グリーンブックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > グリーンブック
 > (レビュー・クチコミ)

グリーンブック

[グリーンブック]
Green Book
2018年【米】 上映時間:130分
平均点:7.81 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-01)
公開終了日(2019-10-02)
ドラマコメディ実話もの音楽ものロードムービー
新規登録(2018-12-24)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2019-10-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・ファレリー
キャストヴィゴ・モーテンセン(男優)トニー・“リップ”・バレロンガ
マハーシャラ・アリ(男優)ドクター・ドナルド・シャーリー
リンダ・カーデリニ(女優)ドロレス・バレロンガ
大塚芳忠トニー・“リップ”・バレロンガ(日本語吹き替え版)
諏訪部順一ドクター・ドナルド・シャーリー(日本語吹き替え版)
中村千絵ドロレス・バレロンガ(日本語吹き替え版)
飛田展男(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
てらそままさき(日本語吹き替え版)
村治学(日本語吹き替え版)
梅津秀行(日本語吹き替え版)
魚建(日本語吹き替え版)
脚本ピーター・ファレリー
製作ピーター・ファレリー
チャールズ・B・ウェスラー
製作総指揮オクタヴィア・スペンサー
ジェフ・スコール
ジョン・スロス
美術ティム・ガルヴィン(プロダクションデザイン)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 一緒の時間を過ごさないとわからないことが世の中には沢山ある。
黒人に対する差別や偏見がいかにつまらないものか、あくまで自然体のトニーが教えてくれる。
説教とか、主張とかじゃなく、態度で。
ツアー終わりのレストランで、黒人に演奏はさせても食事はさせないという支配人。
君がやれというなら演奏する、というドクに、こんなつまらない所さっさと出て行こうぜって契約を破棄するトニー、スカッとしたなあ。
同じ車で移動するうちに、互いを尊敬し合うようになる二人の関係性が最高にうらやましかった。
そしてドロレス。
黒人への偏見がない彼女は、決してトニーに説教なんてしなかったけど、変わって欲しいと思っていた。
そんな彼女の、クリスマス・パーティーにドクを招き入れるトニーを見た時の表情のなんと美しいことか。
手紙を添削してもらったのもしっかりバレてるけど、それはトニーには内緒。
素敵な女性だなあ。
いや、いい映画。
素晴らしい2時間を過ごせて大満足。
roadster316さん [DVD(字幕)] 10点(2021-01-02 20:02:14)★《更新》★
58.《ネタバレ》 雇い主と使用人の関係は「最強のふたり」に似ているが、それとは黒人と白人が逆の立場。
まだ黒人差別が酷い頃、エリートピアニストの黒人と、職にあぶれた下層階級でチンピラ気質の白人のロードムービー。
黒人と白人のロードムービーなら、強い偏見が次第になくなって絆が生まれていくパターンになることはわかりきっているが、それでも気持ちよくストーリーに乗っていけて、心地よい余韻も味わえる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 8点(2020-12-27 10:54:40)
57.《ネタバレ》 物語後半、どんどん打ち解けちゃって、すっかりいい話みたいになっちゃうんですけど(そこがいいとも思っていますが)、前半の世慣れたイタリア人と、何か屈託のある天才黒人ピアニストのギスギスしたパートも好きでした。太陽のような主人公(イタリア人)に照らされて、静かに輝く孤独なピアニストが何を企んで南へ演奏旅行に旅立ったんだろうとワクワクしていました。ミュージカルよりも音楽がキモ(ドン・シャーリーの才能)の作品なんじゃないかと思いますので、いいスピーカーのついたシステムでの視聴をおすすめします。トニーの奥さん、かわいかったぁ。手紙を読むシーンや「あ、お父さん、帰ってきた」のシーンが好き。【追記】なすさん、ありがとうございました。元々はそう言ってたんですね。しかし、そうなると字幕翻訳は二次創作ともいえるものですね。賛否あって然るべきかもしれませんが、この翻訳も私は好きですよ。
なたねさん [DVD(字幕)] 7点(2020-12-06 22:59:47)
56.リスでも紙コップは食わんやろ。と思った。
ケンジさん [インターネット(字幕)] 10点(2020-10-17 15:21:16)
55.《ネタバレ》 あまりうまい表現ができないのですがトニーいい奴だなって思いました。野暮ですが器が大きく、金持ちに対しても卑下せず、約束したことは守り、最初は露骨に嫌っていた黒人に対する考えもドッグと一緒に旅することで変化が見られました。こういう映画に出会うとスッと気持ちも良くなります。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 8点(2020-09-24 11:14:38)(良:1票)
54.《ネタバレ》 面白かった。
普通黒人の方ががさつで乱暴なイメージがあるがこの作品では逆。
最強の二人とは逆の関係だ。
でもそこが差別シーンをより印象的にしている。
そして最後には必ず救いがあって気持ちよく見ていられる。

実話を元にしているとのことなので少しばかり調べてみた所
シャーリーは映画ほど孤独ではなく音楽家仲間がいたらしい。
またあそこまで優雅ではなく粗野な一面もあった。
トニーはあの後俳優となってゴッドファーザーにも出演している。
二人はその後も親交があったとのこと。

ただ白人至上主義的な内容だということで物議をかもしたみたいだ。
観ててそんな風には全然思わなかったのだが白人が黒人を説教する作品だと非難されてるとのこと。

またシャーリーの親族からも批判されている。
なんかモヤモヤするけど作品自体は好きだな。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 8点(2020-09-12 23:10:16)
53.人種問題は、60年近く経過しても余り状況は変わっていないのね・・・
映画自体はさわやかなロードムービーです。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-18 21:13:33)
52.《ネタバレ》 心が爽やかになるいい映画だった。
ストーリーは『最強のふたり』に微妙に似ている。

アメリカの美しい風景、少しずつ縮んでいく2人の距離。
久々に感動した。

最近、1回見た映画をもう一度見ることはほとんどなかったが、
この映画に限っては何回も見返している。
1シーン1シーンじっくり見返しいくと、
さらに2人の心情がよく分かる。

余談だが、
知人にこの映画を見せたところ、感動して、すっかり気に入ってしまい、
現在3日に1回は見直しているらしい(初めて見せたのは2カ月前)。

この映画には、何かしらはまり込んでしまう不思議な味わい深さがあるらしい。

個人的には食べ物もおいしそうでいい。
クロリンさん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-07 22:13:58)
51.いい映画。トニーはいい奴。
michellさん [DVD(字幕)] 9点(2020-08-01 11:29:21)
50.暴力は負けだ!

これがすべて。

フライドチキンの骨を車外に捨てても、紙コップはちゃんと拾う。こういうとこ、好きです。

とにかく二人の役者さんが本当に素晴らしかった!

いい映画でした。ありがとう!
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 7点(2020-06-13 12:09:55)
49.《ネタバレ》 監督がピーター・ファレリーだからなのか、所々笑えるところが皮肉っぽかったりする。
自分とは正反対といえる二人が旅をすることで信頼、友情が芽生えるという正統派ロードムービー。
とても観やすくほのぼの感も、チクリとくるとこもいい塩梅です。オープニングからしっかり掴まれました。

ヴィゴ・モーテンセンの太りっぷり、食べっぷりがいいですね。役のために体重を増やしたんだろうな。
ドクとトニーの人物がしっかり描かれていて、しかも白人トニーと黒人ドクの立場とかキャラが通常の人種差別を扱った映画とは違っていて、ここが面白いネタになってると思います。
トニーはイタリア系の家族と仲間に囲まれている、しかしドクは黒人の中にも入っていけない黒人、白人から天才と称えられても一線はしっかりひかれてるのでどこにも属せない。労働している黒人たちは部外者を見る目でドクを見つめる。
人種差別の映画は数あれどこういう立場の黒人を描くというのは記憶にないです。
「オレンジバード」でバンドと一緒に即興演奏するドクのイキイキして楽しそうな姿が好きだなあ、ウルっときいてしまいました。
そしてトニーの息子ニックが成長し、映画製作の道へ進み父親の体験を映画にし、作品賞に脚本賞、マハーシャラ・アリに二度目の助演男優賞をもたらした。何コレ、ドラマチック過ぎじゃないですか。
でも本作で3度目のアカデミー主演男優ノミネートのモーテンセンだったんですが、エジプト系のラミ・マレックに。これにはちょっと意外に感じたんですが、アカデミー賞ってご時世、情勢にかなり影響されるんですねぇ。
「刑事ジョン・ブック」でアーミッシュのちょい役でもそのカッコ良さが目立ってたヴィゴ・モーテンセン。
本作の彼は最高に良かったと思います。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-05-06 15:15:47)
48.《ネタバレ》 イタリア系アメリカ人トニー、イタリア人特有の、「家族主義」、「クリスマスは絶対皆一緒に主義」、そして黒人排斥の「人種差別主義」が、映画の展開上、キーになっている。

グリーンブックなる差別的ガイドブックが流通していることに平和な日本人としては驚かされる。NASAで黒人女性が活躍する「ドリーム」もそうだが、根っ子の深い人種差別蔓延の南部をロードムービーで描き出し、されど気性異なる男二人の友情が巧みに描かれる。

トニーの奥さん、存在は効いている。ラストは月並みだが心温まった。
Postefさん [映画館(字幕)] 8点(2020-05-06 12:05:55)
47.普通に面白かった。
ただし「めちゃくちゃ泣ける!」とか「心を穿つ感動作!」ではないです。
予想していたよりも山場の度合いが低かったのが残念。
最後はスッキリできて、いい映画ではあります。
アメリカ旅行してるみたいな雰囲気は良かった。

黒人差別していたトニーが、どう変遷していくのかは見物。
人種差別問題って日本では伝わりにくいのが難点か。
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-04-19 17:23:44)
46.《ネタバレ》 大好きなロードムービー。
人種偏見ものって最後重かったりするけど、今回はハッピーエンド。
アラゴルン太りすぎ、全然気づかなかったし。
あとトニーの奥さん魅力的。あんな奥さんいいなー。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-16 14:49:01)
45.退屈せず最後まで見れたけど、今ひとつ心に残るものがなかったな。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2020-02-13 13:58:18)
44.《ネタバレ》 「人生は複雑だよな」
この一言の後のドクター・シャーリーの表情!
このシーンだけでなく、あらゆる意味で孤独な黒人ピアニストを繊細に演じたマハーシャラ・アリはアカデミー助演男優賞受賞も納得の演技。

物語自体は全く価値観の異なる二人が長時間同じ場所で過ごす事で友情が生まれ・・・と言う普遍的な、悪く書くとありきたりなもの。
それでも最後までしっかりと魅せてくれるのは、芸達者なヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリあっての事かと。

好きなシーンは車中で本場のケンタッキーフライドチキンを食べる所と、やはり終盤の演奏シーンだろうか。

家財修理に来ていた黒人作業員が使ったグラスを、洗いもせずに捨てていた様な主人公の改心振りが極端すぎる気が些かするが、
実話がベースの物語と言う事も有り、素直に良い映画を観たという爽やかな気分になった。

私も時間が有れば、アメリカを車でゆっくり旅して回りたい。
ロードムービーは本当に良いですね。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-13 10:40:45)
43.《ネタバレ》 黒人ピアニストと白人運転者の8週間の旅。初めはお金のためだったが、徐々に友情が芽生え…という大筋の流れは言ってしまえばありきたりかもしれない。なにか驚きの展開があるわけじゃない。しかしこの映画はとても面白かった。会話だけでもそう思わせるセンス。二人のキャラクター設定に、演じた俳優の力量もあるだろう。すべてが洗練されていて、中だるみもなく、最後は少しだけ嫌な予感を持たせてからの~~ ハッピーエンド。こういう上質な映画はちょっとした幸福感を与えてくれる。期待通りの秀作。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-02-09 22:30:31)
42.《ネタバレ》 天才的な技術で名声を欲しいままにしながらもその偏屈な性格が災いし孤独な生活を送る黒人ピアニストドクター・シャーリー、ガサツで口の悪いチンピラとして様々な職を転々としながらも根っからの人の良さから家族や友人たちには恵まれたイタリア系用心棒トニー。そんな正反対の二人がひょんなことから相棒となり、まだ黒人への偏見が根強く残る60年代アメリカの南部を巡るコンサート・ツアーへと出ることに――。最初は反発し合っていた二人だったが、様々な経験を経るうちにいつしか強い友情が芽生え始めるのだったが……。実話を基に描かれたという本作、アカデミー作品賞の栄誉に輝いたということで今回鑑賞してみました。確かにベタではありますが、なかなか完成度の高い良品であったと思います。人種差別の問題をことさら強調するわけでもなく、あくまでこの二人の友情に焦点を当てたロードムービーとして描いているところがいい。何よりトニーの手紙だとかケンタッキーフライドチキンなどと言った一つ一つのエピソードの扱い方が抜群に巧い!物語の進行とともに彼らにどんどんと感情移入している自分が居ました。特に警察署に拘留され窮地に陥った彼らが、一本の電話によって警察と立場が逆転するところなんてなかなかのカタルシス(電話の相手はまさかのあの人!)。そして、公然と黒人客を拒否するレストランや仕立て屋、警察の不当な偏見などという人種差別問題にもさりげなく言及するその手腕の鮮やかさも見事。全編を彩るピアノの楽曲がどれも素晴らしいクオリティなのも聴いていて心地いいですね。二人の旅路が終わるころにはなんだか自分もほっこりといい気分になれました。あまりにもオーソドックス過ぎて若干物足りなく感じる部分もなきにしもあらずですが、充実した映画体験をさせていただきました。うん、7点!
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2020-01-21 23:18:55)(良:1票)
41.白人なのに黒人のような生活 黒人なのに白人のような生活をしている2人のロードムービー、素敵なラストは忘れられません。良い映画でした。
東京ロッキーさん [インターネット(字幕)] 9点(2020-01-12 18:19:34)(良:1票)
40.《ネタバレ》 いや、なかなかの良作。
まずヴィゴモーテンセンがすっかり太ってしまったことに驚く。

その彼が演じるトニーがなかなか良いのだ。
一見、汚い言葉連発するわ、すぐ殴るわ、チキンを食べた手でハンドル握るわ・・
しかしそんな粗野な彼が、物語が進むにつれ、情の細やかな頭のいい男と分かる。
奥さんもそんな彼を知ってるからか、家庭は貧しいが温かい。

対する天才ピアニスト。複雑な事情を持ち、当時にしては珍しく、黒人なのにエスタブリッシュ。
そんな彼と一緒に偏見の強いアメリカ南部を通って、ツアーに行くのだ。
色々あるが、ラストはしっとりと・・

これはアメリカ人て、誤解されやすいかもしれないけど、情の細やかな人たちなんですよ~と
トランプアメリカ時代に外国に発信されたメッセージなのかもしれない。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2020-01-11 19:24:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 7.81点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
511.69%
6610.17%
71423.73%
82338.98%
91220.34%
1035.08%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.40点 Review5人
2 ストーリー評価 7.75点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.75点 Review8人
4 音楽評価 7.55点 Review9人
5 感泣評価 6.42点 Review7人
chart

【アカデミー賞 情報】

2018年 91回
作品賞 受賞 
主演男優賞ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ受賞 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞 
編集賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2018年 76回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞https://www.goldenglobes.com/film/green-book
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ヴィゴ・モーテンセン候補(ノミネート) 
助演男優賞マハーシャラ・アリ候補(ノミネート) 
監督賞ピーター・ファレリー候補(ノミネート) 
脚本賞ピーター・ファレリー受賞&ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリーhttps://www.goldenglobes.com/

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS