ドクター・スリープのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > ドクター・スリープの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ドクター・スリープ

[ドクタースリープ]
Doctor Sleep
2019年上映時間:152分
平均点:6.23 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-11-29)
公開終了日(2020-03-11)
ホラーサスペンスシリーズもの小説の映画化オカルト映画
新規登録(2019-10-20)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-05-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・フラナガン
キャストユアン・マクレガー(男優)ダニー・トランス
レベッカ・ファーガソン〔女優〕(女優)ローズ・ザ・ハット
クリフ・カーティス(男優)ビリー・フリーマン
ブルース・グリーンウッド(男優)ドクター・ジョン
ジョスリン・ドナヒュー(女優)ルーシー
森川智之ダニー・トランス(日本語吹き替え版)
皆川純子ローズ・ザ・ハット(日本語吹き替え版)
白熊寛嗣ビリー・フリーマン(日本語吹き替え版)
麦人(日本語吹き替え版)
桐本拓哉(日本語吹き替え版)
金尾哲夫(日本語吹き替え版)
木村雅史(日本語吹き替え版)
和多田美咲(日本語吹き替え版)
原作スティーヴン・キング
脚本マイク・フラナガン
配給ワーナー・ブラザース
あらすじ
40年前に山奥のホテルから母親と命からがら逃げ延び、今は大人へと成長したダニー。しかし、その時に負った心の傷は癒されることなく、母の亡き後、彼は独り静かに暮らしていた。しかし、ある日そんな彼に見知らぬ誰かからのメッセージが。それは、ダニーと同様の秘密の能力を持った少女・アブラからのものだった。その「力」で、児童誘拐殺人事件を「目撃」してしまったという彼女は、ダニーに助けを求めて来たのだった。戸惑い躊躇うダニーだったが…。 スタンリー・キューブリック監督がスティーブン・キングの小説を原作に描いたホラーの名作「シャイニング」の続編。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.《ネタバレ》 映画「シャイニング」の続編、と言うよりも小説「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ」の映画版と言った方が、幾分か理解しやすいのではないかと思われる作品ですね。

確かに、既に多くの方がレビューされているとおり映画版「シャイニング」へのオマージュ、若しくはS・キング及び映画版「シャイニング」の熱烈なファンへの気遣いのような要素は感じますが、やはり映画版「シャイニング」とはかなりテイストの異なる作品であることは間違いなく、映画版の続編と言い切るのには少なからず無理があります。

ただし、だからこそ長尺の本作を大いに楽しむことが出来ました。映画版前作を未見であれば尚更のこと、サイキックとモンスターのバトルを楽しめるSFサスペンス作品になっているのではないでしょうか。

正直なところ、映画版「シャイニング」の続編は必要ないと思っています。あれで完結。だからこそ不朽の名作になり得るように思えます。しかしながら、映画版の続編的位置付けをもって作られてしまった本作。にも関わらず、ここまで小説版続編の実写版と映画版の続編を巧みに絡み合わせることに取り組んだ作り手の方々に対し、素直に称賛の拍手を送りたいところです。
タコ太(ぺいぺい)さん [インターネット(字幕)] 8点(2024-02-01 14:24:33)(良:1票)
30.《ネタバレ》 スティーブン・キングの超能力バトルと、キューブリックのサイコホラー。どちらもてんこ盛りの素晴らしい続編です。まず勧善懲悪から入る時点で自分にはワクワク物。主人公が一旦躊躇するも仲間に背中を押されて立ち上がるなんてのは少年漫画さながらの王道。強大な敵を倒すために前作の強大な敵をぶつけるという、さながら人類が宇宙怪獣を倒すためにゴジラを呼び寄せるかの様な、はたまたロメロの元祖ドーン・オブ・ザ・デッドで暴走族にゾンビをけしかけるかの如く、言うなれば襲い来る化け物だったT-800がT-1000からジョンを守るために未来からやってきたT2の様に、昨日の敵は今日の友、しかしその友はやはり友になどならず最後に主人公達に襲い掛かってくるという、ああやはりこれはホラー映画なんだなと気付かされる訳です。
 前半のバトルだけでも十分痺れるのに、後半はきちんと「シャイニング」に突入。個性的なあの幽霊達も勢揃い。もちろんあの可愛い双子ちゃんも。そっくりさんだけど特徴的な眉毛のお父さんも。お母さんが追い詰められるシーンもきちんと撮り直し。当然あのホテルの中も外も、迷路も、あの古~いタイプライターも、バーも、ざっば~んと豪快に血が流れ出るエレベーターも。みんなちゃんと出て来てくれますよ。前作ファンへの大サービスがいっぱい。そういう旧作をリスペクトしたノスタルジックな作品、いいですね。自分の好きな要素がこれでもかと盛り込まれた傑作です。ボイラーに火を着けるという発想はキング側へのリスペクトかな。
 ヒロインのアブラもやたらと勇敢で毅然としていて、どんどん美人に見えてくる。ラストもちょっと悲しいけど綺麗に纏まります。2時間半が全然長く感じない、充実の一時を過ごせました。
にしきのさん [インターネット(吹替)] 8点(2023-03-30 05:51:19)(良:1票)
29.ニコルソンのそっくりさんが出てきたけど、声までは似てなかった・・・。やはりニコルソンの声でないと。
ケンジさん [インターネット(字幕)] 6点(2023-01-04 00:04:20)
28.スキャナーズみたいで面白かった。シャイニングの続編としては後付け感のある設定がいくつかあるけど、それは物語を面白くするためだということで良しとしよう。主人公と一緒に久々にオーバールックホテルを訪問して怖いような懐かしいようなワクワクするような気持ちになれた。70年代生まれのおっさんは皆見るべし。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 7点(2022-11-27 15:31:20)
27.続編の立ち位置には疑問が残る。
シャイニング,キューブリックは好きで懐かしい演出に浸ったものの
この作品はキングがキューブリックを否定したことからテイストがかなり異なっている。

あのホテルの雰囲気、ジャックニコルソンの怪演というキューブリック作品が好きな方は「続編」としては受け入れ難いものになっているでしょう。
40年という期間、時間を埋め合わせるほどの恐怖やインパクトは無かった。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2022-04-07 16:31:45)
26.スティーブン・キングの作品は,苦手なのだが,これは割かし良かったですが,怖くないホラー映画は如何なものか・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 5点(2022-01-03 21:31:05)
25.《ネタバレ》 違うんだな 
こんな風に小難しくなった続編なんかも含めてキャリーとかイットとかペット・セメタリーだとか、続編もしくはリメイク要らないです。
どうしても、キング作品でリメイクされたいのであれば、あまり余に知られていない掘り出し物からっていう意味で、初期作品の地獄のデビルトラックっちゅうのをやってください。(切に願う)タイトルだって地獄のデビルトラックのままでやってください。(ワクワクしたいから)

ドクター・ストリップ、残念ながら、今一ではなく今五くらいのもんでした。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2021-09-20 14:15:18)
24.《ネタバレ》 映画「シャイニング」の原作者スティーブン・キングはキューブリックの「シャイニング」が大嫌いだったそうである。
特にキューブリックの母親のウエンディのキャラクター表現に激怒したと言われている。キューブリックのシャイニングで、母親のあわてて、悲鳴を上げ、走り回るサマを観てなのだが、これはキングのマザコンの性格が垣間見えた。キングによると母親は強くて、困難にも勇敢に立ち向かうものでなければならないらしい。キングの母親は実際にそうだった様である。シャイニング原作には実際にその様に記述されている。
オーバールックホテルのそばにある巨大な迷路は原作には無い。よってジャックが迷路で凍死するというエンディングは無い。小説ではウエンディがボイラーを燃やしホテルは炎上して2人は危機から逃げ出すという様になっている(当方原作未読、ネット検索その他から)。
ワーナーがシャイニングの続編を作るという話に多分キングは飛びついたであろう。自分の小説通りのシャイニングにして「キューブリック版は間違いだった」という事を続編で観客に知らせよう、と思ったはずである。

結果は見事に失敗。前半はワクワクさせられるが、後半(オーバールックホテルの復讐戦のシーンから)で、「何コレ!」って思ってしまう。
私、今日は相当ヒマだったので、コレを観る前にシャイニングの140分版を観てコレを観たんですよ。

この映画キングは満足したかもしれませんが、観る側ほとんどは唖然としたのではないでしょうか。

これなら「やはりキューブリック版が最高」と思ってしまうだろう。

ダニー・トランスが父親のジャック・トランスがやった様に、バーでジャック・ダニエルを飲むシーンも笑いました。ウイスキーを飲んでいるシーンは無いのに、いつの間にかグラスは空、空のグラスにまたジャック・ダニエル注ぐ給仕。飲んでいないのにいつの間にかグラスは空になってます、これってダニーのアルコール依存症は治ってなかったって事ですね。

ワーナーは「原作者が映画に関わるとロクな事が無い」という事を学んだのでは?、って思った作品だった。
アマデウスga好きさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-08-29 03:14:55)
23.《ネタバレ》 シャイニングは鑑賞済。でもそんなに思い入れはありません。
2時間半の映画ですか、でもなかなか、飽きずに楽しめました。面白かったです。野球少年の描写はきつかったですが、引き込まれました。
はりねずみさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2021-07-23 21:39:28)
22.原作とキューブリック版の前作は鑑賞済み。
あまり期待せずに観出しました。

しかし、シャイニングの続編と言えど、前半はまったく別物になっていて
それはそれで面白かった。やっと能力「シャイニング」が活躍したのだ。

と言ってもザコキャラが弱過ぎたのは不満。
でもラストでようやく前作から持ち越してたエンディングに向かい
懐かしいシーンもオマージュされてて感慨深かった。
movie海馬さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2021-07-17 22:11:22)
21.《ネタバレ》 シャイニングを観た人に対して、懐かしさを与えることにより高評価を得るであろう作品。そりゃあ、何十年も経ってからあのホテルや名場面を焦らしながら余すことなく見せつけられれば、心が震えるでしょう。が、私のように立て続けに観る者にとってはシャイニングに何の思い入れもないので、ただただ意味不明な展開が繰り広げられ、苦痛な時間を過ごすことになります。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2021-01-14 19:52:17)(笑:1票)
20.DVDジャケットから極悪ユアン・マクレガーへの膨らんだ期待は残念無念の空振り。ホラー感の無い物語は他愛なく退屈。オーバールックホテルへ向かうシーンで初めて覚醒。なんちゃってジャック・ニコルソン(+1点)を筆頭に懐かしさに浸るひとときを。決着のつけかたは無理筋無くよく考えられていました。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2020-08-28 13:03:10)
19.《ネタバレ》 スタンリー・キューブリックが創造した、あのホラー映画の古典的名作『シャイニング』の約四十年後を描いた続編。と、いうことでけっこう期待して今回鑑賞してみたのですが、正直、だいぶがっかりな出来なんですけど。僕はこれをあの完璧な名作の続編とは到底認めたくありません!まどるっこしいだけでさして面白くもないストーリー、前作の素晴らしい名場面におんぶで抱っこで全くセンスを感じさせない凡庸なシーンの数々、揃いも揃って魅力に欠ける登場人物たち…。数え上げればきりがないくらい、ダメ要素のてんこ盛り。致命的なのは、ホラー映画なのに最後まで一ミリたりとも怖くなかったこと。これを観るくらいなら、スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』の中のシャイニングパートを観た方が遥かに有意義な時間を過ごせます。こんなお粗末なもので続編を名乗るなんて、かつての名作への冒涜であるとすら思っちゃいましたわ。と、前作を愛するあまり、思わず感情的になっちゃったかもですけど、それが僕の率直な感想です。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2020-08-20 02:00:25)
18.《ネタバレ》 みんなも大好きだよね?シャイニング。
その続編だよってんだから、そら観ますわ。
キング的サイキックありキューブリックの美術ありで楽しませていただきました。

いやーしかし、これだけ時間が経っても、キューブリック版は色褪せませんね。
本作にも格を与えてしまうほど、まだまだエネルギッシュな魅力に改めてビックリです。
これからも何度も見返すことでしょう!
ろにまささん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2020-05-06 21:22:34)
17.《ネタバレ》 シャイニングの続編という位置づけ以外の予備知識なしに観てみました。
正直、独特な世界観なので前半は「何じゃこりゃ?」てな感じでしたが、その世界観を受け止めたことにより
後半からは娯楽作としてそれなりに楽しめました。でもやっぱりキング原作の映画って癖があるなぁ。
例のホテルが終盤に出てくるので懐かしさも相まって思い出にふけっておりました。
続編なので、どうしてもキューブリック作品と比較してしまうのですが、
今の映画とキューブリック作品はテンポという意味において根本的に違うんだなぁと。
キューブリック映画の重厚さは、あの長回しとスローなテンポからでしか生み出せないものですね。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2020-04-24 17:41:25)
16.《ネタバレ》 これは要するにザ・シャイニングのパロディ、コミックの世界だよね。
そっくりさん、とくにおばあちゃん幽霊なんか出てくるたびに吹き出してしまったもの。
同じようなセットであってもザ・シャイニングの持つ、薄いガラスがいまにも割れそうな鬼気迫る美や緊張感が空間にまったく感じられない。
いかに鬼才キューブリックがすさまじかったかを再認識はできる作品。
wooさん [インターネット(吹替)] 4点(2020-04-02 21:09:28)
15.《ネタバレ》 脚本的にちょっと建て付けがよろしくないなと思う点が目立つ。もうちょっとシナリオドクターが頑張るべきだった。しかし、僕があらかじめ観たかったものは一通り観ることができたし、その点について期待以上だった。
この映画の最大の山場であり感無量になるシーン、まさにあのホテルに向かうあの瞬間。低音ブアーンブアーンブアーンブアーンのあのサウンドにあわせて、あの川の空撮!クネクネ道路とトンネルと中洲!ホテルに到着してからもゆっくりゆっくりまんべんなくホテルツアー!眠りをさますかのように点灯していくライト!237室!嫌な予感!割られっぱなしの扉!斧のカメラワーク!過去のフィルム!ガラガラの館内で、身悶えしながら大興奮。まるで『ニューシネマパラダイス』の後半、廃墟となった映画館を愛しむアルフレッドと同位相。
それだけではない、ホテルに巣食うあいつやこいつまで、同窓会のノリで大暴れ!みんな揃って1つの画面に収まるなんて、夢のよう!普段仲よさそう!(ただし前回投稿のあの着ぐるみと紳士はいなかった)
去年『レディプレイヤーワン』の第2のダンジョンでも大はしゃぎだった僕にとって、ドクタースリープではラーメン二郎行ったときくらいの満腹感を得られた。コンテンツとしてのシャイニングの、なんと豊かなことか。

ラストシーンも好感がもてるんだけど、できれば、連れてくるなら、あのばあちゃんじゃなくて、あの双子ちゃんのほうがよかった。あとホテルも心なしか安っぽかった。コツコツ足音が、平台ハコウマの舞台のそれみたいだった。
no_the_warさん [映画館(字幕)] 7点(2020-03-23 15:53:32)
14.《ネタバレ》  キューブリックのシャイニングも、Sキング自身監督のシャイニング(ドラマ)も両方観ていた上での感想ですが、Sキング版を観ててSキングも納得したと言えば、そりゃもう当然超能力バトルするに決まってるでしょう!(何を言ってるんだ(笑))、ということで納得の展開で、敵役もイイ感じのおどろおどろしいホラーな敵役でとても良かったし、なんといっても終盤のあれですよね、ラスボス=あの館! ってちょっと凄すぎて、のけぞってしまいました。

 あと、シャイニング(キューブリック版)的映像を見ると「曲がり角(先が見えない)」こそが、最も怖いということを如実に表してて、本作でも多用されてて良かったです。

 あと、本作のジャック・トランスって、Sキング版の方ですよね?(雰囲気似てるし)って思ったんですが、確認したところ、ドラマ版シャイニングはスティーヴン・ウェバーで、本作はヘンリー・トーマスで、違ってました。
simさん [映画館(字幕)] 7点(2020-01-02 02:15:51)
13.《ネタバレ》 シャイニングの続編と言うことで観に行きましたが、ホラーと言うより能力バトルの映画という感じでした。それはそれで面白かったのですが、それならあの銃撃戦は頂けません。お互いに能力者同士なのにそれを活かした戦い方もないし、亡者たちも普通に撃たれて死んでいくし、もうちょっと盛り上げ方があったでしょうに。
ただ、終盤に例のホテルに着いてからはワクワクが止まりませんでした。キューブリック版の映画で原作小説から削られた「ジャックの苦悩」「ホテルの魔力に抗う姿」「ボイラーの爆発」など、知っている人にはニヤリとさせられる要素が満載です。特に宴会場でのジャックとの親子の会話はドキドキしましたね。
alianさん [映画館(字幕)] 7点(2019-12-31 11:22:26)
12.《ネタバレ》 この映画を観たいと思う人って、大方が”シャイニング”を鑑賞済みであると思うんですよね。となると、あの独特の、精神に異常をきたしそうなキューブリック流の「美」を期待したのは私だけではありますまい。
ところが、なかなかそんな感じにならない。アル中に悩む大人になったダニーと超能力少女と人外サイコ集団がESP対決を繰り広げる前段はまるでアメコミのサイキックバトルのようで、シャイニングファンの思いから大きく外れたものになっています。正直戸惑いました。
しかし、ここからです。ちゃんと監督はシャイニング派に向けて怒涛の巻き返しを用意してくれていました。
ついにあの超陰気な短調の調べにのって山道をよろよろ登ってゆくクルマの画がスクリーンに広がった時は、感激で肌が粟立ってしまいました。そしてオーバールックホテル!時間の経過も合わせて良く再現してくれたものです。 
ローズの憎ったらしいことは野球少年のくだりで怒り心頭でしたから、ホテル先輩やっちゃってくださいよ的な気分にもなります。懐かしの亡霊フルメンバーも嬉しい(?)。けど、肝心のジャック・トランスがオリジナルニコルソンの風貌が強烈なためにそっくりというわけにもいかず、ちょっと残念ではありました。
残酷場面はほんとに残酷なだけで、キューブリックの毒々しい美的感覚は無く、やっぱり前作とは別物。だけどダニーが何故あの忌まわしいホテルへ戻らねばならなかったのかその辺の理由付けに無理のない脚本は技巧的に優れています。
バッドエンドにしなかったラストも、良い後味が残りました。
tottokoさん [映画館(字幕)] 7点(2019-12-29 23:59:13)(良:1票)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 6.23点
000.00%
100.00%
200.00%
326.45%
426.45%
539.68%
6929.03%
71032.26%
8516.13%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.66点 Review3人
4 音楽評価 9.00点 Review2人
5 感泣評価 7.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS