヒーローって悪と同じくらい秩序を無茶苦茶にするもんね。
「マンオブスティール」なんて、スーパーマンが街を壊しちゃうし・・

ヒーローが暴走しないための仕掛けが精神医で「あなたは病気だ」というセリフ。
結局、ダンもケヴィンもみんな殺されちゃうんだけど、ガラスはそこまで計算して、
さらに上を行ってた。

最高のどんでん返し。
シャマランの娯楽映画は面白いねぇ。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2019-07-11 12:45:39)
6.《ネタバレ》 「アンブレイカブル」「スプリット」を立て続けに観たおかげで興奮冷めやらぬまま鑑賞。派手さはないものの待望のダン対ビースト、それを裏で操るガラス。この3人が交わるときのワクワクが半端ない。結末も皆がガラスの掌で踊らされていたことに気づかされて意外なエンディングを迎えることに驚かされた。本編とは関係ないがエンドロールのマカヴォイの配役数がなんか笑えた。
ぷるとっぷさん [映画館(字幕)] 7点(2019-02-17 21:05:08)
5.《ネタバレ》 19年の時を経て「アンブレイカブル」を完結に導く、シャマランらしい作品。コミックのスーパーヒーローは実在するのか、という1点のみに絞っていて少々中だるみもあるが、最後にはきっちり伏線を回収してくれる。オオサカビルでの対決を見たかった気もするが、敢えてそういった展開にもっていかずに、最近のヒーロー映画と一線を画すところが好感。イライジャとダンの絡みがもっと見たかった。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 5点(2019-02-12 17:03:01)
4.《ネタバレ》 途中まで激論!朝まで"ヒーローは存在するのか"というテーマ(謎)で進む為、まーた『アンブレイカブル』みたいに消化不良な展開になるのかなと心配したが、ちゃんとイライジャが言うところのコミックの典型的な展開も見せてくれるのでそこはとても満足。
ただそのままでは終わらないのはいかにもシャマラン的だった。
また、ちゃんと『アンブレイカブル』に出てきたダンの息子の子役がそのまま大きくなって続投していた事が嬉しかったし、『スプリット』で主役の少女もちゃんと出てきて良い。前2作を観ている者にとっては集大成的なお祭り映画であった。

個人的に一番ツボだったのは、『スプリット』であれだけ思わせ振りだった"ビースト"にいつでも狙ってなれる所。上半身裸になって「ふんっ、はぁぁ~、はあうあっ!」って叫ぶだけでなれちゃうんだからねぇ。なんか笑ってしまった。
ヴレアさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-23 14:54:30)
3.アンブレイカブルとスプリットを観てることが前提の映画。
アメコミヒーロー物に慣れた人には特に面白いかも。
ただマーベルみたいなノリを期待すると点数が下がるかも。
とまさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-20 20:25:20)
2.今年最初の映画。最近シャマランには期待を裏切られ続けてるんで不安は大きかったが、これが意外なくらい面白かった。シャマランが過去3作全て自腹で映画を作り続けていると言うニュースを前日見て、シャマランを見る目が菩薩と化していたのかもしれないが。何よりもストーリーの骨格がしっかりしており意外な展開もある。昔のシャマランが戻って来た気がした。私は今年の1作目に本作を選んで良かったと思った。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-19 14:31:44)
1.《ネタバレ》 「スーパーヒーローは実在するか?」という『アンブレイカブル』とヴィランの誕生を描いた『スプリット』のその後の世界を描いた作品で、その特殊能力を持つ三人の男を集め「自分の能力だと思っているモノは全て妄想にすぎない」と否定し証明しようとするオババ精神科医のお話。実はそのオババは常人を超えた力を持つ者の登場で人々や社会が変化してしまう事を恐れ「均衡を保つため」などと称し全米各地(?)を善も悪も処分して回っている謎の集団の一員で、三人は今回のターゲットだった、という内容。 この組織はバックには何がついているんだろう?と思えるくらい公権力にも食い込んでいましたが実態がよくわかりませんでしたね。ただ単に世の中のバランスを保つ役回りを演じている気になっている狂信者集団っぽくもありました。三人が収容された精神病院も半端ないレベルのザル警備で、それはわざと隙だらけにし脱走させ彼らを合理的に処分するため?と思ったらそうでもないし、ドヤ顔で論破するオババ精神科医も有能に見えないしラスト辺りの展開が活きてない気がしたな。ダンとケビンが遭遇し激突するまでは良かったんですが、落下後になぜか大量警察官に取り囲まれた時点で「これはヤバいかな」と思った通りになっちゃった気がします。『13日の金曜日ジェイソンの命日』の冒頭を思い起こさせる萎える場面でした。 あと、自警団扱いとはいえ世のため人のため活動してきたダンがワケのわからない集団の一味に窪んだ道路だか蓋の取れたマンホールだかの水たまりに何度も顔を浸けられて溺死ってのはないな。あんなの水が弱点じゃなくても死ぬでしょうし、昨今流行のアメコミヒーロー映画へのアンチテーゼのつもりな展開やオチありきにしろダンに救いがなさすぎて『アンブレイカブル』が台無しになりましたね。 まあ、その変な集団の存在理由を読みさらにその上をいったからこの『GLASS(ミスター・ガラス)』というタイトルだし、あの最後で各地にいると思われるヒーローとヴィランが本格化し混沌とした世界の始まりになるんだろうな。結論としては触れちゃイケない奴らに触れたアホな集団でした。
ロカホリさん [映画館(字幕)] 4点(2019-01-18 23:11:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.83点
000.00%
100.00%
215.56%
300.00%
4316.67%
5422.22%
615.56%
7738.89%
8211.11%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS