この道のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > この道
 > (レビュー・クチコミ)

この道

[コノミチ]
2019年【日】 上映時間:105分
平均点:5.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-01-11)
ドラマ歴史もの実話もの音楽もの
新規登録(2019-01-13)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2021-03-22)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐々部清
キャスト大森南朋(男優)北原白秋
AKIRA(男優)山田耕筰
貫地谷しほり(女優)菊子
松本若菜(女優)松下俊子
小島藤子(女優)記者
由紀さおり(女優)「からたちの花」歌手
安田祥子(女優)「からたちの花」歌手
津田寛治(男優)菊池寛
升毅(男優)秦彦三郎
稲葉友(男優)室生犀星
柳沢慎吾(男優)鈴木三重吉
羽田美智子(女優)与謝野晶子
松重豊(男優)与謝野鉄幹
伊崎充則(男優)高村光太郎
脚本坂口理子(脚本)
音楽和田薫
作曲山田耕筰「この道」
製作朝日新聞社(「この道」製作委員会)
電通(「この道」製作委員会)
小学館(「この道」製作委員会)
美術赤松陽構造(タイトルデザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 ひさびさに酷いプロパガンダ映画を観させられた。
別に、この映画に描かれるようなありきたりの平和主義に反対したり、反発を感じたりするわけではないんだが、
実在の北原白秋からの歪曲があまりに見苦しい。
新聞社の招待で外国旅行を行い、弟たちは出版社を経営、またみずからは国家主義的な傾向を強め、ヒトラーユーゲントを称える歌とか、紀元2600年を祝賀する交声曲の作詞を失明後行っている人物を、平和主義的な傾向を持ち、そのために不遇な死をとげたかのように描くのはどのような意図があるんだろう。
かなり違和感を持ったまま調べれば、製作に朝日新聞。さもありなんと納得はするけれど、こういう見え透いた下らないことをするから、叩かれるのでは。
平和主義、戦争反対をテーマにするんだったら、それに合った人物を選んで映画にすればいいだけの話で。
戦争がらみの話が出てくる後半までは、なかなか雰囲気がいい明るいストーリーだし、明治、大正の文壇の雰囲気にも好奇心が惹かれたんだが。
せっかく著名な詩人たちを出し、それなりのキャストをあてがっているんだから、それこそ「この道は」作詞ぐらいを、クライマックス、エンディングにもってくるくらいで、弟子たちや、友人たちとの交友を中心にした映画にした方がよほど良かったのに。

綺麗な女優さんが何人か出てくる映画だったから、よけい残念。特に松本若菜さん、いきなり冒頭に自分がよくしらない大美人がでてきて目が洗われるような思いに。こんな美人を今まで知らなかったのは不覚
rhforeverさん [映画館(邦画)] 5点(2019-01-15 09:48:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
51100.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS