サッドティーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > サッドティーの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

サッドティー

[サッドティー]
2013年上映時間:120分
平均点:7.86 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-05-31)
ドラマ
新規登録(2019-01-21)【3737】さん
タイトル情報更新(2023-11-29)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今泉力哉
キャスト岡部成司(男優)柏木芯
青柳文子(女優)青木棚子
永井ちひろ(女優)加藤夕子
國武綾(女優)土田緑
二ノ宮隆太郎(男優)前田淳次
吉田光希(男優)橋本宗
内田慈(女優)甲本夏
脚本今泉力哉
撮影岩永洋
編集今泉力哉
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.ほぼ会話だけの展開ですが 2時間飽きずに見れました。 
紫電さん [DVD(邦画)] 7点(2023-05-20 22:10:02)
6.《ネタバレ》 なんか今作を観るの(ダケ)が随分後回しになってしまった感は否めませんが、テーマ的には監督の初期の短編とか、あるいは『愛がなんだ』とかにも非常に近いと言いましょーかね(きっと、ここら辺が監督のプリミティブな心象風景なのかなぁ…とは思われますよね)。しかし、今作は例えば『愛がなんだ』に比べればかなり正反対の側に在る…とでもゆーか、全体としてほぼ完全なるコメディではあるのですよね。何しろ「愛ってナンだろう?」というテーマ的なモノを語るべく最後の希望たる朝日クンですらも、結局はあのザマなのですから(このフリオチ、監督は実に気持ち好かったでしょーね)。この辺りにやはり好みってのはあるのかも知れませんが、私は結局ドッチも大好き!という感じでした。素直にオススメしたいですね。

特に好きなのはチャプター9・10あたりでしょーか。チャプター9はとにかくナニからナニまで意味の分からない二ノ宮隆太郎の挙動が、そしてチャプター10は岡部成司のドクズっぷりが(+永井ちひろの秘めたる感情の嵐が)コレも(あくまでコメディとして)大好物なヤツだったのですよね。あと、役者さんでゆーとまたやはり、ゲストでワザワザ呼んだらしい内田慈さんは終始「効いてたな~」と思いましたね。他の方々も全然好かったと思うのですケド、やっぱ一人はこーいう軸とか箍とかっていう役割を務められる人が居ると全体が引き締まる…と言いますか。お見事でした。
Yuki2Invyさん [DVD(邦画)] 8点(2022-11-04 14:38:19)
5.《ネタバレ》 とても楽しめた。
今泉監督のセンスで溢れた映画だ。

ほんとに人を好きになった事があるか?
好きって何か?
二人を同時に好きになる事ってアリか?

「好き」というものに関して色々問いかけてくる。
それでいて笑えるシーンもあり。
実に魅力的な作品だ。

しかしあのアンテナの様な髪型は凄いインパクトだ。
この作品のスパイスになっている。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 8点(2020-10-20 21:28:56)
4.《ネタバレ》 面白い!

今泉監督は、ワンルーム映画と言える
日本ならではの、ラブストーリーを綴るのが上手い!
令和(創られたのは平成だけど)時代の若者がよく描けてる。

一言で言うと、令和日本のエリックロメールだ!
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2020-03-07 17:31:19)
3.ほとんどが部屋の中。
固定カメラにより、男女の恋愛模様がリアルに写し出される。
他に好きな人が出来ただの、浮気しただの、別れて欲しいだの、殆どそんな会話ばっか。
そんなギスギスした恋愛模様が繰り広げられて行くんだけども、不思議と喧嘩等の暴力沙汰には発展しない。
皆一様に達観しているというか、冷めた感じである。そこがこの作品の魅力なのかも。
あと、主人公的な男のあの寝ぐせは何なんだ。
そして、人が突如として消えたり現れたりする現象、酔っ払いかと思いきや競歩マニアだった男による奇行、等々シュールな魅力が沢山。
ヴレアさん [DVD(邦画)] 8点(2019-10-28 21:15:34)
2.《ネタバレ》 冒頭、まさかの競歩に不意をつかれる。ぐるぐるグルグル、いつまでやるんかい、、と見ていたらまさか鳥たちにね、、(笑) この予想通りいかない感じ、いいね~。好きなんだよなあ。男たちの恋。ボンさんは妄想がすぎるし、早稲田は早稲田通りのように一方通行だし、朝日はまるで競歩のように止まることを知らない。彼らはストーカー予備軍の黒い三連星だが、今泉監督は優しいから、こいつらは少しピントがずれてるだけ、と言っている。次、女たち。夏 (イチゴ) は男を見る目なさすぎだし、夕子はやや浮気性な感じだし、棚子は売り物の洋服着て微笑んだりとか思わせぶりにもほどがある。人が誰を好きになろうが勝手だし本作は男女全ての恋に肯定的ですが、DV男だけは例外。彼の行為は肯定のしようがなく犯罪的行為なので、唯一マトモに顔を捉えられていませんね。本作のテーマである恋愛観とはそう、、例えるなら柏木のヘアスタイルのようなもの。誰がどこから見ても滑稽だけど、それおかしいよとは言いにくいもの。そもそも、本人の主観的なこだわりだから、他人に「それ間違ってる」とか言われる筋合いもないしね。
タケノコさん [DVD(邦画)] 8点(2019-05-02 19:55:08)(良:1票)
1.《ネタバレ》 結構真面目な恋愛ストーリーでありながら 随所に込められたコメディ風な部分にセンスの良さを感じます。

★根っから真面目な芝居しかやっていないのに なんか佇まいからしてなんかウケてしまえる早稲田君というメガネ君なあの男。
★緑と柏木の別れる別れないの押し問答。
★主要キャストではなかったのに後半、長時間に渡り画面上に出演していたあの男。一時、亡霊化してましたけど、緑の部屋に呼ばれながらも喋るなと言われ、空気扱いされてしまって居ないもんだとされていた気の毒すぎるあの男。(^w^)
★結局 彼のあのヘアスタイルに 誰も触れる事がなかった事にツボ。

女性としては、夕子のような和の雰囲気がいいかな。
イチゴちゃんはちょっとあれだな ちょっとパスだな 最終的にあんなDV男で妥協してちゃダメだろ お気の毒。
緑はダサい同級生をダシに使ってズルい手使ったけども よくぞ踏ん切りつけた それが正解だ。
バイトの店員:棚子は客が彼女の為に買うと言った服を先に着てあげるサービス、あれはイランだろ あんな店員要るのか ビックリしましたさ(^w^)。
3737さん [DVD(邦画)] 9点(2019-01-23 21:20:50)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 7.86点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7228.57%
8457.14%
9114.29%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS