運び屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 運び屋
 > (レビュー・クチコミ)

運び屋

[ハコビヤ]
The Mule
2018年【米】 上映時間:116分
平均点:6.98 / 10(Review 63人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-03-08)
公開終了日(2019-06-19)
アクションドラマサスペンス
新規登録(2019-01-06)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2021-09-15)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
キャストクリント・イーストウッド(男優)アール・ストーン
ブラッドリー・クーパー(男優)コリン・ベイツ捜査官
ローレンス・フィッシュバーン(男優)特別捜査官責任者
マイケル・ペーニャ(男優)トレビノ捜査官
ダイアン・ウィースト(女優)メアリー
アンディ・ガルシア(男優)ラトン
アリソン・イーストウッド(女優)アイリス
タイッサ・ファーミガ(女優)ジニー
クリフトン・コリンズ・Jr(男優)グスタボ
多田野曜平(日本語吹き替え版)
桐本拓哉(日本語吹き替え版)
相沢まさき(日本語吹き替え版)
鈴木れい子(日本語吹き替え版)
宮田浩徳(日本語吹き替え版)
脚本ニック・シェンク
製作クリント・イーストウッド
配給ワーナー・ブラザース
美術ケヴィン・イシオカ
衣装デボラ・ホッパー
編集ジョエル・コックス〔編集〕
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.どうしても、近い時期のイーストウッドをおもって
グラン・トリノと最期の生き様を考えてしまいます。

どちらも、他人からみたら潔く逝っているように見えるかもしれません。
しかし、とてつもなく足掻いている。

人生というものを見つめて
穴というより足りない色を見つけて
喜び悲しみ色を塗り重ねているように見える。

その横に、ワルであるはずの運びスタート地点の若者たちとの
口の悪い会話がある。

何も捨ててない。
だから、一日だけ咲く花を大切にしてきたガンコ爺さんなのでしょう。
元祖さん [インターネット(字幕)] 8点(2022-01-12 21:35:42)
62.イーストウッドの映画をあと何本見られるのだろう。そう考えると寂しくなる。
海牛大夫さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2022-01-04 22:30:55)
61.さすがに、イーストウッド。
よくできています。
単なる犯罪者でも、そうじゃない感じに、
実は悪い人じゃないのではと感じさせてしまう。
まあ、所詮は犯罪者なのだけど。
シネマファン55号さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-09-17 21:00:02)
60.壊れた家族がこんなにも早く修復が可能か。全体的にはおもしろかったがご都合がだいぶよい。
アールが運び屋で稼いだ金で金のブレスレットや高級車、そして家族との絆を手にし犯罪を肯定しているようで皮肉である。
運んだ車はとにかくかっこいいのでピックアップトラックに無性に乗りたくなってきた。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-09-14 00:11:49)
59.実話ベースや実の父娘共演にしては無理やり感のある家族ストーリーでしたが、流石イーストウッド、老いぼれ演技はお見事。
88歳の制作・監督・主演作品に敬意を表します。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-09-03 15:47:48)
58.《ネタバレ》 じいさんのハチャメチャぶりは、実はダーティハリーからあまり変わっていない。
であれば悪い麻薬組織もついでにぶっつぶしてくれるとよかったのだが・・・
チェブ大王さん [インターネット(吹替)] 7点(2021-08-07 23:12:46)
57.一筋縄ではいかない老人を演じさせたら、やっぱり上手い。でも家族との関係にいまいち必然性を感じられなかった。淡々と進むストーリーは悪くないけど。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-18 09:54:12)
56.流石のイーストウッドも老いぼれた自分をよく理解した上で、この作品を作ってるんだなーと節々で見て取れるのが少し寂しいが、まー元気いっぱいもおかしいので、抑え気味のイーストウッドも良いかと思います(頑固は譲れないが)。
家族とうまくいってないのも描かれているが、これはまずいヤマなんだと気付いても続けてしまうところに、金の魔力的な要素も描きたかったのかな?
SUPISUTAさん [インターネット(字幕)] 7点(2021-05-26 09:43:55)
55.《ネタバレ》 「園芸家」というのと、「好き勝手やってきたもんで家族に愛想を尽かされてる」というのとが、イマイチ繋がりにくいのですが、いや、そんな園芸家さんだって、そりゃいるでしょうよ。
で、かつては自らの園芸の腕一本でブイブイ言わせてたけど、デジタル化の波には勝てず商売上がったりでついに家を差し押さえられるハメに。と言う訳で、ギャングどもの麻薬運びを引き受けちゃったジイサンの話。
ヨボヨボのジイサンを取り囲む俳優陣は、その殆どが、若々しく、逞しく、ガラも悪かったりして。その中に澄ましたジイサンが、ひとり。もしかして撮影現場もこんな感じでイーストウッドだけが浮きまくっているのではないか、と思えてきます。
一応、悪いことをしているという認識を、知識としては持ってるらしいジイサン、しかし自覚がまるでない、というか、ヘンに世知に長けていて機転が効いちゃったりする分、たちが悪い。
という主人公を自分で演じていて、自分を主人公に重ねている部分もあるのですが、それにしては描き方が妙に客観的。ジイサンから周りがどう見えるか、よりも、周りからジイサンがどう見えるか、の方が中心的に描かれているように感じられます。これがちょっと不思議なところでもあったりして。主人公が追い詰められていくクライマックスなど、見ている我々は、主人公と一緒に追い詰められる、というよりも、あくまでそれを外部から見る立場であって、何だかジイサンがどんどん小さくなってしまう。
でも最後は一点、頑固なところを貫いて見せて。でも、ホントに反省しているのやら・・・という、微苦笑を誘うラスト。
ところでこの映画、同時録りの際の都合か何か?なのか、セリフの音声に一部、違和感があるんですけどね。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2021-05-09 12:56:08)
54.《ネタバレ》 戦争に行った俺に怖いもんはない、どけよ若造。
いや、さすがの迫力。
もう先も短いし、死んだってどうってことない。
ただ、後悔はある。
人生の最後に善行を重ねる主人公だけど、それは麻薬の運び屋をやって得たお金。
家族のために使わなかった時間は、いくら金があっても取り戻せない。
別れた妻を看取るために、命と引き換えにしても仕方がないと費やした時間。
これまで、映画を作るために家族と過ごす時間を犠牲にして来たクリント・イーストウッドの、贖罪のための映画のような気がしている。
ソンドラ・ロックはかなり以前にもう亡くなったんだよなあ。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 6点(2021-05-05 09:39:21)
53.《ネタバレ》 クリント・イーストウッドほど世界中の人にリアルで年齢を重ねるさまを目撃されている俳優はいないんじゃなかろうか。本作では御年90才!主演も監督も水準以上にこなして、じつに天晴れであります。
主人公のキャラは外殻いつものイーストウッド。へそ曲がりで家庭を顧みず、相変わらず女好き。さらに「年寄りだから」という武器も身に着けたからもう無敵。さらりと「ニグロのタイヤ交換」だの「シロばっかりの店にメキシコ人」だの悪気無く言い放って相手のタマを抜くという技も見せます。食えないジジイっぷり、ますます磨きがかかってる・・。
てなわけで、中盤まではジジイキャラの強さで大変面白いです。見張り役の男がじいさんの説得に感化されて何かアクションを起こすかと期待したのですが、その辺はスルーされたのは残念でした。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-02-26 23:58:28)
52.《ネタバレ》 ~The Mule~麻薬の運び屋。頑固者。運搬用のラバ。う~ん、どれも当てはまる。けど、トランスポーターみたいなカッコいいアレでは無い。
麻薬の運搬ってかなり重たい犯罪だろうけど、何かほのぼのした話。
ガレージの三人組は気さくな連中だし、フリオはピリピリしてるけど根は良いヤツ、殺す殺す言ってたコワモテのヒゲも、最後はボスに懇願してくれた。今まで蔑ろにしてきた家族との絆も回復して、罪を償いながら、大好きな花の飼育をしながら刑務所で余生を過ごす…悪くない老後。
わざわざ俳優復帰してまで、平凡なほのぼの爺さんの犯罪映画作るなんて、イーストウッド丸くなったなぁ…

アールは娘の結婚式の日さえもすっぽかし、仲間だけでなく他の結婚式の一団にも酒を奢るクソ野郎。
そんなクソ野郎が、死ぬ間際の歳に大金手に入れて、元妻の死に目を看取ったからって娘に許されるのか?
なんかモヤモヤする。
違和感を感じたのが、アールが捕まる時の顔の傷。たまたま転んだ?誰かに付けられた?何で説明が無いんだろ?
誰かに傷付けられたとしたら、やっぱコワモテのヒゲだろう。アールを気に入って命を救おうとボスに連絡してるっぽいのに、痛めつける必要があるか?何か違和感。コワモテのヒゲやフリオ、組織のその後が描かれないのもすげーモヤる。

(BDの特典映像とかで説明されてるのか?そうでないなら)…このクソ野郎、もしかして自分に都合悪い事は目を瞑ってるんじゃないか?
男で90歳は平均寿命より長い。普通なら死んでる年齢まで娘に嫌われたヤツが、今さら許されるだけの何かをしただろうか?
コイツは麻薬の輸送で手に入れた汚い金で、まず自分の新車買って、次に自分の農場を取り返す。外面良く見せたいから焼けた施設の修復。そして女遊び。優先するのは自分と外面…本当にクソ野郎。
アールのデイリリーは大人気で優勝。スピーチジョークで会場を大爆笑させ、女二人相手に朝まで喜ばせ、フリオは美味いバーガーに喜び、カタギになる話を真剣に受け止める…自己中って自分がやった事は、さも素晴らしい事したように大袈裟に言うんだよな。
娘の「感謝祭に来てね」も、単なる社交辞令をクソ野郎が都合良く解釈してるだけじゃないか?「ジェームズ・スチュワートに似てるね」なんて言われて嬉しいことは忘れないけど、都合の悪いことは目を瞑る。
『自己中クソ野郎は死ぬまでクソ野郎』って映画を、クソ野郎側の一方的な視点でサラッと作ってみたんだとしたら、イーストウッドってやっぱすげーわ。
K&Kさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-02-17 20:40:16)
51.《ネタバレ》 家庭を犠牲にして打ち込んできた事業が挫折。
家族にすっかり嫌われていた老人が、麻薬の運び屋に手を出して、何とか家族との関係を修復しようとする。
ただ、あれだけこじれた関係の割には、お金が入ったせいかあっさり修復できたようにも見えてしまう。
そのお金の出所を考えると、陰にドラッグによる悲惨なドラマが多数潜んでいることを連想できてしまうので、単純に修復を良かったねと受け止められない。

クライムものかと思ったら、ヒューマンなホームドラマ。主人公をそれほど好きになるわけでもなく、ストーリーにもそれほど惹かれなかった。
イーストウッドなら、もっとシリアスな作品のほうが好みに合う。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2020-12-27 10:52:33)(良:1票)
50.《ネタバレ》 クリント・イーストウッドスゲーなと思いながら見てた。
あの歩き方は天然なんだろうか。
男ならこんなジジィになりたいって思う。
展開も面白かった
Dry-manさん [DVD(吹替)] 6点(2020-12-20 13:30:36)
49.《ネタバレ》 イーストウッドの監督主演作は「グラン・トリノ」以来なのですが、脚本もその「グラン・トリノ」と同じ人。で、あっちでは「家族との完全決別」がスタートであり基盤であったのが、こっちは真逆のベクトルなのが面白い。●一言で言うと、痛快な映画。家族からも嫌われて財産もすってしまった一老人が、なぜかひょこひょこ運び業務を成功させてしまう。チンピラみたいな相手とも、なぜかただの「ジジイの会話」で乗り切ってしまう。しかもそれを後ろからは警察が追ってくるわけなので、いわば二重の敵がいるのをどうするのか、みたいな課題が自然に形成されているのです。●したがって最後は、「捜査の手がマフィアに伸びてそっちは壊滅したんだけど、なぜか主人公はするりとそれを躱して、いつしか幻の存在として語り継がれてしまう」とかだったら最高だったのですが。●それにしてもイーストウッド、特に必要性もなく若い姉ちゃんとの絡みシーンを次々入れて、挙げ句ベッドシーン(!)まで入れてしまうだなんて、エロジジイぶりも健在。●60年くらい前のような、直球でシンプルな邦題もいい味を出しています。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-12-03 00:39:10)
48.クリント・イーストウッドらしい映画。
老いることで感じるものは何か、その一端を垣間見る気がする。物語としては面白くはないものの、それでもちょっと引きつけられるものがある、そういう良い作品。
描きたいものがあったから撮ったんだろうな、と思う。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2020-11-28 16:28:24)
47.《ネタバレ》 自分が見たイーストウッド作品の中では最低かな。運び屋前も運び屋になってからも ただのクズにしか見えない。なので家族と和解して、刑務所でも案外幸せに過ごしていそうなラストにかなり違和感がある。
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2020-11-27 17:31:45)
46.《ネタバレ》 人種差別が甚だしい怖いもの知らずの退役軍人の頑固な暴走老人はある意味魅力的ではあるものの、やはり年齢的な危うさはあり見ていてハラハラするし、無限ループ的な超単純な展開も手伝って程よい緊張感が続く。他方、飲む打つ買うわけでもなくDVするわけでもなく単に仕事熱心だけであっただけで、ここまで家族から冷遇されなければならないのは日本人的感覚からは理解できない部分もある。人間が死ぬときに最も後悔するのは「家族と和解できなかった事」らしく、それを克服して一応のメデタシメデタシではあるのだが、ラストのマフィアや警察との攻防はあっさり終わってしまったので、もうヒトヒネリして盛り上げてもよかったような気もする。とはいえ、所詮は単なる運び屋でしかなく、大騒動するほどの重罪人でもないのだが、肝心のマフィア組織は一網打尽に出来たのかどうかよくわからないし、被告本人が「私は有罪だ」と主張したからといって「はいそうですか」と刑務所に入ってしまうのも(少なくとも、初犯で高齢なら刑務所行きは考えにくい)、日米の司法制度の違いがあるのかもしれないが罪刑法定主義の観点からは理解しがたくスッキリしない。このような少々不可解な結末に花作りで誤魔化すといった湿っぽいラストはキレイにまとめたつもりなのかもしれないが返ってマイナスでもあった。尚、ちょうど先日一審で無罪になったにも関わらず、控訴審で「私は有罪だ」と家族の意向?によって主張した群馬で交通死亡事故を起こした被告の老人が話題になっていた事がコメントに影響している事を記しておく。このような事実を耳にすると、本当は家族というものは山田洋次や是枝が描くように「厄介なもの」であるのが真実であるようにも思える。そういう意味では家族をテーマとした作品は邦画の方が上であるように思えるが、それは単に自分が日本人だからなのかもしれない。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-27 01:11:12)
45.《ネタバレ》 展開といいメッセージといいちょっとベタな気もしましたが、普通に面白いと思いました。
クライムサスペンスにしてはドギツイシーンもなく、ほのぼのしていて老若男女誰でも楽しめる良作ではないでしょうか?
アンディ・ガルシアがアル・パチーノかデニーロの偽物みたいなイメージで、出てきたとき噴き出してしまいました。
しかし、ストーリー上にスマホやネットが批判の対象としてちょくちょく出てくる一方、ギャングが運び屋のイーストウッドにスマホまで持たせておきながらやたらと見失うのはちょっと?でした。GPS・・・
J.J.フォーラムさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2020-11-24 22:17:55)
44.《ネタバレ》 家族や仲間との幸せな時間を取り戻すべく、短期間で莫大な金を得られる麻薬の運び屋を選んだ主人公。
事実を基にしたとあったんですが、その割にはずいぶん捕まえる側がずいぶんチンタラしているなという印象。

時間だけはお金で買えなかったって90歳の人に言われたら我々は何も言い返せないですね。
決して永く連れ添ったとはいえない奥様の死に目に遇えたのと、殺される前に無事捕まってくれたのが救い。

イーストウッド映画によくある、エンドロールの音楽に切なさの余韻を憶える秀作でした。
刑務所の中で、元気よく育つリリーの花を生き生きとした表情で見つめる主人公が印象的でした。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-11-24 15:26:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 6.98点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
546.35%
61930.16%
71828.57%
81930.16%
923.17%
1011.59%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review4人
2 ストーリー評価 7.00点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review5人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS