ザーレンからの脱出のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザーレンからの脱出
 > (レビュー・クチコミ)

ザーレンからの脱出

[ザーレンカラノダッシュツ]
Escape From Zahrain
1962年【米】 上映時間:93分
平均点:6.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-07-21)
アクションドラマアドベンチャー小説の映画化
新規登録(2019-07-06)【The Grey Heron】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロナルド・ニーム
キャストユル・ブリンナー(男優)シャリフ
サル・ミネオ(男優)アーメド
ジャック・ウォーデン(男優)ヒューストン
ジェームズ・メイソン(男優)ジョンソン(ノンクレジット)
編曲エドワード・B・パウエル
撮影エルスワース・フレデリックス
製作ロナルド・ニーム
美術ハル・ペレイラ
サム・カマー(セット装飾)
フランク・R・マケルヴィ(セット装飾)
衣装イーディス・ヘッド
ヘアメイクウォーリー・ウェストモア
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 政治犯シャリフ、彼の信奉者アーメド、横領犯ヒューストン、妻殺し、極悪人、ザーレン石油会社看護師ライラが乗り合わせる救急車での国外脱出の逃走劇。砂漠に於ける飲み水不足、ガス欠、呉越同舟の内輪もめ、迫りくる追手といった冒険活劇としての要素はあるのものの、追手の顔が見えなくて緊迫感に欠ける。ユル・ブリンナーは流石の存在感だけど、ターバンのせいなのか精悍さが薄く感じられて残念。突然のベルベットボイスに「エッ?」と思ったらジェームズ・メイソンその人でキチンと座り直したのに3分ぐらいでワクワクする間も無くご退場。嬉し悲し。盛り上がりに欠けた展開で都合よくまとめられた結末に物足りなさが募る作品。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 6点(2019-07-06 22:18:45)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
61100.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS