運び屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 運び屋
 > (レビュー・クチコミ)

運び屋

[ハコビヤ]
The Mule
2018年【米】 上映時間:116分
平均点:7.10 / 10(Review 51人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-08)
公開終了日(2019-06-19)
アクションドラマサスペンス
新規登録(2019-01-06)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2019-06-23)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
キャストクリント・イーストウッド(男優)アール・ストーン
ブラッドリー・クーパー(男優)コリン・ベイツ
ローレンス・フィッシュバーン(男優)
マイケル・ペーニャ(男優)
ダイアン・ウィースト(女優)
アンディ・ガルシア(男優)
アリソン・イーストウッド(女優)
タイッサ・ファーミガ(女優)
多田野曜平(日本語吹き替え版)
桐本拓哉(日本語吹き替え版)
相沢まさき(日本語吹き替え版)
鈴木れい子(日本語吹き替え版)
宮田浩徳(日本語吹き替え版)
脚本ニック・シェンク
製作クリント・イーストウッド
配給ワーナー・ブラザース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.《ネタバレ》 家庭を犠牲にして打ち込んできた事業が挫折。
家族にすっかり嫌われていた老人が、麻薬の運び屋に手を出して、何とか家族との関係を修復しようとする。
ただ、あれだけこじれた関係の割には、お金が入ったせいかあっさり修復できたようにも見えてしまう。
そのお金の出所を考えると、陰にドラッグによる悲惨なドラマが多数潜んでいることを連想できてしまうので、単純に修復を良かったねと受け止められない。

クライムものかと思ったら、ヒューマンなホームドラマ。主人公をそれほど好きになるわけでもなく、ストーリーにもそれほど惹かれなかった。
イーストウッドなら、もっとシリアスな作品のほうが好みに合う。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2020-12-27 10:52:33)(良:1票)★《新規》★
50.《ネタバレ》 クリント・イーストウッドスゲーなと思いながら見てた。
あの歩き方は天然なんだろうか。
男ならこんなジジィになりたいって思う。
展開も面白かった
Dry-manさん [DVD(吹替)] 6点(2020-12-20 13:30:36)
49.《ネタバレ》 イーストウッドの監督主演作は「グラン・トリノ」以来なのですが、脚本もその「グラン・トリノ」と同じ人。で、あっちでは「家族との完全決別」がスタートであり基盤であったのが、こっちは真逆のベクトルなのが面白い。●一言で言うと、痛快な映画。家族からも嫌われて財産もすってしまった一老人が、なぜかひょこひょこ運び業務を成功させてしまう。チンピラみたいな相手とも、なぜかただの「ジジイの会話」で乗り切ってしまう。しかもそれを後ろからは警察が追ってくるわけなので、いわば二重の敵がいるのをどうするのか、みたいな課題が自然に形成されているのです。●したがって最後は、「捜査の手がマフィアに伸びてそっちは壊滅したんだけど、なぜか主人公はするりとそれを躱して、いつしか幻の存在として語り継がれてしまう」とかだったら最高だったのですが。●それにしてもイーストウッド、特に必要性もなく若い姉ちゃんとの絡みシーンを次々入れて、挙げ句ベッドシーン(!)まで入れてしまうだなんて、エロジジイぶりも健在。●60年くらい前のような、直球でシンプルな邦題もいい味を出しています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-12-03 00:39:10)
48.クリント・イーストウッドらしい映画。
老いることで感じるものは何か、その一端を垣間見る気がする。物語としては面白くはないものの、それでもちょっと引きつけられるものがある、そういう良い作品。
描きたいものがあったから撮ったんだろうな、と思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-11-28 16:28:24)
47.《ネタバレ》 自分が見たイーストウッド作品の中では最低かな。運び屋前も運び屋になってからも ただのクズにしか見えない。なので家族と和解して、刑務所でも案外幸せに過ごしていそうなラストにかなり違和感がある。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-11-27 17:31:45)
46.《ネタバレ》 人種差別が甚だしい怖いもの知らずの退役軍人の頑固な暴走老人はある意味魅力的ではあるものの、やはり年齢的な危うさはあり見ていてハラハラするし、無限ループ的な超単純な展開も手伝って程よい緊張感が続く。他方、飲む打つ買うわけでもなくDVするわけでもなく単に仕事熱心だけであっただけで、ここまで家族から冷遇されなければならないのは日本人的感覚からは理解できない部分もある。人間が死ぬときに最も後悔するのは「家族と和解できなかった事」らしく、それを克服して一応のメデタシメデタシではあるのだが、ラストのマフィアや警察との攻防はあっさり終わってしまったので、もうヒトヒネリして盛り上げてもよかったような気もする。とはいえ、所詮は単なる運び屋でしかなく、大騒動するほどの重罪人でもないのだが、肝心のマフィア組織は一網打尽に出来たのかどうかよくわからないし、被告本人が「私は有罪だ」と主張したからといって「はいそうですか」と刑務所に入ってしまうのも(少なくとも、初犯で高齢なら刑務所行きは考えにくい)、日米の司法制度の違いがあるのかもしれないが罪刑法定主義の観点からは理解しがたくスッキリしない。このような少々不可解な結末に花作りで誤魔化すといった湿っぽいラストはキレイにまとめたつもりなのかもしれないが返ってマイナスでもあった。尚、ちょうど先日一審で無罪になったにも関わらず、控訴審で「私は有罪だ」と家族の意向?によって主張した群馬で交通死亡事故を起こした被告の老人が話題になっていた事がコメントに影響している事を記しておく。このような事実を耳にすると、本当は家族というものは山田洋次や是枝が描くように「厄介なもの」であるのが真実であるようにも思える。そういう意味では家族をテーマとした作品は邦画の方が上であるように思えるが、それは単に自分が日本人だからなのかもしれない。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-27 01:11:12)
45.《ネタバレ》 展開といいメッセージといいちょっとベタな気もしましたが、普通に面白いと思いました。
クライムサスペンスにしてはドギツイシーンもなく、ほのぼのしていて老若男女誰でも楽しめる良作ではないでしょうか?
アンディ・ガルシアがアル・パチーノかデニーロの偽物みたいなイメージで、出てきたとき噴き出してしまいました。
しかし、ストーリー上にスマホやネットが批判の対象としてちょくちょく出てくる一方、ギャングが運び屋のイーストウッドにスマホまで持たせておきながらやたらと見失うのはちょっと?でした。GPS・・・
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-24 22:17:55)
44.《ネタバレ》 家族や仲間との幸せな時間を取り戻すべく、短期間で莫大な金を得られる麻薬の運び屋を選んだ主人公。
事実を基にしたとあったんですが、その割にはずいぶん捕まえる側がずいぶんチンタラしているなという印象。

時間だけはお金で買えなかったって90歳の人に言われたら我々は何も言い返せないですね。
決して永く連れ添ったとはいえない奥様の死に目に遇えたのと、殺される前に無事捕まってくれたのが救い。

イーストウッド映画によくある、エンドロールの音楽に切なさの余韻を憶える秀作でした。
刑務所の中で、元気よく育つリリーの花を生き生きとした表情で見つめる主人公が印象的でした。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-11-24 15:26:49)
43.麻薬の運び屋、というクライム(犯罪)映画。
…かと思いきや、どちらかというと家族愛の人間ドラマ。

逆に言うと、家族愛ドラマのダシに使われてしまっており、
犯罪モノとしてはやや物足りなさを感じてしまうかも。
でも良い映画でした。心が暖かくなりました。

人の好いお爺さんの演じぶりはさすが
愛野弾丸さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-11-08 20:32:39)
42.《ネタバレ》 強い警告を受けながらも妻のためそれを無視する。他の映画はそこが一番緊迫し見せ場であると思う。軍隊上がりの90の老人は、死への恐怖はあまりに希薄、映画としては平板すぎてどうなのだろう。ジェットコースター的勧善懲悪話に慣れすぎると厳しいかな。
monteprinceさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-10-08 11:21:25)
41.《ネタバレ》 イーストウッド映画に共通する、
孤独、贖罪、優しさ。
そのままの映画でした。

剣呑としてたマフィアも、いつの間にか慕う人柄。
お前を殺す、殺す、のマフィアにさえ向ける優しさ。
捜査官への言葉。

そのすべてが、自分への後悔の言葉。
法廷の、すべて有罪だという言葉は、
運び屋としてではなく、自分の人生への言葉。
 
 
あと、イーストウッド作品は音楽が素晴らしい。

しっとりと、じんわりと。
そんな映画でした。
こっちゃんさん [インターネット(字幕)] 9点(2020-08-07 20:10:23)
40.やっていることはけっこうエグいはずですが、ハラハラする場面はあまりなく、終始ほのぼの系でした。別にそれが悪いわけではないですが、ちょっと肩透かしを食らった感じ。「家族が大事」という結論も、朝ドラレベルでありきたりだし。それでも最後まで飽きずに見ることはできましたが、そろそろ「家族なんていらねぇ」と孤高を貫く老人の物語なんかも見てみたい気がします。
余談ながら、警察側の役どころばかりに有名な役者がズラリ。そんなに必要なんでしょうか。見せ場も多くないのに。
眉山さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-08-02 01:47:26)
39.クリント・イーストウッドを見るための映画。ストーリーに起伏はそんなにないと思いました。この作品も実話ベースとは
驚きです。しかし、ほかのキャストの予備知識なかったため、ボスが、アンディガルシアだと、クレジット見るまで気づか
なかった。ゴッドファーザー3鑑賞直後であったため、さらに衝撃受けました。
代書屋さん [インターネット(字幕)] 6点(2020-05-11 23:48:25)
38.《ネタバレ》 この作品の主演が「本物の老人」である事がこの作品の全て。
内容的には凡作かな。家庭よりも仕事とその付き合いを優先し
家族から見放され末路哀れな孤独な独り身。
その環境が故に犯罪に手を染めるも、最愛の妻を看取ってエンドへ。
これって日本でも今まで飽きるほど目にしたベタベタのシナリオ。
これだけの高評価になるのはクリントイーストウッド監督主演映画だからでしょうね。
デミトリさん [DVD(吹替)] 6点(2020-02-17 10:09:15)
37.「外でみんなに賞賛されることより、やはり一番大切なのは家族なんだ。」
と、あまり」、外では認められず、内向的な私を励ましてくれる内容でした。
木村一号さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-01-26 14:11:46)
36.ある意味、ロードムービー。警察の取り締まりやおっかないメキシカンマフィアなど適度な緊張感の中に、適度な緩さもミックスされていて心地よさを感じる映画だった。アメリカの広さや音楽を感じながらドライブにお付き合いしているようでもある。主人公アールは怪しい仕事に手を出すほど経済的に苦しく、家族とも上手くいっていないという一面と、戦争を経験した元軍人らしい肝の据わり方や、長く生きてきたからこその余裕を感じさせる一面とがあって面白い。またこれをC・イーストウッド御大が相変わらずの円熟した演技で魅せてくれる。監督としても俳優としてもまだまだやれると証明し続けるレジェンドに心から敬意を。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-01-22 21:13:18)
35.《ネタバレ》 さすがクリントイーストウッド。ブレないですよね。男くさくて、不器用で、性根から腐ってなくて、愛があって。
大切なものをストレートに強く伝えてくれる映画です。
派手なアクションはないけど、それなりにテンポよく話は進むし、ハラハラするし。
こういう、じわーっと良い気持ちにさせてくれる映画ってステキです。純愛のハッピーエンドだと思います。
Keytusさん [地上波(字幕)] 7点(2019-12-31 02:59:54)
34.《ネタバレ》 御大らしいこなれた感じでテンポ良く進む展開は観やすいものの、御大らしからぬ葛藤のない見応えがない作品。
ガムシャラに働いてきた仕事を失い、財も失い、初めて家族を一切顧みなかった事を悔いて、麻薬運搬で得た金の力で埋め合わせしようとする爺さん。結末模様に、多くの人を泣かせる犯罪を12回も行った悪銭を貰って怒らない娘・孫娘・他に「あんたらは馬鹿なのか」と言いたいです。妻の「会ってくれたらお金なんて要らないのよ」に+3点。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2019-12-23 16:20:30)
33.テンポよく進んでいくので体感時間がとても短く、終演時には「え、もう終わり?」と驚きました。それでいて決して駆け足にならず、必要なことがしっかり盛り込まれていてとても満足。イーストウッドはこの年齢でこのペースで作品を発表してなぜこれほどのクオリティを保てるのか。ただ敬意を表するしかありません。アメリカの大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』に少し通じるところのある内容なので、あの系統の作品が好きな方には特におすすめです。
クリロさん [映画館(字幕)] 9点(2019-12-22 15:15:44)
32.いや~なかなか面白かったですよ。
87歳のクリント・イーストウッドがシンプルに仕上げた、誰が見ても理解できるドラマです。
87歳で娘と孫がいるなんて設定がおかしいんじゃないかと思ったのですが、娘役はアリソン・イーストウッドだったんですね。
私は吹き替えで見たのですが、いくらイーストウッド=山田康雄だからって、それを無理やり波多野洋平さんに担当させるのは
少々強引だったように思います。
上手かったですけどね。
まだまだ現役で頑張ってもらいたいなぁって思いました。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2019-12-02 09:52:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 51人
平均点数 7.10点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
535.88%
61427.45%
71325.49%
81835.29%
923.92%
1011.96%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.75点 Review4人
2 ストーリー評価 7.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review5人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS