ザ・シューター 大統領暗殺のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・シューター 大統領暗殺
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・シューター 大統領暗殺

[ザシューターダイトウリョウアンサツ]
Suddenly
2013年【米・カナダ】 上映時間:88分
平均点:4.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
サスペンス犯罪ものリメイク
新規登録(2019-03-24)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウーヴェ・ボル
演出ラウロ・チャートランド(スタント・コーディネーター)
キャストレイ・リオッタ(男優)
ドミニク・パーセル(男優)
マイケル・パレ(男優)
ブレンダン・フレッチャー(男優)
製作総指揮ウーヴェ・ボル
カーク・ショウ
スタントエド・アンダース
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 ウーヴェ・ボルが勝手に?リメイクした一品なんだがだいぶ地味。フランク・シナトラのような演技を体つきがいいだけのドミニク・パーセルにできるわけもなく、レイ・リオッタの間抜けっぷりとマイケル・パレの存在の薄さ、ガキんちょの悪ガキっぷりが結構無駄で舞台が高台なのに雪が積もってたり積もってなかったりで舞台設定がめちゃくちゃなのはボルの映画らしいけど面白くもないのもちょっとつらい。ちょこちょこでてくる事柄を後々回収したり放置しっぱなしだったりであれは結局なんやってんという感じになってますし最大の放置がレイ・リオッタと親友の嫁との関係がほぼ破綻状態のままで話が終わったことがね、ええええええでした。別にゴチャゴチャしてなくて意外に普通だったけどやっぱりボルの映画は作風が変わってもボルの映画でしたねー。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 4点(2019-04-15 10:56:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
41100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS